instagram
twitter
facebook
「暮らしを作る新しい公共」をテーマとしたトークイベントが岐阜・各務原市で開催。ゲストは、カスタマイズ賃貸や大家の育成など、“新しい暮らし”を創造してきた青木純。

2017.12.10.Sun | 中部学院大学・中部学院大学短期大学部各務原キャンパス(岐阜|各務原)

DIYやリノベーションをテーマに、「暮らし」についての講演会が岐阜県各務原市で12月10日(日)に開催される。場所は、中部学院大学・中部学院大学短期大学部各務原キャンパスにて。

ゲストは、昨年10月に開催されたセミナー「空き家を使ってじぶんらしく、まちをくらしをじぶんでつくる」にも登壇した青木純。同氏が生まれ育ったまち豊島区を市民のリビングにする取り組みから、住人と一緒に共同住宅を運営・主催する「大家の学校」まで、新しい「くらし」をテーマにトークを広げる。

同イベントは予約不要。先着300人限定となっている。

 
イベント情報

2017年12月10日(日)
シティカレッジ各務原特別講演会「暮らしをつくる新しい公共」
会場:中部学院大学(各務原キャンパス大講義室)
入場料:無料(先着300人)予約不要
ゲスト:青木純
主催:各務原市・中部学院大学・同短期大学部・シティカレッジ各務原特別講義実行委員会
詳細:https://www.facebook.com/events/1914937672056974/

青木 純
(株)nest 代表取締役 / (株)まめくらし 代表取締役 /(株)都電家守舎 代表取締役 / (株)北九州家守舎 取締役 /(株)タンガテーブル 取締役 / (株)ルーヴィス 取締役 /(株)リノベリング 取締役
1975年東京都生まれ。日本の賃貸文化を変革したカスタマイズ賃貸で新しい市場を創造し、経産省「平成26年度先進的なリフォーム事業者表彰」受賞。「青豆ハウス」や「高円寺アパートメント」では住人と共に共同住宅を運営、主宰する「大家の学校」で愛ある大家の育成にも取り組む。生まれ育った豊島区では都電家守舎の代表として遊休不動産の転貸事業や飲食事業「都電テーブル」を展開、「南池袋公園」など公共空間活用も民間主導の公民連携で取り組んでいる。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー