instagram
twitter
facebook
名古屋の老舗料亭・河文がお化け屋敷に!?真っ暗な館内を巡る、肝試しイベントを初開催。

2018.08.22.Wed - 08.23.Thu | 料亭 河文(愛知|丸の内)

「第59回 河文座」が822日(水)、23日(木)、名古屋市中村区の老舗料亭・河文にて開催される。

今回の河文座は、「夜の料亭で怖いモノに出会う」 と題し、古典芸能を絡めた肝試しイベントとなる。ディレクションに、お化け屋敷プロデューサー・五味弘文、妖怪の監修には「愛知妖怪保存会」会長の島田尚幸を迎え、日本舞踊の芸者やナゴヤ座清須城おもてなし武将隊などさまざまなエンターテイメント集団が妖怪に扮し登場する。真っ暗な館内を1周巡る間に、日本各地の妖怪が出現する、料亭の新たな試みとなっている。

河文は、400年も続く名古屋最古の料亭。登録有形文化財である館内の見学会や、様々な展示やイベントを行うなど、受け継がれる伝統を継承、発信し続けてきた。料亭の食事も堪能できる「怖い会席付きプラン」もあり。

イベント情報

2018822日(水)、23日(木)
59回 河文座 百鬼夜行 ~夜の料亭で怖いモノに出会う~
会場:料亭 河文(名古屋市中区丸の内二丁目 12-19)
時間:17時00分~最終受付21時30分
料金:1名様2,500円  /小学生1,000円
   怖い会席付き お1人様25,000円(拝観料、料理、飲み物、税、奉仕料含む)

posted by H.USAMI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー