instagram
twitter
facebook
「やっとかめ文化祭」の最終日を彩るクロージングパーティーが、閉館予定の「中日ビル」屋上にて開催。尾張のおいしい日本酒が楽しめるBAR、狂言舞台にやきものワークショップも。

2018.11.18.Sun | 中日ビル屋上(愛知|栄)

名古屋のまちの魅力を一堂に集めた都市文化の祭典「やっとかめ文化祭」のフィナーレを飾るイベント「やっとかめ大団円~終いの演と宴~」が11月18日(日)3月で閉館する「中日ビル」屋上にて開催される。

2013年よりスタートし、今年で6年目を迎える「やっとかめ文化祭」。今年も10月下旬よりまちのあらゆるところで開催中。名古屋の街中を舞台/会場に、「辻狂言」「お座敷ライブ」「寺子屋」「まち歩きなごや」といったジャンルに分かれた90以上の多彩なプログラムがまちのあちこちで催されてきた。

 

辻狂言

まち歩きなごや

やっとかめ大団円~終いの演と宴~」は、「やっとかめ文化祭」の最終日として、来場者、出演者、講師、運営のボランティアスタッフであるやっとかめ大使なども参加し、関係者とお客さんが交流できる場となるそうだ。

当日は、「辻狂言」「芸どころまちなか披露」の舞台のほか、尾張のおいしい日本酒やおつまみなどが楽しめるスタンドバー「やっとかめBAR」も登場。賑やかな宴になりそうだ。

 

先日開催された「東京蚤の市」でも人気ブースとなった、名古屋の純喫茶のマグカップを再現できる「オリジナルやきものワークショップ」も行われる。こちらも要チェックしておきたい。

 

東京蚤の市で開催したワークショップの様子

 

今回のイベントが「中日ビル」の屋上へ上がることができる、閉館前最後の日となるそうだ。ある日突然まちなかから消えてしまう街の景色をしっかりと記憶にとどめておける最後のチャンス。またとない機会、お見逃しなく。

 


今年の「やっとかめ文化祭」メインビジュアル。こちらの撮影場所、実は「中日ビル」の屋上。


中日ビル。建物の老朽化や耐震の問題などから、2019年3月末で閉館。跡地に新ビル建設計画も。

イベント情報

2018年11月18日(日)
やっとかめ大団円~終いの演と宴~
会場:中日ビル屋上
時間:13:00〜17:00
当日のスケジュール:
13:00〜開場「芸どころまちなか披露」
14:30〜:ストリート歌舞伎
15:15〜:辻狂言
〜17:30 :閉場
料金:無料(※飲食、ワークショップ参加は有料です)

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー