instagram
twitter
facebook
TURTLE ISLAND・永山愛樹と、その仲間たちでゼロから作り上げた…“橋の下”で繰り広げられる熱狂の宴「橋の下世界音楽祭2014」、今年も開催!

2014.05.16.Fri - 05.18.Sun | 豊田大橋 橋の下 千石公園

今年で3年目となる、「橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA 2014」が、5月16〜18日の3日間に渡って開催される。

橋の下

会場内の電源は全て太陽光発電!竹で組まれたステージも全部手作り!(しかも竹を取るところから主催者たちが行う)そして、入場はなんと無料!(カンパ制)…「まさか!?」と思う人もいるかもしれませんが、こんな祭(フェス)の興し方もあったんです。

この祭の主催者は、愛知・豊田発のバンド「TURTLE ISLAND」のボーカル・永山愛樹

常に絶対的な熱量を持ってして演奏されるライブパフォーマンスと、メッセージ性の強い歌詞世界。
自身らが主催するイベントも多数行い、その実行力と圧倒的な求心力で、多くのファンを魅了してきた。

今年出演が決まった、イギリスで開催される「グラストンベリ—フェスティバル」他、昨年の「フジロックフェスティバル2013」、地元豊田のビッグフェス「トヨタロックフェスティバル」…など「TURTLE ISLAND」のライブは、国内外で披露され続けている。

タートル差し替え

この17人編成の大所帯バンドのリーダー・永山愛樹が舵取り役となり、さらに多くの仲間たちが集い、地元・豊田の“橋の下”を舞台に、自分たちの手で作り上げてきた祭こそが、「橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA」だ。

 

地元・愛知のアーティストの他にも、“SOUL BEAT ASIA”の名の元に、北京やジャカルタからの海外ゲストアクトや、THA BLUE HERBSOUL FLOWER UNION・中川敬などの県外勢も多数出演する。
3日間に渡り繰り広げられる、このお祭の出演者ラインナップは以下の通り。

 

5/16(金)

<演奏>

中川敬(SOUL FLOWER UNION)
ボンクラ峠 + Special Guest
ギターパンダ
いとうたかお
本村ナオミ(ex ZELDA)
Dr BREAKER
長谷川雄一(jaaja)
良元優作

<皿廻し>

MarginalMan a.k.a. TUTTLE
大石始
TXAKO(Japonicus)
男身燻
根木龍一

 

5/17(土)

<演奏>

HANGGAI(from北京/蒙古族)
MARJINAL(fromジャカルタ)
阿波踊り太閤連
T字路s
OKI DUB AINU BAND
朝崎郁恵(奄美島唄/唄者)with マブリ(タナカアツシ/奈良大介)
平針木遣り音頭保存会
和太鼓集団 志多ら
香嵐渓市川一座 ちんどん屋 “嵐”
桑名六道 a.k.a. ジャジャ岩城
イーリャダスタルタルーガス
サヨコとナラ(a.k.a サヨコオトナラ)with ルイ(from THE DUBNATIONALIES)
PILEDRIVER
e-layer(CazU-23+Dx13xKx)+ 東野祥子(Dance Company BABY-Q)+ 火付け ぬ組 “阿吽”
ナナシノ楽隊(竹舞、愛樹、丈司)

<皿廻し>

BING a.k.a TOSHIO KAJIWARA
大石始

<絵師>

影朗
狩集広洋
USUGROW
SATOSHI SUZUKI
CASPER(山栄ART工房)
わしお ともゆき
スドウPユウジ

 

5/18(日)

<演奏>

TURTLE ISLAND
山人(Shanren/雲南省)
THA BLUE HERB
照屋まさお
切腹ピストルズ
ノリパン(韓国農楽)
The 原爆オナニーズ
カンザスシティバンド
髭楽団
馬喰町バンド
風の音楽団
SUNDAY MORNING ORCHESTRA
harikuyamaku

<皿廻し>

alissa eliki
…And more

<光術>
OVERHEADS

<賑やかし>

GIANT STEPS

<遊具>

Green Massive

———

 

以下、主催者メッセージ(ホームページより一部抜粋)

元来この国では橋の下は、歌舞伎や芝居、大道芸、見せ物といった大衆の娯楽や、情報交換、発表、交流の場所だったように思います。今でも沢山の人が無差別に集まり酒を飲んだり遊んだり、音楽をしたり誰にも執拗に管理される事も無く、自由でありながら自然と秩序のとれた奇跡的な場所に思います。 そこで何も無い橋の下の土の上で”ゼロ”から祭りを創りだす事に意義を感じています。

日本、アジア周辺の土着音楽やアートといった文化に焦点をあて、古来からある伝統芸能から現代的解釈を経て再創造された音楽やアート、現代の日本に根付き土着化しつつある渡来音楽など世界に誇れるアジアの生きた音楽やアート等、文化を大衆に紹介し、唄い踊り語らい3日間、心と脳みそを洗うようなお祭りになればと思っております。

いろんな人々、特に子供達に生きた音楽やアート、また土着文化など、根のある音楽やアートに生で触れ体験して貰いたく、財政的には非常に厳しいのですが、目的を優先させ、”入場無料”として間口を広げる事にしました。

運営に関しましては、協賛と物販、出店料の他に会場にて”祭り協力金”(一口2000円から/手ぬぐい付き)としてカンパを募り開催するという運びでやらせて頂く事にしました。

まずは自分達の住む国や街が表面上だけでなく、本当の意味での”豊か”な場所になって行く事を僕らは切に願っています。その為に自分達の意思表示として、この音楽祭第3回目を開催したいと思います。

この内容をご理解頂き賛同してもいいと思われた方はどうぞご支援ご協力のほどを、宜しくお願い致します。

火付け ぬ組 / microAction / TURTLE ISLAND

イベント情報

2014年5月16日(金)、 17(土)、 18(日)
橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA 2014
会場:豊田大橋 橋の下 千石公園

16日(金)12:00〜
17日(土)、18日(日) 11:00〜20:00

詳細は、http://soulbeatasia.com/
もしくは、【facebook】

TURTLE ISLAND/
1999年20世紀末 豊田市にて結成。幾多のメンバーチェンジを繰り返し、現在は和太鼓、篠笛、あたり鉦、シタール、タブラ、馬頭琴、ジェンベ、ドゥンドゥン等各国の様々な土着楽器とギター、ベース、SAXなど西洋楽器を使い 日本のお囃子やチンドン等 日本やアジア、モンゴロイドのGROOVEと、パンクやロック、レゲエサウンドから民謡、各国土着音楽まで勝手雑多に飲み込んだ極東八百万サウンド。日本、アジア近辺の土着ズンドコビートと独自の世界観や節回しを磨きつつ 自分たちのルーツ 遺伝子 細胞 魂の踊る音楽を模索追及中。
2012年現在総勢17名のサウンドメンバーと音響等 スタッフあわせ20数名が入れ替わり 状況に応じ形を変えつつ進行中。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー