instagram
twitter
facebook
残席僅少! 日英最高タッグ、ICHIとRachael Daddがそれぞれの新作を携え、縁の店 Cafe Dufiにて凱旋帰郷ライブ。

2014.12.07.Sun | Cafe Dufi(千種)

tumblr_nf59muryVg1tsga3go1_r1_1280
日本〜イギリス、そして世界中でライブ活動を続ける、愛知出身のアーティスト・ICHIと、英国女性SSW・Rachael Dadd。

前回来日時には、TV塔でのイベント「LIVERARY liverally」に出演した、彼らがまたもや来日!
今回は、新作アルバム&シングルのレコ発ライブとして、千種のCafe Dufiにてライブを行うことに。

オープニングを飾るゲストアクトには、ICHIの新作ジャケットのアートワークにも参加した、愛知のバンド「ジョセフ・アルフ・ポルカ」のフロントマン・てんしんくんが決定。

個人的には、イエモンのSPARKのカバーに期待!

まだ、ICHIが名古屋に住んでいた当時は、Dufiのライブインフォに彼の名前をよく目にしたもの…。久々の縁の店での凱旋ライブとなる今回、彼の古くからの友人たちも集まり、アットホームなパーティとなることが期待される。

なお、限定50名のライブとなっているため、すでに残席僅かなのだそう。ご予約はお早めに!

Racheal Dadd / Strike Our Scythes  ( NEW MV!!)

ICHI / Go Gagambo

<以下、レーベルインフォより抜粋>   Text by Norio Fukuda (SWEET DREAMS PRESS

SD07-005_480


ICHI
(イチ)「Hippo+47/99」

SD07-005 発売日:2015年1月15日 定価:本体 ¥1,000+税 収録曲数:2曲
フォーマット:アナログ7インチ・レコード(45rpm)
パッケージ:厚紙シングル・ジャケット(歌詞カード+特製カード2枚封入)
イラスト:アーロン・セワードアレッシーズ・アークアン・ブルーグニベッツィ・ダッドチャンキー松本、coloc(PLUTATA)、笑理ジョージ・モーガンいぬんこ松井一平、Jaaja(PLUTATA)、カノコ・イノウエ、田中健太郎ルイズ・フィリップス、maRco(しっかかもっかか)、マーサ・コープランドマクラウド・ズィクミューズmississippiモンド前原元光ポーラ・ボウルズロバート・ラムスデンローズ・ロビンス永田塁サリー・インバートてんしんくん俵谷哲典ウィル・ニューサム、ヤギ(のうしんとう)、永山愛樹
初回プレス数:限定400枚

 


動物、鳥、魚、貝、昆虫の名前、そしてかけ算九九……

覚えて使えるICHI流エデュケーショナル・ダンス・ミュージック

名古屋〜UKブリストルを往復する発明音楽家、ICHIくんと一緒に覚える動物、鳥、魚、貝、昆虫の名前。その英語名と日本語名が交互に登場する「Hippo+47」。さらにカップリング曲はニューヨーク伝説のポスト・パンク・レーベルへのオマージュ? ……と思いきや「99」と言うより「九九」。そう、誰もがとおる「かけ算九九」のおさらいができるICHI流スクールハウス・ロックとでも言えそうなアナログ7インチ・レコードが完成しました。

 泡を立てる水音と赤ちゃんや鳥の声、古いレコードからの引用や日常の物音のあれこれコラージュ、もはやICHIくんのトレードマークであるワンマン・バンド・スタイル以上のサウンド・タペストリーは、そのまま現在の彼が立つレベルの高さを証明することでしょう。NHK教育テレビで放映されたストップモーション・アニメ『イチくんとやさい畑』に登場する愛らしく人なつこいキャラクターとともに、彼のマニアックな実験精神もこの2曲からぜひご堪能ください。

 また、ジャケットに並ぶ48匹の動物たちのイラストを手がけるのは、これまた豪華なICHIくんの仲間たち。チャンキー松本、いぬんこ、モンドくん、松井一平(TEASI、BREAKfAST、わすれろ草)、田中健太郎、俵谷哲典(2UP、半額)、mississippi、てんしんくん、PLUTATAのふたりに「のうしんとう」のヤギ、「しっかかもっかか」のmaRco、永田塁、タートルアイランドの永山愛樹。さらに、アレッシーズ・アーク、アーロン・セワード、ル・トン・ミテのマクラウド・ズィクミューズとアン・ブルーグニ、パートナーであるレイチェル・ダッドの実妹のベッツィ・ダッド、レイチェルと一緒にザ・ハンドで活動するウィル・ニューサムなど、有名無名国内外問わずの総勢31人。本作にはまた、このイラストから4つを抜き出した特製カードを2枚ずつ封入しました。つまり、どのイラストのカードが当たるかは買ってからのお楽しみというわけ。

子どもたちと一緒に聴いて、触って、遊べるファミリー・ユースの限定シングル盤。一家に一枚、あなたの家庭のICHIがここにいます。お早めにどうぞ。

ーーー

SDCD-018_web

レイチェル・ダッド(Rachael Dadd)「ウィー・レゾネイト(We Resonate)」
SDCD-018 発売日:2014年9月15日 定価:¥2,200+税 収録曲数:12曲 
パッケージ:A式紙ジャケット(ダブル)
アートワーク:ベッツィ・ダッド
歌詞対訳:喜多村純

問いかけ、愛することと生きること、そして抵抗することの歌
大きくスケールを増したレイチェル・ダッドのニュー・アルバム!

前作『バイト・ザ・マウンテン』から3年、その間も英ブロークン・サウンドと弊社スウィート・ドリームス・プレスより小さな贈り物を時折リリースしてきたレイチェル・ダッドですが、2年の制作期間を経て待望のニュー・アルバムがついに完成しました。本作に集まった強力なコラボレーターの面々は、ローラ・マーリングの片腕として知られるマーカス・ハンブレット、アレッシーズ・アークのアレッシー・ローレン・マーク、ロズィ・プレインサンズ・オブ・ノエル・アンド・エイドリアンのエマ・ガトリル、ウッドペッカー・ウーリアムスのトーマス・ヘザーなど、UKの新しいフォーク/シンガー・ソングライター運動の錚々たる担い手たち。もちろんレイチェルのパートナーである日本人発明音楽家、ICHIの創作楽器も本作のDIYな実験精神を支える大きな屋台骨のひとつです。

プリペアド・ピアノ、自家製の木琴、歌声、クラリネット、タイプライター、マッチ箱、スティール・ドラム、タップ・ダンス、拍手手拍子…。ここにある豊かなポリリズムは彼女を魅了し続けるアフリカのフィールド録音作品からのインスピレーションと、スティーヴ・ライヒチューン・ヤーズ、そして彼女が交流してきた日本のアンダーグラウンド・シーンとの力強く奔放なミックスとして軽やかに提示されています。強く、躍動し、連帯して飛翔する歌と演奏。これはレイチェル・ダッドだからこそなし得た明度の高いカルチュラル・ミックスと言えましょう。

コミュニケーション、コラボレーション、オプティミズム……、レイチェルのチャーム・ポイントはそのままに、しかし、本作の心髄は、むしろふと耳を過ぎっていく問いかけ(この現代の機械の筋肉をきみが曲げているのが見える/ほんとうにそれを運転するのに向いてるの?)や抗議(高らかなクラリネットの音と「世界を征服すべきは女性たち」というアイヴァー・カトラーの引用)の瞬間に浮かび上がるのです。

大きく地面を蹴ってステップを踏む。誰もが自分の音、自分のリズムで息を合わせていく。レイチェル・ダッドの新作は「私たちは共鳴する!」という宣言でもあるのです。

 

 

イベント情報
12月7日(日)
Rachael Dadd + ICHI
ニューアルバム & シングルリリース記念来日公演
“Rotation Resonating Japan tour 2014” 
会場:Cafe Dufi(名古屋市中区新栄3-17-11 )
開場 18:00/開演 19:00
チャージ:前売 ¥2.000/当日 ¥2.500(+別途ファーストドリンク代500円)

出演:

Rachael Dadd
ICHI
Guest Act : てんしんくん

予約&問い合わせ:
Cafe Dufi
TEL:052-263-6511

SWEET DREAMS  PRESS
www.sweetdreamspress.com
ICHI(イチ)
奇想天外、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージングをみせる、”ひとりサーカス楽団 ICHI!” 英国・ブリストル在中。現在まで1stアルバム「mono」、2ndアルバム「memo」をリリースし、今年11月に2枚目の7インチシングルレコードとなるをスウィート・ドリームスプレスからリリース予定。スティールパンや様々な自作楽器を演奏し唄い日本全国、ヨーロッパ、ニューヨークなどでライブパフォーマンスを行っている。NHKで放送中のアニメーション「おんがく世界りょこう」の主演アニメキャラクターのモデルでもあり楽曲提供もしている。
http://www.ichicreator.com

Rachael Dadd(レイチェル・ダッド)
英国・ファーナム出身。ブリストル在住。ミュージシャンであり、テキスタイルアーティストの一面も見せる。ギター、バンジョー、ウクレレ、クラリネット、ピアノを演奏する歌い手。17歳でファーストアルバムをリリースしてから現在まで10点をこえる音源作品を発表し、2014年9月に新作アルバム “We Resonate” をリリース。また、ハンドメイド・ブランドMAGPIEを立ち上げ、テキスタイルで数々の展覧会、ワークショップを行い、幅広く精力的な創作活動を行なっている。
http://www.rachaeldadd.com

てんしんくん
名古屋を中心に活動しているバンド「ジョセフ・アルフ・ポルカ」のボーカル/キーボード担当。ソロではウクレレとキーボードによる弾き語りを行う。イラストレーターとしても活動、最近ではMILK、7epのイラスト、書籍版月刊ウォンブに漫画で参加、EMCのTシャツ展参加等ぼちぼち活動している。
http://tenshinkun.tumblr.com/

Text&Edit Takatoshi Takebe [THISIS(NOT)MAGAZINE, LIVERARY]

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー