instagram
twitter
facebook
名古屋クアトロが“弾き語りバー”に!?ZAZEN BOYS・向井秀徳 × イルリメこと鴨田潤が共演。

2015.03.26.Thu | 名古屋CLUB QUATTRO (矢場町)

mukaikamota

3月26日(木)、名古屋CLUB QUATTROにてライブイベント「Bar CLUB QUATTRO」が行われる。
コンセプトは<名古屋・栄の街にひっそりと佇む、寄る辺ない思いを抱いた人々が集うバー>とのことだ。

出演には、 ロックバンド・ZAZEN BOYSの向井秀徳のソロプロジェクト、向井秀徳アコースティック&エレクトリック。その名の通りアコギタとエレキギターを使い分ける弾き語り。向井の前身バンド・NUMBER GIRL時代の楽曲も弾くとのことで、ファンの方は参加必至!

そして、もう1組、ヒップホップミュージシャンとしてはイルリメ、また最近ではバンド(((さらうんど)))蓮沼執太大原大次郎とのユニット・TypogRAPyとしても活躍中の鴨田潤が弾き語りを行う。ラッパーらしい言葉遊びに富んだ歌詞が、優しい音色のアコースティックサウンドで歌われるスタイルは、鴨田にしかできないオリジナリティーな弾き語りだ。

ロックとヒップホップという畑の違うミュージシャン2組のソロが共演するレアな機会。 イベントタイトルにふさわしい、ついついお酒が進んでしまいそうなほどよくアダルトなグルーヴが流れる演奏会になりそうだ。

<以下出演者紹介>

向井秀徳 Mukai Shutoku
1973年生まれ、佐賀県出身。1995年、NUMBER GIRL結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。2012年、ZAZEN BOYS 5thアルバム『すとーりーず』リリース。今作品は、ミュージック・マガジン「ベストアルバム2012 ロック(日本)部門」にて1位に選ばれた。 著書に『厚岸のおかず』。

 

鴨田潤(イルリメ)
2000年に自主リリースした1stアルバム『イるreメ短編座』が音楽ファンの間で広まり話題となる。2004年までに4枚のオリジナルアルバムを立て続けに発表、04年発売のアルバム「www.illreme.com」に於いてはミュージックマガジン誌『ロック(日本)』部門で年間ベスト アルバムに選出される。またジャンルを問わず様々なコラボレーションも精力的に行い、speedometer.とのユニットで「SPDILL/How to feel the empty hours?」、ECDとのユニットで「ECDイルリメ/2PAC」、二階堂和美の全作詞とプロデュースを担当した「二階堂和美のアルバム」を制作。07年、カクバリズム移籍後初となるフルアルバム『イルリメ・ア・ゴーゴー』をリリースし、「FUJIROCK」初出演。翌年にはフランス、ドイツ、ベルギーなどを回る初のヨーロッパツアーを敢行した。作品はその後も08年に「メイド・イン・ジャパニーズ」10年に「360°SOUNDS」をリリース。同時にCM音楽や作詞提供、REMIXと制作の幅を広げてゆく。08年より歌への傾倒からギター弾き語りライブを開始。11年、本名・鴨田潤名義で1stアルバム「一」をリリース。12年、TRAKS BOYSと組んだポップスバンド(((さらうんど)))の1stアルバム「(((さらうんど)))」。鴨田潤として初の長編小説「てんてんこまちが瞬かん速」(ぴあ)を発表。最新作は2013年7月発売、(((さらうんど)))の2ndアルバム「New Age」。

 

イベント情報

2015年3月26日(木)
向井秀徳アコースティック&エレクトリック×鴨田潤
会場:名古屋CLUB QUATTRO (矢場町)
開場18:00/開演19:00
前売3240円/当時:未定(税込・整理番号付き)入場時、別途ドリンク代500円が必要

問:名古屋CLUB QUATTRO  TEL 052-264-8211

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー