instagram
twitter
facebook
Rock Steadyの伝説的コーラス・グループ、Carlton and the Shoesが来日!バックを務めるのは名古屋が誇るスカバンド、THE RUDE PRESSURES!

2015.04.23.Thu | 名古屋クラブクアトロ(矢場町)

carlton

Rock Steadyにおけるクラシックとなったアルバム『LOVE ME FOREVER』で知られる、最高峰のコーラス・グループ、Carlton and the Shoesが待望の再来日。名古屋公演は、4月23日(木)に名古屋クラブクアトロで開催される。

Rock Steadyとは、SKAに変わり1960年代後半からジャマイカで流行したポピュラー・ミュージック。緩やかなテンポとメロディアスなコーラスが特徴で、その後のレゲエミュージック隆盛の基礎となった音楽である。中でもCarlton and the Shoesは人気が高く、世界中のアーティストがカバーしたり、日本でもフィッシュマンズなどがその影響を口にしている。

11年振りとなる今回の来日、名古屋公演では、名古屋が誇るオーセンティック・スカバンド、THE RUDE PRESSURESをバックバンドに迎えたスペシャルなステージが披露されるとのこと。SKA、Rock Steady、Reggaeファンにはたまらない一夜となるだろう。

イベント情報

4月23日(木)
Carlton and the Shoes JAPAN TOUR 2015 名古屋公演
会場:名古屋クラブクアトロ 名古屋市中区栄3-29-1 パルコ東館8F
Open 19:30 Start 20:30
出演:Carlton and the Shoes (Backed By THE RUDE PRESSURES)
Selector: SAL(Chant Down Babylon)
料金:ADV ¥4,500(+Drink Charge)DOOR ¥5,500(+Drink Charge)
T-shirt付き限定割引〔ローソンチケットのみ〕¥7,000(+Drink Charge)
チケットぴあ:Tel:0570-02-9999 (Pコード:257-322)http://t.pia.jp
ローソンチケット:Tel:0570-084-004(Lコード:46220)http://l-tike.com
e+ イープラス: Tel:0570-06-9911 http://eplus.jp
チケット取扱い店:LION MUSIC DEN(052-953-1386)
問:052-264-8211 (名古屋クラブクアトロ)
http://www.club-quattro.com/nagoya/

Carlton and the Shoes(カ–ルトン・アンド・ザ・シューズ)
1938年7月27日生まれ、シンガー・ソング・ライターのCarlton Manning(カールトン・マニング)がリード・ヴォーカルを務めるRock Steadyを代表する最高峰コーラス・トリオ。ジャマイカ音楽に最も影響を与えたレーベル、Studio Oneからリリースされた1stアルバム『LOVE ME FOREVER』は、多数のタイトルを誇るスタジオ・ワン作品の中でも誰もが認める名盤中の名盤。その後も、ソロ作『Sweet Feeling』(95年)、『Music For Lovers』(02年)とアルバム・リリースを続け、更に2011年には73歳にしてアルバム『Heart Throbs』をリリース。また作曲、アレンジなど非常に高い音楽的才能があり、スタジオ・ワンのセッション・ミュージシャンとしても多くの作品でギターやオルガンを演奏しおり、The AbyssiniansやBurning Spear、Horace Andy等の作品でその演奏を聴く事ができる。日本へは1992年にOVERHEAT主催の『ROCK STEDY NIGHT』で「Rivers of Babylon」のヒットを持つThe Melodians のリード・ヴォーカルBrent Dowe、同じくRock SteadyグループCablesのElbert Stewart、Gladstone”Gladdy”Anderson率いるバンドGladdy and Solid Goldと共に来日。2004年には『REGGAE MAGIC!~Golden Rock Steady~』で来日しているが、今回の来日はその時以来、実に11年ぶりとなる。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー