instagram
twitter
facebook
関西の鬼才・オオルタイチと、a-fank syndicateのギタリスト・カフナが、鶴舞のバー・mi casa su casaでツーマンライブ。

2015.07.31.Fri | mi casa su casa (鶴舞)

oorutaichi_shinryo-saeki2
 

7月31日(金)、鶴舞のグッドミュージックバー・mi casa su casa にて、ライブイベント「ミカサスカサでサマーライブ」が開催されるゲストアクトには、関西の鬼才・オオルタイチが登場。

森道市場2015では、メインステージにて爆音エレクトロセットで観客を熱狂させ、夜のLIVERARY libraryステージでは、心地良い歌声を響かせチルアウトさせるという両面性を見せた彼。今回は、後者のアコースティックセットで登場する。

会場となるmi casa su casa は、これまでもDJイベントを中心にさまざまな音楽イベントを行っており、音楽ファンが集う店としても知られている店だ。

当日、共演には愛知のジャムバンド・a-fank syndicateのギタリスト・カフナもソロで出演。こちらもお楽しみに!

オオルタイチ

カフナ(Kazumoto Terashima)

 

イベント情報

2015年7月31日(金)
ミカサスカサでサマーライブ
会場:mi casa su casa(名古屋市中区千代田3丁目8-10万長ビル B1)
時間:19:00〜 
料金:1500円
出演:オオルタイチ、カフナ

オオルタイチ
1999年より活動を開始。打ち込みを駆使したエレクトロニックトラックに非言語の”歌”をのせるスタイルで唯一無二の音楽を展開、これまで3枚のアルバムをリリース。また“歌ものに”焦点を当てたバンド・ウリチパン郡では作曲とボーカル/ギターを担当。活動の幅は他ミュージシャンへのリミックス、プロデュースから、舞台音楽、アニメの音響監督など多岐にわたる。2015年秋、女性アーティストYTAMO(ウタモ)とのユニットを本格始動予定。現在アルバムを制作中。

カフナ(Kazumoto Terashima)
8歳の時ふとしたきっかけからクラッシックギターを始め15歳でエレクトリックギターを入手! 以降数々のバンドでギターを弾く。 2005年からa-fank syndicateに参加。 現在までアルバムを2枚リリースし色々な場所で演奏している。2014年にソロでのプロジェクト(KAHUNA)を始動。 バンドとは違って完全一人演奏で行き当たりばったりが8割くらい。自由な中にその時その時の世界を紡げたらと思っている。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー