instagram
twitter
facebook
8月29日(=“焼肉の日”)はクラブで焼肉!?まだまだ熱い夏の夜を楽しみたいなら「Gold Experience」へ。ゲストライブには原田茶飯事が登場!

2015.08.29.Sat | cafe domina(栄)

 

yakiniku

 

名古屋の人気クラブイベント「Gold Experience」が、8月29日(土)“焼肉の日”に開催。会場は、名古屋市中区栄のcafe domina。

今回のメインゲストは、ヒグラシが鳴く切ない夏の夕暮れを思い起こさせるようなギターの音色と、しっとりとした美しい歌声で魅了するSSWの原田茶飯事。また、同イベント会場のマネージャーでもある、DJ KONDOHによる熱いDJも必見だ。

 

原田茶飯事

 

しかし、このイベントの最も特筆すべきポイントは、なんとフロアで焼きたてのホルモンが食べられること!

同イベントの主催者・DJ AKIRAが、“焼肉の日”を記念して、いぬねこ食堂 meets ネオとんちゃんアキラとして会場内に出店!厳選のとんちゃん焼きを無料で提供してくれるのだそう!ホルモン部・部長として活動するなど「無類の肉好き」として知られる彼だからこそ、このフリー焼き肉のクオリティに期待したいところ。また、同イベント名物フード「トマトの中華風浅漬け」や「ピリ辛アジアンえだまめ」ももちろん無料で楽しめる。

夏が終わってしまう切なさに胸をきゅっとさせたり、大騒ぎしながら熱く踊ったり、絶品ホルモンを頬張ったり……。とにかく賑やかな夜になる予感。まだまだ熱い夏の夜、最高の黄金体験を味わってみてはいかが?

イベント情報

8月29日(土)
Gold Experience
会場:cafe domina  名古屋市中区栄4-3-15丸美観光ビルB1F
時間:23:00 OPEN 
料金:2000円 (+free food)
※free foodは具材がなくなり次第終了となります。
出演:原田 茶飯事、KONDOH(QRMATIE/domina)、DJ / AKIRA、VJ&DECO&LASER / YAMA. HELLSEE
FOOD:いぬねこ食堂meetsネオとんちゃん アキラ
http://cafe-domina.com/

yakiniku_2

原田 茶飯事
5月2日大阪うまれのA型。あっちにも行けるしこっちにも行ける、 全方位型シンガーソングライター。2009年から東京に拠点を移しガットギターを手に年間150本ほどの公演を続け全国を渡り歩く。 ソフトロックやMPBの洒落っ気、茶目っ気を感じさせながらも口から半分魂の出たようなステージングは必見。 http://haradasahanji.com/

 

yakiniku_3

KONDOH (QRMATIE/domina)
名古屋出身、水瓶座B型。DJ歴20年。1993年から2007年までの14年間、某レコード店に勤務。これまでに、UR/Derrick May/Juan Atkins/Carl Craig/Andres等、デ トロイトを代表する数々の著名アーティストのサポートを務めてきた経歴等は今や都市伝説。このような経験を経て、現在はdominaのマネージャーに至る。 近年では、domina偶数月第一土曜日に開催される、ブラックミュージックテイスト溢れる楽曲を軸に、ジャンルレスな選曲で独自な世界観を追求する漆黒系ディープダンスミュージックパーティー “QRMATIE”クルーとして活動中。日頃から栄4丁目の地下で太陽と砂浜を切望する日々を送るがゆえ、早ければ5月あたりから毎週のように内海のビーチに繰り出す正真正銘の夏男。 要するに、ロマンチストってことです。

 

yakiniku_4

いぬねこ食堂 meets ネオとんちゃんアキラ
活動が100回目に迫る《ホルモン部》の部長であり、ゴルエク主催者でもあるAKIRAが8/29(ヤキニクの日)という事で《ネオとんちゃん アキラ》を開店! 当日を『第97回ホルモン部』にするために厳選した《とんちゃん》を網焼きや鉄板焼きでご提供!(ホルモンが苦手な人用の部位もご用意☆)いぬねこ食堂からはゴルエク名物 《トマトの中華風浅漬け》と《ピリ辛アジアンえだまめ》をご用意と完璧な布陣!!!!!!!!いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

NEW
Jul 26. 2017 up

WHAT ABOUT YOU? #24 / 横山雄
REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー