instagram
twitter
facebook
ベルリン拠点のヴィブラフォン奏者、Masayoshi Fujitaが3年ぶりに来日ツアー。名古屋公演はレーベルflau主宰・ausによるライブと対談も!

2016.02.11.Thu | spazio rita(愛知|矢場町)

Masayoshi Fujita_1

 

ベルリンを拠点に活動する作曲家でヴィブラフォン奏者のMasayoshi Fujitaのライブが、2月11日(木・祝)spazio ritaにて行われる。来日ツアーは3年ぶりで、名古屋をはじめ和歌山、京都、東京など全国7ヶ所を巡る。

ヴィブラフォンって一体どんな楽器?どんな音色?という方もいるだろう。まずは昨年リリースされたアルバム『Apologues』から「Tears of Unicorn (Solo Vibraphone Version)」を聴いていただきたい。

 

 

続いて、2014年ベルリンでのライブの映像。エレクトロニカ/ミニマルミュージックの先駆者であるJan Jelinek(ヤン・イェリネック)とコラボレーションは話題を呼んだ。次から次へと実験的な音が生まれ、思わず不思議な世界へ引きこまれてしまいそう。

 

 

同イベントでは、国内外から注目を集める音楽レーベルflauを主宰するアーティスト・ausのライブパフォーマンスも行われる。ライブ後は、ausMasayoshi Fujitaの両者によるアフタートークも開催決定!ワールドワイドに活躍する2人が、レーベルや音楽についてあれこれ語るとのこと。こちらも見逃せない。まだまだ寒さが厳しい冬の夜。静謐なヴィブラフォンの音色に包まれて、ほっと一息ついてみてはいかがだろうか。

 

 

イベント情報

2016年2月11日(木・祝)
Masayoshi Fujita Japan Tour 2016 @Spazio Rita
会場:spazio rita(名古屋市中区栄5丁目26ー39 GS栄ビル B-1)
時間:open 17:00 / start 18:00
料金:前売り 2,500円/当日 3,000円(入場時に1ドリンクお求めください)
TEL:052-265-7176
出演:Masayoshi Fujita、aus
装飾:Kenji suzuoka (sonohigurashi)
楽器協力:株式会社 斉藤楽器製作所
予約・お問い合わせ:Fuligo: TEL 052-241-7227 / info@fuligo.jp

masayoshifujita_3

Masayoshi Fujita
ドイツのベルリンで活動するヴィブラフォン奏者、作曲家。el fog名義で実験的なアプローチでエレクトロニクスとアコースティックサウンドの融合を試みている。2010年にJan Jelinekとのコラボレーションアルバムをリリース。その後2012年ヴィブラフォンの可能性を追求したアルバム 『Stories』をレーベルflauよりリリースし、Exclaim、The 405、ele-king などで高い評価を受ける。そして2015年に、Nils Frahm、Olafur Arnaldsなど良質なポストクラシカルのアーティストを輩出するErased Tapesより2ndアルバム『アポローグス』をリリース。

 

aus_1

aus
自信のレーベルflauを主催する 東京出身のアーティスト Yasuhiko Fukuzonoによるソロ・プロジェクト。幼少期から音楽に触れ始め、10代の頃より主に実験映像作品の音楽を手掛けてきた。2004年よりaus名義で活動開始。その後、外レーベルを中心に4枚のフルアルバムをリリース。これまでにSummer Sonic、SonarSound Tokyo、De La Fantasiaなど国内を代表する音楽フェスティバルに出演。最近では、全18都市22公演のヨーロッパツアーにて、Ulrich Schnauss、Fennesz、Matmosらと共演するなどワールドワイドな活動を展開している。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー