instagram
twitter
facebook
“鉄のまち”と称される東海市が、ヘヴィメタルの魅力伝えるライブ&シンポジウムを開催。ゲストに、アイアン・メイデンの元ボーカルや「BURRN!」編集長ら。

2016.03.13.Sun | 東海市芸術劇場(愛知|東海市)

丹下眞也(OUTRAGE)

大手鉄鋼メーカーの製作所があり、古くから“鉄のまち”と呼ばれている愛知県東海市。「鉄=メタル」ということで、同市が使命感を帯びて企画したという「N.W.O.B.H.M(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)を検証するLive&シンポジウム」が、3月13日(日)東海市芸術劇場にて開催される。

N.W.O.B.H.Mムーブメントは1970年代後半にイギリスで勃発し、短期間ながら多くのメタル・バンドを産み出した。そんなN.W.O.B.H.Mの中心的バンド、アイアン・メイデンの元ヴォーカリストのPaul Di’Annoもゲストとして登場。音楽評論家の伊藤政則、世界屈指のヘビィメタル専門誌「BURRN!」の編集長・広瀬和生らが登壇し、トークを繰り広げる。また、夜にはライブも行われる。前述した、Paul Di’Annoがボーカル、バックバンドには、阿部洋介(G・OUTRAGE)、安井義博(Bs・OUTRAGE)、丹下眞也(Ds・OUTRAGE)、大谷慎吾(G・UNITED)といった、鉄壁のメンバーが集結しスペシャルなライブを行う。

さらに、3月5日(土)~3月13日(日)まで、同会場のギャラリースペースでは、関連グッズ、資料の展示も同時開催される(コチラの展示企画は、入場無料/開催時間は9:00~21:00)。常にプライドと気品を備えながら進化してきた、ヘヴィメタルの歴史とその本質。この機会にぜひ触れてみては?

イベント情報

2016年3月13日(日)
N.W.O.B.H.M(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)を検証するLive&シンポジウム
時間:シンポジウム 13:00開演/Paul Di’Anno Live 18:00開演
会場:東海市芸術劇場・大ホール(愛知県東海市大田町下浜田137・ユウナル東海内)
料金:S席 3,500円/A席 3,000円/小中高生 1,000円
出演:
【シンポジウム】伊藤政則(音楽評論家・DJ・VJ)、広瀬和生(「BURRN!」編集長)、Paul Di’Anno(Vo)、丹下眞也(Ds・OUTRAGE)
【ライブ】Paul Di’Anno(Vo)、阿部洋介(G・OUTRAGE)、安井義博(Bs・OUTRAGE)、丹下眞也(Ds・OUTRAGE)、大谷慎吾(G・UNITED)
チケット販売:チケットぴあ Pコード : 280-846
主催:東海市・東海市教育委員会
問:東海市芸術劇場 TEL 0562-38-7030 http://www.tokai-arts.jp

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー