instagram
twitter
facebook
半田市の寺院を舞台としたライブイベント「寺ライブ」が開催。出演は、あだち麗三郎クワルテッット。

2016.03.12.Sat | 浄顕寺(愛知|半田市)

ar-sha2015 (1) 
photo by 南 阿沙美
 
愛知県半田市にある昔ながらの街並みが残る小さな港まち、亀崎町の浄顕寺にて、3月12日(土)にライブイベント「寺ライブ」が開催される。
 
今回出演するのは、あだち麗三郎クワルテッット。同バンドを率いる、あだち麗三郎は、田中馨(ex.SAKEROCK)による新ユニット・Hei Tanakaや、先日「SMAP×SMAP」に出演したことでも話題のバンド・ceroでもサポートプレイヤーとして、マルチに活躍を続けるミュージシャンだ。今回のライブメンバーは、谷口雄(from 森は生きている)、古川麦(from 表現)、アポロン増田(from Helloes)、内田武瑠(from ショピン、BURGER NUDS)という豪華なメンツで構成されている。
 
スクリーンショット 2016-03-10 11.47.42
 
 
会場として使用される浄顕寺は、昨年はキセルのライブが開催されたことでも知られ、幻想的なロケーションも魅力的。なお、当日は着物での来場特典もあるとのこと。この機会に、着物で古い町並みを散策し、夜はお寺でライブ鑑賞する小粋な休日を過ごしてみてはいかかだろう。
 
 
 
あだち麗三郎クワルテッット
イベント情報
2016年3月12日(土)
あだち麗三郎クワルテッットワンマンショー
会場:浄顕寺(愛知県半田市亀崎町3-51)
時間:開場17:30/開演18:00/終演19:30
料金:前売り2,500円/当日3,000円(+1ドリンク500円)
出演:
あだち麗三郎クワルテッット[あだち麗三郎 vocal,sax,guitar/谷口雄 piano(from 森は生きている)/古川麦 guitar,trumpet(from 表現)/アポロン増田 bass(from Helloes)/内田武瑠 drums(from ショピン,BURGER NUDS)]
詳細:http://rojiura-kamezaki.com/reisaburo

 

あだち麗三郎
1983年1月生まれ。早稲田大学第一文学部卒。9歳から15歳まで米国アトランタで過ごし、高校は日本の男子高で寮生活を送る。大学時代からライヴ活動を始め、ドラムやサックスなどを担当。その吹き抜ける風のような開放的音楽センスにより片想い、cero、鈴木慶一、百々和宏、前野健太、寺尾紗穂、坂口恭平 等とマルチプレイヤーとして活躍し、Fujirockfes’12では、サポートとして4ステージに出演。 メインはシンガソングライターである。独特の世界観、宇宙的郷愁感あふれるロマンチックなうたをうたっている。 2013年カクバリズムより7″シングル『ベルリンブルー』、2015年6月3rdアルバム『ぱぱぱぱ。』リリース。並行して、唯一無二の音楽家になるべく、アレキサンダーテクニークや、古武道などのボディーワークを習い続け、2012年頃から「あだ麗の身体ワークショップ♪」を開催し教えたりもしている。www.reisaburo.info

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー