instagram
twitter
facebook
「龍宮ナイト」の10周年記念イベントで、THA BLUE HERBとあふりらんぽがツーマンライブを開催!

2016.06.05.Sun | TOKUZO(愛知|今池)

web
 
 
2006年より始まり、名古屋の音楽シーンに一石を投じ続けてきたイベント「龍宮ナイト」が、6月5日(日)に今池TOKUZOにて10周年イベントを開催する。
 
この記念すべきイベントに登場するのは、札幌を拠点にジャパニーズ・ヒップホップを牽引し続けるTHA BLUE HERBと、今年6年ぶりに復活し、原始的なサウンドを取り入れた音楽性と衝撃的なパフォーマンスで国内外のファンを魅了するあふりらんぽの2組。異色の組み合わせによるツーマンライブが行われる。
 
 
<以下、主催者よりコメント>
 
名古屋が大好き!!音楽が大好き!!お祭りが大好き!!ってことで、
2006年から名古屋で始めた龍宮ナイトが、
なななんと!!6月で10周年を迎えます!!!
毎回毎回が特別やから10周年イベントなんてやらへんわー!!って尖っていたら、
色んな偶然が重なったので、
だったら素直にどどーんと10周年を皆様に祝ってもらおうじゃないか!!ってことで。
大好きな今池得三でやっちゃいます!!
出演はTHA BLUEHERBとあふりらんぽの奇跡の2マン!!
得三であふりとTBHの組合せなんて、大丸ラーメン以上の衝撃でしょ?!
これぞ龍宮ナイトの盛り合わせです!!是非とも完食してください!!
 
text by わかめ(龍宮ナイト)
 
 
THA BLUE HERB
 
 
あふりらんぽ
 
イベント情報
2016年6月5日(日)
龍宮ナイト Vol.77 ~龍宮ナイト10周年 楽しいことは続けちゃうよね~
会場:今池TOKUZO(名古屋市千種区今池1-6-8ブルースタービル2F)
時間:open 18:00 / start 19:00
出演:THA BLUE HERB、あふりらんぽ
料金:前売 3,500円 / 当日 4,000円(D代別)
チケット:TOKUZO(mail@tokuzo.com)、チケットぴあ(Pコード 295-943)、ローソンチケット(Lコード 47318)、e+にて一般発売中。
※TOKUZOでの取り扱いチケットが優先席に入場可能。
詳細:龍宮ナイトHP http://www.ryugu-night.com/?cat=5

THA BLUE HERB
ラッパー: ILL-BOSSTINO、トラックメイカー: O.N.O、ライヴDJ: DJ DYEの3人からなる一個小隊。1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。’98年に1st ALBUM「STILLING, STILL DREAMING」、2002年に2nd ALBUM「SELL OUR SOUL」、’07年に3rd ALBUM「LIFE STORY」、’12年に4th ALBUM「TOTAL」を発表。’04年には映画「HEAT」のサウンドトラックを手がけた他、シングル曲、メンバーそれぞれの客演及びソロ作品も多数。映像作品としては、ホーム北海道以外での最初のライヴ「演武」、結成以来8年間の道のりを凝縮した「THAT’S THE WAY HOPE GOES」、’08年秋に敢行されたツアーの模様を収録した「STRAIGHT DAYS」、そして活動第3期(’07年~’10年)におけるライヴの最終完成型を求める日々を収めた「PHASE 3.9」を、’13年8月に東北の宮古、大船渡、石巻でのライヴツアーを追った「PRAYERS」を発表した。HIPHOPの精神性を堅持しながらも多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。巨大フェスから真夜中のクラブまで、47都道府県津々浦々に渡り繰り広げられたライヴでは、1MC1DJの極限に挑む音と言葉のぶつかり合いから発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。2015年10月にILL-BOSSTINOがtha BOSS名義でソロアルバム「IN THE NAME OF HIPHOP」を発表し、再び列島各地のステージ最前線に帰還!

あふりらんぽ
2002年に大阪で結成 。ONI(Vo, G)とPIKA(Vo, Dr)の2人からなるギターロックバンド。原始的なサウンドを取り入れた音楽性と衝撃的なパフォーマンスが国内外で話題に。2003年に1stアルバム「A」、2005年にKi/oon Recordsからアルバム「URUSA IN JAPAN」をリリース。2010年に解散を発表。2011年には解散ライブを収録したCD+DVD「NEVER ENDING AFRIRAMPO」をKi/oon Recordsよりリリース。解散から6年経て再始動。

posted by K.YOSHIGUCHI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー