instagram
twitter
facebook
“世界一面白い、民族トロピカル・ベース”と称される、CLAP!CLAP!が待望の来日。名古屋公演には、OBRIGAARD、Misonikov Quitavitchらが共演。

2016.06.17.Fri | club JB'S(愛知|栄)

ClapClap

 

イタリア人プロデューサー・Cristiano Crisciによる、アフリカの民族音楽への探究とサンプリングにフォーカスしたソロプロジェクト・Clap!Clap!が来名。6月17日(金)、名古屋Club JB’sで開催されるパーティーイベント「Goodweather#48」に出演する。

Clap!Clap!は2014年、フットワークやヒップホップの要素を取り入れた同名義のファーストアルバム『TAYI BEBBA』を発表し瞬く間に注目を浴びることに。そして、昨年11月に待望の初来日公演を果たした。無国籍で辺境的な独自のトライバル・サウンドを披露した。そして、今年5月、全15曲収録の日本独自企画盤『Tales From The Rainstick』を発表。同作品のリリースを記念し、今回再来日に至った。

なお、本公演には、OBRIGAARDDJ UJIMisonikov QuitavitchNOUSLESSchoumanが出演する。梅雨入り時期の名古屋にぴったり!?な亜熱帯且つ無国籍な音楽愛溢れる夜となるだろう。

 

CLAP!CLAP!

イベント情報

2016年6月17日(金)
GOODWEATHER#48
会場:club JB’S
時間:開演/開演 22:00
料金:前売 3,000円/当日3,500円
出演:CLAP!CLAP!、OBRIGARRD、DJ UJI、Misonikov Quitavitch、NOUSLESS、Chouman、asaZY(VJ)
詳細:club JB’S

clapclap (1)
CLAP!CLAP!
 (Black Acre, IT)
CLAP!CLAP!は、ディジ・ガレッシオやL/S/Dなど多数の名義で活躍するイタリア人プロデューサー、クリスティアーノ・クリッシがアフリカ大陸の民族音楽への探究とサンプリングに主眼を置いてスタートさせたプロジェクトである。様々な古いサンプリング・ソースを自在に融合して、それらを極めてパーカッシヴに鳴らすことによって実に個性的なサウンドを確立している。彼は伝統的なアフリカのリズムをドラムマシーンやシンセといった現代の手法を通じて再生することにおいて類稀なる才能を持っており、その音楽体験におけるキーワードは「フューチャー・ルーツ/フューチャー・リズム」。CLAP!CLAP!の使命は、トライバルな熱気と躍動感に満ちていながらも、伝統的サウンドの優美さと本質を決して失わないダンス・ミュージックを提示することである。2014年にリリースされ昨年CD化されたファースト・アルバム『TAYI BEBBA』は、ビートミュージック~ベースミュージック・リスナーから辺境~民族音楽ファンやサイケ系インディーロック・ファンまで巻き込んで大ヒットを記録中、その勢いを更に加速させる日本独自企画アルバム『TALES FROM THE RAINSTICK』を本年5月にリリースしたばかりである。
https://soundcloud.com/clakclakboomclak

posted by R.NODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー