instagram
twitter
facebook
北海道・苫小牧を拠点に活動する3ピースバンド、NOT WONKが新作リリースツアーで名古屋へ。共演にodd eyes、KONCOSが登場!

2016.07.17.Sun | CLUB ROCK'N'ROLL(愛知|新栄)

NotWonk2016S

北海道・苫小牧を拠点に活動する3ピースバンド、NOT WONKが前作から1年ぶりとなる2ndアルバム『This Ordinary』(Kilikilivilla)を6月15日にリリース。それに伴いツアーがスタートし、名古屋では7月17日(日)にCLUB ROCK’N’ROLLにてライブが行われる。

新作『This Ordinary』は彼らの昨年全国各地でのライブと同時進行で制作されたアルバムであり、疾走感とナイーヴさ、希望と苛立ちのバランスを取りながら、いまの彼らにしか鳴らせない音が収録されている。はじめての土地や数多くの対バンから刺激を受けて現在進行形のエモーショナルなライブとなりそうだ。

なお、名古屋公演の共演には、京都インディーシーンの核・odd eyes、東京からは古川太一(ex.riddim saunter)率いるKONCOSが参加。3バンドともに楽しめる夜になりそうだ。

NOT WONK

KONCOS

odd eyes

イベント情報

2017年7月17日(日)
NOT WONK 2nd Album Release Tour
会場:CLUB ROCK’N’ROLL
時間:開場 18:00 開演 18:30
金額:前売 2,500円 当日 3,000円
出演:NOT WONK / KONCOS / odd eyes
チケット:ぴあ(P:299-729) / ローソン (L:41821) / e+ / CLUB ROCK’N’ROLL

NOT WONK 
苫小牧を拠点に活動する3ピース。2014年に<生き埋めレコーズ>のコンピレーション『生き埋めVA』に参加、その後<I HATE SMOKE TAPES>より5曲入りカセット『Fuck It Dog, Life Is Too Sugarless』をリリース。90年代半ばに生まれ、何にも染まっていない感性から放たれるサウンドは今後のシーンの起爆剤となるだろう。USインディー、メロディック、パンク、ギター・ポップ等、様々なカテゴリーを軽やかに飛び越え、クロスオーバーさせることができる新感覚な世代が現れた。このアルバムからの数年間、NOT WONKを聴くということは、少年が青年へ変わりゆく姿を、ひとつのドキュメンタリーとして感じることができる希有な体験となるはずだ。
KONCOS
Keyboard、Guitar、Drumsの3ピースバンド。その時々で、Sax、Trombone、Chorus、Percussionが入るなど編成が変化する。ファッションブランドALLEGEの2012 AW COLLECTIONの音楽製作をきっかけに活動スタート。下北沢SHELTERを拠点に、自主企画[AFTER SCHOOL]を開催。全国各地のバンドやライブハウス、クラブやDJと一緒に、音楽と人のつながりを模索中。
odd eyes
ギター、岡村基紀、ドラム、小田昌和、ボーカル、カベヤシュウト、ベースは誰かの4人組。2012/10/10 Less Than TVよりファースト・アルバムをリリース。2015/02/07 Summer Of Fanより7インチ・ミニ・アルバムをリリース。ハードコア・パンク、コズミック・フォーク、インディ・ロック、ヒップホップに影響受けた感じ。ポーズがリアリティ、誰にでもあって、どこにでもある。

posted by R.NODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー