instagram
twitter
facebook
勝井祐二、山本精一擁する、ROVOが新作アルバムリリース&東名阪ツアー。名古屋公演には、ナカコー(ex:スーパーカー)参加の合体ユニットも登場!

2016.11.09.Wed | 今池TOKUZO(愛知|今池)

11-9ロ:ROVO

 

今年で結成20周年を迎えた勝井祐二、山本精一擁する人力トランスユニット、ROVO。彼らの4年ぶりとなるニューアルバム『XI(eleven)』のリリースとそれに併せた東名阪ツアーの開催が決定した。名古屋公演は11月9日(水)に今池TOKUZOにて。

名古屋でのライブにはナカコーことKoji Nakamura(ex:スーパーカー)がゲストとして参加。今回はサイドプロジェクトであるNYANTORAと、ROVO×ナカコーでの合体ユニットとして出演するこのユニットはROVOスーパーカーを輩出した音楽レーベル「dohb discs」の企画イベントをきっかけに生まれたプロジェクトであり、ライブではレーベルメイトだった当時のお互いの楽曲や共作した全く新しい楽曲を一緒に演奏する。また、今回のニューアルバムにも共作楽曲も収録されている。

 

ROVO×ナカコー

 

イベント情報

2016年11月9日(水)
ROVOニューアルバム「XI(eleven)」発売記念LIVEツアー
会場:今池TOKUZO
時間:開場 18:00 開演 19:00
料金:前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,300 (ドリンクチャージ別)
出演:ROVO / NYANTORA / ROVO×ナカコー
チケット:ぴあ / ローソンチケット / 今池TOKUZO
問:今池TOKUZO Tel:052-733-3709

11-9ロ:ROVO

ROVO
「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に’96年結成。 バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。 驚異のツインドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。 音と光、時間と空間が一体となった異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。 “フジロック・フェスティヴァル”、“ライジングサン・ロックフェスティヴァル”、“メタモルフォーゼ”、“朝霧JAM”、“アラバキ・ロックフェスティバル”など、大型フェス/野外パーティーにヘッドライナーとして連続出演。 2011年は、世界中のダンスミュージックシーンで活躍し続けるイギリスのテクノユニット「SYSTEM7」とのコラボレーション・プロジェクトを始動し、京都と東京での合体LIVEを大成功させた。 毎年恒例となったROVO主催の日比谷野音「MDTフェスティヴァル」は、2012年で10回目の開催を迎える。 国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。

 

11-9ナ:ナカコーKoji Nakamura

Koji Nakamura
1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。ソロプロジェクト「iLL」や「NYANTORA」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ(ex.スーパーカー)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers, toddle)、そして牛尾憲輔(agraph)と共にバンド「LAMA」として活動の他、現代美術作家の三嶋章義(ex. ENLIGHTENMENT)を中心にしたプロジェクト、MECABIOtH(メカビオス)でも活動した。また、主宰レーベル「Sound Of Romances」もスタートさせている。また、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。そして、10月大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。

posted by R.NODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー