instagram
twitter
facebook
アンビエント/アヴァン・ポップの名手・ASUNA、伊達伯欣&畠山地平によるユニット・Opitopeが新作リリースツアーで名古屋、伊勢に登場!

2016.11.18.Fri - 11.19.Sat | spazio-rita(愛知|矢場町)、風見荘(三重|伊勢)

tumblr_inline_ofcdswphzy1rc2d0f_500ASUNA

アンビエント、アヴァン・ポップの名手であり、国内外問わず活動する音楽家・ASUNAと、伊達伯欣畠山地平によるエレクトロ・アコースティック・デュオ、opitope。彼らが6年越しの共作アルバム『The Crepuscular Grove』を11月16日にリリース。それに伴うリリース記念ツアーが行われる。名古屋公演は、11月18日(金)spazio-ritaにて。そして、翌日19日(土)には伊勢のゲストハウス風見荘にて三重公演が行われる(三重公演は投げ銭制となる)。

今作は、アコースティツクギター、ピアノ、エレクトリックギター、シンセザイザー、自作楽器、フィールドレコーディング、オモチャなどさまざまな生楽器や素材を使い牧歌的で生の質感をもつ暖かいアルバムに仕上がっており、ライブパフォーマンスも期待される。

また、今ツアーでは坂本龍一Taylor Deupreeともコラボレーションを行っている日本在住のサウンドアーティスト・corey fullerも出演(18日の名古屋公演は伊達伯欣とのILLUHAとして、19日の伊勢公演はASUNA × Corey Fullerのデュオ編成での出演)。現行の国内アンビエントシーン屈指のアーティストたちによる貴重なライブとなるだろう。

 

ASUNA

Opitope

 

<以下リリースインフォ>

tumblr_ofcdepxf3s1s0fihio1_500

『The Crepuscular Grove』/Asuna & Opitope  

発売日 : 2016年11月16日(水)/発売元 : White Paddy Mountain
商品番号 : WPMC039/価格  : 2,000(本体価格)+ 税

2010年のStudents Of Decayからのリリースに続く、6年振りのAsuna & Opitope のセカンドアルバムが登場。アコースティツクギター、ピアノ、エレクトリックギター、シンセザイザー、自作楽器、フィールドレコーディング、オモチャなど様々な生楽器や素材を使い牧歌的で生の質感をもつ暖かいアルバムに仕上がった。アルバムタイトルの『The Crepuscular Grove』(薄明かりの木立)が表すように、どこか懐かしく、自然の敬意に溢れたハートフルな環境音楽。少年の時代の野原で遊んだ日々を思い出すような雰囲気を持ちつつ、時にアンデルセンの童話のような不可思議な森の中を彷徨い、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』のような、思いもかけない音との出会いと先のよめない物語の展開は二重、三重の仕掛けをもったまさに音楽のラビリンス。数知れない即興ライブを通過した長年のキャリアから紡ぎ出す、美しいメロディとさりげないノイズが作り出す重厚な音世界はアンビエントミュージックのタイムレスな傑作となった。

イベント情報

2016年11月18日(金)
ASUNA & Opitope 『The Crepuscular Grove』リリース記念ツアー
会場:spazio-rita(矢場町)
時間:開場 19:00 開演 19:30
料金:前売 2,500円 当日 3,000円(d代別)
LIVE:ASUNA & Opitope / ILLUHA(Tomoyoshi Date, Corey Fuller) / Chihei Hatekeyama & ASUNA
DJ:i-nio

2016年11月19日(土)
ASUNA & Opitope 『The Crepuscular Grove』リリース記念ツアー
会場:風見荘(伊勢)
時間:開場 19:00 開演 19:30
料金:投げ銭
LIVE:Opitope / ASUNA × Corey Fuller

Asuna
「語源から省みる事物の概念とその再考察」をテーマに作品を制作。これまでにドイツの”transmediale”、ベルギーの”Happy New Ears”、スロベニアの”International Festival of Computer Arts”などメディア・アートの国際的フェスティヴァルにも多数参加するなど国内外問わず展示/パフォーマンスを行う。代表作として「Organ」の語源からその原義を省みた「機関・器官」としてのオルガンを扱ったインスタレーション作品『Each Organ』などがある。並行した音の現象を扱うパフォーマンスにおいても『100 KEYBOARDS』『100 TOYS』などのライブで、これまでにヨーロッパを中心に北米・アジアも含め海外17ヶ国以上での公演/ツアーを行い、ベルギー、イタリア、イギリス、アメリカ、日本など多数のレーベルよりレコードやCD作品も発表している。


伊達伯欣
医師・音楽家。1977年サンパウロ生まれ成田育ち。Opitope(spekk)、ILLUHA(12k)、Melodia(homenormal)として音楽活動を続ける。救急医療と免疫学、東洋医学を学び、2014年につゆくさ医院を開院。これまでに国内外から15枚のフルアルバム、映画音楽などを作成。『からだとこころの環境』を出版。科学と自然、デジタルとアナログ、西洋医学と東洋医学の現在について考察している。
Chihei Hatakeyama
Chihei Hatakeyamaとして2006年にKrankyより、ファーストアルバムをリリース。以後Room40, Home Normal, Own Records, Under The Spire, hibernate, Students Of Decayなど世界中のレーベルから現在にいたるまで多数の作品を発表。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、韓国など世界中でツアーを敢行し、To Rococo Rot, Tim Heckerなどと共演。NHKのEテレ「schola 坂本龍一音楽の学校シーズン3」にて、アルバム『River』収録の”Light Drizzle”が紹介され、坂本龍一、岩井俊二らからその場を空気を一変させる音楽と評される。映画音楽では、松村浩行監督作品『TOCHKA』の環境音を使用したCD作品「The Secret distance of TOCHKA」を発表。第86回アカデミー賞<長編ドキュメンタリー部門>にノミネートされた篠原有司男を描いたザカリー・ハインザーリング監督作品『キューティー&ボクサー』(2013年)でも楽曲が使用された。またNHKアニメワールド:プチプチ・アニメ『エんエんニコリ』の音楽を担当している。ソロ以外では伊達伯欣とエレクトロ・アコースティックデュオOpitopeとして、SPEKKから2枚のアルバムをリリース。佐立努とのユニットLuis Nanookでは電子音と伝統的なフォークサウンドが混ざり合う音楽世界で2枚のアルバムをリリース。ASUNA、Hakobune等ともコラヴォレーションアルバムを発表。マスタリング・録音エンジニアとしても、自身の作品のみならず、100作品以上を世に送り出している。2013年にはレーベルWhite Paddy Mountainを設立しShelling, Family Basik, neohachi, Federico Durand, suisen, Satomimagaeなどをリリースしている。http://www.chihei.org/
corey fuller
1976年アメリカ生まれ。現在日本在住。 サウンドアーティスト、ミュージシャン、オーガナイザー、映画家として活動中。ギター、ピアノ、ローズピアノ、グロッケンシュピール、アコーディオン、ピアニカ、パーカッション、ハンマーダルシマー、フィールドレコーディングを含めた様々な生楽器/生音を素材にmax/mspと言ったデジタル環境やアナログ機材で細かく加工した、繊細な音楽を提供している。
近年は伊達伯欣(ダテ トモヨシ)とのIllhaとして12kより2枚のアルバムをリリース。また、坂本龍一やTaylor Deupree とのコラボレーションアルバムも発売している。2016年には待望のセカンドソロアルバムをリリースする予定である。

posted by R.NODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー