instagram
twitter
facebook
台湾インディーバンドの代表格・透明雑誌/VOOIDのボーカル・洪申豪が来日ツアー!名古屋公演共演に、小池喬、タナ・カミオとレインズ。

2017.02.15.Wed | K.D JAPON(愛知|鶴舞)

ホンシェンハオ

 

台湾インディを世に知らしめるきっかけとなったバンド・透明雑誌のフロントマンである洪申豪が、ソロアルバムの日本盤をリリース。それに伴い台湾、韓国、日本を巡るツアーを敢行。名古屋公演はアルバム発売日である2月15日にKD.JAPONにて行われる。

その類稀なメロディセンスで台湾のインディーシーンを牽引し、国内外でファンを魅了する洪申豪。代表曲「金巴利」を含む最新アルバム『Cancer』に、日本盤のみ新曲2曲が追加されている。

名古屋公演では、名古屋を拠点に活動するシラオカのGt./Vo. 小池喬タナ・カミオとレインズが共演。

 

金巴利

イベント情報

2017年2月15日(水)
洪申豪 JAPAN&KOREA TOUR 2017
会場:K.D JAPON(名古屋市中区千代田5丁目12-7)
時間:開場 19:00/開演 19:30
料金:前売 2500円/当日 3000円(drink代別)
出演:洪申豪、小池喬、タナ・カミオとレインズ
予約:http://www2.odn.ne.jp/kdjapon//TEL 052-251-0324(K・D JAPON)

洪申豪
台湾出身。バンド透明雑誌のギターボーカル。最近VOOIDというバンドを新しく結成し、台湾インディレーベルの主催もしている。本当の意味でのインディペンデントアーティスト。ソロ作品を3枚発表、3枚目のソロアルバムがついに日本リリース決定。今までの作品は早々に完売しており再販は行っていない。美メロ、歌詞も抜群に良いと評判。自主企画you&meは台湾で鉄板イベントとなっている。絵が上手く、猫と牛肉麺が好き。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー