instagram
twitter
facebook
原 雅明による“JAZZ”をテーマにした架空館内放送「POCKET JAZZ SUMMIT」が岡崎CIBICOで開催!スペシャルゲストも登場!?

2017.03.19.Sun | CIBICO POCKET(愛知|岡崎)

 

岡崎を拠点とするカフェ&ダイニングバー・Quiet Villageと、岡崎・CIBICO POCKETが届けるCIBICOの架空の館内放送「RADIO POCKET」。記念すべき第一回目はJAZZ をテーマにした「POCKET JAZZ SUMMIT」として、3月19日(日)開催される。

トークゲストには、デジタルネイティブ世代からオールド・マスターまで、幅広いJazz演奏家と活動を行い、音楽レーベルの枠組みすらはみだそうとする音楽評論家で、レーベルringsディレクターを務める、原雅明を迎える。また、16:00〜19:00にはスペシャルゲストも登場予定となっている。

 

音楽評論家・原雅明

 

Jazz The New Chapterに代表される、2010年代からのJazz。ロバートグラスパー以降進化の加速を止めないJazzの現在、Jazzの到達地点をJazzの街・岡崎として検証する。

イベント情報

2017年3月19日(日)
POCKET JAZZ SUMMIT
会場:岡崎CIBICO POCKET
時間:13:00〜19:00(Radio Talk 16:00-)*
料金:2000円(Quiet Villageのコーヒー/紅茶&おやつ付き)
出演:原雅明
出店:BANANA Record 岡崎店、Quiet Village Book Store、California Parlor – Quiet Village 、シンゴママ
DJ:Inagaki Masakazu abodam

原雅明
ヒップホップ、ジャズ、エレクトロニック・ミュージック等のアンダーグラウンド音楽シーンの紹介にたずさわり、『サウンド&レコーディング・マガジン』『ミュージック・マガジン』『スタジオ・ボイス』等々、さまざまな雑誌に寄稿。90年代中盤から10年余りの間、インディペンデント・レーベル〈soup-disk〉を、2005年からは〈disques corde〉としてレーベル運営をするほか、海外アーティストの招聘、イヴェント企画も行なう。現在はレーベルringsのプロデューサーとして活動。また、LAの非営利ネットラジオ局dublabの日本ブランチ dublab.jp の運営も務める。単著『音楽から解き放たれるために-21世紀のサウンド・リサイクル』、編著『ザ・ドリーム・シーン 夢想が生んだ架空のコンサート・フライヤー&ポスター集』など。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー