instagram
twitter
facebook
米ポストハードコアバンド・ラングフィッシュのフロントマンによる男女ユニット・ファウンテンサンが約2年ぶりの来日ツアーで名古屋へ。共演に、しょうにゅうどう、Gofish。

2017.05.17.Wed | spazio rita(愛知|矢場町)

 

米・ボルチモアの伝説的ポストハードコアバンド・ラングフィッシュ(LUNG FISH)のフロントマン、ダニエル・ヒグスと写真家/アーティストのフミエ・イシイによるユニット・ファウンテンサン(Fountainsun)が、ジャパンツアーを敢行。名古屋公演は、5月17日(水)spazio ritaにて行われる。

ダニエル・ヒグスのシャーマニスティックな語りとフミエ・イシイの無垢な歌声が同居するエキゾチックなユニバーサル・フォーク・サウンドをトレードマークとするファウンテンサン。現在はワシントン州オリンピアを拠点に活動している。

そんな彼らが、『スウィープ・ザ・テンプル(Sweep The Temple)』の国内盤リリースと共に来日ツアーを開催する。名古屋公演では、カタリカタリ河合愼五Ett西本さゆりによるしょうにゅうどうGofishが共演する。

ファウンテンサンの来日は約2年ぶり。唯一無比のサイケデリック・フォークを、この機会にぜひ堪能してみて。

 

イベント情報

2017年5月17日(水)
FOUNTAINSUN JAPAN TOUR 2017 in 名古屋
会場:spazio rita
時間:open 19:00/start 19:30
出演:ファウンテンサン、しょうにゅうどう(カタリカタリ 河合愼五Ett 西本さゆり)、Gofish
料金:2000円(予約)/2500円(当日)※ドリンク代別
予約:info@spazio-rita.com(spazio rita)

ファウンテンサン(Fountainsun)
ワシントンDCの名門ディスコード・レコーズより11枚のアルバムをリリースしてきたポスト・ハードコアの怪魚、ラングフィッシュのフロントマンであるダニエル・ヒグスが、写真家/アーティストとして長く米国で活動するフミエ・イシイとはじめたニュー・プロジェクト。ヒグスのシャーマニスティックな語りとイシイの無垢な歌声が同居するエキゾチックなユニバーサル・フォーク・サウンドをトレードマークに、現在はワシントン州オリンピアを拠点に活動中。これまでにリリースしたアルバムは『Music Today』(2015年)と『Sweep The Temple』(2016年)の2枚。なお、2017年5月には『Sweep The Temple』の国内盤リリースと共に全国8公演からなる再来日ツアーを予定している。

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー