instagram
twitter
facebook
現行台湾インディーシーンの中核を担うバンド・落日飛車が来名!共演にYOK.(band set)、タイペイシャオツーによる本格台湾屋台料理の出店も。

2017.09.22.Fri | Live&Lounge Vio(愛知|新栄町)

 

台湾インディシーンを代表するバンドのひとつ、落日飛車(Sunset Rollercoaster)が、9月22日(金)に新栄・Live&Lounge Vioにてライブを敢行。

この夏、日本各地のフェスやライブハウスでの評判が話題となっている落日飛車。先月8月には、関西と韓国でのツアーを成功に収めたばかり。そんな彼らによる今回のライブは、共演にYOK.(band set)、DJにKatsunori HiraiwaHF International)、TSURUが登場する。

またフードには、会場となるLive&Lounge Vioによる台湾のビーガン料理・全素(チェンスー)、タイペイシャオツーの本場に負けない「台湾屋台料理」や、Cafe&Bar drawingによる「台湾風カキ氷」が用意される。音楽と食の両方から台湾を感じられる1日となりそうだ。

 

 

イベント情報

2017年9月22日(金)
BIG ROMANTIC LIVE in NAGOYA vol.6
「落日飛車 ONEMAN SHOW」
会場:Live & Lounge Vio
時間:OPEN 19:00/START 20:00
出演:落日飛車(from TAIWAN)、YOK.(band set)
料金:前売り3000円/当日3500円 (共にD別)
DJ:Katsunori Hiraiwa(HF International)/TSURU(Taiwanese indie set)
FOOD:Live & Lounge Vio/タイペイシャオツー/Cafe&Bar drawing
チケット予約・問い合わせ:kompis758@gmail.com(TSURU)
詳細:facebookイベントページ

落日飛車(Sunset Rollercoaster)
2011年にアルバム『巴莎諾娃 Bossa Nova』発表し、その年のSUMMER SONICに出演。台湾のシーンにおいて大きな話題と期待を強烈に残し、その後急遽活動を休止し数年間の沈黙を続けた。そして2015年に台湾ツアーを皮切りに再びシーンの最前線に躍り出たバンドは現在U.S.や日本を含むアジア中の音楽フェスティバルに名を連ねている。2016年にはE.P『JINJI KIKKO』を発表。サイケロック、JAM的な要素に台北独特のメロウなムードが加わり、唯一無二の台湾式A.O.R(アジアンオリエンティッドロック)を生み出した。間違いなく今の台湾のインディシーンを牽引するバンド。

posted by A.SAKURAI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー