instagram
twitter
facebook
心鎮めてくれる穏やかなギターの調べ。音楽家、坂ノ下典正による演奏会が開催。各会場演出に作灯家 河合悠、名古屋公演ゲストに内田輝を迎える。

2017.09.29.Fri - 09.30.Sat | songs(岐阜|岐阜市)、ferme(愛知|一社)

 

クラシックとジャズを基礎に独自の静謐で穏やかな紡ぐギタリスト、坂ノ下典正による演奏会が、9月29日(金)に岐阜のsongsで、9月30日(土)に名古屋fermeで開催される。

会場演出は、青葉市子、高木正勝や、AOKI’hayatoとharuka nakamuraなどのコンサート会場のキャンドル演出も手掛ける河合悠。名古屋fermeでは、サックス奏者・内田輝の演奏も。

 

 

イベント情報

坂ノ下典正 演奏会
2017年9月29日(金)
会場:songs 岐阜市常盤町8
料金:3,500円(1ドリンク付)
出演:坂ノ下典正(ギター)
灯:河合悠
予約:songsrecords@gmail.com
https://twitter.com/songsrecords

2017年9月30日(土)
会場:ferme 名古屋市名東区一社1-8
開場:16時30分 開演/17時30分頃
料金:3,500円(1ドリンク付)
出演:坂ノ下典正(ギター)、内田輝(サキソフォン)
灯:河合悠
予約:info@frme.jp
http://frme.jp/

坂ノ下典正
1976年生まれ。音楽の基礎にと、幼少期からピアノの習得を勧められる。高校でクラシックギターに触れ、セゴビアやタレガなどの近代音楽に傾倒。大学時にジャズや即興音楽に触れ、ライブ活動を開始。卒業後拠点を東京に移し、ジャズ、ボサノヴァ、即興、映像や絵画とのコラボレーション等、多種多様なジャンルで活動中。東京アートシーンで活動中の”Echostics”名義では、作曲・アレンジを担当。雑誌ecocolo主催の”Words Garden”、Art Re-public Tokyo主催の”創造公園渋谷”など、多数アート系イベントに参加。現在、都内に留まらず全国各地で演奏活動を展開中。

内田輝
音楽大学でsaxを専攻。音に反応する心に興味を持ちピアノ調律を習得。調律を通して音の本来に出会うためのワークショップを開催・14世紀に考えだされた鍵盤楽器、クラヴィーコードの製作をしながら日本中で演奏会をしている。

河合悠
2003年より蝋燭の制作を始める。暮らしと灯のつながりをもとめて、各地での場作りを続ける。陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や、各地でのワークショップや個展のほかに、haruka nakamura Piano Ensemble、aoki’hayato、araki shin、Quentin Sirjacq、内田輝、森ゆに、青葉市子、高木正勝、土取利行などの舞台装飾を行っている。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー