instagram
twitter
facebook
世界中から注目を集める日本人サイケデリックバンド・幾何学模様が待望のジャパンツアー。名古屋公演は今池HUCK FINNにて。

2017.11.12.Sun | 名古屋HUNK FINN(名古屋|千種区)

 

活動拠点を海外に移し、サイケデリックな世界観で注目を集める若手日本人バンド・幾何学模様がジャパンツアーを行う。大阪を皮切りに、仙台・名古屋・東京と全国4箇所を巡り、名古屋公演は11月12日(日)に今池HUCK FINNにて開催される。

幾何学模様は、ツインギター、ベース、ドラムにシタール奏者という独特の編成で世界中から注目を集める日本人バンド。今年に入ってからすでにアメリカ・ヨーロッパを縦断する大規模なツアーを敢行してきた。昨年6月にはパリで開催されたISSEY MIYAKE MENの2017年春夏コレクションの音楽を担当し、ライブ演奏も披露するなど活躍の場を広げてきた。世界で賞賛される彼らの演奏をぜひこの機会に肌で感じてほしい。

また、今夏SUMMER SONIC 2017にも登場したオーストラリアのロックバンド・PONDの来日公演に、サポートアクトとして登場することも決定している。こちらは現在チケット発売中。忘れずにチェックしてみて。

 

幾何学模様

イベント情報

2017年11月12日(日)
KIKAGAKU MOYO JAPAN TOUR in NAGOYA
会場:名古屋 HUCK FINN
出演者: 幾何学模様、他
開場/開演:17:30/18:00
料金:3500円(税込/1Drink別)
一般発売日:9/23(土) より
チケットぴあ P:345-613
ローソンチケット L:41469
イープラス http://eplus.jp
企画:MAGNIPH/Hostess
問: JailHouse http://www.jailhouse.jp/
注意事項 ※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

幾何学模様
2012年の夏、Go Kurosawa(Drums / Vocals)とTomo Katsurada(Guitar / Vocals)の二人を中心に活動を開始。Kotsu Guy(Bass)、Daoud(Guitar)、そしてManilal Nag師にシタールを師事していたGoの弟であるRyu(Sitar)がインドのKolkataから帰国後、バンドに加入。現在のラインナップとなっている。2013年ギリシャのCosmic Eye/Sound Effect recordsから1stレコードをリリース。2nd LPの「Forest of Lost Children」はNYCに拠点を置くBeyond Beyond is Beyondから2014年に発売された。2015年にはGoとTomoはアジアの音楽シーンを世界へ発信することを目的とした音楽レーベル「Guruguru Brain」を立ち上げ、幾何学模様の最新フル・アルバムとなる「House in the Tall Grass」は2016年5月に同レーベルから発売。現在まで海外ツアーを中心とした活動を行っており、世界各地で続々ソールドアウトを記録。2016年6月にはパリ・コレクションでISSEY MIYAKEのSPRING SUMMER 2017 Collectionで演奏を行うなど、その活動は音楽シーンのみにとどまらず、アート、ファッションなど幅広いシーンから注目を集めている。

 
 

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー