instagram
twitter
facebook
ピアノの旋律とろうそくの灯りが通い合う一夜。ピアニスト・林正樹とキャンドル作家・河合悠によるコラボ公演が岐阜にて開催。

2017.12.03.Sun - 12.03.Sun | nakaniwa(岐阜|岐阜市)

 

国内外で高い評価を獲得しているピアニスト・林正樹のソロ公演が12月3日(日)岐阜市・nakaniwaにて開催される。

今回、キャンドル作家・河合悠が会場演出を担当。2人のコラボレーションは大阪と島根で共演して以来、東海圏では初の公演となる。

 

<以下、主催者よりコメント>

12月今年最後の満月を迎える夜に
ピアニストの林正樹さんをお迎えし
河合悠さんの灯りの中で
音と灯りが通い合う一夜を開催します。

みんなといるけれど、ひとりでもある
交じらいの中で、いいもわるくもこの年を想い手放し、問いの降り立つ先に希望を託していただけたら。そんな、ささやかな祈りを添えて。是非お運びください。

 

イベント情報

2017年12月3日(日)
Lull Masaki Hayashi Solo Piano concert.
会場:nakaniwa 岐阜市吉野町3-17 058-263-3720
時間:開場17:30 開演18:30
料金:前売り 4000円 当日 4500円(共に1drink付き)
出演:林正樹
作灯:河合悠
調律:内田輝
予約:yoga.naginoki@gmail.com 090-6580-1380
(静けさを伴う演奏の性質上、未就学のお子様についてはご遠慮頂いております)

林正樹
1978年東京生れ。少年期より独学で音楽理論を学び、その後、佐藤允彦らに師事。 ジャズピアノや作編曲などを習得。大学在学中の 1997年12月に、伊藤多喜雄&TakioBandの 南米ツアーに参加。音楽家としてのキャリアをスタートさせる。 現在は自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした 「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に 「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「Salle Gaveau」「Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra」など多数のユニットに在籍。 演奏家としては渡辺貞夫、小野リサ、椎名林檎、長谷川きよし、をはじめ多方面の アーティストと共演。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的な ソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイル。 2016年よりオリジナル楽曲のみで構成されたピアノソロアルバム Lull をリリース。


河合悠

2003年よりキャンドル制作を始める。灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、haruka nakamura piano ensemble、AOKI’hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、内田輝、森ゆに、青葉市子、高木正勝、土取利行などの舞台装飾を行っている。

posted by M.TSUBOUCHI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー