instagram
twitter
facebook
森道市場がスピンオフ企画として新フェス「TRAVELING CIRCUS #01」をラグナシアで始動!出演ラインナップに、iri、Awesome City Club、キセル、JUN “JxJx” SAITOら。

2018.09.29.Sat | ラグナシア(愛知|蒲郡)

 

人気フェス「森、道、市場」によるスピンオフイベント的な新型音楽フェス「TRAVELING CIRCUS #01」が、9月29日(土)遊園地ラグナシア内特設エリア(愛知県蒲郡市)にて開催されることが発表された。

〈出演ラインナップは以下の通り〉

iri
Awesome City Club(Acoustic Set)
キセル
JUN “JxJx” SAITO(YOUR SONG IS GOOD / KAKUBARHYTHM)
nutsman
PARKGOLF
バレーボウイズ
一十三十一(DJ set)
やけのはら

その他、ローカルステージという名の地元DJらが出演する別ステージのほか、フード出店、プール!カジノ!と遊園地だからこそのおもしろ要素がふんだんに取り入れられているのが特徴的だ。

 

 

〈以下、ステートメント〉

まちに突如として現れるサーカス。
「TRAVELING CIRCUS」は、食や音楽、
アートという生活文化の様相を編成した旅するサーカス団です。
サーカス団は、架空の世界の演者であり、実在する世界の住人でもあります。
その実在する世界=ローカルとしてあり続けるその形と領域は、時代とともに変化し続けています。 
そんな時代の森、道、市場らしいローカルとの出会い方・関わり方を届けられたら...
探求と歓喜の異空間への旅がはじまります。

 

とにかくますます攻めまくり!な森道市場、今回のスピンオフイベントも多くの来客が予想される。

追加情報は公式サイトをチェックしよう。

 

イベント情報

2018年9月29日(土)
TRAVELING CIRCUS #01
会場:遊園地ラグナシア内特設エリア(愛知県蒲郡市)
   
   
時間:10:00~22:00
   
   

入場料:¥2,250

※特典:遊園地ラグナシアへの入園料が無料。
駐車場も遊園地ラグナシアの駐車場が利用可能(800円/日)
        
  
チケット:
ローソンチケット Lコード : 43074

※前売り特典:CASINOコーナーにて
遊べるチップを100$分プレゼント!
特典の数に限りがあり

< 購入方法 >

WEB予約 http://l-tike.com/order/?gLcode=43074 ( ローチケ.com )

店頭購入 ローソン・ミニストップ店内「Loppi」
※電話予約なし
   
   


出演:
【 CIRCUS STAGE 】
iri / Awesome City Club ( Acoustic Set ) / キセル
JUN “JxJx” SAITO ( YOUR SONG IS GOOD / KAKUBARHYTHM )
nutsman / PARKGOLF / バレーボウイズ
一十三十一 ( DJ set ) / やけのはら
 
【 LOCAL STAGE 】
Taichi Onodera / DJ GAMAGORILLA / Toshiki Makihara
Henlywork / 
and more…
【 ART&TALK SHOW 】
CHALKBOY / USHIO CHOCOLATL / grow rice project
and more…
 

出店:
【 EAT&DRINK 】
Akihito Goto(カシミール)/ Yusuke Hotta (grow rice project)
Teppei Suzuki ( micotoya ) / Itaru Watanabe ( talmary )  
Toshiki Makihara ( bodai ) / Akiyoshi Oda ( hiraya ) 
Rieko Hori ( horieco+ ) / Sojiro ichikawa ( mirai ) 
Keita Odaira ( early birds )
and more…

プールの利用は別途料金が必要。
カジノ:
Big Six / Roulette / Black Jack / Baccarat

※遊戯を愉しむだけで金品などに交換はできません。

主催:
森、道、市場実行委員会
  http://mori-michi-ichiba.info

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー