ja LIVERARY – A Magazine for Local Living http://liverary-mag.com 2013年11月1日創刊。東海エリアを中心にローカル/カルチャートピックスを発信・提案する、ウェブマガジン「LIVERARY(ライブラリー)」です。音楽、芸術、映画、地域情報…などさまざまな街を面白くする動きを紹介し、一人でも多くの人に届け、新しい何かを生み出すきっかけになれたらと考えています。 ja-jp Wed, 20 Jan 2021 19:26:18 +0900 antenna 【MOVIE REPORT】HUCK FINN、大大大、river lesk、unlike.、KAKUOZAN LARDER、spazio rita、YANGGAO店主ら名古屋のカルチャーキーパーソンに訊いた、After/Withコロナ時代の現況とこれから。

 

2020年5月に開催中止となりその代替企画として行われた配信番組「森道市場をお茶の間で」。その裏番組的配信企画としてLIVERARYは「LIVERARY LIVE RALLY -YOUR CITY IS GOOD-」を独自に企画開催。

同企画に参加協力してくれた名古屋・岡崎・岐阜・東京・大阪の計20スポットの内、名古屋のカルチャースポット7店の店主らに、2020年末12月22日、改めて現況を伺うべく取材・撮影を敢行。

出演協力:黒崎栄介(HUCK FINN)、小瀬幸一郎(riverlesk)、吉村大地(大大大)、藤原草太朗&よいち(spazio rita)、尾崎有貴(unlike.)、VUG、丹羽洋己(KAKUOZAN LARDER)、MOOLA(YANGGAO)

半年前5月企画開催時の振り返りと、現在の気持ち、これからのことをそれぞれの言葉で語ってもらった。

 

 

LIVERARY LIVE RALLY
-YOUR CITY IS GOOD-
DOCUMENT 2020

取材撮影:2020年12月22日
出演(登場順):
黒崎栄介(HUCK FINN)、小瀬幸一郎(riverlesk)、吉村大地(大大大)、藤原草太朗&よいち(spazio rita)、尾崎有貴(unlike.)、VUG、丹羽洋己(KAKUOZAN LARDER)、MOOLA(YANGGAO)
企画・ディレクション・インタビュー:武部敬俊(LIVERARY)
撮影・編集・映像ディレクション:佐藤良祐
撮影補助:河原彰志
企画・制作:LIVERARY
企画サポート:NAGOYA ARTIST AID(https://naa.city.nagoya.jp/

]]>
https://liverary-mag.com/feature/87838.html 2021-01-20 08:38:50
antenna やきものの町愛知・常滑にて、障害を持つ人とともに産地ならではの“ものづくり”の可能性を探る展覧会が開催。伝統の土器焼き公開制作やトークイベントのオンライン配信も。

 

障害のある人たちの芸術文化活動を支援し、誰もが生きやすい社会づくりを目指して活動する奈良のボランティア団体・たんぽぽの家。2019年に指導させたプロジェクト「NEW TORADITIONAL」の事業2年目を総括して、1月22日(金)〜31日(日)まで常滑のINAXライブミュージアムにて名産のやきものを生かした展覧会を開催する。

NEW TORADITIONAL(ニュートラ)は、障害のある人のものづくりと伝統工芸の相互発展をめざしていくことを目的に、つくり手・つかい手・つたえ手が交流し、ものを通して新しい生活文化を提案していく取り組み。

今回は、常滑でやきものに関わるつくり手たちと地元の福祉施設の障害のある人が連携し、施設の敷地内で採掘した土、陶業、陶芸の様々なつくり手の土を用いて布を染めたり紙に漉きこむなどの工夫が凝らされた作品や、建築陶器メーカーの協力のもと新しいタイルの制作なども行い、産地ならではのものづくりを通したこれからの産業や表現に生かされる取り組みが展示される。また、ディレクターの高橋孝治、水野製陶園ラボ水野太史を招き展示についてのトークイベントを開催したり、陶芸家の鯉江明を講師に迎えた土器焼きの公開制作なども行われる。どのコンテンツも無料となっているので要チェックだ(一部要申込)。

伝統工芸・地域文化との協働や常に更新されていく現代の生活から学ぶことにより、障害のある人の表現について可能性を探り、また同時につくり手とつかい手が交流する事によってこれからのものづくりや伝え方について語りあう場となるであろう本展。ぜひ足を運んでみて、その熱量を感じてみてほしい。

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87820.html 2021-01-20 07:59:44
antenna 京都拠点のラッパー・WELL-DONEをゲストに迎え、YNG JOE$、Nazcaら若手ラッパー3組が栄・club JB’Sにてライブ。Campanella、abentis、ATOSONE、SULLENらよるDJも!

 

もともと年始に行われる予定であったabentisEARP共同主催によるclub JB’sのレギュラーイベント「piqueo Vol.5」が緊急事態宣言の影響により、日を改め1月24日(日)に開催されることに。

今回はゲストに京都拠点のWELL-DONE(Tha Jointz)を迎え、abentisがトラックを提供するYNG JOE$、Nazcaといった愛知拠点の若手含め3組のラッパーによるライブが行われる。

 

WELL-DONE

 

また、兵庫拠点にDJ/楽曲プロデュースを行なっているSULLEN、地元名古屋から、Campanella、Shobbieconz、ATOSONE、inden、abentisといったラッパーやトラックメイカーたちがDJとして出演する。主催者の一人であるEARPこと、AKAZ SETによる居酒屋赤津のフード出店もお楽しみに。

 

WELL-DONE

YNGJOE$ with abentis

]]>
https://liverary-mag.com/music/87797.html 2021-01-19 01:30:44
antenna 岐阜を拠点に活動するイラストレーター・OK PAPERSによる喫茶店・喫茶ナヌクが飛騨市古川町に新たにオープン。店舗情報はポッドキャストでも配信中。

2021年3月下旬、岐阜・飛騨を拠点に活動するイラストレーター・OK PAPERSによる喫茶店・喫茶ナヌク飛騨市古川町に新たにオープンする予定だ。

喫茶ナヌクは、飛騨市古川町にあるユースホステルの一部を間借りして営業する。店のテーマは、「good things around us」。身の回りの素敵な事や人、場所、時間などを紹介・共有し、生活を楽しむヒントや選択肢の提案を行う。

それに伴い、店舗内には小さな商店・SHOP nanukもオープンし、身の回りの良いものをセレクトし販売すると同時に、オリジナルグッズの取り扱いも行う予定。お店の情報はポッドキャストでも配信されている。気になる方は、是非チェックしてみて。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OK PAPERS(@okpapers)がシェアした投稿

]]>
https://liverary-mag.com/review/87782.html 2021-01-18 01:34:32
antenna 伊達努、BAKIBAKI、井本幸太郎 (tumbleweed)、OKI KENICHI、金井悠ら参加。真っ白なダルマにアーティストがペインティングを施した「デザインダルマ」の展示が静岡市・ hugcoffee ryogaechoにて開催。

 

真っ白なダルマにアーティストがペインティングを施した「デザインダルマ」の展示販売を行う「DESIGN DARUMA EXHIBITION 2021」が、1月16日(土)31日(日)の間、静岡・ hugcoffee ryogaechoにて開催される。

 

 

今回で通算5回目となる、DESIGN DARUMA EXHIBITION。着色される前の真っ白なダルマに、アーティスト、デザイナーがペインティングを施した「デザインダルマ」がバラエティ豊かに並ぶ。

2020年は、コロナウイルスの影響により、多くの皆様にとって困難な1年だったことから、2021年が少しでも明るい未来になるよう”何度転んでも起き上がる”という願いをダルマに込め、本展を開催。

出展するアーティストは、伊達努、BAKIBAKI、OKI KENICHI、井本幸太郎(tumbleweed)、金井悠、KDM PRODUCTS、witness、LEEGET、wok22ら様々な土地で活躍するアーティスト/デザイナーたち。

伝統文化の継承革新的アートの調和を楽しんでみてはいかがだろう。

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87739.html 2021-01-17 03:00:01
antenna 挑発的な作品で革命を叫び続けた伝説の現代芸術家、ヨーゼフ・ボイスをテーマとした企画展が栄・UNEVEN 2Fスペースにて開催。貴重なサイン入りポスターやマルチプル、TODAY editionによるオマージュアイテムなどが登場。

フェルトの帽子とフィッシャーマンズベストがトレードマークの、ドイツ出身の現代芸術家、ヨーゼフ・ボイス。そんなボイスを主軸とした企画展が、栄のセレクトショップ・UNEVENの2Fフリースペースにて1月23日(土)〜2月14日(日)の期間開催される。

今回の企画展は、ファッションとアートを横断するレーベル・TODAY edition、東京のギャラリー・gallery360°、名古屋の印刷製本ラボラトリー・Colonbooksの三者協力のもと行われる。TODAY editionからはボイスをソースとしたフィッシングベストやスウェット、gallery360°からは当時の貴重なサイン入りポスターやマルチプルを、ColonBooksからは関連書籍などが出品され会場にて販売される。初日1月23日(土)は、ゲストとして90年代後半よりnepenthes、number nineなどのアパレルブランドにグラフィックを提供アーティストであり、現在はgallery360°、TODAY editionを手掛ける川村貴彦が在店予定。(新型コロナウイルス感染症の流行状況により、ゲストの在店が中止となる場合があります。)

脂肪やフェルトといった異素材を使用した彫刻作品や対話集会、また政治や環境問題にも介入し多岐に及ぶ活動を行ったことで知られるボイス。芸術家が作る彫刻作品のようなものではなく、人間社会のさまざまな事象を含めて造形しようとする活動を「社会彫刻」とし、晩年にわたり提唱し続けた事でも有名だ。その影響は大きく、現在世界中で行われているアート・プロジェクトの根底・基礎的な考えの一つとなったと言えるだろう。

ボイスが唱え続けてきた「社会彫刻」の精神を、シンプルに心で感じてみてほしい。

]]>
https://liverary-mag.com/art/87610.html 2021-01-14 08:00:39
antenna 名古屋駅西に新スポット誕生。東海エリアの作家作品や、地元企業の商品が並ぶ“ここでしか手に入らない?”セレクト土産物店「OMYAGE NAGOYA」がオープン。開店に向け、クラファンも。

2021年1月30日(土)、名古屋駅西ホリエビル前の元旅館ビルを改装し新たに立ち上がったホリエビルANNEXに、東海エリアの作家、アーティストの作品や、地元企業の商品が並ぶ、”ここでしか手に入らない?”セレクト土産物店・OMYAGE NAGOYA(オミャーゲ名古屋)がオープン予定だ。

OMYAGE NAGOYA は、名古屋駅西ホリエビルにてフリーペーパー専門書店のONLY FREE PAPER NAGOYA喫茶Riverを運営する屋上とそら株式会社と、同じく名古屋駅近郊を拠点にひきこもり傾向のある人々の支援をしている、NPO法人オレンジの会によるプロジェクト。

東海エリアの作家、アーティストの作品や地元企業の商品などを取り扱う、ここでしか買えないセレクト土産物店として、名古屋に訪れる観光客と東海地方を繋ぐ。同時に、NPO法人オレンジの会の施設外就労の場として、ひきこもり傾向のある人々が仕事を通して町や社会につながっていくことを目的としたまちづくりの拠点としても機能する。

また、昨年屋上とそら株式会社オレンジの会が共同でOMYAGE NAGOYAに先駆けオープンした、包みパイ専門店MEAT PIES MEETのミートパイや、新たに商品開発したお菓子などのオリジナル商品の販売も予定している。

 

 

今回オープンするにあたり、クラウドファンディングにて施設・店舗が走り出すためのランニングコストの支援を募る。集まった支援金は、施設運営費や商品仕入れ費のみならず、コロナ禍に展示など発表の機会が減少した地元作家たちがOMYAGE NAGOYAを利用する料金の一部にも充てられるのだそう。気になる方は、支援してみては?

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/87664.html 2021-01-14 04:12:39
antenna 【PLAY BACK!! 2020】コロナ禍の2020年を振り返る!「LIVERARY年間PVランキングBEST10」から見えてきた、止まることはなかったと言える、東海のローカル/カルチャー。 新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受け、一時はLIVERARYも記事更新をストップ、準備してきたイベントもことごとく白紙になり、気づけば世界規模で決定的に変化の年を迎えた2020。そんな2020年を、毎年恒例企画「昨年1年間でどの記事が読まれたのかランキング」をつけるために振り返ってみました。このランキングを見る限りでは、LIVERARYはもちろん、このまちのローカル/カルチャーは決して止まることはなかった、ということだけはわかるかと思います。さてさて果たして、波乱の2020年、どの記事が多くの人に読まれたのでしょうか?

 

 

第10位

【更新】
AICHI⇆ONLINE、LIVERARYによる有客ライブ+撮影イベント、最終ラインナップを発表。Campanella(ゲスト:STUTS)、ALKDO(from TURTLE ISLAND)、Ogawa & Tokoroによる新バンド・Sunbemoの3組がダイアモンドホール会場に追加決定!

2020.12.26 Sat.|AICHI⇆ONLINE「LIVERARY LIVE RALLY “Extra” – YOUR CITY IS GOOD -」|DIAMOND HALL、club JB’S、バナナレコード大須店、長者町コットンビル(LIVERARY)

https://liverary-mag.com/feature/87067.html

配信アーカイブはコチラから。1日を通した記録映像作品(映像制作:大石規湖)も2月下旬、「AICHI⇆ONLINE」特設サイトにて公開予定ですのでお楽しみに!※なお、当日チケットとして販売していた「LIVERARYオリジナルデザインマスク(イラスト:平山昌尚)」WEB SHOPにて販売中です。


第9位

初公開となる奈良美智新作ほか、クリムト、若林奮ら約150作品、これまでの歴史を辿る展示ポスターのアーカイブ70点が集結。豊田市美術館開館25周年を記念した、一大コレクション展が開催中。

2020.10.17.Sat – 12.13.Sun | 豊田市美術館(愛知|豊田)

https://liverary-mag.com/art/85568.html


奈良美智《Through the Break in the Rain》2020年 ⓒNARA Yoshitomo, 2020

 

 

第8位

「森、道、市場2020」第一弾出演者発表!clammbon、LOVE PSYCHEDELICO、m-flo、キセル、imai(group_inou)、LUCKY TAPES、呂布カルマ、SIRUP、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$Uら15組。

2020.05.15.Fri – 05.17.Sun | ラグーナビーチ/大塚海浜緑地&遊園地ラグナシア(愛知|蒲郡)

https://liverary-mag.com/music/81338.html

※この後、森道市場2020は開催中止を発表。配信企画として開催されました。

 


第7位

今池にNEW OPENした理髪店「バーバーニューパール」が店内でオープニングイベントを開催。DJ、クレープ、射的に餅つきも!

2020.01.05.Sun | バーバーニューパール(愛知|今池)

https://liverary-mag.com/lifestyle/81202.html

 

第6位

【 #STAYHOME_WITHCULTURE 】
家で楽しむ外食。お持ち帰りやデリバリー可能な名古屋エリアの人気飲食店をピックアップ。

https://liverary-mag.com/column/83209.html

※こちらの記事に掲載しておりました「きてみてや」店主・稲さんが、2020年7月27日に火事のため急逝されました。生前、大変お世話になりました。この場を借りて謹んでお悔やみ申し上げます。

 


第5位

今池のライブハウス・HUCKFINN救済企画「#repartures」始動。Campanella、nutsman、Gofish、林隆司(Killerpass)による無観客配信ライブ開催。ドネーションチケットも発売中。#STAYHOME_WITHCULTURE

https://liverary-mag.com/column/83410.html

#repartures プロジェクトは名古屋在住アーティストらを中心としたHUCK FINN救済コンピを企画・発売。売り上げは全てHUCK FINNの救済金として寄付されました。詳細はコチラの記事で▼

今池のライブハウス・HUCKFINN救済企画「#repartures」が配信ライブに続き、ドネーション・コンピアルバムをリリース!FUCKER、DEATHRO、ジアクト、Killerpass、Gofish、VODOVOら所縁の面々14組が参加。#STAYHOME_WITHCULTURE

2020.05.01.Fri – | HUCKFINN(愛知|今池)

RELEASE INFO:
#repatures V.A. for HUCKFINN
発売日:5月1日より配信開始/CDは5月1日より受注開始(5月末日までに発送予定)
フォーマット:CD/音源データの2種
価格:1500円(※売上はHUCKFINNに全額寄付されます)
参加予定アーティスト:
6eyes
DEATHRO
エク・ドゥイ・ティン・チャ
FUCKER
Gofish
石原ヨシト
Killerpass
MILK
SAGOSAID
THE ACT WE ACT
Viva la thrash!
VODOVO 
SIBAFÜ
やっほー

お買い求めは、下記WEBSHOPへ!
HUCK FINN https://huckfinn.base.shop/ 
THE ACT WE ACT  https://theactweact.thebase.in/

主催:#departures
企画サポート:LIVERARY

 

第4位

覚王山に新たなカルチャースポット!?ギャラリー&バー「OFF THE RECORD」が誕生。オープニングイベントは、TEKUN WAS HERE、m2nによる展示を開催。

2020.06.20.Sat – 07.02.Thu | OFF THE RECORD(愛知|覚王山)

https://liverary-mag.com/lifestyle/84174.html

 

第3位

時代をこえて愛される「かわいい」の世界。OSAMU GOODS(オサムグッズ)の生みの親、原田治の没後初の全国巡回展が開催。

2020.07.04.Sat – 08.30.Sun | 清須市はるひ美術館(愛知|清須)

https://liverary-mag.com/art/84136.html

 

 

第2位

【SPECIAL INTERVIEW:カンパニー松尾】
愛知出身のAV監督でドキュメンタリー映画監督としても知られる、
カンパニー松尾の「あいちトリエンナーレ2019」出品作品が劇場版として公開に。

https://liverary-mag.com/feature/81928.html

 

 

そして、、、第一位の発表です!
次ページへ▶︎▶︎▶︎

]]> https://liverary-mag.com/feature/87631.html 2021-01-11 13:32:33 antenna 福岡を拠点に活動するアーティスト・OKI KENICHIのポップアップイベントがKAKUOZAN LARDERにて開催。オンラインにてスペシャルなアイテムも販売!

 

福岡を拠点に国内外で活動するアーティスト・OKI KENICHIのポップアップイベントがKAKUOZAN LARDERにて開催。会期は1月14日(木)~1月25日(月)まで。自身のグッズブランドであるOKIOSKの福岡県外初となるポップアップ企画も同時開催される。
 
OKI KENICHIは「思考」を人物を変形させることで表現した抽象画、 アルファベットを独自の形に変形させた文字作品、またはその2つを掛け合わせた作品をベースに、 立体作品やインスタレーション作品なども発表している。さらにニューヨークで活動するバンド・THE SUZANなどの衣装デザインやアパレルとのコラボレーションアイテムのデザインなど幅広い活動をみせている。
 
 
 
 
 
 
 
さらに今回のポップアップ企画を記念し、OKIOSKがラーダーのオンラインショップを1月16日(土)18:00~1月17日(日)18:00の24時間完全ジャック!今回のイベントの為に製作された新作アイテムや描き下ろし作品などエクスクルーシブなアイテムを販売決定!コロナ渦中、外出もままならい今だからこそ楽しめる新しいスタイルでの企画となっている。
 
 
 
 

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/87620.html 2021-01-11 11:15:19
antenna 名古屋を拠点に活動するデザイナー・ctmgo_の初となる個展がspazio ritaにて開催。Campanella、abentis、E.O.Uら出演のオープニングパーティー、クロージングパーティーも。

 

名古屋を拠点に活動するデザイナー・ctmgo_の初となる個展が、1月11日(月)〜17日(日)の間、spazio ritaにて開催される。

ctmgo_は、母親に絵を見せた時に褒められたことがきっかけとなり、デザインをスタート。これまでRed bullのイベントフライヤーや自身が主催する音楽イベントKAIRAKUTENのイベントフライヤー等を制作してきた。

本展では、制作した作品を通して出会った人々との関係の儚さや脆さ、危うさやその一方で感じる生きている喜びをイメージしてフォトコラージュ20点程展示される予定だ。

初日には、KVWA、abentis、contakeit、hxpe trash、E.O.Uらが出演のオープニングパーティーが開催。また、最終日には、Campanella、KVWA、ne4r、skibidi、homarelanka、ruby band、slush、AKIRAら出演のクロージングパーティーも開催される。ぜひ足を運んでみて欲しい。

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87612.html 2021-01-08 07:56:39
antenna DJ KRUSH、Yosi Horikawa、Chee Shimizu、ELLI ARAKAWA、ermhoiら出演。“音 × 禅 × 食” をテーマに掲げた「MUSO Culture Festival 2021」が静岡県沼津市の大中寺、INN THE PARKにて開催。

 

“音 × 禅 × 食” をテーマに掲げたカルチャーフェスティバル「MUSO Culture Festival 2021」が2021年2月13日(土)〜21日(日)に開催される。会場となるのは、静岡県沼津市にある大中寺と泊まれる公園・INN THE PARKの2会場を使用。入場無料(ただしミュージックライブとアフターパーティーのチケットは数量限定のため、申込数が上限に達した場合は抽選となる)。

メイン会場となる大中寺では庭園、書院、本堂と複数の場所が舞台となる。庭園では、サウンドアーティスト・Yosi Horikawaによるアンビエント空間が広がり、書院にてグラフィックデザイナー・惣田紗希佐藤夏実によるインスタレーションも公開される。メインコンテンツとなる本堂でのライブステージには、Yosi HorikawaDJ KRUSHが出演する。

日没後は、泊まれる公園「INN THE PARK」にてアフターパーティーも開催される。出演は、Kaoru InoueChee Shimizu、ELLI ARAKAWA、ermhoi、Masaaki Hara、DJ Emerald、Hi-Ray、MORTSAFEら。

その他に、日中には座禅会、沼津産品のフードマーケットなどコンテンツ盛り沢山。1日を通して楽しめそうだ。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/87459.html 2021-01-05 03:49:20
antenna 岐阜県飛騨地方の隠れた魅力・小坂を発信。清流を通じた豊かな自然体験を提案する「小坂なリバーベース」が誕生。期間限定で、星ヶ丘のレストラン・TT”で小坂直送の岩魚を楽しめるイベントも。

 

日本三霊山のひとつ御嶽山の麓にあり、滝、温泉、清流などの豊潤な自然資源に恵まれる岐阜県・飛騨小坂。そんな小坂の地を盛り上げ魅力を伝えていくべく、これまで様々なアクティビティを提供してきた小坂淡水漁業組合216WORKS二つの団体が共同でリブランディングを行い、新たなフィールドを誕生させた。その名も「小坂なリバーベース」だ。

飛騨小坂の雄大な自然と澄んだ川の水に触れ合ってもらいたいという思いから、池釣りや川釣りなどの手軽な釣り体験、レッスンコースも用意され、釣ったニジマスやイワナなどをその場で調理して食べることができる。また施設内のキャンプフィールドではBBQなどのデイキャンプや少人数貸し切りのキャンプなども楽しむことができ、自然と清流を通じた感動体験を提供する。

 

​​

本ブランドのプロデュースは飛騨のデザインオフィス・kongcongが、ロゴはアーティストのina takayukiが手掛け、受付小屋にはこのフィールドのシンボルとなる壁画も描かれた。

 


小坂なリバーベースにライブペイントを行った、ina takayuki

 

2021年1月15日(金)〜1月25日(月)には、名古屋・星ヶ丘のレストラン・TT” a Little Knowledge Storeにて小坂で採れた岩魚を使用した数量限定メニューが登場予定。この機会に飛騨の隠れた魅力・小坂の味を堪能し、来年の暖かくなった頃、現地にも足を運んでみてはいかがだろう。

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/87447.html 2020-12-30 09:27:46
antenna 流れ着いた陶磁器のかけらを使って、新たな模様を創作するアーティスト、guse arsによる個展が、THE TOWER HOTEL NAGOYA内のギャラリー『on hold』にて開催。

 

村橋貴博、岩瀬敬美による2人組のアートプロジェクト「guse ars(グセアルス)」による個展が、2021年1月7日より、THE TOWER HOTEL NAGOYA内 のギャラリー『on hold』にて開催される。

 

(以下、ステイトメント)
寄せては返す波をぼんやり眺めていると、この波はいつから打ち寄せられて、いつまで続くのか。無限に繰り返されるのか、明日には止まってしまうのか、そんなことに思いを馳せる瞬間があります。そのうねりの中を長い間漂った陶器の欠片は、すっかりと洗われ、誰かに使われて割れてしまったその記憶までも漂白されていきます。いずれどんな姿に変わるだろうか。それともこの世からすっかりと消えてしまうのだろうか。私たちは、その「ひとかけら」のある偶然の瞬間を拾い上げ、永久に繋がる模様 washed pattern(※1)へと変化させます。生まれてくる模様は終わることなく繰り返される海の波模様そのもの。それは海の景色「Seascape」です。

本作の素材となった陶片は愛知、岐阜、三重の3県の海や川で採集したものです。その点で言えば、今回展示されている作品は東海地域の景色とも言えるかもしれません。

※1) washed pattern
海や川を歩くとかつて器やタイルの一部であった陶片が打ち上げられています。漂着した陶片の中には、小さな柄が残されているものもあります。washed patternとは、陶片の柄を抽出し、再構成することで新しい模様を生み出すguse arsのプロジェクトです。この模様を器やタイルとして生活に戻すことで、遠い未来、再び割れて欠片となり、何処かに流れ着く日が来るかもしれません。これは永遠に続けることができるサイクルです。生命が子孫を残していくように、陶片もまた未来に続く模様の子孫を繋いでいく。washed patternには、陶片が織り成す「時」と「模様」のめくるめく連鎖が封じ込められています。

________________

 

尚、『on hold』は宿泊できるギャラリールームとなっている。12時から17時までは、一般客も入場可(※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在はご予約優先制)。会場では、作品の他、作品集やグッズの販売も。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87547.html 2020-12-26 12:10:12
antenna Hisaya-odori Parkからものづくり文化を発信するFabCafe Nagoyaが、東海地区のアート×テクノロジーの新たな可能性を探る新プロジェクトを始動。第1弾は、アーティスト・鷲尾友公が新時代の和紙を使用した作品を制作・展示。

 

名古屋・Hisaya-odori Parkからものづくり文化を発信するカフェ・FabCafe Nagoyaが、東海地区のアートとテクノロジーを結びつけ、ものづくり文化を盛り上げるための新プロジェクト・FabCafe Nagoya Art-Tec Projectを始動。

FabCafe Nagoyaは、Hisaya-odori Park内にオープンした、企業やクリエイター、デザイナーなど様々な人の繋がりを提供し、東海地区のものづくり文化を発信することをコンセプトにした新しいスタイルのカフェ。レーザーカッターやUVプリンターなどの機材を個人に開放し、地域のものづくり文化を盛り上げる取り組みを行なっている。

新プロジェクトである『FabCafe Nagoya Art-Tec Project』は、名古屋地区から各地で活躍するアーティストが、企業が開発した新素材を用いてアート作品を製作・展示を行うことにより、アートとテクノロジーの新たな可能性を探るプロジェクトである。

今回このプロジェクトの第1弾として、名古屋を拠点に国内外で活動するアーティスト、デザイナーの鷲尾友公が新時代の和紙・ワーロンシートなどの素材を用い、FabCafe Nagoya店内で製作した作品の展示を、2020年12月28日(月)〜2021年1月17日(日)の期間にファブカフェ店内にて開催する。

東海地区のアートシーンを盛り上げる新たな取り組みを、今後も是非チェックしてみてほしい。

]]>
https://liverary-mag.com/art/87555.html 2020-12-28 23:30:31
antenna いつでもどこでも念仏を聞くことができる!?不思議で可愛いデジタルガジェット「ブッダマシーン」が、KAKUOZAN LARDERに降臨!豊富なラインナップを揃え、「光と音のハオハオハオ」がポップアップ開催中。

 

世界中から光るものや音が出るものを集め、販売している光と音のハオハオハオ。特に力を入れ収集された“ブッダマシーン”が集結するポップアップが、KAKUOZAN LAEDERにて開催中!会期はいよいよ12月28日(月)まで。

ブッダマシーンとは、内蔵する基板とスピーカーにより念仏(お経)や念仏を取り入れた音源を延々と再生してくれるデジタルガジェット。収録される音楽や念仏のアレンジ、曲数も多岐にわたり、そのキッチュな見た目にコレクターも多い逸品だ。

 

音も形も様々なブッダマシーン

 

今回のポップアップのためにラインナップされる様々なブッダマシーンの他にも、刺繍作家・SAUとのコラボグッズも登場。思い出野郎Aチーム増田薫がデザインを手掛けたサコッシュなども並ぶ。

 

SAUと光と音のハオハオハオのコラボグッズ

 

 

すでに完売してしまったマシーンもあるとのことなので、どうかお早めのチェックを!大変なことだらけだった2020年を、念仏とともにハッピーに締め括ってみてはいかがだろうか。

 

  

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/87517.html 2020-12-25 03:23:46
antenna NHK Eテレの人気番組「デザインあ」の展覧会が豊田市美術館にて開催。展覧会ディレクターに、佐藤卓、中村勇吾、小山田圭吾ら参加。

 

子どもから大人まで楽しめるNHK Eテレの人気番組・デザインあの展覧会「デザインあ展 in AICHI」が豊田市美術館にて開催。開催期間は1月5日(火)〜3月14日(日)まで。

本展覧会の総合ディレクターには、数々の有名パッケージを作り出したグラフィックデザイナー・佐藤卓に、ユニクロのCMなどを手掛けるWEBデザイナーの中村勇吾、そしてCornelius名義での自身の音楽活動のほか、音楽プロデューサーとしても活躍する小山田圭吾が務める。

デザイン思考力を育み、デザインの力と豊さを伝えていくことをコンセプトとしている同番組を、会場でも体験できるように観察体感概念の3つの「へや」に分けられ、体験コーナーも作られる。以下、それぞれの部屋について紹介していこう。

 

〈観察の部屋〉
身のまわりにあるモノ・コトから、「お弁当」「マーク」「容器」「からだ」「なまえ」の5つに焦点を当てる。 

 

ⒸSATOSHI ASAKAWA    


ⒸSATOSHI ASAKAWA    

 

〈体感の部屋〉
番組オリジナルソングや音楽とぴったりシンクロする映像が、展示室の四方の壁画に投影。

 

ⒸSATOSHI ASAKAWA

 

〈概念の部屋〉
場、時のながれ、人のうごきを、デザインを通してどう感じているのか。「空間」「時間」 「しくみ」を考える。

 

ⒸSATOSHI ASAKAWA

ⒸSATOSHI ASAKAWA

 

〈体験コーナー〉
番組で人気の「デッサンあ」「もん」を、会場内で描いて体験できるコーナーや、記念撮影ができるスポットが登場。

 

ⒸSATOSHI ASAKAWA

 

チケット購入は、感染症拡大防止対策として日時指定による事前予約制となる。豊田市美術館内でのチケット販売は行わないのでご注意を。

]]>
https://liverary-mag.com/art/87029.html 2020-12-23 03:04:23
antenna ユーモア溢れるキャラクターを描く、イラストレーター/アニメーター・moi.の個展が、覚王山・OFF THE RECORDにて開催中。

 

ポップでユーモアのあるキャラクターを描くイラストレーター/アニメーター・moi.の名古屋初となる個展が、覚王山・OFF THE RECORDにて12月19日(土)〜12月27日(日)の期間で開催中。

moi.は、ポップでユーモアのあるキャラクターを描く、東京を拠点に活動するイラストレーター/アニメクリエイター。東京・CIBONE GINZA SIXでの個展や、ギタリスト・Shin Sakiuramaco maretsのMV制作を行うなど、今注目のアーティストだ。

今回の展示では、アニメーションやイラストの展示と、ポスターやステッカーなどの様々なグッズ販売を行う。

 

 

12月20日(日)のオープニングイベントでは、岡崎の人気カフェ・mir-cafeのフード出店と、中村佳穂バンドのメンバーでもある荒木正比呂率いる新バンド・Thai KIDSAraki Masahiro、Happy Imaeda、Kaji Shotaro、Nakao Yu、Munero)の初ライブが行われる。

さらに、12月26日(土)には、クロージングイベントとして作家のトークイベントや、今池の人気喫茶店・喫茶シヤチルが出店予定。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87467.html 2020-12-20 08:10:37
antenna 地元愛知県を拠点に活動している気鋭のコラージュアーティスト・長尾洋の展示が、Parlor IMOM、ある日など6店舗合同で開催中。

地元愛知県を拠点に活動している新進気鋭のコラージュアーティスト・長尾洋の展示「In The City Art Walk Exhibition in NAGOYA」が、12月23日(水)まで開催中だ。

本展の会場は、名古屋市内の以下の計6店舗。道徳のカフェ・Parlor IMOM、鶴舞のドライフラワー専門店・ある日、鶴舞のコーヒースタンド・Pharmacy Coffee Lab、丸の内のセレクトショップ・Musee des Arts、久屋大通の美容室・barber&culture goldpit、久屋大通のセレクトショップビル・IZUMIYA

長尾洋は、活動拠点をドイツ・ベルリンから地元愛知に3年前に戻し活動している、コラージュアーティスト・ポップアーティスト。今年10月には自身初となる東京での個展「YO SOY TÚ」を終え、現在名古屋にて個展を開催中。本展では、現在の社会情勢に対してアーティストとして何ができるかを考え、様々な店舗を展示室と見立てて展示を行い、アートと一緒に街を盛り上げていく。是非足を運んでみて欲しい。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/87484.html 2020-12-20 08:09:50
antenna 【更新】AICHI⇆ONLINE、LIVERARYによる有客ライブ+撮影イベント、最終ラインナップを発表。Campanella(ゲスト:STUTS)、ALKDO(from TURTLE ISLAND)、Ogawa & Tokoroによる新バンド・Sunbemoの3組がダイアモンドホール会場に追加決定!

愛知県が主催する「映画」「現代美術」「文学」「漫画」「音楽」といった幅広いジャンルで展開されるアートプロジェクト「AICHI⇆ONLINE」 (プロジェクト全体については前回の掲載記事を参照)。

「LIVERARY」が担当する「音楽」ジャンルの作品制作にあたって、12月26日(土)有客ライブ+撮影イベント「LIVERARY LIVE RALLY “Extra” – YOUR CITY IS GOOD -」が県内各所にて開催される。企画・制作は武部敬俊/LIVERARY

配信用特設WEBはコチラ!

出演者は全て、愛知出身・在住の現在進行形のアーティストたち。

すでに発表されているSTUTSC.O.S.A.THE ACT WE ACTOgawa & Tokoro、YNG JOE$ with abentis、NEI、Extra Live Session[Campanella、テライショウタ from Gofish、SOSOS CLUB(村上ゴンゾ+藤原草太朗)]にプラスし最終ラインナップを発表!

 

 

最終追加出演者として発表されたのは、豊田・橋の下世界音楽祭の主催者であり、TURTLE ISLANDとしても活動する永山愛樹(Vo./Gt.)竹舞(Vo./太鼓)によるアコースティックユニット・ALKDO。今回は世界ジョージ(Per/Cho)も参加のトリオ編成で出演する。

さらに、長者町コットンビルで即興セッションも行うCampanella(通常のライブに加えclub JB’sに出演するSTUTSをゲストにコラボ曲も演奏)、バナナレコード大須店でインストアライブも行うOgawa&Tokoroによるベース・ドラム・パーカッションを加えた5人編成の新バンド・ Sunbemoという超スペシャルな3組!


ALKDO

STUTS(feat.鎮座DOPENESS & Campanella)

Sunbemo

Sunbemo · SpaceFunk (仮) Demo

 

<各アーティスト出演会場、開催時間は下記の通り>
※全会場に開催時間の変更が若干生じました。誠に申し訳ございません

|大須|BANANA RECORD大須店
11:00-12:00予定▶︎11:30-12:00(予定)
Ogawa & Tokoro

|伏見|長者町コットンビル
13:00-14:00予定▶︎13:00-13:30(予定)
[Extra Live Session]
Campanella
×
テライショウタ from Gofish
×
SOSOS CLUB(村上ゴンゾ+藤原草太朗)

|新栄|DIAMOND HALL
15:30-18:00予定▶︎15:00-18:45(予定)
THE ACT WE ACT
Campanella(Guest:STUTS)【追加】
Sunbemo【追加】
ALKDO【追加】

|栄|Club JB’S
※この日のclubJB’sはアルコール販売はなく、ソフトドリンクのみの販売となるのでご注意を。
20:00-22:00予定 ▶︎21:00-23:00(予定)
YNG JOE$ with abentis
NEI
C.O.S.A.
STUTS

 

今イベントのチケットパスは、コロナ対策も兼ね「平山昌尚×LIVERARYオリジナルマスク」(3種)となっている。各会場人数制限があるため限定数での販売となる(当日チケット販売の有無は未定)。

<チケット(マスク)の券種>

①ダイヤモンドホール入場パス(キツネ)

②club JB’s入場パス(棒人間)

③ダイヤモンドホール&club JBS 共通パス(Extra)

それぞれのチケット(マスク)は、LIVERARYのWEB SHOPにて販売(※マスクの受け渡しは当日。会場受付時にスタッフに氏名・住所・連絡先を伝える等、身分証明が必要。※当日キャンセルの場合、返金不可だがマスクは後日郵送される)。

また、遠方の方や諸事情でイベントに参加できない方に向け、各会場からLIVE配信も行われる予定(※視聴無料。ただし、ドネーション/投げ銭チケットの販売を実施。配信チャンネルはコチラ)。ドネーションチケット購入者には、後日郵送にて今回チケットパスとして準備される「平山昌尚×LIVERARYオリジナルマスク」が送付される特典付きとなっているので、「イベントに参加はできないがマスクはほしい!」という方も是非。配信ドネーションされる方はコチラから(※マスクの絵柄は選べません)。

 

さらに本公演は全会場ステージ無し、観客がアーティストを囲む形でのフロアライブを基本としたセットとなり、観客はライブを楽しみながらムービーの撮影も可能(撮影映像を作品に提供希望者のみ)。撮影された映像は、最終的に映像作品として仕上げられ、「AICHI⇆ONLINE」公式サイトにて2月1日以降に発表される予定だ。

映像ディレクション・撮影は、the原爆オナニーズのリアルな姿を捉えた映画「JUST ANOTHER」監督であり、独自の視点で切り取られたライブ映像、特にワンカメでのライブシューティングに定評のある映像作家・大石規湖が担当。撮影には、スペースシャワーTV「Black File」で東海エリアのラッパーたちのインタビュー動画等を制作してきた愛知出身の映像ディレクター・佐々木堅人も参加する。

2018年に開催されたLIVE+MOVIE撮影イベントはコチラ。(撮影ディクレション:大石規湖)

 

カクバリズムよりデビューを果たした二人組ユニット・Ogawa & Tokoroのインストアライブから始まり、Campanella、テライショウタ、SOSOS CLUBによる貴重な即興セッション、ダイヤモンドホールでTHE ACT WE ACT、ALKDO、Campanella(ゲスト:STUTS)、Sunbemoとジャンルも年齢も様々な異能のアーティストたちが共演を果たし、夜はNEI、YNG JOE$といった愛知のHIP HOPシーンを沸かせるニューカマー二組、待望の新作リリースを控える C.O.S.A.、さらに地元名古屋を離れ全国的な活躍をみせるトラックメイカー・STUTSらが出演するゴールポイント・club JB’sまで、共に駆け抜けたい方はマスクを購入の上、ぜひご参加を!

まちのさまざまな場所で音楽が鳴り響くことが当たり前ではなくなってしまった今だからこそ、当日は貴重なライブ体験となることだろう。後日発表される映像作品ももちろんお楽しみに!

 

]]>
https://liverary-mag.com/feature/87067.html 2020-12-09 08:31:56
antenna れろとずぶ、yuka oota、mio(museRawell)、haruzionら参画。長者町に誕生した様々なクリエイターが集まるシェアアトリエ・Cabinが初イベントを開催。

名古屋を拠点に活動する、様々なジャンルで活躍するクリエイター、アーティストが集まるアトリエ・Cabinによる初イベント「Cabin x’mas party」が12月19日(土)に開催される。

Cabinは、CYABO(アートペイント)、haruzion(アートペイント、デザイン)、mio(アートペイント、アパレルブランド・museRawell)、murase(デザイン)、rerotozubu(アートペイント、デザイン)、yuka oota(薬剤師、アートペイント、イラスト)の6名のアーティストと、ランジェリーブランド・Apathyも入居するシェアアトリエ。Cabinとは「小屋」の意味を持ち、ロゴは「青いエンジェルが集まる場所」をイメージしデザインされたものなのだそう。

当日はチャージ500円で入場可能。参加作家たちの作品展示はもちろん、フードやドリンクも並ぶ。是非足を運んでみてほしい。

場所は、伏見・長者町にあり現在LIVERARY officeが入居している長者町コットンビルからほど近い。この新しい動きをきっかけに長者町エリア一帯がより面白くなっていきそうだ。今後のCabinの活動もお見逃しなく!

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87366.html 2020-12-18 14:30:20
antenna ファッションをテーマにしたイラストレーションを数多く手掛けるイラストレーター、くらちなつきによる個展が、East Enders Coffeeにて開催。

 

東京を拠点に、広告、アパレル、雑誌などで活躍中のイラストレーター、くらちなつきによる個展『road』が豊田市のEast Enders Coffeeにて開催される。

本展では、現実と虚構の間のような、車のある風景を描いた新作を展示するほか、グッズなども展開する。

]]>
https://liverary-mag.com/art/87353.html 2020-12-17 06:54:28
antenna 国内屈指のビートメイカー・RAMZA主催イベントに、京都拠点の先鋭的スリーピースバンド・空間現代が登場。食品まつり、Free Babyroniaらが共演。

 

様々な方面から評価を得る名古屋在住のビートメイカー・RAMZAが、12月20日(日)新栄・live & lounge Vioにて主催イベント「RAMPAGE」を開催。

今回は、京都拠点のスリーピースバンド・空間現代をゲストに迎える。空間現代は、オルタナティブスペース「外」の企画・運営も行っている、野口順哉(Gt,Vo)、古谷野慶輔(Ba)、山田英晶(Dr)の3人によるバンド。ギター・声・ベース・ドラムのミニマムなバンドフォーマットの中で、編集・複製・反復・エラー的な発想とともに先鋭的なサウンドを構築し、息をつく間もないほどに緊張感たっぷりのライブパフォーマンスで観るもの全てを引き込む力を持っている。また、これまでにコンタクトゴンゾ、Moe and Ghosts、坂本龍一といった異ジャンルのアーティストともコラボレーションしてきたことでも知られている。

そのほか、主催者であるRAMZAはもちろん食品まつり、Free Babyroniaといったトラックメイカー/ビートメイカーたちのライブDJとしてCampanella & shobbieconz、whatmanが出演。

 

空間現代

RAMZA


whatman

]]>
https://liverary-mag.com/music/87330.html 2020-12-17 08:00:28
antenna OTAI RECORD主催のNo.1ビートメイカーを決める大会「ビートグランプリ」が昨今の状況を踏まえ、チル/アンビエントをテーマに開催。結果発表を「SUPER DOMMUNE」にて配信。

 

日本最大級のビートメイク、作曲の大会として毎年開催されている「ビートグランプリ」。今年はコロナの影響によりイベントは開催されないものの、本日12月17日(木)の20:00から「SUPER DOMMUNE」にてその結果発表が配信されることに。

国内ビートメイカーの登竜門として、過去にはSweet Williamなどの実力派トラックメイカーも参加しており、例年はアグレッシブなビートで盛り上がりを見せる今大会だが、今回は昨今の状況を踏まえ、静かに、ゆっくり聴けるchill/ambientミュージックをテーマに開催された。

この配信では結果発表として製作されたアートムービーが放送される。参加者250人の中から勝ち残った14人のファイナリストからインターネットによる投票、審査員の評価を合算し8位から優勝者のトラックをじっくり流すという発表方式がとられる。発表前に行われるSSWの南壽あさ子、クラシックピアニスト・菊地沙織、サキソフォニスト・中園亜美、そしてDJのHIROSHI WATANABE aka KAITOら4人のエキシビジョンLIVEにも注目だ。


HIROSHI WATANABE aka KAITO

 

南壽あさ子

]]>
https://liverary-mag.com/music/87068.html 2020-12-17 03:12:01
antenna ATOSONE(RC SLUM)によるファッションブランド「COMMA VIOLETA」が冬の新作コレクションを発表。栄・spazio ritaにて展示会が開催中。

 

全国的に注目を集める、東海ヒップホップシーンの中核を担うレーベル「RC SLUM」。その代表・ATOSONEが手がけるファッションブランド「COMMA VIOLETA」が2度目となる展示会「COMMA VIOLETA 2020 COLD GEORGE CONDOM」を敢行。名古屋、福岡、鹿児島、岐阜へと巡回する。先行して名古屋・spazio ritaにて12月17日(木)まで展示会を開催中。

今回のコレクションではセットアップやニット、アウター等、冬物アイテムを中心に展開。

 

COMMA VIOLETA Instagramより

 

<以下、ステートメント>

枯れた実にこそ価値がある様に、また種を落とし
私の才能は決して枯渇することがない。 
ストレスは芳潤への養分であり、雨風は明日への糧である。
誰彼が寝てる間に私は身を削り、その発想を芸術へ捧げる。
その呼称が欲しくて自ら名乗ることなど決してしない。
貴方と私は限りなく離れているが、まだ、同じものを美しいと感じることは出来るはずだ。
親愛なるEnemy へ。 
全知全能の隣 
COMMA VIOLETA

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/87315.html 2020-12-16 04:52:48
antenna イラストレーター・SHOKO TAKAHASHIによる、誰かを想いギフトを選ぶ人々の描き下ろしイラストが並ぶエキシビジョン「In the city」が、星ヶ丘のカフェ・TT”にて開催中。コラボグッズの販売も。

WEB、雑誌媒体へのイラストレーションを中心に、アパレルブランドへのアートワークやパッケージデザインなど幅広い制作を行うイラストレーター・SHOKO TAKAHASHIの展示「In the city」が、12月27日(日)まで星ヶ丘のカフェ・TT” a Little Knowledge Storeにて開催中。

期間中は、相手を想いプレゼントや手紙を準備する人々の描き下ろしイラストが店内のガラスを飾り、それぞれのストーリーに身を馳せながら食事を楽しむことができる。

 

 
また、オリジナルのコラボステッカーやプレゼント用の包装紙、各種ポスター等々の販売も行われる。会期中に新たな企画も予定されているので詳細はインスタグラムを要チェックだ。
 
寒さが深まってきた今日この頃、暖かいコーヒーでも飲みながらギフトを贈ってみたい相手について考えてみてはいかがだろうか。
]]>
https://liverary-mag.com/art/87257.html 2020-12-14 03:00:04
antenna 主に墨と朱色の2色のみで精細で味わい深い作品を描くイラストレーター・杉本さなえによる個展『Curtain Call』がON READINGにて開催。

 

朱色と墨の2色で描かれた、静謐でいて、どこか懐かしさと暖かさを感じる作品が魅力のイラストレーター、杉本さなえによる個展『Curtain Call』が、12月19日よりON READINGにて開催される。

本展では、この展示のために描き下ろした作品25点を展示する。

]]>
https://liverary-mag.com/art/87267.html 2020-12-14 10:36:12
antenna 名古屋拠点のドローイング/コラージュアーティスト・VUGが、偶発的・突発的に生まれた作品を中心とした新作個展をセレクトショップ・unlike.にて開催。

 

名古屋を拠点にドローイング/コラージュアーティストとして活動するVUGの個展『noopy』が、12月10日(木)〜12月20日(日)まで、栄のセレクトショップ・unlike.にて開催中。

「コロナ禍で画材が手に入らない状況でも、道端に落ちている廃材や部屋の片隅にあった木製ボード、弁当箱などから作品を生み出し続けた」というVUG

本展は、計画されたモノやコトが予定通りに進まず世界中が戸惑った2020年を表すように、今までの計画されたモノから大きく舵を切り、偶発的・突発的に生まれた作品から、ポジティブなパワーや多くの学びを感じ取ることが出来る展示となっている。

初日から4日間は、unlike.店内をホワイトキューブ化し、本展のイメージカラーである黄色をテーマに、絵画やインスタレーションを空間全体を使い演出。またこの期間は作家本人も在廊し、即興でグッズやシルクスクリーンへのアレンジを行う予定。

<以下、ステイトメント>

新品の白いスニーカーとパソコンとwifiをgetした僕の髪は金髪になり、気づいたら黄色になっていた。

TEXT by VUG

]]>
https://liverary-mag.com/art/87242.html 2020-12-13 04:44:57
antenna 『ハッピー・オールド・イヤー』 : “カンニング”の次は“断捨離”!タイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の製作スタジオ×主演女優が贈る共感度MAXムービー!

 

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のサプライズヒットも記憶に新しい気鋭の映画製作スタジオGDH559と、同作の主人公“リン”ことチュティモン・ジョンジャルーンスックジンが再びタッグを組んだ『ハッピー・オールド・イヤー』が、12月11日からセンチュリーシネマにて上映される。

留学先のスウェーデンでミニマルなライフスタイルを学んで帰国したデザイナーのジーン。かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、ネットで自作の服を販売する兄と三人暮らしの彼女は、ある日家をリフォームしてデザイン事務所にするべく、断捨離を開始する。洋服、レコード、楽器、アルバム—— 友達から借りたままだったモノを返して廻り、元カレのカメラを小包にして送り返す。部屋が片付いて行くのと反比例して、心は千々に乱れて…。
時は年の瀬、ジーンは新たな気持ちで新年を迎えることが出来るのか?

監督を務めるのは、等身大の若者の心の機微を描いて、国内外で高い評価を得るタイ映画界の新世代の旗手、ナワポン・タムロンラタナリット。長編7作目にあたる本作まで、すべての作品が東京国際映画祭、大阪アジアン映画祭のいずれかで上映され、既に日本でもファンを獲得。注目を集める俊英の作品が、ついに劇場公開となる。

また映画公開期間中、本作の制作国であるタイにちなんでタイカレー食堂ヤンガオのPOP UP SHOPがセンチュリーシネマのカフェスペースにて開催される。

 

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/cinema/87223.html 2020-12-11 04:18:14
antenna シンプルな線で描く人物画が人気の2人のイラストレーター、Rooo LouとTAKERU MACHIDAによる展覧会がfonsにて開催。

 

ともにシンプルな線で描く人物がを得意とし、広告やアパレルなどへの作品提供などで人気を集める2人のイラストレーター、Rooo LouTAKERU MACHIDAによる展覧会が、12月19日からfonsにて開催される。

本展が、初めてのコラボレーション展示ということで、新たな作品の化学反応が期待される。

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/87217.html 2020-12-11 10:30:07
antenna 名古屋市港区で開催中のアートと音楽の祭典「アッセンブリッジ・ナゴヤ2020」いよいよ終幕。フィナーレを盛り上げる「港まちブロックパーティー meets ポットラックバザール」にOBRIGARRDら登場!鷲尾友公が企画するアフターパーティーも。

 

およそ2ヶ月間に渡り名古屋・港町エリアで開催されてきた音楽と現代美術のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ2020」が、いよいよ今週末に終幕を迎える。最終日前日となる12月12日(土)には、多様なアーティストを招いて行われる「港まちブロックパーティー meets ポットラックバザール」が開催。

ブロックパーティーとはブロック(街区)の住民が集まって行う地域のお祝いや祭りを意味し、昔から世界中の人びとやものが行き交いしてきた場所である港まちを舞台に、パフォーマーたちによるステージやフリーマーケット、締めくくりには港まちで盛んな盆踊りが行われる。

 

 

OBRIGARRD(DJ)、名港サイファー(ラップ)、ライラ・カンパニー(ドラァグクイーン)、西築地学区女性会有志(盆踊り)、CAUJOON(DJ)、TAIHEI(DJ)など多岐にわたる出演者が揃い、フェスティバルの閉幕に向け、築地口商店街界隈を盛り上げる。

また、本イベントのコーディネーターであるアーティスト・鷲尾友公が企画するアフターパーティー「STUDIO RECORD CLUB」の開催も決定。尼ケ坂・STUDIO UTOPIAに会場を移し、DJ CONOMARKDJ MASTAKUTによるDJを楽しみながら、スパイス喫茶・マスカラスによる絶品カレーを堪能してみて。

 

フェスティバルの最終週にふさわしく、音楽やアート、港まちの文化が集まり、世代を超えてみんなで楽しめるこのお祭り、ぜひ体感してみて。

]]>
https://liverary-mag.com/art/87057.html 2020-12-10 23:00:18