ja LIVERARY – A Magazine for Local Living http://liverary-mag.com 2013年11月1日創刊。東海エリアを中心にローカル/カルチャートピックスを発信・提案する、ウェブマガジン「LIVERARY(ライブラリー)」です。音楽、芸術、映画、地域情報…などさまざまな街を面白くする動きを紹介し、一人でも多くの人に届け、新しい何かを生み出すきっかけになれたらと考えています。 ja-jp Fri, 12 Jul 2024 12:23:32 +0900 antenna THE ACT WE ACTとKillerpassがWレコ発ツーマンライブを三重・VORTEXにて開催。ゲストDJとして、nutsmanが共演。

 

7月13日(土)、四日市VORETEXにてTHE ACT WE ACTKillerpassによるWレコ発ツーマンライブが三重・四日市のVORTEXにて開催される。

昨年、THE ACT WE ACTKillerpassはそれぞれ新作アルバム『フリッカー』、『歩いていこう』を発表。それぞれに今池・HUCKFINNにてレコ発イベントを企画し、LIVERARYとともに#departuresを共同主催するなどしてきた。

今企画は、改めて両バンドを存分に楽しんでほしいという思いのもと、両者長尺のライブセットで臨むツーマンイベントとなる。

オープンからクローズまで盟友・nutsmanがDJを担当。そちらも合わせて楽しんでほしい。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/110269.html 2024-07-12 08:31:03
antenna 京都を代表する人気カルチャースポット「VOU」と、作家・しんごによるPOP UP企画が金山・24 pillarsにて開催。初日は、「シルクスクリーン」、「いも彫り」のWS二本立て!

 

7月13日(土)〜7月27日(土)までの期間、金山・24Pillarsにて、京都の人気作家&ショップのコラボ企画「しんご×VOUのPOP UP SHOP『ごぼう』」が開催。

しんご、VOUの各種物販の他、新作「しんご×VOU NEWコラボTシャツ」や「∞POTATO CHIPSアイテム」の再発が予定されている。

初日13日は作家在廊あり。限定イベントとして、「シルクスクリーンワークショップ with メゾンでザンス」しんごによる「いも彫り」も。

「ごぼう シルクスクリーンワークショップ」では、選んだ図案をその場でメゾンでザンスがプリントしてくれる。図案は2種、VOU図案の「なごや」、しんご図案の「おふろくんおふろちゃん」。会場には無地Tシャツなども用意されているので、手ぶらで参加OK!もちろん、持ち込み素材にも対応してくれるので、印刷したいものがあれば持参しよう。

 

 

「いも彫り」は、しんごが粘土で作ったじゃがいもにあなたの好きな文字をその場で彫る、というユニークなもの。じゃがいもに刻みたい言葉を胸に秘めながら参加してみてはいかがだろう。

 

 

<以下、しんごよりコメント>

それぞれのアイテムが並ぶのはもちろん、今回のためにたのしいことをいろいろ仕込んでいます。
初日の13日は、しんご・VOUどちらも在店しながらワークショップなどを行います。
またとない機会なので、ぜひお立ち寄りください。お会いできるのをたのしみにしています。

]]>
https://liverary-mag.com/art/110325.html 2024-07-12 08:10:16
antenna 独自の色彩感覚による写真が国内外で人気のフォトグラファー、高橋ヨーコによる写真展が、UNEVEN HUB STOREにて開催!

写真家、高橋ヨーコによる個展『a Glimpsw of a Green Haze』が、8月3日より、UNEVEN HUB STOREにて開催される。

フィールドワークをするように世界中を旅しながら撮影してきた高橋ヨーコ。見たことのない風景なのに、どこか親密さを感じてしまう魅力あふれる写真は、多くのファンを惹きつけてやまない。

展示期間中は、フォトTシャツ、ポストカードセットBOXの販売も。イベント初日には、coimo wine(京都)が出店しワインとプレート、デザートを提供するほか、施設内のカフェスペースawaiでは、写真展に合わせてスペシャルドリンクとデザートを限定メニューとして展開する。

]]>
https://liverary-mag.com/art/110321.html 2024-07-12 06:39:48
antenna 北海道旭川の現役の巨匠彫刻家・佐藤憲治による木彫り熊の展示会がON READINGにて開催!

 

北海道旭川の現役の巨匠彫刻家・佐藤憲治による木彫り熊の展示会が、7月19日からON READINGにて開催される。

今年は北海道で木彫り熊が誕生して100周年。その100年のうち、53年間も彫り続けている佐藤憲治。本展では徳島の本藍染を施したスペシャルな作品も展示販売される。

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/110316.html 2024-07-12 03:55:48
antenna 第一弾出演者発表は、SUSO SAIZ、Emily A. Sprague、Cool Maritime、マヒトゥ・ザ・ピーZZZ、Chihei Hatakeyama、Shhhhhら7組。“日本で一番美しい音楽フェスティバル”と話題を呼んだ、長野・八ヶ岳の野外リスニングパーティー「EACH STORY ~THE CAMP~ 2024」開催。

 

“日本で一番美しい音楽フェスティバル”と称され話題となった野外リスニングイベント「EACH STORY」が10月5日(土)、6日(日)の2日間に渡り、長野県・五光牧場オートキャンプ場にて今年も開催される。

出演者の第1弾が発表され、国内外から選りすぐりの音楽家たち7組がラインナップされた。

スペインから初来日のポスト・ミニマル/アンビエントのレジェンド・SUSO SAIZ、自身のバンド・Floristとしても活躍するEmily A. Sprague、西海岸モジュラー・シンセ・ウェイヴのムーヴメントを牽引するCool MaritimeGEZANのフロントマン、マヒトゥ・ザ・ピーポーによる別名義マヒトゥ・ザ・ピーZZZによるアンビエントセット、日本が世界に誇る環境音楽作家のChihei Hatakeyamaがライブパフォーマンスを披露する。

DJには、abentisPiezoなどの新鋭アーティストがリリースを重ねるUKのミュータントテクノ最重要レーベル「Wisdom Teeth」を主催するK-LoneFactaが EXCLUSIVE CHILL SETで登場。ジャンルレスかつグローバルな活躍を見せる本フェスティバルのキュレーター・Shhhhhによる極上のリスニングセットも必聴。国内にとどまらず海外からも注目を集める「EACH STORY」ならではの貴重なラインナップになっている。素晴らしいロケーションの中で大人から子供までゆっくりとした時間を過ごすことができるはず。

名古屋でも関連イベントが企画進行中!こちらもお楽しみに。

 

Emily A. Sprague

]]>
https://liverary-mag.com/feature/110295.html 2024-07-12 03:24:44
antenna 名古屋在住の作家・鷲尾友公による新作個展が、栄・STORE IN FACTORYの5周年を記念し開催。Calm、SHIN SASAKUBOらによるライブ、DJ、カレー、トークイベントなど盛り沢山の内容に。

 

中川地区から栄地区瓦町に移転し5周年を迎えたアンティークショップであり家具の製作や店舗の改装などを行ってきた、STORE IN FACTORY。その5周年を記念し、同店とも親交の深い名古屋在住のアーティスト・鷲尾友公による新作個展「FROM THE CLOUDS」を7月13日(土)~8月4日(日)まで企画・開催する。

今回の展示では、鷲尾友公の制作活動の中から生まれた廃材を再利用したコラージュ作品、STORE IN FACTORYで買い付けを行なった額縁や紙ものを使用した描き下ろし作品など多数の作品が展示される。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

STORE IN FACTORY(@storeinfactory)がシェアした投稿

 

会期中は、オープニング〜クロージングまでさまざまなイベントも行われる。

7月13日(土)には、Calm(Music Conception) + RA.KCらが出演するOPENING EVENTを開催。7月19日(金)、20日(土)、26日(金)、27日(土)の二週末に渡っては「NIGHT CLOUDS」FROM THE NIGHT GALLERYと題した夜間営業も。8月3日(土)にはCLOSING EVENTが催され、喫茶マスカラス、てらぴんa.k.aテライショウタ、りぴぃーと(from鈴鹿市)による出店イベント「CURRY MEETING」を開催。SHIN SASAKUBO、ALCIらによるライブ、Iquine、dreamyらによるDJと鷲尾友公との所縁深い面々が集結する。さらに、田中慎也(株式会社サークルズ)、原佳希(STORE IN FACTORY代表)、鷲尾友公による三者鼎談も行われるのでそちらも要チェック。

どのタイミングで行っても、何度行っても楽しめるような、鷲尾友公らしい賑やかな演出が多数詰め込まれている本展。展示を主体としながらも、その過程や偶然性も取り込みつつ、いつまでもこの時間が続いていくことを願うかのような周年祭となりそうだ。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/110280.html 2024-07-10 12:42:30
antenna クレパスによる新たな表現を用いた、vugの新作個展が東別院・spazio ritaにて開催。レセプションパーティーでは、Ryo Kobayakawaら所縁のDJらが出演、vug自らがフードを担当。

 

7月12日(金)〜7月21日(日)まで東別院・spazio ritaにて名古屋在住のアーティスト・VUGによる個展が開催。

vugは、彼のルーツであるグラフィティやペインティングだけでなく、コラージュ、ドローイング、刺繍、陶芸、タトゥーなどマルチな活動をみせ続け、国内外へと活躍の場を広げている名古屋在住のアーティスト。本展は、vugの新・旧作品の変遷もずっと見てきた、京都拠点のアートキュレーター・渡邊 賢太郎(108artworks)との共同企画展として開催される。

<以下、渡邊 賢太郎による解説文>

近年は東京や台湾などでも展覧会を開催し、勢力的に活動するvugが2022年12月の個展「Temple」から約1年半ぶりに地元・名古屋で個展「biwa」を開催します。

今回はクレパスを使った表現技法に挑戦し、筆致や質感を新たにしながらも、彼らしいアイコニックなキャラクターたちが画面の中で自由気ままに動く姿を描いています。

クレパス=固体の画材を使うことで、筆を使うよりも、画面に対してより身体性がダイレクトに反映されることから、これまでの作品よりも、感覚的に描くドローイングの要素も強くなっています。

また、クレパスで描いた後に素手でこすり、色や線を伸ばしながら、ぼかすことで、不思議な立体感と共にキャラクターたちの存在の曖昧さも際立っています。

彼が想像したワンシーンは、直感的に描かれています。キャラクターたちには様々な表情があり具象的です。しかし、彼独自の視点の動きや時間経過による対象の変化もとらえて、1つの画面に再構築することで、体や手足は抽象的かつ単純化されています。

これまで日常生活の中で体験した場面や現実で見たモチーフを中心に描いてきた彼だからこそ、今回の作品では、姿形、遠近感や動きは非現実的な想像の世界と言えど、どこか親近感を感じることができるのでしょう。

自分自身を絵の中に投影しているとも話す彼は、彼なりの日常の楽しみ方を絵を通して私達に伝えてくれているのではないでしょうか。

(Text by 渡邊 賢太郎/108artworks)

 

7月14日(日)には、レセプションパーティーもあり。Ryo Kobayakawa、Chouman、豊丸ら作家との所縁の深い面々がDJを担当。また、vug自らフードも用意するという彼らしいユニークな試みも。こちらもぜひお楽しみに!

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/110272.html 2024-07-10 11:51:39
antenna 渋谷・翠月-MITSUKI- の看板パーティー「ALIEN SEX FRIENDS」主催を務めるDJ・P-YANが名阪ツアーを敢行。名古屋編はSound Bar NORMALに出演。

 

先日3周年を迎えさらに勢いを増している渋谷翠月-MITSUKI- の看板パーティー「ALIEN SEX FRIENDS」を主催するP-YANが名阪ツアーを敢行。7月26日(金)に今池・Sound Bar NORMALに出演する。

渋谷や西麻布のクラブカルチャーを経てDJとして活動を続けるP-YAN。2000年代にベルリンを中心に世界中に拡がったミニマルハウスとディープハウスを軸としたシーンから影響を受け、単独ドイツへ渡航し様々な経験を積んできた。現在はALIEN SEX FRIENDSの他にも、渋谷・RED BARにてレジデントDJも担当。最新のスタイルはエレクトロビーツやキラーボーカルを中心とし、都内のパーティーフリークからは絶大な信頼を得ている。2023年から、バイナル・レーベル『A.S.F.RECS』を始動し、100枚限定の1stリリースは好評を博した。

今回のツアーの名古屋編では、親交の深いTakehiro(TLMR/Telomere)、Mitchung、SBTらがサポートする。都内の最新テクノサウンドを楽しめるまたとない機会にぜひ。

Ice’n Techno · Ice’n Techno Mix #7 : P-YAN

A.S.F.RECS · Neuromancer EP A.S.F.RECS 000

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/110238.html 2024-07-09 08:05:43
antenna 学びの場は学校だけじゃない!小5~中3を対象とした「なごやULTRAプログラム」で自分らしい新たな学びを見つけよう。

 

「なごやULTRA(ウルトラ)プログラム」は、名古屋ならではの地域の魅力を活かした探求プログラムで、名古屋市内在住の小学5年生~中学3年生を対象としている。参加費は無料。

2024年8月1日(木)、2日(金)に行われる「基礎編」「じぶんについて探求する」プログラムだ。

「じぶんは、一番近くて、一番遠い存在。」そんな自分を理解し、興味関心のある分野の自分らしい学び方を見つけよう。こちらの応募期間は2024年7月1日(月)~18日(木)。

また、2024年8月下旬から12月にかけて「応用編」が計3回行われる。

「応用編」では、「しぜん」「あきない」「くらし」の3つのプログラムに分かれて開催される。各分野のプロが学びの視点を広げたり、深めたりしながらナビゲートしてくれる内容となるそうだ。こちらの応募期間は2024年7月1日(月)~2024年8月1日(日・祝)。

基礎編・応用編の両方またはどちらか一方の申込も可能だ。

学びの場は、小中学校だけではない。学校に通わなくても、それぞれの個性、特性に応じた〝じぶん〟らしい学びの方法は必ずある。そんなメッセージも込められた同企画。夏休み中、この機会に、新しい自分なりのユニークな学びを見つけに行ってみよう。

詳細は、特設サイトにて。

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/110230.html 2024-07-08 09:25:34
antenna 食品まつり、nu derori×Sotaro Fujiwara、ザ・ツリーポットらによるゲストライブも!「狂気と快楽」の奇祭パーティー「狂欒」が新栄・clubMAGOで再び開催。

 

狂気と快楽を纏った奇祭パーティー「狂欒」の第2回目が、7月19日(金)新栄clubMAGOにて再び開催。

ゲストにKode9が主宰するイギリスロンドン発「Hyperdub」からのリリースも好調な食品まつりSotaro FujiwaranuDERORI による新たな電子音楽ユニットも登場。さらに、昭和の懐かしさを感じるサウンドを自由自在に奏でる歌ものユニット・ザ・ツリーポットとジャンルレスな面子によるライブが予定されている。その他、ローカルDJ陣も音楽に精通する幅広いラインナップになっている。

同イベントは、「人種や性別、年齢などのあらゆる壁、境界線を無くし、音楽を愛する全ての人が楽しめる場所をつくること」をテーマとして掲げているのだそう。あなたもぜひ現場で体感してみてほしい。

 

食品まつりa.k.a foodman

]]>
https://liverary-mag.com/music/110236.html 2024-07-08 09:17:33
antenna 港まちポットラックビルにて「港まちアートブックフェア」が今年も開催!只今、出展者を募集中!

 

「本」を中心にアーティストやデザイナー、出版者の作品や活動を紹介し、鑑賞者と出会う場を作ることを目的に開催される「港まちアートブックフェア」が、8月27日から港まちポットラックビルにて開催される。

毎年100組以上のアーティストや出版レーベルらが参加する「港まちアートブックフェア」。会場には様々なアートブックやZINEなどが並び、本を購入するだけではなく、会期中、来場者がゆったりと本を楽しむことができる本の展覧会のようなイベントになっている。

現在、事務局では出展者を募集中。締め切りは7月17日まで。
詳細、お申し込みはこちら→ https://www.mat-nagoya.jp/news/12060.html

]]>
https://liverary-mag.com/art/110253.html 2024-07-08 07:40:35
antenna “包”をテーマに、星が丘テラス・TT″a Little Knowledge Storeが6周年イベントを開催。DJ・上海、コンテンポラリーダンサー・杉浦ゆら、芸術家・ina takayukiらによるライブパフォーマンスも。

 

7月6日(土)星が丘テラス内に店舗を構えるTT” a Little Knowledge Storeが6周年記念イベントを開催。

今回は、”包”をテーマに同店所縁のアーティスト、上海(DJ)、杉浦ゆら(ダンサー)、ina takayuki(アーティスト)を迎え、音楽・舞踏・ライブペイントを掛け合わせたライブパフォーマンスを行う。

上海今回のために、杉浦ゆらにおくる『跳舞』をはじめ、TT” をイメージしたエクスペリメンタルな楽曲4曲を新たに制作。全曲を当日初公開し、後日EPを各配信サイトでリリースする予定だ。

その他にも、DJ・AGが主宰する「coteiji」(コテージ/”生活に沁み込む日常酒としての日本酒”をテーマとした不定期開催の寄り合い)や、MAISONETTE Inc.のDJ陣、姉妹店のMaison YWE考尺° PINQも集結しイベントを盛り上げる。

食〜アート、カルチャーまでさまざまな表現が重なり合う一夜、あなたは何を感じられるか。

 


杉浦ゆら


上海


ina takayuki

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/110218.html 2024-07-05 10:46:35
antenna NAZE、UC EAST、伊藤潤、TUMBLE WEED、NOTHINGら東阪名作家15組が参加。東京発のアートコレクティブ・A.N.D.主催企画展「MAPS」名古屋編がBY、RIM、ZEZEの今池〜千種エリア3会場にて開催。福田哲丸/cekai × AI NISHIYAMA/A.N.D.によるトーク、ライブ、DJ、フリマイベントも!

 

音楽、アート、ファッション、ジャンルを超え様々な形で表現をし続けてきたアートコレクティブ「A.N.D.」が企画するプロジェクト「MAPS」名古屋編が、7月27日(土)〜8月4日(日)の9日間に渡り開催される。

「MAPS」とは、「参加するアーティストの得意な技術を駆使し、日本国内のローカルのインディペンデントな場所に赴きその土地の人々とアナログに繋がっていくプロジェクト」。

第7回目となる名古屋編では、3会場を使用した回遊企画となる。

会場となるのは、服飾作家・奥田早織と画家・伊藤潤の共同アトリエ兼ギャラリー「RIM」、音楽家・RAMZAとダンサー・田辺舞によるオルタナティブダイニングレストラン「ZEZE」、編集者・武部敬俊LIVERARY)が発足した新たな価値を持たせたコワーキング&イベントスペース「BY」。

千種〜今池エリアの街を三角形で結ぶ3会場、それぞれの場所が持つ役割と個性を踏まえた内容となっている。

RIMでは、「A.N.D.」と親交の深いアーティスト NAZE、UC EASTが、RIMオーナーでもある伊藤潤との3人展「Delta Form」を開催。

BYでは、東京から10名、名古屋のから2名、計12組のアーティストによるグループ展とPOPUPが。さらに初日二日目は、A.N.D.とLIVERARY共同企画によるDJパーティーやライブ、福田哲丸(cekai)AI NISHIYAMA(A N.D.)によるトークショー、 フリマイベントなど盛り沢山の内容に。

参加店の中で唯一飲食店でもあるZEZEは、参加アーティストのドローイングや小さな作品などを展示。食事を楽しみながら各作家の片鱗に触れることができ、3つの会場をつなぐ入り口でありハブとなるだろう。

<以下、A.N.D.告知文より>

今までA.N.D.がじっくりと関係を結んできた方々の大事にしている場所で開催できることが心から嬉しいです。
これから先の日本が場所という垣根を超えて、もっともっと面白いものになればいいなという想いを込めて。
私たちはこの先の未来をどう創造し、どんな人とどんな風に関わって生きていこうか?

Text by AI NISHIYAMA

また今回のイベントのために名古屋発のアートユニット・HOME ECONOMICS EXPERIMENTによる公式グッズも発売される予定。さらなる詳細や追加情報は、参加会場及び主催者SNSをチェック。

 

]]>
https://liverary-mag.com/feature/110190.html 2024-07-05 09:58:22
antenna 岐阜・各務原市にて「文芸」をテーマとしたイベント「こと、ばと、ことば」が開催。ゲストに詩人・大崎清夏、歌人・岡本真帆を迎え朗読&トークを企画。多治見の人気飲食店らが出店するマーケットイベントも。

 

従来の枠にとらわれない〈文芸〉のイメージを発信し、その魅力を再発見してもらうことを目標に取り組んでいる文芸企画『こと、ばと、ことば』が、今年も8月17日(土)に開催される。主催は、(公財)かかみがはら未来文化財団。企画・制作は、ON READINGLIVERARYによるもの。

今年度は「詩」「短歌」をテーマに開催。ゲストには、舞台公演や映像作品でのコラボレーションも多数手がける、今最も注目される詩人の一人・大崎清夏、SNS を中心に注目を浴び、第一・第二歌集ともに異例の大ヒットを記録している若手歌人・岡本真帆が登場。

当日は、二人による朗読の時間も設けれる他、「ON READING」黒田義隆とのトークセッションも。それぞれの詩、短歌がどのように生まれるのか?また詩と短歌の共通点や違いとは?といった内容となりそう。それぞれの魅力や面白さに改めて触れられる場を作り出す。

詩や短歌に興味がある方から、朗読のイベントについて気になっている方も、この機会に言葉の世界に触れてみてはいかがでしょう?

なお、当日は会場内にON READINGによる物販ブースも登場し、そちらでお二人の著書も購入可能となっている。

チケットはPeatixにて発売中。(※70名限定)▼

 

さらに、同会場と近隣施設にてマーケットイベント『OUR FAVORITE LOCAL feat.多治見』も同時開催!

 

同イベントは、那加公園エリアを面白くするために活動する「OUR FAVORITE CAPITAL(OFC)」が企画・主催。第1回目となる今回は、岐阜県の多治見エリアからカレーやコーヒー、ビールなど様々なお店が集結。

メイン会場は「こと、ばと、ことば。」の開催場所と同じ「TOUAMACHI KAIKAN」。サブ会場として「KAKAMIGAHARA STAND」(学びの森)も使用される。「KAKAMIGAHARA STAND」では、8月10日(土)~17日(土)まで期間限定の夜営業イベントも開催。

文芸イベント「こと、ばと、ことば」とともに、こちらの「OUR FAVORITE CAPITAL(OFC)」もお楽しみに!

]]>
https://liverary-mag.com/feature/110169.html 2024-07-05 07:09:31
antenna 名古屋発の新アイウェアブランド「MoB.」主催POP UP&DJイベントが、名駅・Gallery & Bar COMMONにて2日間に渡り開催。

名古屋発の新アイウェアブランド「MoB.」が主催するPOP UP&DJイベント「EYE KNOW YOUR SOUL.」が、7月5日(金)・6日(土)の二日間限定で、名駅・Gallery & Bar COMMONにて開催。

本イベントは、「MoB.」の2024SSコレクション”ria”のローンチパーティーとして開催される。当日、POP  UPストアでは、”ria”のオーダーのほか、MoB.セレクトのビンテージTシャツやオリジナルTシャツの販売も。

また、2日間に渡り、名古屋ローカルのDJらが多数出演。POP UPを更に盛り上げてくれること間違いなし。

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/110158.html 2024-07-05 06:06:56
antenna 多様な表情を見せるヴィンテージ花瓶を取り扱う、NETTによるPOP UP STORE「お花をさしても、そのままでも展」が、中村日赤・アトリエみちくさ&TUMBLE WEEDにて開催中。

 

個性的な花器を多数取り扱う無店舗形態のショップ・NETTによるポップアップイベント「お花をさしても、そのままでも展」を、中村日赤の花とデザインの店・アトリエみちくさ&TUMBLEWEEDが企画・開催。会期は、7月7日(日)まで。

東京を中心に活動するNETTが集めた個性的な色や形のビンテージ花器を中心にオリジナル作品や、TUMBLEWEED店主のグラフィックを用いたアイテムが並ぶ。

この機会に、花器と花のバランスやポイントを自分なりに探ってみてはいかがでしょう。

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/110140.html 2024-07-02 12:24:42
antenna 宮崎信恵(STOMACHACHE.)、間芝勇輔、田口美早紀、白澤真生、 こいけぐらんじ、てんしんくん、カニコ、studioVIICONら 中部エリア所縁の実力派作家8組が参加!節電漫画連載企画「COMICセツデーン」スタート。

中部電力による夏の節電キャンペーンの一環として、中部エリア所縁の作家ら8組が参加する連載漫画企画「COMICセツデーン」が、7月2日(火)よりスタート。同日に第一弾が公開となった。

企画・制作・デザインを担当したLIVERARYが、同企画に参加する作家8組をセレクト。それぞれに「私と節電」というお題のもと、描き下ろしの4コマ漫画を制作してもらった。

 

<参加作家のラインナップ下記の通り。※作品の公開順>


おたぐち/田口美早紀

宮崎信恵(STOMACHACHE.)

こいけぐらんじ

てんしんくん

studio viicon(オカモトマサトシ、OZ WORKS)

カニコ

間芝勇輔

白澤真生

 

今企画のために立ち上げられた特設サイトにて今後も週二回ペースで新作がUPされていく。気になる方は要チェック!

 

<作品の一部をご紹介>


VOL.1  おたぐち/田口美早紀


VOL.2  宮崎信恵(STOMACHACHE.)


VOL.3  こいけぐらんじ

]]>
https://liverary-mag.com/feature/110048.html 2024-07-02 02:32:14
antenna 人気張り子作家・にしこはりこの個展が、覚王山・OFF THE RECORDにて開催。オープニングパーティーにはコジゴロの出店、一本筋トオル 、TANUKINEIRI CREWによるDJも。

人気張り子作家、にしこはりこによる個展が覚王山・OFF THE RECORDにて7月5日(金)〜14日(日)に開催される。

にしこはりこは伝統的な技法を用いて、ユニークなゆれる張り子を制作。今まで制作してきた定番のモチーフの作品から新作まで、にしこはりこの世界を一挙に体感できる内容となっている。

作品の数々は全て作家の手作業による一点もの。それぞれの作品には、手に入れた人にとって愉快でハッピーになれるようなおまじないが込められているとのこと。作家本人は初日5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、OFF THE RECORDに在廊する。

また、7月6日(土)17:00よりオープニングパーティーを開催。フードには豊川市からコジゴロスパースカレーが出店。DJは一本筋トオル 、TANUKINEIRI CREWが出演する。

各所で開催されてきた展示ではすぐにSOLDしてしまうため、早めの来店がおすすめ。ぜひお気に入りの作品を見つけに足を運んでみてほしい。

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/110117.html 2024-07-01 09:43:09
antenna 名古屋拠点のアーティスト・DF.SQEZによる新作個展「DEVILFISH LIVES」が伏見・長者町コットンビルにて開催中。

6月22日(土)〜6月30日(日) まで、伏見・長者町コットンビルにて「DEVILFISH LIVES」と題した DF.SQEZ の作品展が開催中。

今回の展示では長年温めてきた新作のスカルプチャー作品の発表とともに、インスタレーションと販売を行うもの。本展のために特別に製作されたイベントグッズも販売予定。

ぜひこの機会に会場まで足を運んでみてほしい。

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/110107.html 2024-06-30 06:52:04
antenna ALKDO、のうしんとう、RAMZA、マイマイズら12組が出演。新栄・Vio15周年記念イベントシリーズDAY2が開催。

 

6月30日(日)、新栄の老舗ライブスペースのひとつ、live&lounge VIOが15周年を記念したイベント第二弾を開催。

今回は15周年シリーズ企画のDAY2として、ALKDO、のうしんとう、RAMZA、マイマイズ、SHIBA、藤原草太朗、ALPHABET MUSICらによるライブ、DREAMY、将軍、SHINTARO、ケケなおやん、NMEらによるDJと合わせ、計12組が出演する賑やかな内容に。フードやスウィーツの出店もあり。

オーナー自らブッキングをした今企画シリーズ。さまざまなジャンルの音楽やそれに関わる人々の交流地点であることを提示する内容となっている。

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/110099.html 2024-06-29 08:51:49
antenna Malcolm Garrett、鋤田正義、Linder、Jamie Reid、河村康輔らが出展。70’sパンク専門レーベル・1977 RECORDSによるパンクシーンをテーマとした企画展が千種・C7C gallery and shopにて開催中。

 

1977 RecordsNobutada LODIO Yaitaが企画したPUNK ART展「1977 RECORDS & PUNKTURE PRESENTS A PART OF PUNK ART EXHIBITION」が、千種・C7C gallery and shopにて巡回開催される。期間は6月22日(土)〜7月7日(日)。

本展は、パンクを音で感じるのではなく、アートの視点から感じとる展示で、SexPistolsの仕掛け人・Malcolm Garrettの代表的アートワークである、1970年代後半にイギリス・マンチェスターで結成されたパンクバンド、Buzzcocksのシングルジャケットをアートピースを展示のほか、関連作品を展示。

本展は、ツアーとして巡回しており、ツアー最終地が名古屋となる。特に名古屋では、JORDAN 1977にて展示された写真家、鋤田正義JORDANのオリジナルプリント、LinderJamie Reid河村康輔などの作品も展示しており、盛り沢山な内容となっている。

この機会に、アートを通じてパンクに込められた真の意味を考えてみてはいかがだろう。

]]>
https://liverary-mag.com/art/110089.html 2024-06-29 07:30:17
antenna 韓国のPOST PUNK/EXPERIMENTALユニット・Kuang Programが来日!名古屋公演は、鶴舞・KD JAPONにて、apöpa、6EYES、THE ACT WE ACTと共演。

韓国のPOST PUNK/EXPERIMENTALデュオ、Kuang Programが来日ツアーを敢行。名古屋公演は6月30日(日)鶴舞・KD JAPONにて「nurse green vol.43-Kuang Program JAPAN TOUR 2024-」と題され開催される。

Kuang Programは数年前にも来日ツアーの予定があったが、メンバーの兵役によりキャンセルになり今回が待望の初来日となる。

名古屋公演では、共演に大友良英Akio Jeimus(goat, ranch eternal)が所属するバンド・肺片-haihen-にも参加しているジャンプス荒川淳によるソロプロジェクト・apöpa、5月に韓国ツアーを行った6eyes、本イベントの主催であるTHE ACT WE ACTが共演。

ソウルのアンダーグラウンド・シーンで最も大胆な音楽を作っている2人組、Kuang Programのライブを体感できる貴重な機会を是非お見逃しなく。

]]>
https://liverary-mag.com/music/110076.html 2024-06-28 06:35:34
antenna オーガニックなスロービートで注目されてきたBarrio Lindoが6年ぶりにkalakuta discoに登場。YANOMIX、marin、deadrumらが共演。

 

7月5日(金)、約6年ぶりにアルゼンチン・ブエノスアイレスよりBarrio Lindokalakuta discoに来日する。
Barrio LindoはVOODOOHOPとも親交が深いSHIKA SHIKA COLLECTIEVE主宰のひとりであり、オーガニックなスロービートの中に見え隠れするハウスやテクノとの融合、根底には南米独特のリズムを直に感じることができる彼のサウンドはNicola Cruzと並び、世界各国でも高い評価を得ている。

共演にはレコードショップdecibelを運営し、OBRIGARRDの片割れでもあるYANOMIX、ジャンルの垣根を越えて自在にフロアを操るmarin、毎回気鋭なゲストを招聘したパーティSWELLを主宰するdeadrumらが出演。

また、名古屋市北区で人気のクレープマルヤが出店し、当日はmanaminiwaによる会場デコレーションでよりオーガニックな雰囲気に。
南米産まれの音楽と、非日常な空間を体感しに是非とも出かけてみては。

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/110070.html 2024-06-29 12:53:41
antenna 時代を表現し続けるパルコの広告を遡る展覧会「パルコを広告する」が名古屋PARCOにて開催。パルコに所縁のあるクリエイターら登壇のトークイベントも。

 

名古屋PARCOの開業35周年を記念し、昨年渋谷PARCOにて好評を博した、パルコの広告表現を通覧できる展覧会 “「パルコを広告する」1969 – 2024 PARCO 広告展” を、名古屋PARCO内PARCO GALLERYにて開催する。会期は、6月28日(金)~7月15日(月・祝)まで。

本展は、パルコが開業した1969年から半世紀を超える広告クリエイティブの歴史を現在の視点で再解釈し、一望できる展覧会。その時代ごとのトップクリエイターと手を取り合い、コマーシャルの範疇を超えた表現として発信してきたパルコの広告を、「2000年以降」・「1990年代」・「1980年代」・「1970年代」と時代を遡行していくことでパルコの広告の原点が垣間見える構成となっている。

 

「モデルだって顔だけじゃダメなんだ。」 1975年 AD:石岡瑛子 C:長沢岳夫 P:横須賀功光


「狩人か。旅人か。」1983年 AD:井上嗣也 C:糸井重里 P:十文字美信

 

展示作品は各時代ごとに2人のゲストキュレーターを招き、彼らの対談によって選出。ゲストキュレーターには、上野千鶴子、野宮真貴、千葉雅也、野村由芽らが起用され、その対談内容は展示会場内で上映が行われる。

なお、名古屋特別展示として、名古屋PARCO開業当初のポスターも展示予定だ。

また、展示に合わせてトークイベント「PARCOの広告」を開催。パルコにゆかりのあるクリエイター、秋山具義、国井美果の2名が登壇。クリエイターの目線から、1969年のパルコ創業から現在までの広告の歴史を、時代背景・カルチャーと共に振り返る。

会場では、展覧会開催を記念したオリジナルグッズの販売も行われる。こちらも合わせて足を運んでみて欲しい。

 

「PARCO SAYS,」 2005年 AD:箭内道彦 C:山本佳宏 P:重森豊太郎

]]>
https://liverary-mag.com/art/110061.html 2024-06-27 08:55:08
antenna 第32回林忠彦賞を受賞した写真家、奥山淳志の写真集『BENZO ESQUISSES 1920-2012』の出版記念展がON READINGにて開催。初日にはトークイベントも。

 

写真家・奥山淳志の写真集『BENZO ESQUISSES 1920-2012』の出版記念展が、6月29日からON READINGにて開催される。

写真家が北海道の丸太小屋で自給自足の暮らしをしている「弁造さん」と出会い、14年にわたって撮影し続け、弁造さんとの日々や記憶の断章を綴った『庭とエスキース』(みすず書房)。本作『BENZO ESQUISSES 1920-2012』はその続編にして集大成的作品となるもので、奥山が「弁造さん」亡き後に預かっていたエスキースを、弁造さんが作った庭に持ち込み撮影した写真集。

本展では、奥山淳志の写真作品と、本書に収録された井上弁造のエスキース(原画)作品が展示販売される。

―――

BENZO ESQUISSES 1920-2012について

1920年に北海道で生まれた井上弁造さんは、2012年に92歳で逝くことになる。
遠い少年時代、北海道開拓の過酷な生活のなかで絵を描くことに目覚め、通信制の似顔絵講座からはじまった絵描きへの夢は、弁造さんの人生そのものだったといえるだろう。
ただ、人生は思い通りにいかないことの方が多い。誰の人生にもあることだが、弁造さんは結局、自らの夢を叶えることができなかった。一生を通じて絵を描き続けたにもかかわらずたった一度の個展を開くこともなく逝ってしまった。果たして、そのような人を“絵描き”と呼んでいいものかと迷うときもある。そんなとき、僕は決まって弁造さんが暮らした小さな丸太小屋に遺されていた膨大なエスキース(習作)を思い起こす。晩年の弁造さんはエスキースばかり描き、絵を完成させることをしなかった。「自らの理想とする絵に近づくために」というのがその理由だったが、執拗にエスキースを描き続けた弁造さんの姿を思い返すと、僕には別の目的があったのではないかと思えてくる。弁造さんは最期まで切実な思いを持って絵を描き続けるために、最期まで絵を描くことを愛していると言い放つために、絵を完成させなかったのではないだろうか。

弁造さんが逝って今年で11年目、僕は変わることなく弁造さんが遺した庭に立ち、「弁造さん」という存在を僕のなかに取り込んでいった。僕はそうすることでしか、弁造さんが生きることが遠ざかるのを防ぐことができなかった。でも、今思うのは、庭と絵を愛し続けたその人生は弁造さんのものだ。この気づきがカメラをエスキースに向けるという行為のはじまりでもあった。
今日、エスキースを弁造さんに返そうと思う。

2023年7月5日
奥山淳志

 



]]>
https://liverary-mag.com/art/110037.html 2024-06-25 03:18:48
antenna 1970年代から現在までに制作されたパレスチナ戦争抗議ポスターを展示する原画展「VISIT PALESTINE」が金山・TOUTEN BOOKSTOREにて開催。

パレスチナ戦争抗議ポスターを展示する原画展「VISIT PALESTINE」が金山・TOUTEN BOOKSTOREにて開催。会期は6月24日(月)~7月20日(土)まで。

1948年から現在まで終わらない戦争が続いているパレスチナ。
ガザ地区は16年もの間イスラエルに管理支配され、絶え間ない空爆攻撃により数千人の民間人が被害を受け続けている。

本展では1970年代から現在にかけて制作された、パレスチナ戦争抗議ポスターの原画16点を展示する。
半世紀近くを生き抜いてきたこれらのオリジナルポスターは、パレスチナの人々の長い闘いを象徴しており、
イスラエルのシオニスト政府による、パレスチナへの果てしない占領と不正が長期的に続いている現状を周知することが本展の目的だ。

会場ではポスターカタログも販売。

パレスチナの人々の生活と尊厳を取り戻すため、私たちに何ができるのか。
原画展へ足を運び、改めて考えてみては。

]]>
https://liverary-mag.com/art/110030.html 2024-06-27 15:14:24
antenna 古着と古物のPOP UP(賣}、今池・BYにて開催中。クレタル百貨センター、Opereらが参加。最終日には2・3Fを使用したDJパーティーも。

今池のシェアオフィス兼オルタナティブスペース・BYにて、古着&古物のPOP UP(賣}が6日間の期間限定でオープン。会期は、6月21日(金) 〜6月26日(水)まで。

メインとなる古着はTシャツ、ベスト、キャップ、シャツ、スニーカー、メンズ、レディースと多種多様に100点以上が並ぶ。古物コーナーには、蒐集家・クレタル百貨センターと高岳の新進気鋭のアンティークショップ・Opereが出店。

 

 

 

最終日はDJパーティー「(賣}CLOTHING PARTY」を開催。BAD NARI、genrakugoto、ATOMらがDJ出演。当日は、2F「喫茶バンカム」にてオルタナティブなタコスショップ・REMEX by pkpktacosによる出店企画「Pacificus Wednesday」も同時開催される。IMAIZUMI、NINらのDJ、Atsuyaのビリヤニも楽しめる。平日の夜から盛り上がること必至。ぜひ足を運んでみてほしい。

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/109981.html 2024-06-23 03:58:46
antenna ゲストにKA4U、nutsmanを迎え、レイヴサウンドパーティー「Di-Da」が新栄・clubGOODWEATHERにて開催。

レイヴサウンドに特化したパーティー「Di-Da」が6月29日(土)に新栄club GOODWEATHERにて開催される。

パーティー名はDigger(音楽を偏愛する人)、Dagger(諸刃の剣)をキーワードに生粋のレイヴサウンドの追求と、各々が自由に音楽を解釈することに由来するのだそう。

今回のゲストは、AAJA RADIO(ロンドン)のレジデンシーを務め、ハードコアテクノ・初期ブレイクコアを軸に大阪を拠点に活動を広げているKA4U、東海地方に留まらず全国各地でもジャンルを縦横無尽に表現した圧巻のプレイで好評のnutsmanの2組。共演には、企画者であるtanakanaをはじめ、sexeed izumiら名古屋ローカル勢も。

ロンドンの小箱にインスパイアされたというclub GOODWEATHERで最新のサウンドとダンスミュージックの楽しさを是非とも体感してほしい。

 

KA4U

]]>
https://liverary-mag.com/music/109965.html 2024-06-18 06:07:31
antenna 食分野におけるサステナビリティの先行事例を紹介するインディペンデントな雑誌『BETTER FOOD』の刊行を記念してのお話会が、ON READINGにて開催。

 

食分野におけるサステナビリティの先行事例を紹介するインディペンデントな雑誌『BETTER FOOD』の第二号が今春に発売。刊行を記念してのお話会『わたしたちの食の未来のために』が、6月26日(水)にON READINGにて開催される。

大量生産・大量消費を基本に設計された現代のフードシステムのなかで、絶望することなく、より良い食の未来を目指している人はどんな実践や挑戦をしているのだろうか。取材、編集、デザインすべてを手掛ける『BETTER FOOD』の編集長を囲んで、雑誌を作り始めたきっかけ、取材秘話、特集テーマの「ファーム・トゥ・テーブル」と「リジェネラティブ」について、フードビジネスにまつわる疑問や、食の未来に希望はあるのかなど、2号で取材されているOVERVIEW COFFEEのコーヒーを飲みながら、ざっくばらんに語り合う。

飲食業界に携わる人はもちろんのこと、食の未来を考えたい人、雑誌づくりに興味がある人などにも有意義なイベントになるだろう。

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/109960.html 2024-06-16 10:31:48
antenna Joji Nakamura、小田島等、谷小夏、INA、こいけぐらんじ、歯のマンガら総勢21組の作家&ショップが出展!覚王山のギャラリー・OFF THE RECORDが4周年記念イベントを開催中。オープニングパーティーには、所縁のDJらが多数出演。  

 

6月20日で4周年を迎える、覚王山のギャラリー&バースペース・OFF THE RECORDが今年1年間に出展したさまざまな作家21組を集めた「4th ANNIVERSARY POP-UP」を開催。会期は、6月23日(日)まで。

<参加アーティスト&ショップの通り>

SATSUKI MISHIMA
Wakana Yamazaki 
牛木匡憲
bias
Marie Mori 
INA 
sio 
谷小夏 
大河紀 
Joji Nakamura 
小田島等 
とぅえるぶ
MOLE FACTORY 
Saki Morinaga 
Takeda Yukihiro 
こいけぐらんじ 
さくらいはじめ 
歯のマンガ
GALAXY TRAIN 
KUBO MAYUCO
Kenichiro Mizuno 

 

また6月16日(日)には、これまで同ギャラリーのイベントに参加してきたDJやミュージシャン、ショップが大集合するオープニングパーティーも開催!こちらもぜひ。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/109943.html 2024-06-16 05:08:11