ja LIVERARY – A Magazine for Local Living http://liverary-mag.com 2013年11月1日創刊。東海エリアを中心にローカル/カルチャートピックスを発信・提案する、ウェブマガジン「LIVERARY(ライブラリー)」です。音楽、芸術、映画、地域情報…などさまざまな街を面白くする動きを紹介し、一人でも多くの人に届け、新しい何かを生み出すきっかけになれたらと考えています。 ja-jp Fri, 29 May 2020 23:35:35 +0900 antenna Campanella、Free Babyronia、Ramza、惨劇の森、SOSOS CLUBら出演。東京・下北沢のSPREAD発の配信チャンネルに、名古屋・spazio ritaも企画協力。

 

いまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、日本全国各地のイベントスペース他さまざまな業態が自主的な営業自粛を行っている昨今。東京・下北沢にオープンしたばかりのSPREADは、いちはやく月額制の配信チャンネル「AMUSEMENT」を設け、音楽映像のサブスク的サービスを独自に展開し始めた。その動きに名古屋のオルタナティブスペース・spazio ritaも共鳴し、会場提供&企画協力として参画。

本日5月24日(日)は、Campanella、Free Babyronia、Ramza、惨劇の森、SOSOS CLUBが同配信番組に出演する。惨劇の森はSPREADより生ライブ配信。その他はすでに撮影済み映像の配信となる。

タイムテーブルは以下の通り

20:00 – 20:30 SOSOS CLUB
20:30 – 21:00 Free Babyronia
21:00 – 21:30 Ramza
21:30 – 22:00 Campanella
22:00 – 24:00 惨劇の森

 

今後もSPREADの配信コンテンツ「AMUSEMENT」は盛りだくさんの内容で放映される。月額1000円で見放題となっているので、気になる方はチェックしてみて。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/84017.html 2020-05-24 10:26:05
antenna 田巻裕一郎、食品まつり、RAMZA、テンテンコ、ATOSONEら15組が参加。「コロナウィルス終息後」をテーマとしたドネーションTシャツ展をspazio ritaが企画。WEBSHOP上で開催中。

 

現在休業している栄のアートスペース・spazio ritaが、新型コロナウィルスの影響により活動に制限が生じたアーティストたちの支援と、自店の継続運営を目的としたドネーションTシャツ企画『TIME CAPSULE』をオンライン上で開催中。

「コロナウィルス終息後の未来」をテーマに、spazio ritaにゆかりのある15組のアーティストがデザインした個性溢れるTシャツ群。Tシャツの売上は全て参加アーティストの活動支援とspazio ritaの運営支援に充てられる。

先の見えない状況だからこそ、意味が込められたTシャツたち。想像力を膨らませて選んでみては。

 

〈以下、spazio ritaオーナーよりコメント〉

現在 コロナウイルス禍により多くのギャラリー・ライブハウス・クラブ等が休業を余儀なくされています。そのことにより様々なアーティスト達のリアルな表現/発表の場が失われています。
そんなアーティスト達の活動の継続とスパジオリタの運営継続の一助とすべくアーティストグッズの販売をメインとしたウェブショップを開設しました。全てのアーティストとその表現の場はこの街の宝物です。どうぞよろしくお願いします。

 

〈参加アーティストの一部を紹介。※「 」内は作品タイトル〉

 

「収束」 hotaru

 

「STRANGE FAM」 ATOSONE

 

「二人」食品まつり a.k.a FOODMAN

 

 

「Trust You」 テンテンコ

 

「끝판왕」TAKATOSHI TAKEBE(LIVERARY)

 

「I STILL HAVE MORE TO PROVE」Ramza

「目でたいやつ」MURAKADO

 

 

「OUR WAR」YUICHIRO TAMAKI

 

 

「APOCALYPSE NOW」MISTAFILTH MAD ESPY MONSTER

 

 

「quetzal」Free Babyronia

 

 

「we are sotaro」vug

AND MORE

]]>
https://liverary-mag.com/art/83985.html 2020-05-27 11:26:39
antenna 多治見エリアのテイクアウトマップを、岐阜在住の作家・山田那美が手描きで制作。

(画像は5月15日時点のものです。)

すべて手描きの描き下ろしで制作された多治見エリアのテイクアウトマップが公開中(掲載店舗は今も随時更新中)。制作したのは、神戸出身で現在は岐阜県東濃地方に在住の作家・山田那美

多治見のカレー屋・NEU!の店主が漏らした「せっかくテイクアウト情報を掲示しているけど地図がない」という言葉を耳にした作家・山田那美は、「誰かやってくれるまで待っていてはいけないかも」と思い、「TAJIMI TAKE OUT MAP」を制作。「少しでも飲食店の力になればと」テイクアウトを利用する中で芽生えた、テイクアウトの協力者を募りたいという思いも込められている。

パソコンが不得意であるという事から、マップは全て手書き。手書きのイラストや文字によって目を惹き手に取りやすいデザインとなっている。また、できるだけ見やすく正確に、白黒印刷しても成立するような色を使用するなど様々な工夫が施されている。

このマップは、instagramのリンクから常に最新版をダウンロードすることができる。なお、紙で欲しい場合は、instagramDMで連絡するとセブンイレブンのネット印刷の予約番号を手に入れることができるそうだ。

少しずつ活気を取り戻しつつある多治見。この機会にマップを手に入れて、テイクアウトを利用してみてはいかがだろう。

 

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/83978.html 2020-05-29 09:56:33
antenna 「森道市場」配信企画の裏番組的企画をLIVERARYが3日間開催。各地のカルチャースポットと所縁のアーティストをつなぐ配信ラリーに、夏目知幸(シャムキャッツ)、どついたるねん、RAMZA、Gofishら。大橋裕之、小田島等の似顔絵、チーム未完成のスナック出店も!

 

開催中止となった人気フェス「森、道、市場2020」が配信企画に転じ「特別配信:森、道、市場をお茶の間で」としてオンライン上で5月15日(金)、16日(土)、17日(日)と開催される。同配信企画の1チャンネルとして、LIVERARYは「LIVERARY LIVE RALLY -YOUR CITY IS GOOD-」と銘打ったライブ配信企画を敢行。あわせて森、道、市場2020LIVERARYエリアに出店予定であった出店者たちを中心としたWEBSHOP企画(STAY) HOME CENTERをオープン。

 

名古屋を中心に県内外のローカル・カルチャーがたっぷり詰まった出演ラインナップに。

 

「LIVERARY LIVE RALLY -YOUR CITY IS GOOD」は、ローカル/カルチャーメディア「LIVERARY」が、さまざまなカルチャーのある場(店、施設)と所縁あるアーティストをつなげ、そのライブ映像を配信&記録し、3日間に渡って展開する生配信企画。

企画参加店(会場)には、ON READING、unlike.、FILE-UNDER、シネマテーク、大大大、riverlesk、HUCKFINN、スペースたのしい、live&loungeVio、spazio rita、YANGGAO,KAKUOZAN LARDER、LOVE、allfo……と業態もさまざまだが、これまでそれぞれのスタンスでローカル・カルチャーを支えてきた存在のショップが名を連ねる。これら会場それぞれに思い入れを持つアーティスト(あるいは店主自ら)が出演し、無観客ライブを展開していく。

さらに県外からの参加店もあり。関西から大衆スタンドそのだなどを経営するFERの新店舗としてオープンしたばかりのYOK SOK(大阪・道頓堀)、小田島等がキュレーションを務める、東京のギャラリースペース・VOID(東京・阿佐ヶ谷)、系列店でさまざまなアーティストやミュージシャンからも愛される山形料理の店・まら(東京・高円寺)、ライブ配信にいち早く切り替え配信イベントを続けているタフなライブハウス、BUSHBASH(東京・小岩)も参加し、計20箇所以上をつなぐ配信ライブ・ラリー企画となっている。すべて無料公開の投げ銭式となり、集まった資金は同企画の出演者、会場、運営スタッフに分配される(※投げ銭はコチラ)。

 

 

今企画を通じ、改めて多種多様な「場」×「人」=「まち」のローカル/カルチャーが浮かび上がってくるはず。あなたも自宅からLIVERARYといっしょに“ライブ”を“ラリー”してみてはいかがだろう。

 

〈以下、タイムテーブルと出演ラインナップ〉

5月15日(金)

19:00-20:00 DJデンジャラスハーブ × スペースたのしい(名古屋・北区)

20:00-22:00 DJ:sonodoms/MIGHTY MARS × YOK SOK (大阪・道頓堀)

22:00-23:00 DJ:yusukeuchida × LOVE(岡崎)

5月16日(土)

12:00-13:00 DJ:nutsman × allfo(岐阜)

13:00-16:30 DJ:Tamachanman、Yuma(from Another Radio)× have a good time&Pharmacy coffee(名古屋・鶴舞)

15:00-15:30 LIVE:島なぎさ(ex.小鳥美術館) × ON READING(名古屋・東山公園)

16:30-17:00 LIVE:小池喬(シラオカ)× FILE-UNDER(名古屋・大須)

17:00-18:30 配信似顔絵出店:大橋裕之(事前申し込み制 〜15:00締切/配信時間外対応あり)

18:30-19:00 寄席:村門祐太(切腹ピストルズ)× 大大大(名古屋・今池)

20:00-20:30 LIVE:夏目知幸(シャムキャッツ)× VOID(東京・阿佐ヶ谷)

21:00-21:30 LIVE:RAMZA × unlike.(名古屋・栄)

23:00-24:00 LIVE:CVN × spazio rita(名古屋・栄)

5月17日(日)

12:30-18:00    配信似顔絵出店:小田島等(事前申し込み制/前日23:59締切/配信時間外対応あり)

13:30-14:00 LIVE:林隆司(killerpass) × rivelesk(名古屋・今池)

14:00-15:50 LIVE:TORSO with HAIR STYLISTICS/EXTRUDERS/wagot × BUSHBASH(東京・小岩)

15:30-16:00 LIVE:GOFISH × シネマテーク(名古屋・今池)

16:30-17:00 LIVE:どついたるねん × 都内某所公園(東京・北区)

17:30-18:00 LIVE:THE ACT WE ACT × HUCKFINN(名古屋・今池)

18:00-19:30 DJ:珍盤亭娯楽師匠、DJ:やついいちろう(エレキコミック)、LIVE:松本素生(GOING UNDER GROUND) × まら(東京・高円寺)

19:30-20:00 LIVE:6EYES(客演:呂布カルマ) × live&lounge vio(名古屋・新栄)

20:00-21:00 出店:チーム未完成のスナック未完成in森、道、市場2020(事前予約制。限定2組様)

21:00-22:00  DJ:MOOLA × YANGGAO(名古屋・浄心)

23:00-24:00  DJ: N.I.W.A. × KAKUOZAN LARDER(名古屋・覚王山)

24:00-      Ending Song  by OGRE YOU ASSHOLE (※音源のみの配信となります)

 

配信出店企画「チーム未完成の『スナック未完成』in 森、道、市場2020」の参加者募集を開始!


チーム未完成

こちらの企画は、マルチな才能を発揮し続けているクリエイター女子4人組「チーム未完成」が、スナックのママとなり、招待制で行うZOOM飲み会企画。すでに数回開催され、密やかに話題となっている。


応募方法
は以下の通り

・お名前(スナックで呼ばれたい名前でOK)
・お住まいの場所(都道府県名。日本語話せるかたなら海外からでももちろん参加OK!)
・チーム未完成と話したいこと
以上を明記し、チーム未完成のInstagram(DM)にて応募が可能。※参加無料
 
応募から参加までのスケジュール:
5月14日(木)募集開始
5月15日(金)24:00募集締切
5月16日(土)当選者にチーム未完成より連絡(ZOOMのURLをお知らせ)
5月17日(日)①20:00〜20:30 / ②20:30〜21:00 (30分1セット×2名実施)の2部制。その模様はLIVERARYのYoutube Liveより配信公開される予定。※詳細についてはチーム未完成のInstagramを参照。
 
 
さらに、配信と並行しWEBSHOP企画「(STAY)HOME CENTER by LIVERARY」も。

「(STAY)HOME CENTER by LIVERARY」は、“誰でも出店できる”“創造性豊かな助け合い精神”がモットーの、新しいホームセンター。今企画ショップでは、森道市場2020 LIVERARYエリアに出店予定であった作家や出店者をはじめ、アーティストから一般人まで多種多様な出品者が名を連ねていく。同日開催される配信ライブ企画のドネーションチケットの販売他、小田島等、大橋裕之による生配信似顔絵屋さんや、チーム未完成による「あなたのZINE作ります!」といったアクション性の高い商品も。

 

最後に、

コロナ禍による多大なる被害は、企業や商店だけでなく、ミュージシャンもアーティストも、ホストもキャバ嬢も、老若男女すべてのひとに降り注ぎ、経済的/精神的に削り取られていく悲惨な日々が続いている。そんな中、この大掛かりな企画の実現に向けて協力してくれたすべての人に感謝をしつつ、今企画を通じて、ローカルにとって、カルチャーにとって、社会にとって、自分たちにとっての少しでも前に進むためのトピックとなり、LIVERARYが何かしらの役割を果たせたらと願っています。

特設サイトは5月14日(木)夜OPENの予定。お楽しみに!

]]>
https://liverary-mag.com/feature/83902.html 2020-05-14 03:00:53
antenna 【REPORT】#repartures 無観客ドネーション配信GIG、当日のドキュメンタリー映像を公開。出演者のGofish、主催者、ハックフィン店主らへのインタビューも収録。
主催者の一人、五味秀明(THE ACT WE ACT)

 

2020年春、名古屋・今池のライブハウス「HUCK FINN」救済企画として立ち上がった〈#repartures〉配信ライブの映像と関係者らのインタビューで構成したドキュメンタリー映像「#repartures Report」が5月9日(土)公開された。

〈#repartures〉という動きの経緯をたどると、4月11日(土)、12日(日)に開催予定であった、 約50組の県内外アーティストがジャンルレスに出演する 屋内型アルティメット・イベント〈#departures〉が 新型コロナウィルス感染拡大を懸念し、開催中止&延期となったところに遡る。

同イベント主催者である、 五味秀明(THE ACT WE ACT)、林隆司(Killerpass)、武部敬俊(LIVERARY)が中心となり、会場として使用予定であった、 名古屋・今池の老舗ライブハウス「HUCK FINN」救済プロジェクト 〈#repartures〉を始動した。

 


動画の1シーンより

 

当初予定していたイベント・タイトル〈#departures〉は〈出発〉を意味し、 今回掲げられたプロジェクト名〈#repartures〉は〈再生、再出発〉を意味する造語だ。

同プロジェクトでは、4月11日(土)、12日(日)の二日間に渡り、 地元バンドに限定したレコーディングを「HUCK FINN」内で行い、 名古屋内外の総勢14組が参加したドネーション・コンピレーション・アルバム「#repartures V.A. for HUCKFINN」を企画・制作。

 


コンピアルバムのデジタル音源データと、CD版やTシャツをWEBSHOPにて販売中

 

また、4月12日(日)、〈#departures〉に出演予定であった地元アーティスト、 林隆司/Killerpass、Campanella、nutsman、Gofish による無観客配信ライブを敢行。同時に、ドネーションチケットを販売。

配信ライブのドネーションチケット売上、音源の売上金はすべて「HUCKFINN」の運営資金として寄付される。

 


黒崎栄介(HUCK FINN店長)

 

今回、編集・公開された記録映像は、〈#repartures〉プロジェクトが、静かに立ち上がり、 地下から階段を駆け上がるように、ドタバタと走り出した様を映し出したドキュメンタリームービーであり、新型コロナウィルスが、深刻に音楽シーンに対して影響をもたらした状況のなかでの、音楽と人によるひとつのアンサーとなっている。

 

 

LIVERARYとして、森道市場2020お茶の間配信企画にもチャンネルを開設する。配信日は、5月15日(金)、16日(土)、17日(日)の三日間を予定。名古屋のアーティストと名古屋のカルチャースポットをつなぐ配信ライブ・ラリー企画や、ネット上での似顔絵屋さん、スナックなどが展開される。また、関東関西からのスペシャルゲスト配信もあり。こちらの詳細は、LIVERARY内の特設ページ及び、森道市場サイトにて詳細が明らかになる。お楽しみに。

]]>
https://liverary-mag.com/column/83885.html 2020-05-10 03:00:34
antenna 静岡の野外音楽フェス「頂 -ITADAKI」が、次回開催に向けた資金集めをクラウドファンディングにて挑戦中。クラムボン、コムアイ、GOMAらの応援コメントも。リターンには、cro-magnon、青葉市子のライブ音源など。
Clammbon

 

6月6日(土)、7日(日)に静岡県の吉田公園にて開催される予定だった野外音楽フェス「頂 -ITADAKI- 2020」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、やむなく開催中止となった。それに伴い次回開催に向けた支援を募るため、クラウドファウンディングを5月19日まで実施中。

寄付金は2000円からとなっており、集められた資金は次回開催の運営維持費(一部、クラウドファウンディングサイト CAMPFIREの決済手数料)に当てられる。寄付金に応じたリターンとして、「頂」ロゴキャップなどのオフィシャルグッズのほか、cro-magnon青葉市子のステージライブ音源などが用意されている。

特設サイトには、cro-magnon青葉市子をはじめ、クラムボン、GOMA、コムアイらこれまで「頂」に出演してきたアーティストや関係者らの応援コメントが寄せられている。

 


青葉市子 頂 -ITADAKI- 2016 青葉市子 Moon Stage – Midnight Landing


リターングッズの一部

 

<以下、主催者からのコメント>

忘れもしない4月1日。

新型コロナウイルスの影響により、6月に予定していた頂 -ITADAKI- 2020の開催中止を決断しました。

「もはやこれまでか、、、。」

年に一度の頂が開催できないことのダメージはあまりに大きく、今の状況では来年開催するという約束もできない。スタートして13年、これまでも数々の苦難はありましたが、今回の事態は全く予測できるものではなく、これまで経験したことのないものでした。

一時はあまりの事態に頭も回らない状態でしたが、それから悩み、考え抜きました。
そして、自分の中で変わらない信念がある事をあらためて確信しました。

「音楽の力、奇跡、魔法は間違いなく存在する」

僕らはそれをとことん味わい、体験し、それを証明する為に「頂」を生き甲斐としてここまで来ました。
“最高のシチュエーションで最高の音楽を!”のコンセプトのもと、「もう一度でいい、ストレスのない環境下で頂をセッティングしたい!!」
何度、自問自答しても それが素直な心の声でした。

皆さんが大変な状況の中、勝手なお願いではありますが、
もう一度だけチャンスを頂けないでしょうか?

現時点で、来年それを出来る状況になっているのかはわかりませんが

長いトンネルの先に光が見えればみんなが、きっと力強く進んでいけます。

静岡発の“D.I.Y OPEN AIR PARTY”頂、リベンジさせてください!

 

頂 プロデューサー 小野晃義

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/83760.html 2020-05-06 23:44:29
antenna 名古屋在住ドローイング/コラージュアーティスト・VUGによる展示「stay home」がセレクトショップ・unlike.のオンラインストアにて開催中。展示作品、物販を販売。#STAYHOME_WITHCULTURE

名古屋を拠点に活動するドローイング/コラージュアーティスト ・VUG によるエキシビション「stay home」がセレクトショップ・unlike.のオンラインストア内特設ページより、5月1日(金)〜5月15日(金)まで開催中。

今年3月、栄のオルタナティブスペース・spazio ritaにてVUGによる個展「1month」が行われた。彼の1ヶ月間を絵日記としてまとめた同展示の続編とも言えるのが本展。日々変化する自身の髪色、世界情勢、身近な人々の変化を、優しく暖かく鋭く見守る彼の心情を具現化したような作品群となっている。

Tシャツに即興で描かれたポップな色彩やモチーフは、暗いニュースで淀んだ空気を少しでも明るく、単純に楽しい気持ちになって欲しいとの思いが込められている。

VUG自身がこの一年で体得した”描く”以外の”書く””重ねる””縫う“から、より自由な生き方という表現が、見る人に清々しい印象を与える。

サイトから作品やグッズの購入が可能。また、会期中に少しずつ展示内容は変化していくのだそう。欲しい作品を見逃したくない方は日々チェックしてみてほしい。

]]>
https://liverary-mag.com/lifestyle/83846.html 2020-05-06 23:40:40
antenna 今池のライブハウス・HUCKFINN救済企画「#repartures」が配信ライブに続き、ドネーション・コンピアルバムをリリース!FUCKER、DEATHRO、ジアクト、Killerpass、Gofish、VODOVOら所縁の面々14組が参加。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

新型コロナウィルス感染拡大を懸念し開催中止&延期となった「#departures」。その主催者ら(五味秀明/THE ACT WE ACT、林隆司/Killerpass、武部敬俊/LIVERARY)が中心となり、会場として使用予定であった今池の老舗ライブハウス・HUCK FINN救済プロジェクト「#repartures」を始動。

「#repartures」は「再生、再出発」を意味する造語。同プロジェクトでは、11日、12日の二日間に有志で参加した地元アーティストらによる配信ライブを行った。(こちらの模様は後日、編集版をアーカイブとしてアップ予定!見逃し方はお楽しみに)

同日、地元バンドに限定しレコーディングをHUCK FINN内で行い、その楽曲ほか14組が参加したドネーション・コンピレーション・アルバム「#repartures」を制作。本日5月1日(金)19:00よりデジタル音源データをbandcampで販売開始。またCDフォーマットの販売もコチラで予約販売中(CD+Tシャツのセット販売もあり)。今回のコンピアルバムの売上(音源データ、CD)の売上金は、HUCKFINNの運営資金として寄付される。

 

#reparturesコンピのジャケット・アートワークはこちら。

THIS HEAT「Health and Efficiency」のジャケットアートワークをオマージュとしたデザインは武部敬俊(LIVERARY)によるもの。“health and empathy”は「健康と思いやり」の意。

 

同コンピには、HUCKFINNに所縁のある名古屋内外のアーティスト14組が参加。

THE ACT WE ACTは、#departuresのMVに使用されている新曲で参加、Killerpassは新曲の弾き語りverで収録、GofishFUCKERは、HUCK FINNと同ビルにて営業を続け、長年に渡りツアーバンドたちの宿を担ってきた「ホテル長楽」(2020年3月閉店)へ捧げた新曲など、参加アーティストはすべて新曲、新録、未発表曲を収録することとなっている。

 

〈収録アーティスト/楽曲〉

Gofish:さよなら長楽
SAGOSAID:Summer Hurts
MILK:better youth
6eyes:発狂したまま生活出来てる
エク・ドゥイ・ティン・チャ:Rebel on night
石原ヨシト:12月23日(月)
DEATHRO:JUSTICE!(Home Alone Edition.)
THE ACT WE ACT:ビューティフルミステイクス 
やっほー:TERRACE HOUSE
Killerpass:プロテクトソング(acoustic ver.)
VODOVO:COCOON
SIBAFÜ:Butter
Viva la thrash!:UNSEEN TERROR-All offend to your eyes-Violent ramen
FUCKER:長楽最後の日

 

 

さらにジャケットアートワークを起用した「#repatures TEE」も発売予定。「#repartures」コンピアルバム(CDフォーマット)、関連グッズのお買い求めはコチラのWEBSHOPからどうぞ。

 

〈最後に同プロジェクト主催メンバーのひとり、五味秀明より届いたコメントを下記に掲載〉

多くのライブハウスやクラブ、飲食店などが新型コロナウイルスの影響を受けている中で自分もドネーションしたり物販を買ったりしましたが、その人達の力になりたいっていうのは勿論あるのだけど、何よりまず自分が困る。自分の好きな場所が無くなってしまうと大袈裟でなく今後の人生に影響する。

自分にとって大切なものが他の人にとっては別にそうではない、という挫折感に似た感覚は今までに何度も味わっているし、パチンコ屋に早朝から並ぶ彼らも生活の彩りにそれが必要なのだと思う。
他人からは不要なものに見えても本人にとってはかけがえのないものなんてたくさんあるし、携帯でいくらでも音楽が聴ける時代なのに自室を占拠している大量のレコードだってそんなようなものだ。

ステージの無いライブバー、カウンターと僅かな座敷しかない飲み屋、夜を越えて朝どころか昼まで音が鳴り続ける薄暗いクラブ。
無くなったらやはり困る。

これからも音楽が必要で、少なくとも自分のためにかっこいい音楽も心地良い音楽も意味の分からない変な音楽も必要です。
これまで#departuresに協力していただいた皆様、コンピレーションアルバム#reparturesに参加していただいた皆様、そしてHUCK FINNに大きな感謝と愛を。
そして健康と思いやりを。
これからも最高な音楽をよろしくお願いします。

Text by 五味秀明/THE ACT WE ACT,SIBAFÜ,DO NOT,#departures

 

]]>
https://liverary-mag.com/column/83303.html 2020-05-01 10:00:24
antenna 豊田市の魅力を広く発信するための公募型企画「とよたデカスプロジェクト」が、今年度は”非接触”を条件にアイデア募集開始!入選作品には賞金30万円。

 

愛知県豊田市の魅力を市内外へ広く発信することを目的とした参加型アートプロジェクトを公募する「とよたデカスプロジェクト2020」が、7月からの始動を前に現在プロジェクトの企画案を募集中だ(締切は2020年6月1日(月)必着)。

本プロジェクトの実施期間は7月〜12月の約半年間。豊田市の自然・歴史・町並み・建物・特産品・生活を地域住民と連携しながらアートプロジェクトをマネジメントできる人材発掘、そして応募者自身が、実践を積みながらスキルアップを図ることを目的としたもの。

今回は、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、準備段階から企画実施まで、人と人とが接触することなく実施できるプロジェクトであることが応募条件。斬新なアイデアを提出し入選作品に選ばれると、賞金30万円(8本を用意)が交付される。

審査員には、あいちトリエンナーレ2010に作品出展した現代美術アーティスト・渡辺英司、 名古屋港のアートプロジェクトMAT,Nagoyaのプログラムディレクターを務めるアートコーディネーターの吉田有里、そして映像作家の山城大督、さらに3名の審査員たちで選考される。

人々を結びつけるアートプロジェクトを開催し、多くの市民が気軽に参加することでアートを通した「気づき」と「人と人を繋げる出会い」が数多く生まれることを目指す。プロジェクトの企画の締切日は6月1日(月)まで。是非応募してほしい。

なお、〈「出来(でか)す」とは、「つくり出す、成しとげる」という意味で、やる気と達成感を想起させる言葉です。また、「デカシタ!よくやった!」と褒め称えるような感じと、「しでかす」というちょっとイタズラっぽい感じも連想させる言葉でもあります〉とのこと。

 

〈以下、ステートメント〉
今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、これまで募集していた内容でプロジェクトを行うことは困難であると判断しました。しかし、「とよたデカスプロジェクト 2020 自体を中止にするのではなく、このような時こそ、新しいアートプロジェクトの形が創造されるチャンスであり、また、アートの力で人々に楽しみを届けたいと考え、募集内容を変更して実施することにしました。 こんな時こそ、どんなものを「デカス」ことができるか。まずは一歩を踏み出したいという方から、大胆な試みに挑戦する方まで、とにかくチャレンジしてみませんか?

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/83687.html 2020-05-01 08:00:02
antenna nutsmanら出演。名古屋の若者層に人気のクラブイベント「Touch & Go」がイベント生配信。限定MIX付きオリジナルグッズの販売など、ドネーションプロジェクトも。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

名古屋の若者たちから支持を集める人気音楽イベント「Touch & Go」が、無観客配信音楽イベント「Touch & Go-streaming-」を4月25日(土)club JB’SのTwitchアカウントにて敢行。

主催者のNEISHI Bros.、nutsmanらが出演する。配信当日には、公式ストアにて次回以降に使用可能なシャンパンチケットや入場チケットも販売される。

また、同イベントのフライヤーヴィジュアルを手がけるNaoto TakahaデザインによるロンTをWEBストアにて受注し、売上の一部は会場のclub JB’Sへ寄付される。ロンTとチケットには本来出演予定であった大阪出身のトラックメイカー・SEKITOVA、東京のディスコ、ハウスシーンを揺るがす人気パーティ「MODERN DISCO」のレジデントDJ・TAAR、の二名よる限定ミックスCDが同梱される。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/83666.html 2020-04-24 12:00:58
antenna カンパニー松尾監督が「あいちトリエンナーレ2019」上映作品を再編集し『A DAY IN THE AICHI 完全版 ただいまあいち 』として配信。売上は映画館、ライブハウスの支援金に!監督本人のコメントも。#STAYHOME_WITHCULTURE

AV監督でありながら、数々のドキュメンタリー映画にも携わっているカンパニー松尾が2019年に制作した映像作品『A DAY IN THE AICHI』を完全版として再編集し、4月24日(金)20時〜期間限定で有料配信を行う。配信期間は5月17日(日)23時59分まで。

 

 

A DAY IN THE AICHI』は、2019年、愛知県で開催された芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」映像プログラム用に、愛知出身であるAV監督・カンパニー松尾が、ふるさとを舞台に職種も世代もバラバラな人々との対話と、自身の家族、仕事、路上の猫などを撮りおろし並列に配置した、4時間20分の長編セルフドキュメンタリー作品だ。

出演は、カンパニー松尾をはじめ、実の家族、山口雅(ライター)、早川瑞希(AV女優)、松本亀吉(会社員、ライター)、大橋裕之(漫画家)、ココ・パーティン・ココ(アイドル、GANG PARADE)、山下敦弘(映画監督)、武部敬俊(LIVERARY)ほか、30数名にも及ぶ。

 


場面写真より

 

本作完全版は、2020年春に派生した新型ウイルス感染拡大防止の自粛要請で、存続危機に陥った愛知のミニシアターやライブハウスを支援するために再編集され期間限定で有料配信される(ストリーミング配信、7日間有効)。その売り上げから必要経費を除いた利益を、本作で登場する名古屋シネマスコーレ(映画館)、名古屋シネマテーク(映画館)、刈谷日劇(映画館)、今池TOKUZO(ライブハウス)といった4箇所のミニシアターやライブハウスにお見舞金として均等に寄付をするプロジェクトとなっている。

配信アドレスや配信システムの詳細については、A DAY IN THE AICHI』公式ホームページから。

 

〈以下、カンパニー松尾監督によるコメント〉

 

カンパニー松尾

 

またまた作っちゃいました。『A DAY IN THE AICHI 完全版 ただいまあいち 』。前作劇場版で「さよなら」しておいて、今度は「ただいま」です。調子がいいですね。けど、それほど状況が変わったということです。同じ愛知を映した映像ですが、1年経った今見ると、まるで違って見えます。実際、本作で登場する愛知のミニシアター、名古屋シネマスコーレ、名古屋シネマテーク、刈谷日劇は、現在休館中です。今池のライブハウスTOKUZOもテイクアウトのみの営業です。取材した森 道 市場も2020年は開催されません。他、出演者の皆さまも苦しい状況が続いていると思います。あの眩しい海や、暗いガード下はそのままに、人だけいなくなってしまいました。今回、柄にもなく支援をお願いしてますが、個人的にも今作を「もっと多くの人に見てもらいたい」という願望があっての有料公開です。ソフト化はしないので、是非、この機会におうちのモニターやお手持ちの端末でお楽しみください。

そんな見方も合ってると思います。また、視聴に於いて、年齢制限は設けませんが、一部オトナの会話も含まれます。鑑賞の際は、お気をつけください。またまた、ご覧になっての感想を SNS等で発信していただくのは自由ですが、出演者のプライバシーを、SNS等へ流布することはお止めください。僕らには僕らの人生があるように、出演者には出演者の人生があるのです。そのあたりも噛みしめ、ご鑑賞ください。もう、前の世界には戻れないかもしれないけど、また、みなさんが日常を取り戻したら、直接、顔を合わせてお話ししましょう。その時まで、また。

2020年4月 監督 カンパニー松尾

 

]]>
https://liverary-mag.com/cinema/83715.html 2020-04-24 11:17:15
CVN、Dove、JACKSON kaki、LSTNGT、NTsKi、剤電が出演。独自に構築した仮想世界より映像/音源を配信する「AVYSS magazine」のドネーション企画「AVYSS GAZE」がスタート!#STAYHOME_WITHCULTURE

 

名古屋を拠点に世界へとコアな音楽情報の発信を続け、今年で2周年を迎える「AVYSS magazine」。新型コロナウイルスの影響により日々切迫した状況へと追いやれられている音楽シーンとともに同誌の運営も存続の危機にさらされている。

この状況を受け、「AVYSS magazine」のディレクターでもある音楽家・CVN、DJ/プロデューサーのstei、DJ/アーティストのJACKSON kakiが中心となり、AVYSSドネーション企画として独自に構築した仮想世界配信シリーズ「AVYSS GAZE」をスタートさせる。初回配信は、4月26日(日)。

AVYSS GAZE」とは、JACKSON kakiが構築したバーチャルワールドを舞台に各出演者がそれぞれ自宅などで収録したライブやDJの映像/音源を配信するプログラムとなっている。プログラムは毎回出演者を入れ替え、定期的に配信していくようで参加方法は毎回PayPalでのドネーション(投げ銭)が必要となる。

第1回目の配信はCVNDove、JACKSON kaki、LSTNGT、NTsKi、剤電といったAVYSSにゆかりのあるアーティストたちが出演。

 

 

また、ドネーションアイテムも後日公開し、受注販売を開始する予定。アイテムのデザインには、Hana Watanabeが手がけたプロジェクトロゴや、Daiki Miyamaが手がけたAVYSSのメインロゴが使用される。

 

プロジェクトロゴデザインは、Hana Watanabe

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/83648.html 2020-04-21 07:45:19
antenna ロックバンド・toeが、音楽の力で全国のライブハウスを支援するプロジェクト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」を始動。東京事変、蓮沼執太&U-zhaan、GEZANら約70組が無償で楽曲提供。愛知からはTURTLE ISLANDも参加。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

ロックバンド・toeが発起人となり、新型コロナウイルスの影響で経営の危機に追い込まれた全国120箇所以上のライブハウス全体を支援するプロジェクト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」をスタート。支援期間は、4月18日(土)〜6月末まで受付予定。

 

 

「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」は、「全国にある登録ライブハウスの中から、自分が応援したいライブハウスのECストアを検索/選択し、約70組のアーティストの楽曲が入った『MUSIC UNITES AGAINST COVID-19 フォルダ』のアクセス権をダウンロード購入することで、各ライブハウスを直接支援することができる」というもの。

同プロジェクト発起人のtoeの声掛けにより、東京事変、NUMBERGIRL、GEZAN、BRAHMAN、cero、Chara、
clammbon、蓮沼執太&U-zhaan、TURTLE ISLAND
ら新・旧、活動地域もジャンルも越えた約70組のアーティストが賛同。すべて無償で楽曲を提供している。各提供楽曲については短期間での募集となったため未発表曲や新曲デモ音源、既存曲のライブテイクなど、どうにかして参加したいという意思を感じさせる熱い内容に。

価格(ドネーション)の金額バリエーションは500円〜10,000円まで5段階あり、自分が支援したい額を選んで購入が可能だ。どのストアでどの値段で購入しても、商品内容自体は同じものとなる。

<発足者コメント全文> text by toe

新型コロナウイルスの流行に伴い布告された政府からの自粛要請により
3月初旬から日本国内ほぼ全てのライブハウスは営業を行うことができていません。
2020年4月18日現在、依然、収束の目処は立っておらず、営業再開まで暫く時間がかかりそうです。
国や自治体等公共機関からの融資緩和政策、補償の話も少しずつ出てきてはいますが

日々、唯一の収入源であるライブが開催できない現状において、
これから先すぐ、金銭的に困窮する店舗が多数にのぼると予想されます。
僕たちバンドをやっているもの全てがライブハウスで演奏してきました。

今後、どのくらいの期間でこのウイルス流行が収束するのか、現時点では誰にもわかりませんが
もし、また以前ように人々が集まってライブが行えるような世の中になった時、
ライブハウスが無くなってしまっていたら、僕達はどこで演奏すればいいのでしょうか。

今、ライブハウスを支援する手助けを行うことは、
僕達バンド活動をしている自分自身を救うことにもなる
という想いで、このプロジェクトを発起しました。
僕らが直接オファーできる範囲で声を掛け、

約70ほどのバンド、ミュージシャンの皆さんが賛同し、無償での楽曲提供に応じてくれました。
ひとつのバンドでやれること、ひとつのバンドでしかやれないことはありますが
今回、団結することで、更に大きな支援の手助けができるのではないか

MUSIC UNITES AGAINST COVID-19

音楽を好きな人が集まり、バンドが演奏する。ライブでしか得られない何か。
そういうものが今後、無くなってしまうことは、僕には耐えられないのです。
このサイトを見てくれた皆さんにもそういう気持ちに共感してもらえることを信じています。

2020年 4月18日
toe 一同

<以下、参加バンド・ミュージシャン一覧>
Aco
ASPARAGUS
bacho
BACK DROP BOMB
BED
BRAHMAN
cero
Chara
clammbon
Crypt City
DATS
downy
ent
envy
GEZAN
heaven in her arms
HUSKING BEE
Julia Shortreed
kensuke ushio a.k.a agraph
KONCOS
LEARNERS+TUCKER
LITE
LITTLE CREATURES
LITTLE TEMPO
LOSTAGE
mabanua
malegoat
MONO & A.A.Williams
MONOEYES
mouse on the keys
mullet
NONA REEVES
NUMBER GIRL
OOIOO
outside yoshino
Ropes
ROVO
Salyu with 内橋和久
sawagi
skillkills
SODA!
starRo
stim
THA BLUE HERB
the band apart
the HIATUS
toe
TOKYO No.1 SOUL SET feat. ぎぎぎのでにろう
TURTLE ISLAND
WUJA BIN BIN
YOUR SONG IS GOOD
キセル
コトリンゴ
スカート
スガダイロー
スチャダラパー
ホテルニュートーキョー
んoon
安藤裕子
一十三十一
期待外れにも程GIRL
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
在日ファンク
思い出野郎Aチーム
七尾旅人
渋さ知らズ
石野卓球
赤犬
田我流
東京事変
蓮沼執太&U-zhaan
會田茂一

 

<楽曲購入/ドネーションの仕組みは以下の通り>

]]>
https://liverary-mag.com/column/83626.html 2020-04-19 12:43:34
antenna 歴史あるミニシアター、名古屋シネマテークを閉館の危機から救うためのドネーションプロジェクトが発足。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

新型コロナウィルス感染拡大にともない、休館を余儀なくされた今池のミニシアター、名古屋シネマテーク。

この度の休館要請、来場者数激減の現状において、なんとか今後、閉館することなく存続してほしいとの想いのもと、ドネーションを目的とした『名古屋シネマテーク・エイド』が立ち上げられ、寄付金の受付が始まっている。発起人は、シマウマ書房とON READING。

寄付金は、一口 2,000円から。寄付者には、返礼セットとして、オリジナル缶バッジ、「シネマテーク通信」1982年6月創刊号(復刻版)
、名古屋在住の作家・大島真寿美、吉川トリコによる書き下ろしエッセイ
が送られる。また、上映スクリーンまたは「シネマテーク通信」に寄付者氏名を掲示する。(匿名も可)

詳しい寄付方法はこちら。
https://note.com/n_cinemat_aid

]]>
https://liverary-mag.com/cinema/83619.html 2020-04-18 09:47:54
antenna 国内屈指のサウンドシステムを兼ね備える、新栄・Club Magoと姉妹店のLive&Lounge Vioが営業自粛に伴いクラファンを開始。1年間入場無料カードなどのリターンも。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

ダンスミュージックを中心に国内外のDJを招聘し24年間営業を続けてきた名古屋・新栄のClub Magoと、隣接している姉妹店Live&Lounge Vioが4月15日(水)よりクラウドファウンディングサイトCAMPFIREにて支援を募る運びとなった。

今月頭より新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受け営業を自粛。先の見えない長期の休業により多くのクラブ/ライブハウス同様存続が大変厳しい状況となっている。

寄付金は営業自粛期間中の2店舗分の家賃・水光熱費、再開直後の運転資金 +CAMPFIREの決済手数料に充てられ、年間フリーパスなど金額に応じて数パターンのリターンが用意されているのでチェックしてみてほしい。

]]>
https://liverary-mag.com/music/83566.html 2020-04-15 10:15:41
antenna 鶴舞のライブスペース・KDハポンがドネーショングッズストアをWEB上にて展開中。キーホルダー、ステッカー等を特設サイトで販売。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

現在、鶴舞のライブスペース・KDハポンによるドネーション企画が開催中。

新型コロナウィルス感染拡大にともない、イベント・ライブスペースとしての活動がままならない状態に陥っている、KDハポン。今回、いまだ先が見えない状況であることから、ドネーション企画をスタート。「KDJapón’s Donation Goods Store」をオープンし、キーホルダーやステッカー、KDハポンのドリンククーポンを発売中だ。

これらの売上は、休業中の家賃、人件費、光熱費等に充てられる。KDハポンに所縁ある人は、ぜひこの機会に場の存続に貢献してはいかがだろうか。

]]>
https://liverary-mag.com/music/83376.html 2020-04-15 07:19:27
antenna odd eyes、Suburban MusÏk、セーラーかんな子、CVN、woopheadclrmsら出演。岡崎の秘境・ひかりのラウンジにて、無観客配信ライブ企画が開催。

 

4月18日(土)、国内アンダーグラウンドシーンにおいて一目置かれる存在のライブスペース、岡崎・ひかりのラウンジにて無観客配信ライブイベント「ometu」が開催される。

当日は、odd eyesSuburban MusÏkセーラーかんな子CVNwoopheadclrmsの5組が出演。

同イベントはPayPalで投げ銭をした人の元にメールで当日の配信先URLが送られるという参加方法になっている。なお、寄付されたお金は運営資金に充てられる。

普段は岡崎まで足を運ぶのが億劫だった方もこの機会に是非、画面越しにひかりのラウンジを体感してみては?

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/83560.html 2020-04-14 08:00:37
antenna MIKIKO、森山未來、石川直樹、笠井叡ら4人がダンス振付を担当。岐阜県美術館を舞台に、ダンサー・森下真樹によるアーティスト・イン・レジデンス映像作品が期間限定配信中。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

国内外でも活動する振付家・ダンサーの森下真樹が、岐阜県美術館にて滞在制作した映像作品「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」を6月14日(日)までYouTubeにて配信している。
本来であれば、岐阜県美術館で上演されるダンスが新型コロナウイルスの影響の為中止に。方針転換として、公演の会場設営と準備にあてるはずの期間を滞在制作期間とし、新しいビデオダンス作品としてネット配信する形となった。

森下真樹は、2003年よりソロ活動を始め、これまで10カ国以上で作品を公演。美術や漫画とコラボレーションするなど幅広いジャンルでダンス活動している。
本作品は、2016年に可児市文化創造センターで行われた市民参加プロジェクト「オーケストラで踊ろう!」森下真樹が振付・演出を行い、40人以上の市民ダンサーと可児交響楽団演奏による「運命」を上演。その後、2017年に公演した「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」では、各楽章の振付を、演出・振付家のMIKIKO、俳優・ダンサーの森山未來、写真家の石川直樹、舞踏家・振付家の笠井叡ら4人に依頼をしソロ公演を行なった。

2020年はベートーヴェン生誕250周年のメモリアルな年でもあることから、岐阜県美術館の本年度テーマ「岐阜県内のアーティスト・イン・レジデンス」(アーティストが一定期間ある土地に滞在し、その土地に滞在しながら作品制作を行うこと)の関連企画として、ソロ作品「運命」の公演を森下真樹に依頼。舞台は中止となってしまったが、美術館の様々な場所を往き来して展開される新しい作品として再構築された。各楽章ごとに演出が大きく異なり、約1時間と見応えのある映像作品。自宅でゆっくり鑑賞してみては。

 

森下真樹+岐阜県美術館

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/83526.html 2020-04-14 03:54:09
antenna オルタナティブ植物&雑貨店・TUMBLEWEEDが、花のパワーを届けるオンライン配送サービス「POWER OF FLOWERS」を開始。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

名古屋のオルタナティブ植物雑貨店、TUMBLEWEEDが花の配送サービス「POWER OF FLOWERS」を開始した。

「POWER OF FLOWERS」は、花が持つ生きる力、その偉大なパワーを、新鮮な切り花のアソートによって人々に届けるサービス。オンラインストアにてオーダーすると、切り花5〜8本のアソートが配送される。花の種類は指定できないものの、色味やニュアンスの指定は可能なのだそう。

 

 

また、全国配送を行っているため、普段店舗に足を運ぶことが難しい人も、この機会に日々の生活に”花”を取り入れてみてはいかがだろう。

なおTUMBLE WEEDは昨今の新型コロナウイルスの影響により、実店舗は現在営業内容を変更し、花の予約制作のみを行っている。

 

View this post on Instagram

POWER OF FLOWERS 花の力は偉大だ  フレッシュなお花は生きる力で溢れている 小さな花であれど 私たちに与えてくれるパワーはとても大きなもの エネルギーはいつか尽き 花は必ず枯れる そして新しいお花を飾り 再びエネルギーを与えてもらうのだ  今日からみちくさ&TUMBLEWEED実店舗は世が落ち着くまで、お花の予約制作オンリーのお店になりました。なので少しでもお店とみんなの生活を守り活性化するために、新鮮な切り花を全国一律で届けるサービスをまず始めることにしました。  “こんな時だからこそ〜”とか“生産者さんのコトを思うと〜”とか安易なフレーズなんていりません。  「花の力はすごい」それだけです。  そして”CHAIN OF STRENGTH”ですよ。  みちくさ&TUMBLEWEEDオンラインショップにとりあえずこの商品だけ並べました。ご興味のある方はぜひどうぞー。  <POWER OF FLOWERS> ・新鮮な切り花を5〜8本ほどアソートで詰め合わせてヤマト宅急便(クール)でお送りします。ご自分で花瓶などをご用意していただき、自由に飾ってみてください。 ・お花の指定はできませんが、色味やニュアンスの希望があればご連絡ください。(白×グリーン系、元気が出るような組み合わせ、など) ・送料は商品代金に含まれています。 ・80サイズ(縦30cm×横20cm×奥行20cm)の箱に入れてお届けします。 ・生花なので当然枯れます。枯れたら捨てるか逆さまに干してドライフラワーになるか挑戦してみてはいかがでしょうか。  #tumbleweedppp #powerofflowers

A post shared by TUMBLEWEED / kotaro Imoto (@tumbleweed.ppp) on

]]>
https://liverary-mag.com/column/83382.html 2020-04-12 04:04:15
antenna 今池のライブハウス・HUCKFINN救済企画「#repartures」始動。Campanella、nutsman、Gofish、林隆司(Killerpass)による無観客配信ライブ開催。ドネーションチケットも発売中。#STAYHOME_WITHCULTURE

 

新型コロナウィルス感染拡大を懸念し開催中止&延期となった屋内型アルティメット・イベント「#departures」。その主催者ら(五味秀明/THE ACT WE ACT、林隆司/Killerpass、武部敬俊/LIVERARY)が中心となり、会場として使用予定であった今池の老舗ライブハウス・HUCKFINNに対する存続支援プロジェクト「#repartures」を始動。

「#repartures」は「再生、再出発」を意味する造語。同プロジェクトでは、11日、12日の二日間に有志で参加する地元バンドらによるレコーディングを同会場で行い、コンピレーション・アルバムをリリースする。その売上金は、HUCKFINNの運営資金として寄付される。同コンピには、HUCKFINNに所縁のある名古屋内外のアーティスト13組が参加する予定。また、Tシャツやタオルなど関連グッズの販売も行う。

 

4月12日(日)、今池HUCK FINNにて無観客配信ライブを開催。

#departures に出演予定であった、nutsman、Campanella、Gofish、オープニングアクトとして林隆司(Killerpass)が出演する配信ライブが4月12日(日)19時30分〜行われる

なお配信ライブは無料で観覧可能だが、ドネーションチケットの販売(WEBSHOP)、ドネーションサービス「どね」を使った投げ銭もできる。ぜひお買い求めを。

配信ライブ観覧される方は、コチラへ。

 

TIME TABLEは以下の通り。機材トラブルにより遅延しましたが無事スタートしました!m(_ _)m

Killerpass

Campanella

nutsman


Gofish

 

]]>
https://liverary-mag.com/column/83410.html 2020-04-11 10:16:11
antenna 「森、道、市場2020」最終ラインナップとともに開催中止を発表。チケット払い戻し金は、運営に関する寄付金として託すことも可能。

 

515日(金)、16日(土)、17日(日)の3日間に渡り開催される予定だった、東海圏の人気フェス「森、道、市場2020」の開催中止が発表された。画像には第五弾(最終)出演アーティスト一覧も。

なお、チケットの払い戻しに関しては、希望者には払い戻しを行うが、運営メンバーやスタッフへの支払いに充てるための寄付としてそのまま収めることができる選択性となる。

中止に関する負債金額の詳細は明らかではないが、チケット購入者は一度、寄付についても検討してみてはいかがだろうか。

 

<以下、実行委員会からのコメント>

2020/5/15(金)~5/17(日)に開催を予定しておりました「森、道、市場2020」は、

新型コロナウイルスの感染症を拡大させないため中止とさせていただきます。

お客様・出演アーティスト・出店者など全ての関係者の安全を第一に考慮すると、

全国からたくさんの人が集まる当イベントにより感染を拡大させてしまう可能性があるため、

全身全霊で開催することができないと判断しました。

開催中止による経済的負担は決して小さくありませんが、

「森、道、市場2021」の開催に向けて動き続けていきたいと思います。

 

現在、イベント業界は大変な状態です。

出店者さんは販売の機会を奪われ、音楽関係者は裏方も含めて多くの仕事を失っています。

もちろん他の業界も大変ではあることは承知していますが、

私たちとしては「森、道、市場」に関わる方々に恩返しをしたいと考えております。

「森、道、市場」には最高の空間をつくりあげるためのパートナーたちがいます。

アーティストや出店者だけでなく、それらを支えるたくさんの裏方やスタッフの方々で構成され、

このイベントを共に育ててきました。

私たちは、今年と同じチーム、同じメンバーで「森、道、市場2021」の開催を望みます。

 

そこで、チケットをご購入いただいた皆様に選んでいただきたいことがあります。

チケットの払い戻しはご希望の方には対応いたします。

もう一つは、寄付の形をとりたいと思います。

今年の開催に向けて準備を進めていたチームメンバーに対して、

払い戻しをせず「寄付」として託すことを検討していただけると有難いです。

ここで集まったお金は、本来仕事として携わる予定だったパートナーたちに届けたいと考えています。

収束が見えていない状況で、皆様の大切な資金にはなりますが、

「森、道、市場」としてできる支援にどうぞご協力をお願いいたします。

最後に開催を楽しみにしていたファンの皆様、

開催へ向けご準備をされていた関係者の皆様には、

多大なご迷惑をおかけいたしますが、感染の拡大を収束するべく、

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

<払い戻しについて>

お買い上げいただいたチケットの払い戻しや寄付に関しては、

後日あらためて公式サイトやSNSにてご案内をさせていただきます。

 

記事内の画像について>

元々この時期に発表を予定していた第5弾(最終)出演アーティストの一覧です。

もう既に本番当日に向けた準備は終盤戦に突入している状況でした。

 

森、道、市場実行委員会

]]>
https://liverary-mag.com/music/83265.html 2020-04-10 10:00:31
antenna 【 #STAYHOME_WITHCULTURE 】家で楽しむ外食②。お持ち帰りやデリバリー可能な名古屋〜岐阜エリアの人気カレー店をピックアップ。 コロナウィルスの感染拡大を懸念し、「LIVERARY」ではメインコンテンツであったイベントニュース記事の掲載をストップしました。

この状況の中、ローカル/カルチャーメディア「LIVERARY」が現在と未来に対してできることは何なのか?何を残せるのか?という考えのもと、少しでも楽しく、タフに、現状を乗り切るためのコンテンツを掲載していきたいと思います。

まずは、 #STAYHOME_WITHCULTURE 〈家での過ごし方とカルチャー〉をテーマとしたコラム連載シリーズをスタートします。

初回となる今回は営業自粛を余儀なくされている飲食店業界に目を向けてみます。名古屋界隈エリアの飲食店も苦渋の選択を差し迫られているなか、テイクアウトをスタートした店舗が相次いで登場しています。

外出することすら気が引ける現状ではあるものの、せめて食事の時間くらいは楽しいものにしたい。そんな思いのもと、LIVERARYがオススメしたい飲食店を中心にいくつかピックアップしてみました。(※なお、掲載店はどんどん更新していくつもりです)

……ということで、第二弾です。第二弾はみんな大好き!カレー!編。名古屋だけでなく岐阜のお店も追加しました。メニュー等の詳細については各店舗へ。(※できるだけ移動や接触を避けるため、ご自宅近郊のお店に行くことをオススメします)

 

#STAYHOME_WITHCULTURE

テイクアウトができる、名古屋〜岐阜エリアの人気カレー店。

 

 

bar ka na ta(大須)

 

グナグナカリー(名駅)

TEL:052-541ー9797

 

バブーシュカ(本山)

TEL:052-782-1185

View this post on Instagram

お知らせ 明日4/9(木)臨時休業 4/10(金)からテイクアウト営業 ごぼうカレー 野菜カレー バターチキンカレー(辛口) 1000円 ジンジャーカレー 1100円 ※ライスとピクルス付き 11:00~18:00のお時間の間にお電話にて受け付けお店に取りに来て頂く感じになります。 お越し頂きご注文の場合はお時間頂くと思います、ご了承下さい。 カレー無くなり次第営業も終わります。 明日はお店で仕込みをしてますのでご予約できます。 ご予約、お問い合わせ 052-782-1185 予定が変更になりご迷惑おかけします。 様子をみながらやってゆくので変更もあると思いますが、何卒宜しくお願い致します。 . . . 10周年からずっとあたたかく気遣ってもらいありがとうございます。(沢山のギフトありがとう) 今の世の中の現状で人の奥の気持ち、本質(+自分の本質も)を感じ落ち込むこともありますがそれ以上に優しさと絆を感じ助けられてる毎日。 みなさんにきちんとお返しできるようにいきます。

A post shared by babooshka (@babooshka329) on

 

CAFE NEU!(多治見)

TEL:0572-51-4112

View this post on Instagram

NEU!からのおしらせ 4/2(木)よりテイクアウトのみとなります。来店を楽しみにしてくださってる方には大変心苦しいおねがいです。 感染症を広げないためには、すこしの間、閉店することが最善策だと感じています。しかしながら、私たち小さな個人店はいつになるかわからない終息まで、国の保証がないままお店を閉める事はとてもむずかしいです。日々状況が変わっていく中、どの視点で対応することが良いのかみんな大変で、一生懸命だとおもいます。 個人店を観光のひとつとして利用される方が多い一方で、日常の一部としてノイにきてくださる方がたくさんいます。 遠い国や地方からはるばる多治見にやってきて、多治見を好きになってくれた人もいます。 勝手な思い込みかもしれませんが、ノイが開いてるということが、お客さんや友人、地域の方の安心材料になるのかなあと思っています。 そのため、できるだけ感染を広げない対策としてテイクアウトのみという形をとらせていただきます。 はやくみなさんのいつもの日がもどるといいです。 ご協力、ご理解おねがいいたします。ご不明な点などは電話やメールにて、対応させていただきます。

A post shared by CAFE NEU! (@cafe_neu) on

 

Dhire Dhire Curry(岐阜)

TEL:058-214-3263

 

SUNDAY SPICE(蒲郡)

※真空パックverも試運転中

 

NOT CURRY(瑞穂区)

TEL:052-887-8277

View this post on Instagram

ㅤㅤㅤㅤㅤ NOTCURRY石川橋店 本日からテイクアウト始めます。 ㅤㅤㅤㅤㅤ 画像のお値段が税込価格で、 少しお得にお買い求めいただけます(^^) ㅤㅤㅤㅤㅤ 営業時間内(11:30〜14:00)に受け取り可能。 ㅤㅤㅤㅤㅤ 朝10時〜お電話(052-887-8277)にてご予約も 受けております。 先にお電話でご注文いただけますとお受け取り時にスムーズです。 是非!ご自宅でもお店の味をお楽しみください☺️✨ ㅤㅤㅤㅤㅤ #ノットカレー #名古屋テイクアウト#テイクアウト #お持ち帰り #瑞穂区ランチ #takeout #stayhome_withculture @liverary

A post shared by NOT CURRY 石川橋 (@notcurry_ishikawabashi) on

Trippin Spice(久屋)

※テイクアウトメニューを検討中(2020.4.9現在)
※カレー店ではなくスパイスバーです

View this post on Instagram

【営業自粛のお知らせ】‥ 愛知でも緊急宣言が出るという事で、Trippin spice は名指しされているBarですので、明日からBar営業はしばらく休業とさせて頂きます😭😭😭 ‥ 金土日のランチカレー屋さんは変わらず営業させていただきます🍛サッと出しますので、サッと食べて、スッとお帰りいただければ幸いです😔‥ 今年支店を出した為、政府の支援は受けられず全く0になりますので、せめてうちもテイクアウトをと準備しております🕺🏻 ‥ カレーと魯肉飯、あとはトリッピンらしく気まぐれで世界の米料理を作ります👨🏻‍🍳 ‥ 準備が整い次第、月曜〜木曜の11:30-1:30と全ての水曜〜日曜の17:00-20:00くらいで考えておりますので、よろしくお願い申し上げます🙇 ‥ 特に常連の皆様にはしばらく会えないので、ひじょーに寂しいですが、お互い何とか耐えましょう👍 ‥ テイクアウトの詳細をお待ち下さいませ🙋‍♂️

A post shared by mura (@trippinspice_mura) on

 

あかつ亭(名駅)

※テイクアウトのみの営業へ移行中(2020.4.9現在)

View this post on Instagram

【お知らせ】 画像のような対策を致しますので、ご了承ご協力よろしくお願い致します。 夜の営業は当面の間休業します。昼の営業は、近日中にテイクアウトのみの営業に切り替える予定です。普段は提供していない副菜をのせたものになると思います。また容器をご持参いただき、カレールーの販売も予定しております。詳細は追ってご報告致します。 刻一刻と状況が変化しているので、今後どうなるか分かりませんが、、お店を存続させる為に今出来る事を精一杯頑張ります。よろしくお願い致します🙏 今週のカレーです。 A.大根とサバのカレー B.レンコンとさつま芋入りレンズ豆カレー C.チキンマサラカレー の3品です Cを変更しました。 北インドのチキンカレーのアレンジです。程よい辛さになってます。 よろしくお願い致します。 画像はCのカレーの試食です。 #あかつ亭 #スパイスカレーあかつ亭 #スパイスカレー #カレー #名古屋カレー #名駅 #名駅ランチ #名古屋ランチ

A post shared by スパイスカレーあかつ亭 (@akatsutei429) on

AND MORE!

 

これらはほんの一例です。あなたのお気に入りのお店のテイクアウト情報もぜひ#STAYHOME_WITHCULTUREのタグを付けて情報をSNSにUPし拡散してください。

少しでも楽しく、そしてタフに、この辛い時期を共に乗り越えましょう。

 

「テイクアウトができる、名古屋周辺の人気飲食店」はコチラ>>>

]]>
https://liverary-mag.com/column/83231.html 2020-04-09 08:49:23
antenna ※更新中【 #STAYHOME_WITHCULTURE 】家で楽しむ外食。お持ち帰りやデリバリー可能な名古屋エリアの人気飲食店をピックアップ。 コロナウィルスの感染拡大を懸念し、「LIVERARY」ではメインコンテンツであったイベントニュース記事の掲載をストップしました。

この状況の中、ローカル/カルチャーメディア「LIVERARY」が現在と未来に対してできることは何なのか?何を残せるのか?という考えのもと、少しでも楽しく、タフに、現状を乗り切るためのコンテンツを掲載していきたいと思います。

まずは、 #STAYHOME_WITHCULTURE 〈家での過ごし方とカルチャー〉をテーマとしたコラム連載シリーズをスタートします。

初回となる今回は営業自粛を余儀なくされている飲食店業界に目を向けてみます。名古屋エリアの人気飲食店も苦渋の選択を差し迫られているなか、テイクアウトに注力したショップが相次いで登場しています。

外出することすら気が引ける現状ではあるものの、せめて食事の時間くらいは楽しいものにしたい。そんな思いのもと、LIVERARY周辺の飲食店を中心にいくつかピックアップしてみました。(※なお、掲載店はどんどん更新していくつもりです)

 

#STAYHOME_WITHCULTURE

※更新中※テイクアウトができる名古屋の人気飲食店。

 

 

KAKUOZAN LARDER(覚王山)

TEL 052-762-2786

View this post on Instagram

🌞🌞🌞 TAKEOUT オープン! 本日より LUNCH 11:45-15:00(LO14:30) DINNER 18:00-20:00 で営業します! 今週末は 不要不急の外出は 控えましょう! 今週末が コロナウイルス拡大させるか 終息に向かわせるかの 大切な時です。 ほんと1週間2週間我慢するだけです。 死にたくはないし、 死なせたくはない。 みんなで笑える日が来るまで 耐えましょう。 昨日はテイクアウト営業 だけでしたが 沢山のお客さまにご来店 いただけました。 ラーダーをサポートしてもらえてる 気持ちがビシンと伝わってきました。 店舗も拡大し、 スタッフも増えて 正直売上が取れないのは お店にとって死活問題です。 だけど今はそんな事を 言っている時では ないと思います。 僕らは負けないし、 考えることが出来ます。 そして、とても健康です。 オウチラーダーを 楽しんでもらえるように 色々と準備中です! 皆さんも良いアイデアが あったら教えてください! みんなで知恵出し合って コロナウイルスを 倒しましょう!

A post shared by KAKUOZAN LARDER NIWA (@kakuozan_larder) on

TT” a Little Knowledge Store(星ヶ丘)

TEL:052-753-5147

View this post on Instagram

本当に沢山のお問い合わせ 有難うございます 早速お弁当を大量に御注文いただいたり お届けのご相談もいただきました 私たちのお弁当が皆様の元気な暮らしに 少しでもお役に立てれば嬉しいです。 . 窓フルオープンです。 テラスにお席をご用意しました。 まだ少し肌寒いですがとても良いです。 セルフサービスのような提供方法です。 ゴミを捨てるところまでご協力ください。 . これまでやれなかった様々なものを テイクアウトできるようにしました。 プリンのホールは夢体験です。 . DMや電話にて前日までに御予約頂けるとすぐにお渡しできます。 テラス席でのビールも最高です。 . こんな時でも畑の野菜はスクスクと元気です。 なんだか新しいお店を始めたような感覚です。 いま、私たちにできることを。 . 色々とご用意しておりますので、 お気軽にお問い合わせください。 . #tt_a_little_knowledge_store

A post shared by TT" / トド (@tt_a_little_knowledge_store) on

Maison YWE(栄)

TEL:052-684-7486

View this post on Instagram

いつもご利用ありがとうございます。 持ち帰りの営業をスタートしてから 引き続き、 お弁当やチーズケーキの予約販売もはじめています。 1日の数に限りはありますが、 お電話、または 翌日以降のご予約でしたら、 インスタグラムDMでもお受け致します。 ①ご予約日時 ②メニュー名 ③数量 ④お名前 ⑤ご連絡先 ⑥ご希望受け取り時間 YWE(11:00-18:00) トド (11:00-20:00) その日のご予約はお電話が確実です。 当日のインスタグラムDMでのご予約は タイムラグもある為、 営業中の確認が難しい場合もあります。 ご了承くださいませ。 星が丘テラスにあります、 @tt_a_little_knowledge_store でも同様に対応しております。 詳しくはストーリーズのハイライトにも ご案内があります。 引き続きよろしくお願い致します。 #maisonywe #ywe #メゾンイー #tt_a_little_knowledge_store #トドアリトルナレッジストア #togo #テイクアウト #持ち帰り #チーズケーキ #お弁当 #nagoya #名古屋 #栄 #星が丘テラス

A post shared by Maison YWE (@maisonywe) on

月のひなた(今池)

TEL:052-734-8279

View this post on Instagram

お待たせしてます! お弁当の内容です! みんなからの買うよ!宣言が嬉しすぎて胸いっぱいの日々です その言葉だけで生き延びれます😭  4/6→11 🇮🇳インド編 ¥1300 バスマティラライス  ポークビンダル or フィッシュカレー (サバのタマリンドカレーの予定)  チャツネ (トマト、ココナッツ) アチャール (ミックス、ホタルイカ、セロリ、きのこ) ライムピクルス トーレン (にんじん、キャベツ) ワダ (豆のスナック) チリチキン  🌝デリプレート ¥1300 ごはん ネギ味噌 にんじんナムル 紫キャベツマリネ 春巻き アチャール ポテサラ ケークサレ 卵 空豆コロッケ 青菜 豚バラスパイス煮 えび蓮根饅頭  またお弁当に詰めた感じもアップしたいと思います!! もうちょいお値打ちにしたかったのですが容器代がかさんでしまってすみません😣  +300円でデザートをつけれます🎂 いちごのチーズケーキまたはタルトの予定です🥧  🥯パンの販売🍞 食パン 牛すじカレーパン アップルシナモンロール コーヒー×マカダミアナッツ×チョコのベーグル 黒胡麻クリームのミニキューブ  こちらもすぐにお渡しできるように出来ればご予約でお願いします☺️  ご予約は インスタのDM tukinohinata@gmail.com 営業時間内のお電話 052-734-8279  前日までにご連絡お願いします! お昼は13時までなら当日受け付けますので電話してみてください! 完全予約制です🙇🏻‍♀️ 仕入れの状況で内容は若干変わる場合があると思います、ご了承くださいませ!  できる限りのことを楽しみながらやっていきます、よろしくお願いします! 

A post shared by @ tukinohinata on

食堂バテリア(新栄)

TEL 052-262-3629 ※店舗営業&デリバリーもあり

View this post on Instagram

BATERIAテイクアウト 月.水 → 18:00〜22:00 木.金.土→11:30〜22:00 (火曜はエンパナーダのみテイクアウトできます) しばらくの間は店舗営業も22:00閉店とさせていただきます。 . 🍅ランチボックス 1000円+tax 無農薬雑穀米とお野菜がたっぷり多品目のお弁当です。 内容はおまかせとなります! (お魚や鶏肉、乳製品使用していますのでベジ弁当をご希望の方は前日までにご用意お願いします。) . 🧅エンパナーダ 各500円+tax ミート or オニオンポテト アルゼンチンスタイルのミートパイとポテトパイ . 🍗奥三河鶏塩麹からあげ 500円+tax 朝びきの地鶏わわ塩麹に漬け込み菜種油で揚げた唐揚げを一度お試しください。 . 🥔フライドポテト 500円+tax 菜種油を使用してフライした脂っこくないポテト . 上記メニューはレギュラーメニューです! UBER EATSでもご注文いただけます! ご来店引き取りが一番お得になっています! その他テイクアウトメニューもございますので当日のテイクアウトメニューはストーリーにてご確認頂けたら幸いです。 . 木曜と土曜のランチタイム11:30〜15:00の間は、 2000円以上のご注文でバテリア店主によるデリバリーサービスも行っています。 デリバリーサービスは前日までのご予約が必要となります。 バテリアより1.5キロ圏内への配送料は無料サービスです! 1.5キロ〜3キロ圏内は配送料800円いただきます。 . 3キロ以上の配達、当日のご注文の場合はUBER EATSの配達サービスをご利用くださいませ。 . お問い合わせ BATERIA 名古屋市中区新栄2丁目2-19 052-262-3629 shokudobateria@gmail.com

A post shared by 食堂BATERIA (@shokudobateria) on

Cafe&Bar drawing(名古屋大学近郊)

TEL:052-720-6035

View this post on Instagram

【お知らせ】昨今の状況鑑みて、店舗営業は休み延長いたします。みなさまが笑顔でわいわいしながら食事しているのを見るのがいちばんの幸せなので大変心苦しいですが、もう少し我慢します。 いろんなお店がこの状況でもがんばっているのを見て自分も何かできることを、ということで明後日からお弁当テイクアウトします。配達まで手が回りませんので当店まで取りに来てもらえる方のみになってしまいますが、よろしくお願いします。 どれくらいの需要があるのか全く未知数ですが、とりあえず予約のみ、お渡し時間絞ってという予定で詳細明日まだ告知させていただきます! この一週間、毎日お店来てましたがオーバーホールした自転車が快適すぎて通勤が楽しいです。身の回りのものを大切にちゃんと手入れする大切さ改めて実感。

A post shared by ryooooohei (@cafebar_drawing) on

YANGGAO(浄心)

TEL:070-4469-6412

※4月13日(月)までは臨時休業中。4月14日(火)から営業再開。

View this post on Instagram

本日3/27(金)も通常通り11:30オープン。昼のみ営業となります。4種のタイカレーをご用意しています。  お客さまからリクエストが多かった持ち帰りが本日から平日のみ対応可能となりました。デリバリーサービスには対応しておらず、電話注文して頂き、店頭で支払い・引き渡しのみとなります。  4種のタイカレーからお選びください。お持ち帰り弁当のサイズはMサイズ(タイ米200g)とLサイズ(タイ米250g)からお選びください。料金は容器代を含むため以下の通りとなります。  Mサイズ 950円(税込) Lサイズ  1,000円(税込)  □ ヤンガオカレー (辛さ🌶🌶) □ マッサマンカレー(辛さ🌶) □ パネンカレー(辛さ🌶🌶🌶) □ クアカレー(辛さ🌶🌶)  店内の混雑状況によっては、お渡しまでに多少お時間がかかりますので、お早めにご注文くださいませ。  注文電話番号: 070-4469-6412 注文受付: 火〜金曜日(11:30 – 14:00)  3月の営業予定 3/27(金) 昼のみ営業 / 出店 3/28(土) 昼のみ営業 3/29(日) 定休日 3/30(月) 定休日 3/31(火) 昼のみ営業  イベント出店 3/27(金) ONCHOI at Vio(名古屋) 4/19(日) オオヤユウスケ SOLO LIVE at ヤンガオ (名古屋) 4/26(日) タイへ行くつもりじゃなかった at FOLK FOLK (三重) 5/02(土) リゾームライブラリーat Libra (愛知) 5/09(土) TBA (名古屋) 5/10(日) TBA (名古屋) 5/15(土) 森道市場 (愛知) 5/16(日) 森道市場 (愛知) 5/31(日) KITAGAYA FLEA at 名村造船所跡地 (大阪)  ヤンガオ 昼の部 11:30-15:00(LO14:30) 夜の部 18:00-21:00(LO 20:30) ※夜の営業は不定期となります。 定休日 日曜日 / 月曜日 臨時休業あり  名古屋地下鉄鶴舞線浄心駅4番出口右すぐ。 クレスト浄心ビル3階 #ヤンガオ

A post shared by YANGGAO หยั่งเก่า ヤンガオ (@yanggao_ngy) on

 

きてみてや(新栄)

TEL:052-241-9610

 

社交酒場イム(栄)

※デリバリーサービスもあり

TEL:050-5303-7147

View this post on Instagram

社交酒場イム明日4月9日からお弁当はじめます🍙 唐揚げ弁当 生姜焼き弁当 焼き魚弁当 スペシャルのり弁当 各500円です!11時半から販売開始🔥 . delivery🛵(大須,矢場町,栄エリア) 1名様からでもお届け!午前11時までに インスタのDMかお電話でお予約頂ければ スムーズにお渡しできます! 誰が届けるかはお楽しみ!さえが来るかも!? 大人数の際は前日までにご予約お願いします。 . *ご予約の際に気をつけて頂きたい事 ・お届けするご住所、電話番号、名前をお忘れなく eat-in🍴(イム2F) 喫煙可能!持ち込みOK!電子レンジ完備! イートイン方は ドリンク、赤だしを頼む事が出来ます。 持ち込みの方は ドリンク200円のご注文をお願いしています。 休憩所として使って頂いて構いません🚬☺️ . takeout🍱 お店に来て頂ければすぐお渡しできます! 皆様のランチに是非イムも参加させてください! 試食しましたが、ボリュームもあって美味しい事 間違いなしです🐻皆様お待ちしてます!!! . . #社交酒場イム #お弁当 #ランチ #delivery

A post shared by 社交酒場イム (@shakousakabaimu) on

 

Stan Dining やまびこ(栄)

TEL:052-262-4300

AND MORE!

 

これらはほんの一例です。もちろんこの他にも、さまざまな飲食店がそれぞれに工夫を凝らし営業を続けている状況です。あなたのお気に入りのお店のテイクアウト情報をお待ちしております。#STAYHOME_WITHCULTUREのタグを付けて情報をSNSにUPしてください。少しでも楽しく、そしてタフに、この辛い時期を共に乗り越えましょう。

 

<関連記事>

【 #STAYHOME_WITHCULTURE 】家で楽しむ外食。お持ち帰りやデリバリー可能な名古屋周辺エリアのオススメ飲食店。その②

]]>
https://liverary-mag.com/column/83209.html 2020-04-08 10:19:44
antenna 元BRUTUS編集長の岡本仁による連載コラムも掲載。「名物」より「好物」を集めた、名古屋案内本『LOVERS NAGOYA』創刊。制作に向けたクラファンを実施中。

 

「名物」より「好物」を集めた名古屋案内本『LOVERS NAGOYA』が創刊される。現在、制作費を捻出するためのクラウドファウンディングが行われている。

LOVERS NAGOYA』は、体験型プログラム「大ナゴヤツアーズ」を企画運営する加藤幹泰がプロジェクトリーダーを務める。加藤ならではの名古屋の「名物」を載せたガイドブックではなく、「好物」をまとめた1冊となっている。創刊後、さまざまな書店で販売される予定だ。

 


掲げられた編集方針

 

創刊号は「伏見・丸の内」エリア。長者町の繊維問屋の旦那さん、老舗居酒屋の女将さん、カフェ、喫茶店やBARなど常連さんの多いまちに愛されるお店などとっておきのお店が勢ぞろい。誌面には、加藤の目線でのまち歩き紹介のみならず、元BRUTUS編集長の岡本仁による連載コラム「知ったかぶり名古屋」やイラストレーターのカチナツミによるイラストなども登場する。

 

 

 

LOVERS NAGOYA』制作費にあてるためのクラウドファウンディングでは、オリジナルステッカーや加藤幹泰本人による特別ツアーなど様々なリターンがあるので、是非チェックしてみてほしい。どんな雑誌が生まれるのか?期待しておこう。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/column/83190.html 2020-04-02 08:27:30
antenna 【更新】今池のビル一棟を使った室内型アルティメット・イベント「 #departures_3rd 」前回のダイジェスト・ムービー公開とともに、開催中止&延期を発表。

 

THE ACT WE ACT、KillerPass、LIVERARY三者共同企画による室内型イベント「#departures_3rd」は4月11日、12日に開催予定であったが、コロナウィルス感染拡大の危険性を鑑み、開催中止&来年の4月に延期という判断となった。

このタイミングで、前回の映像をまとめたダイジェスト動画(当初は告知用ムービーとして制作されたもの)を公開。

こちらの動画を見てもらえば伝わってくるであろう爆発的な熱気。来年の4月、満を持して開催できることを今は願うばかりだ。

 

<以下、開催中止・延期にあたっての主催チームよりコメント>

この状況下でも規模を縮小するなどし、何とか開催できる方向を模索しながら準備を進めておりましたが、当初予定していた最良の形では到底開催できないことと、出演者、来場者、スタッフの安全性を優先的に考え、開催中止・延期としました。

ギリギリまで判断ができず、関係者の皆様に対して申し訳ない気持ちですが、#departures_3rd は前向きな中止&延期と捉えていただき、2021年春、満を持して拡大開催を予定しています。

前回(2018年3月)の圧倒的な熱量は動画の中に落とし込みました。これを見返せば、あの日の記憶が蘇り、また立ち上がることができそうです。動画制作に大きく貢献してくれた佐藤君に感謝します。

また、今回開催予定日だった4月11日、12日を使って、HUCK FINNにて一部のローカルバンド、アーティストでレコーディングを行いその後、コンピレーションアルバムとして配信リリース予定です。そちらも楽しみにお待ち下さい。

皆様、健康管理はしっかりと。来年春に向けて、再出発しましょう。

#departures チーム一同

 

 

※開催中止&延期にあたって、Live Pocketでチケット購入された方は返金可能ですので、各自返金の手続きをお願いいたします。メール予約された方には主催側から連絡をいたします。

]]>
https://liverary-mag.com/music/83160.html 2020-03-31 08:00:48
antenna ライブハウスやクラブなどさまざまな文化施設への助成金交付を求める署名活動「 #SaveOurSpace 」に9万人が賛同。署名は本日まで募集中。

 

新型コロナウィルスによる影響でライブハウス、クラブ、映画館などさまざまな文化施設がイベント自粛や閉鎖をせざる得ない状況下にあり、運営面において窮地に追い込まれている。この現状を受け、DJ NOBU、 Yu Suganami (Live Haus)、篠田ミル、Lark Chillout、Mars89という立場もジャンルも超えた5名が発起人となり、政府に助成金交付を求める署名活動 #SaveOurSpace が3月28日(土)よりスタートした。

賛同・署名は誰でも可能。現在、国内のさまざまな著名人や文化人らをはじめ、カルチャーを支えようと動きを見せたファンたちによって9万筆が集められている状況だ。

発起人らは、本日3月30日(月)までに10万筆を集めることを目標とし、3月31日(火)には記者会見を開くことがアナウンスされている。

ライブハウスやクラブ、その他さまざまな文化施設の当事者の方はもちろん、Our Spaceを守るために、あなたがもしそれら施設にいつも遊びに行っていたのなら、ぜひこちらのリンクより署名を検討してみてほしい。署名に必要なのはあなたの氏名のみ!

 

<以下、声明文より>

日本政府、国会議員の皆さまへ
現在、ライブハウス・ナイトクラブ・劇場は、新型コロナウイルスの影響により経営の危機に瀕しております。イベントの自粛要請、不要不急の外出の自粛要請のなかで、公演の中止が相次ぎ、売り上げの急落が起きています。
今この状況下では集団感染の発生を防ぐことが大切なことだと理解をしながらも、経済的な事情により営業を続けざるをえない状況に陥っています。
そして、その状況下で従業員はもちろん、出演者、音響エンジニア、照明エンジニアなど多くの関係者にも大きな被害が発生しています。

そこで、我々は感染拡大を防ぐため、各会場の代表者を主体として、政府が収束を発表するまでのあいだ会場に観客を入れることの停止を検討しています。
感染拡大の防止に向けた客入れの停止を行うために、自粛要請が始まった2月26日から政府が収束を発表するまでの期間を対象期間として設定し、助成を国へ求めます。
この助成には、施設の維持費、従業員の給与、イベントの製作経費 (出演料、音響、照明)などを含みます。
また、新型コロナウイルスの影響でこれまでに中止にした公演に関しては、実損額を提示し、同額の助成を求めます。

他業種と比べて集団感染の発生の可能性が高い場所であることは事実であり、いま感染の拡大を防ぐことはとても重要な事であると考えております。
この助成案を実現して頂けたら、文化施設、従業員、出演者、関係者、一丸となり新型コロナウイルスの収束へ尽力いたします。

また、会場閉鎖期間中は、無観客でのライブストリーミングなどにシフトし、集団感染のリスクを排除した状態で文化の継続と発展のために出来ることを模索致します。

#SaveOurSpace

発起人(順不同)
DJ NOBU, Yu Suganami (Live Haus), 篠田ミル, Lark Chillout, Mars89

賛同人(順不同)  ※名前の公表を申し出た方のみ
加藤梅造 (LOFT PROJECT), 柿沼実(BUSHBASH), 金森達也(Galaxy-銀河系), タカハシコーキ(月見ル君想フ), 鈴木健(EBISU BATICA), 宮川大仏 (LIVE HAUS), 林薫 (CLUB METRO), 東森努, Gonno, 松田chabe岳二, TAKAAKI ITOH, KEIHIN, DJ Sodeyama, Shhhhh, DJ TASAKA, 後藤正文, 坂本龍一, Q’HEY, 中田亮(オーサカ=モノレール), 谷口岳(trailights record), Mari Sakurai, JACKSON kaki, 荏開津広, ZEN-LA-ROCK, MC JOE, AFRA, 角張渉 (カクバリズム), WAXXRUB, 中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン), SEX山口, なみちえ, 西新宿パンティーズ, 1-DRINK, TARO SOUL, 1017 Muney, 8ronix, ぽえむ(2MUCH CREW), 増田岳哉 (SUMMIT, inc), DONSTA (Threepee Boys), Sir Y.O.K.O. PoLoGod. (Threepee Boys), 水原希子, ELLI ARAKAWA, starRo, TOSHI-LOW, Keishi Tanaka, コムアイ, Kamiyann (sound engineer), 大沢伸一, rural festival, the chef cooks me, GEORGE RUMBLE, deathmix, KZA(Force Of Nature), Kikiorix, SEKITOVA, YOSA, KITONOA, Kenji Saito, Yoshinori Hayashi, Yuta Shimizu(EILD), Masahiro Tsuchiya (Rainbow Disco Club), 三宅洋平(犬式 INUSHIKI), 玉名ラーメン, 野間易通 (C.R.A.C.), BentheAce (SPELLBOUND Records), MIZ TARNIE (Wassup! NYC), dj sleeper (りんご音楽祭 ), ダースレイダー, Sing J Roy, THE RATA, 北山雅和, 新羅慎二(若旦那), 田中知之(FPM), Dub Master X, 屋敷豪太, K.E.I. (VOVIVAV), 田島一成 (tajjiemax). 浅沼優子 (音楽ライター). キノシタリュウ (秘境祭), 二木信, 篠原篤一, yori, 佐藤円, EUREKA(Negative Cloud), Pico(Negative Cloud), 矢野靖人 (演出家), Albino Sound, KATIE SE7EN, Diana Chiaki, 丹正功一 (YEBISU YA PRO), 北澤学 (Bayon Production), 和田剛 (江ノ島OPPA-LA), クックヨシザワ (下北沢BASEMENTBAR/THREE), オカモトレイジ(OKAMOTO’S), stei, 釈迦坊主, TYOSiN, CVN (AVYSS Magazine), Gunhead, Panzo a.k.a. Pee-fine (Yo! Bros Pro.), FDFANTA汁CHILLSTASKI, Licaxxx, 行松陽介, 小原綾斗 (Tempalay), AAAMYYY (Tempalay), John Natsuki (Tempalay), アカツカ (South Penguin), あっこゴリラ, 佐藤”boone”学 (四谷アウトブレイク), Mathilda (小倉Cheerz), JOMMY, Yoshirotten, Wata Igarashi, 奥冨直人/TOMMY (BOY), JUBEE (Creative Drug Store), BINGO, GUCCIMAZE, TSUBAME (TOKYO HEALTH CLUB), Taigen Kawabe(Bo Ningen/Ill Japonia), 越彩果(GRIDIN’), KENTACATS, クラブとクラブカルチャーを守る会, VERDY, FKAK (Lazy Boys), Taeyoung Boy, 安田弾 (トゥーファイヴワン), 高山 “TKYM” 泰史 (club bar FAMILY), DJ Karinga, Prettybwoy, 柴山順次 (2YOU MAGAZINE), 二宮友和, ALTA (HOTVOX), 大宮エリー, 鈴木”TxSxK”タスク (THE SWING KIDS), Awich, kZm, 川副 耕介 (and music), TSUNE(Nozlegraphics), SEIJI (LAID BACK OCEAN), 後藤寛(青山蜂), SHOTA-LOW (ABOUT MUSIC), Seimei, ななせぐみ(バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI), HIYADAM, Yohji Igarashi, 横山健(Ken Yokoyama / Hi-Standard), SKY-HI, 小林祐介 (THE NOVEMBERS), 喜多建介 (ASIAN KUNG-FU GENERATION), 山田貴洋 (ASIAN KUNG-FU GENERATION), 伊地知潔 (ASIAN KUNG-FU GENERATION), Itaq, DRINK&MOOD mou 森浦洋平, 久保太郎 (ミュージック・マガジン編集部), Ikuko Morozumi, 中西 宏司 (DUB SQUAD), DJののの, ermhoi, 田島ハルコ, テンテンコ, 沖野修也, DJ EMMA, 片岡源太郎(forestlimit), Vick Okada (tokyovitamin), 山田健人, Monaco, 谷ぐち順(LessThanTV), YUKARI(Limited Express (has gone?),ニーハオ!!!!)), 谷口共鳴(チーターズマニア), tofubeats, xiangyu, 沙羅マリー, 吉田マサアキ(元ザ・ガールハント), 清水エイスケ(Age Factory), 西口直人(Age Factory), 増子央人(Age Factory), KIYONO, 野口忠孝(ライブハウス浅草橋マンホール, 阿佐ヶ谷マンホールネクスト), 遠藤妙子 (音楽ライター), 竹内美保 (音楽ライター), NZA, DIGLE MAGAZINE, ナギノエナ (THE 革命キラ獣), YOUNG-G (stillichimiya), Small Circle of Friends (アズマ リキ、サツキ), Tohji, 飯田仁一郎, 石塚淳 (台風クラブ), GCpower, ACE COOL, ISHIYA (FORWARD/DEATH SIDE), UC EAST, LIL MOFO, 遠山啓一 (CANTEEN), Wardaa (FNMNL), HIROSHI WATANABE, 渡辺真起子 (俳優), MAYUDEPTH (MOTORPOOL), DSKE (MOTORPOOL), PELI, 金子雄樹 (The Orchard Japan), Shintaro Kurokawa, DJ JAM (YENTOWN), Kotsu (CYK), kenchan (tokyovitamin), Mat Jr. (tokyovitamin), エリカ マーフィー (Luby Sparks), 浅井なつみ, Romy Mats / Hiromi Matsubara (解体新書), 松田ゆう姫, 渋谷慶一郎, LUNA, MONJOE(DATS), BIG BEN (stillichimiya), YOUNG-G (stillichimiya), Novoiski (Moonbug), Nylonizm (Studio Alpha), Gen Murakami (School Of Temple), 伊奈昌宏 (台風クラブ), 大竹雅生 (ミツメ), 川辺素 (ミツメ), 須田洋次郎 (ミツメ), nakayaan (ミツメ), 仲原達彦, HIT, COTOCO, Yuima Enya, LONPARIS(HANABILA), Shoko Yoshida, Desko Deska, Ayana JJ, Thomyorko, Makiko Yamamoto, DJ FGR, KMC, Endratt (Ratchild), 岡崎唯一 (MAMMOTH), テツマル(快速東京), 那須ヒロム(salsa), 平田崇人(NINJAS), AI.U(NINJAS), Rie Lambdoll, YAMA (NEWTONE RECORDS), 斉藤吉恭 (NEWTONE RECORDS), KOPY(呉山夕子), 太田莉菜, 田辺舞, Ooshima Shigeru(she luv it / 2×4), Yuichi Nakazawa, ANTIBODIES Collective, カジワラトシオ(ANTIBODIES Collective), 東野祥子(ANTIBODIES Collective), Aspara, Ramza, SOCORE FACTORYかさご, 威力, 宮本徹 (AWA株式会社), okadada, BUDDHAHOUSE, タクマ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!), SUGA(dustbox), ダトカイキ(ENTH), NOBUYA (ROTTENGRAFFTY), 坂田 梨香子, 粗悪ビーツ, zAk (ONPA Inc.), 高橋一(思い出野郎Aチーム), 宮本直明(思い出野郎Aチーム), 増田薫(思い出野郎Aチーム), 岡島良樹(思い出野郎Aチーム), 斎藤録音(思い出野郎Aチーム), 山入端祥太(思い出野郎Aチーム),長岡智顕(思い出野郎Aチーム), DJサモハンキンポー(思い出野郎Aチーム), CICA, Julia Shortreed(Black Boboi), EMARLE, MAYUKo (CROSSBRED/SYNTH SISTERS), セーラーかんな子, BabyBae, Changsie, SAKI (Liquid Drop Groove), 野村訓市, OG Militant B, Devon, ゆりつん (Que. / アイドル運営), Nagi (Dazzle Drums), Kei Sugano (Dazzle Drums), 吉條 壽記 (Pangea, ANIMA), 小野武正 (KEYTALK), TAKE (FLOW), Sakie (FLEURI), Nari (CYK), DJ No Guarantee (CYK), Naoki Takebayashi (CYK), ANTIBODIES Collective, 根木龍一 (microAction/橋の下世界音楽祭, 永山愛樹 (TURTLE ISLAND/橋の下世界音楽祭), Bunta (TOTALFAT), タナカユーキ (SPARK!!SOUND!!SHOW!!), COIN PARKING DELIVERY, HIMAWARI (CANNABIS / WANK!!), マヒトゥザ・ピーポー(GEZAN), SPINNUTS(ModulationNow!), マーライオン, 田我流, DISK NAGATAKI (tokyovitamin), kaoruko, 加茂誉満 (東間屋), 高橋盾 (UNDERCOVER), Saori (SEKAI NO OWARI), PIKA⚡️ (あふりらんぽ), ONI (あふりらんぽ), ヨシモトアキヒロ(Club STOMP), Hibi Bliss, 田窪直樹(Pulp / POL), 有泉智子 (MUSICA編集長), 鹿野 淳 (FACT代表 / MUSICA), HIRO(BREAK A SCHOOL / MATSURI), Ryusho(Jurassic Boys), Dai Saito(Jurassic Boys), 柳澤豊(MONO NO AWARE / Jurassic Boys), 上坂 晃弘 (金沢vanvanV4), 服部 五良(ZICO STUDIO), 宇川直宏 (DOMMUNE), 玉置周啓(MONO NO AWARE), 加藤成順(MONO NO AWARE), 竹田綾子(MONO NO AWARE), 加山雄三, MADSAKI, 豊田利晃, 馬場圭介, 松田龍平, 水谷太郎, 北村信彦, 真鍋大度, 中野公揮, has, 宮城吉生 (music fools/ACO Night), ISEKI(キマグレン), AKN (KURUUCREW), チャイ (KURUUCREW), イワモーター (KURUUCREW), ムラタ (KURUUCREW) ShioriyBradshaw, Have a Nice Day!, imai(group_inou), 高木完, 守本勝英, KEN ISHII, 宮下貴裕, 加藤信之 (メロディフェア), 戸高賢史(ART-SCHOOL/MONOEYES/ROPES), METEOR, スズキナオ (チミドロ), 野口卓也 (株式会社バルクオム), カズワタベ, JUN INAGAWA, DJ moe, ぼく脳, lIlI, THE CREAMS, DJ KENSEI, Junior Chef, ヤマサキセイヤ, 優河, ピエール中野 (凛として時雨), 5lack, Discharming man, matton (PEARL CENTER), inui (PEARL CENTER), msd. (PEARL CENTER), TiMT (PEARL CENTER), 柿澤秀吉 (秀吉、シロシバスタジオ), 町田龍哉(秀吉), 神保哲也 (秀吉), masa(SEX VIRGIN KILLER), オカモト”MOBY“タクヤ(SCOOBIE DO), 河村祐介 (OTOTOY編集長), 山木隆一郎, 武部敬俊(LIVERARY編集部), 原しゅうじ (The Spring Rolls), k-over(City Your City), nico (VOVIVAV), キイリョウタ (梅田Shangri-La), カワムラユキ(渋谷花魁), FUJI TRILL, INBE (naminohana records), Free Babyronia, 上野ヨシノリ (カゼノイチ), COMPUMA, DÉ DÉ MOUSE, 水玉さがし, Toshimura, 森田くみこ, Celter, DJ SAIMURA, アンテナガール, 藤本裕介 (株式会社カケルプランニング), 今里(STRUGGLE FOR PRIDE)

 


 

最新情報・詳細はコチラから @Save_Our_Space(Twitter
署名はコチラから #SaveOurSpace

]]>
https://liverary-mag.com/column/83148.html 2020-03-29 23:06:02
antenna 国内外で活躍するアーティスト、デザイナー・鷲尾友公の新作個展が、ON READINGにて開催。新作シルクスクリーン作品の販売も。

 

国内外で活躍する名古屋在住のアーティスト、デザイナーの鷲尾友公による個展『WISHES – It’s not end of the world –』が、4月1日からON READINGにて開催される。

アンダーグラウンドなクラブ、ストリート・シーンに留まらず、金沢21世紀美術館や、あいちトリエンナーレでの出展など、美術界隈でも活躍をみせる鷲尾友公。本展では、あいちトリエンナーレでも披露した、女性をモチーフにしたペインティング作品を中心に展示。インスト・バンド、Ovallのニューアルバムのジャケットアートワークにも起用された作品のシルクスクリーンプリントも販売予定となっている。

]]>
https://liverary-mag.com/art/83140.html 2020-03-26 10:34:15
antenna 今池「大大大」店主でありバンドマン、作家としても活動する吉村大地と、広島でシルクスクリーンスタジオを主宰するアーティスト・葉朗による二人展がspazio ritaにて開催。whatman、セーラーかんな子ら出演のイベントも。

 

広島を拠点にシルクスクリーンスタジオ「HARO WORKSHOP」を主宰し、自らも作品制作を行うアーティスト・葉朗と、名古屋・今池で「呑処・大大大」店主を務め、バンド、造作、絵画、ぬいぐるみといったマルチな表現活動を行ってきた吉村大地の二人展が、4月3日(金)〜9日(木)まで開催される。会場は、spazio ritaにて。

今展では、二人それぞれの作品だけでなく、コラボレーション作品も制作・展示される予定。

同会場で開催される4月3日(金)のオープニングパーティーには、SOSOS CLUB、whatman、セーラーかんな子らが出演。さらに、4月5日(日)夜、栄のクラブ・Kalakuta Discoに会場を移し、tak、NAO* 、101、anndoeらが出演し、クレープmogumoguが出店するアフターパーティーも開催される予定だ。作品だけでなくイベントもお楽しみに。

 

View this post on Instagram

My collage #haroworkshop

A post shared by HARO MATSUDA 松田葉朗 (@haro_workshop) on

View this post on Instagram

本日もやんもちゃんいますよ〜 #やんもday

A post shared by 大大大 (@daidaidai_imaike) on

 

]]>
https://liverary-mag.com/art/83132.html 2020-03-25 13:19:30
antenna 気鋭のインディーロックバンド・No Busesが池下UPSETに登場。ニトロデイ、おとぎ話と共演。

先日、トリプルA面シングル「Imagine Siblings/ Number Four or Five/ Trying Trying」をリリースした4人組インディーロックバンド・No Busesが、3月26日(木)池下・CLUB UPSETにて開催される「ROCK  the ROCK!! ~UPSET中井53祭~」に登場。

No Busesは2016年結成でありながら「出れんの!?サマソニ!? 2018」を経て、サマーソニック2018に出演し話題を呼んだ注目の存在。バンド名の由来はArctic Monkeysの曲名から取られたもので、音楽性もそれに影響されている。海外でも認知され始めており、国内外でその評価を高めているバンドだ。

今回の対バンは、ニトロデイ、おとぎ話という国内インディーファンにはたまらないラインナップとなっている。

 

 

]]>
https://liverary-mag.com/music/83033.html 2020-03-24 14:50:16
『コロンバス』:小津安二郎にオマージュを捧げたコゴナダ監督初長編作!モダニズム建築への恋文とも言える映像美。


R・ブレッソン
A・ヒッチコックなどについてのドキュメンタリー作品を発表してきたコゴナダ監督『コロンバス』が、3月28日から名古屋シネマテークにて上映される。

舞台はモダニズム建築の宝庫として知られるインディアナ州コロンバス。建築学者の父が倒れたという報を受け、韓国に移住していた息子のジンはコロンバスを訪れる。父との確執もありこの街に留まることを厭うジンが出会ったのは、夢を諦め母の看病を理由にこの街に留まる図書館員のケイシー。どこまでも対照的な二人の運命が交錯し、建築を巡り、語ることで、それぞれの新しい人生に向かって歩き出す…。

本作は、小津映画に欠かせない脚本家の野田高梧に因んでコゴナダと名乗る監督による長編デビュー作。主人公のジンを演じるのは『スター・トレック』『search/サーチ』のジョン・チョー。ケイシー役には『スプリット』『スウィート17モンスター』のヘイリー・ルー・リチャードソン。すべてのカットがコロンバスのモダニズム建築への恋文とも言うべき映像美に彩られ、世界中の映画祭で絶賛された本作をぜひこの機会に。

 

]]>
https://liverary-mag.com/cinema/83049.html 2020-03-23 12:15:27