ja LIVERARY – A Magazine for Local Living http://liverary-mag.com 東海エリアを中心にローカル/カルチャートピックスを発信・提案する、ウェブマガジン「LIVERARY(ライブラリー)」です。 ja (c) LIVERARY MAGAZINE ALL RIGHTS RESERVED. 1 2020-03-16 02:23:17 https://liverary-mag.com/wp/wp-content/themes/liverary/images/smartnews_logo.png <![CDATA[元カメラ屋を改装したマイクロホテル「Okazaki Micro Hotel ANGLE」が岡崎市にオープン!山梨ワインが楽しめる週末限定バーも。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/84336.html https://liverary-mag.com/lifestyle/84336.html 2020-07-01 23:00:25

 

元カメラ屋をリノベーションしたマイクロホテル「Okazaki Micro Hotel ANGLE」が岡崎市街にオープンした。

ホテル名「ANGLE(以下:アングル)」は、元岡崎市で一番古いカメラ屋として賑わいを見せていた思いを引き継ぐとともに、岡崎市内外のさまざまな視点が交わる場所にしたいと思ったことが由来。「ただ見るだけの観光から、〈五感を使って感じ取れる感光に〉という意味が詰まった、〈暮らし感光〉 というキーワードをテーマに、今後は「暮らし感光案内所」として街の楽しみ方の案内や企画を展開していく」のだそう。

マイクロホテルとは、日本のカプセルホテルなどを参考に、海外の高価なホテルが地下の高い場所で、部屋が通常よりも狭くとも、効率良く且つお洒落にしたホテルのこと。

ゲストハウスのようなドミトリーではなく、アットホームなコミュニティは形成するものの、小さいなりにもしっかり休めるような部屋づくりがなされている。

また、インテリアや木材などは、地元の企業や職人によって手がけられたものを使用しており、地域を感じてもらえるような工夫も魅力だ。

 


1F


客室

 

コミュニティスペースとして、開放的なテラスや宿泊客以外も楽しめる週末限定でのバーも併設。バーでは、オーナーが山梨出身であることから山梨ワインを中心に、なるべく繋がりがあり、つくり手の顔が見える商品を扱っていく。

 


テラス

 

また、今後フォトグラファーと連携して写真の展示やホームページ内に写真とローカルの暮らしを伝えるオウンドメディアを作成予定なのだそう。今後も注目していきたい。

 

 

 


 

]]>
LIFE STYLE H.USAMI active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[中村佳穂BAND、シアターブルック、ドレスコーズ参加メンバーも在籍する、名古屋の6人組インストゥルメンタルバンド・egoistic 4 leavesが新作をリリース。生配信&限定観客ライブも開催予定。]]> https://liverary-mag.com/music/84344.html https://liverary-mag.com/music/84344.html 2020-07-01 11:00:11

 

中村佳穂BAND、シアターブルック、ドレスコーズ参加メンバーも在籍する、名古屋の6人組インストゥルメンタルバンド・egoistic 4 leavesが新作をリリースする。

71日(水)に先行でシングル「10」を配信、MVを公開。さらに、同日71日(水)には2012年の1stアルバム『aluva』のリマスター版も配信リリース。そして、729日(水)に2ndフルアルバム『debris』をCD&配信リリースする。(「10」は、2ndフルアルバム『debris』に収録。)

2ndフルアルバム『debris』は、egoistic 4 leavesによる約8年ぶりとなるアルバム。全曲のプロデュース、レコーディング、ポストプロダクションを中村佳穂BANDのメンバーであり、自身もビートメイカーとして知られるMASAHIRO KITAGAWAが担当。マスタリングはキングギドラ、ラッパ我リヤ、JJJ、舐達麻など数多くの日本語ヒップホップの金字塔アルバムに携わった東京録音の代表、塩田浩が手掛けた。佐藤タイジ(シアターブルック)、ドレスコーズ、中村佳穂BANDなど、これまでにメンバーが参加してきたプロジェクトからのフィードバックを携えて、さらなる強靭さと洗練さに磨きをかけた彼らの新作となっている。

アルバム発売に先駆けて、711日(土)には、名古屋・新栄のLive & Lounge Vioにて生配信&限定観客ワンマンライブも行われる予定だ。詳しい情報は、バンドのTwitterにてチェックしてみてほしい。

 

egoistic 4 leaves10

]]>
MUSIC H.USAMI active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋発PUNK経由のファッションブランド「MURAKADO」が、栄・MAD BOXXXにてPOPUPSHOPを開催。新作の笠入れ、シースルーがま口、相撲Tシャツなどを販売。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/84346.html https://liverary-mag.com/lifestyle/84346.html 2020-07-01 10:23:01

 

 

ポップでクレイジーなデザインで話題の名古屋発ファッションブランド・MURAKADOが、7月3日(金)〜7月12日(日)の9日間、栄のギャラリースペースMAD BOXXXにてPOPUP SHOPを開催する。

MURAKADOは、名古屋のパンクバンド・SIKASIKAメンバーとしても活躍し、現在はデザイナーの村門ちあきと、切腹ピストルズ隊員であり、がま口職人でもある村門祐太という個性溢れ出る2人による、「がま口」や「巾着」などのアイテムを取り扱うファッションブランド。

LIVERARY LIVERALLY にも登場▼

 

今回のポップアップでは、切腹ピストルズ・隊長描き下ろし!による日本狼のイラストを起用した新作笠入れをはじめ、カラフルなシースルーがま口、一点モノアイテム、相撲柄Tシャツ、アクセサリーなどが販売される予定。

 

 

 

 

 

]]>
LIFE STYLE LIVERARY STAFF active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[豊田市にOPENしたばかりの週末限定コーヒーショップ・East Enders Coffeeが、名古屋拠点で活動するファッションデザイナー・日下宗隆の個展を開催。]]> https://liverary-mag.com/art/84310.html https://liverary-mag.com/art/84310.html 2020-07-01 09:45:22

 

名古屋拠点のファッションデザイナー・日下宗隆が、自身の人生や生命力をテーマとした個展『[ life ] Works』を、7月4日(土)~7月26日(日)まで開催。会場は、豊田市の週末だけOPENするコーヒーショップ・East Enders Coffeeにて。

 

 

<以下、作家ステートメントより> 

「これからの人生の中で制作活動を続けていきたい」という願いと、
「自分の人生を表した作品を作りたい」という想いを込めた展示です。
作品制作する上で向き合ってきた「生き物や生命力=life」といったモチーフを介して、
その場や作品を見て頂いた方達に、少しでもポジティブな気持ちになってもらいたいと
意味を込めて [ life ] Worksというタイトルにしました。
 
 

 

今回の会場であるEast Enders Coffeeは1年半のシェアコーヒースタンド期間を経て、5月2日(土)に豊田市西町に実店舗をオープン。毎週土日のみの営業スタイルで、スペシャリティコーヒーを中心にBean to Bar Chocolateやミートパイも販売している。アートギャラリーも併設し、今後も展示企画を行っていく予定とのことで、ローカルから発信されるカルチャースポットの一つとして今後も注目していきたい。

 

 

]]>
ART LIVERARY STAFF active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[【REVIEW】夏目知幸(シャムキャッツ)、どついたるねん、RAMZA、CVN、6EYES&呂布カルマ、Campanellaら約30組/20会場が参加。怒涛の3DAYS配信ラリー「LIVERARY LIVERALLY-YOUR CITY IS GOOD-」を振り返るダイジェストムービー公開!再UP動画も。]]> https://liverary-mag.com/feature/84279.html https://liverary-mag.com/feature/84279.html 2020-06-30 08:00:23

 

5月15日(金)〜17日(日)の三日間に渡り、名古屋、岡崎、岐阜、東京、大阪の約20会場から配信されたライブ・ラリー企画「LIVERARY LIVERALLY – YOUR CITY IS GOOD」が開催された。

同企画は、開催中止となった人気野外フェス「森、道、市場2020」の配信企画「森道市場をお茶の間で」の一環であり、LIVERARYによって独自に企画された裏番組的配信企画。

参加アーティストは、夏目知幸(シャムキャッツ)、どついたるねん、RAMZA、CVN、6EYES(客演:呂布カルマ)、Campanellaら遠方からの中継ゲストやローカル勢によるライブのほか、大橋裕之、小田島等による似顔絵出店、チーム未完成によるZOOMトーク企画「スナック未完成」などを含め約30アーティストが参加。告知内容は前回掲載記事にて。

 


5月16日(土)出演。夏目知幸(シャムキャッツ)※写真は視聴者から寄せられたもの

 

撮影時は、東京、大阪会場以外はほぼ全ての会場をLIVERARY撮影クルーが駆け巡り、カメラのセッティング&撤収を繰り返しながら、各会場から生配信を行った。そんな怒涛の3日間を4分間にまとめたダイジェストムービーが完成。映像内には視聴者たちから寄せられた、配信時のSNS投稿画像なども使用されている。

 


使用楽曲:当日の配信音源から使用(前半:RAMZA、後半:THE ACT WE ACT、エンディング:OGRE YOU ASSHOLE)

 

また、今回のタイミングで配信後閲覧不可となっていた動画や、配信トラブルにより音声・映像に不具合が生じた動画を改めて撮影データから編集し直し、「再放送版」として公開。

(※配信トラブルに良い状態でのライブをお届けできなかった部分について、当日楽しみにしていた視聴者の方々や関係者の方々にはこの場を借りてお詫びいたします)

 

 


5月17日(日)出演。MOOLA(YANGGAO)

 

当日リアルタイムで観覧できなかった方も、この機会に改めて「LIVERARY LIVERALLY」を追体験してみてほしい。

 

全アーカイブ再生リストはコチラ▼

 

全出演者・会場、視聴者の皆さん改めて有難うございました。この配信以降、緊急事態宣言は解除され、名古屋エリアは徐々にイベントなども行われるようになってきました。コロナ危機を経て、次のタームに入りつつある世の中ですが、LIVERARYは今後もローカル/カルチャーを発信していきます。宜しくです

最後に、同番組の制作費(アーティストギャランティ、会場への協力金、スタッフ人件費等)は全て視聴者からのドネーション(寄附金)から分配される形となっているため、お気持ちがある方はぜひ〈ドネーションチケット〉をご購入くださいませ!

 

 

 

<以下、企画概要>

まちもひとも、そこにあるカルチャーも。
そろそろきっと元気な姿を見せてくれるはず。

ローカル/カルチャーメディア「LIVERARY」は、さまざまなカルチャーのある場(店、施設)と、所縁あるアーティストをつなげ、ライブ配信&記録していくシリーズ「LIVERARY LIVE RALLY -YOUR CITY IS GOOD」を企画しました。

(すべて無観客、無料公開、投げ銭式です。ご支援いただいたドネーションは今回のLIVERARY配信企画に関わってくれた会場、アーティスト、スタッフに分配されます)

ドネーションはコチラから▼
https://liverary.stores.jp/?category_id=5ebc2ce9cee9ea121bb3c370

この動画を介して、多種多様な「場」×「人」=個性豊かな「まち」のローカル/カルチャーが浮かび上がってくるはず。あなたもおうちに居ながらにして、LIVERARYといっしょに“ライブ”を“ラリー”してみてください。

ステイ・ホーム・ウィズ・カルチャー!ユア・シティ・イズ・グッド!

 

参加アーティスト:
DJデンジャラスハーブ/sonodoms/MIGHTY MARS/yusukeuchida/nutsman/Tamachanman/Yuma/島なぎさ(ex.小鳥美術館)/小池喬(シラオカ)/大橋裕之/村門祐太(切腹ピストルズ)/夏目知幸(シャムキャッツ)/RAMZA/CVN/小田島等/林隆司(killerpass)/TORSO with HAIR STYLISTICS/EXTRUDERS/wagot/GOFISH/どついたるねん/THE ACT WE ACT/珍盤亭娯楽師匠/やついいちろう(エレキコミック)/松本素生(GOING UNDER GROUND)/6EYES/呂布カルマ/チーム未完成/MOOLA/N.I.W.A./OGRE YOU ASSHOLE

参加会場:
スペースたのしい(名古屋・北区)/YOK SOK (大阪・道頓堀)/LOVE(愛知・岡崎)/allfo(岐阜)/have a good time&Pharmacy coffee(名古屋・鶴舞)/ON READING(名古屋・東山公園)/FILE-UNDER(名古屋・大須)/大大大(名古屋・今池)/ VOID(東京・阿佐ヶ谷)/unlike.(名古屋・栄)/spazio rita(名古屋・栄)/rivelesk(名古屋・今池)/BUSHBASH(東京・小岩)/シネマテーク(名古屋・今池)/都内某所公園(東京・北区)/HUCKFINN(名古屋・今池)/まら(東京・高円寺)/live&lounge vio(名古屋・新栄)/YANGGAO(名古屋・浄心)/KAKUOZAN LARDER(名古屋・覚王山)

 

]]>
FEATURE T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[街の声、作家たちの想いに耳を澄ませ、Withコロナ時代にどう向き合うかを考える…名古屋・港まちにて2つの展示が開催中。平山昌尚、丹羽良徳、鷲尾友公ら数十名の作家たちによる出展も。]]> https://liverary-mag.com/art/84235.html https://liverary-mag.com/art/84235.html 2020-06-30 01:00:31

 

6月27日(土)よりMinatomachi POTLUCK BUILDING(港まちポットラックビル)の2F、3Fの展示スペースにて、展覧会「まちを残す|people talk about what they do」「ミナト・ノート」が開催中。主催は、名古屋の港まちエリアで街づくりを行う、港まちづくり協議会

2F、Project Spaceでの展示は、み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクトvol.5「まちを残す|people talk about what they do」。街に暮らす小学生から90代まで約50人の、コロナ禍を生き抜く人々のリアルな声を集積した展示となっている。み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクトは今年で5回目。名古屋の港まちに暮らす個人のエピソードを集めた展示を通し、次世代の街づくりを考える機会を提供している。

 

 

3階、Exhibition Spaceの展示は、名古屋の港まちを舞台としたアートプログラム、Minatomachi Art Table, Nagoya[MAT, Nagoya]企画の「ミナト・ノート」。MAT, nagoyaがこれまで共にイベントを作り上げてきた国内外のアーティスト・表現者のうち、平山昌尚鷲尾友公をはじめとする数十名のアーティストらが参加。

参加アーティストには、コロナの蔓延する中何を考え、どう過ごしているのかについてアンケートを行ない、その回答がテキストや画像を交え紹介される。また、国内外様々な場所にいる彼らから思い出される港まちの風景が、日記や写真などによって表現される。

 

 

これまでのアーティストらの滞在制作の様子 撮影|藤井昌美、三浦知也、ほか

 

「ミナト・ノート」の展示は、新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、MAT, Nagoyaのウェブサイト上でも掲載予定。

コロナの流行を経て、変わりゆく街づくりについて考えるきっかけとなるだろう。

 

]]>
ART LIVERARY STAFF active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[Campanella×RAMZAによる12曲の音源、Tシャツ、ステッカーなどリミテッドアイテムをパッケージした『MDM 10TH ANNIVERSARY PACK』がリリース。]]> https://liverary-mag.com/column/84258.html https://liverary-mag.com/column/84258.html 2020-06-29 03:30:25

 

名古屋を拠点に全国的な活動を続けているラッパーの一人、Campanellaが名古屋で開催し続けてきたパーティーMadeday Maider」の十周年を記念したリミテッドアイテムが本日リリースされた。

その内容は、今回用に作られたアニバーサリーなデザインTシャツ、ステッカーやピンズなどの限定マーチャンダイス、そしてCampanella x Ramzaによる完全限定音源「NOODLE」のデジタルデータを封入した『MDM 10TH ANNIVERSARY PACK』というもの。

 

 

《MDM 10TH ANNIVERSARY PACK》

発売日 6/29/2020

価格: 6,600円(税込)

内容:    

・MY DEAR MOMENNT T-Shirts

・MDM pins x2

・MDM Post Card x1

・NOODLE Sticker

・Campanella x Ramza –  “NOODLE” Download Code

 Artist:  Campanella x Ramza

 Title:  NOODLE/Format: Digital    

 

 


Tシャツのインクカラーはグレー、グラデーションの二種。


NOODLE ジャケット

 

《”NOODLE”トラックリスト》

1.TOUCH REMIX
2.Birds REMIX
3.MDMER
4.Little Boy Blues REMIX
5.Nine Stories REMIX
6.Relax,Break REMIX
7.Dr.HoFmaN REMIX
8.Habit REMIX
9.shoo-in REMIX feat C.O.S.A.&NERO IMAI
10.Stay Mellow
11.Rick and Morty
12.YOURS MY VIEW

 

 

<以下、レーベルより届いたコメント>

名古屋CLUB JB’Sで不定期開催されているパーティー”MADE DAY MAIDER”。

名古屋・栄の女子大小路から地下に通ずる階段を降りると、その先には素晴らしく奇妙な世界が広がる。ようこそ、MdMへ。

RAMZA、Free Babyronia、C.O.S.A.の3人が構想した同名ビートメイカーチームのアイデアから発展し、CampanellaによるオーガイズでスタートしたMdM。ジャンルや分野を超えて集った精鋭たちが大切に育んできた夜のプレイグラウンドは、名古屋のみならず全国各地の音楽好きを惹きつけ、今年で発足10周年を迎える。

その記念すべき節目に、Campanella & RAMZAが“MY DEAR MOMENT”をテーマとした全12曲の音源『NOODLE』をダウンロード形式で発表する。同時発売される”MdM 10TH ANNIVERSARY PACK SET”は、同パーティのアートワークを手がけてきたMUSKOKUNによる10周年を記念としたTシャツ、ステッカー、缶バッチ、ポストカードを同梱したスペシャルなものだ。

COVID-19の緊急事態宣言下で怒濤のように制作が行われたCampanella & RAMZAの音源『NOODLE』は新曲「Rick and Morty」に加え、2人がコラボレーションを行った2016年のアルバム『PEASTA』収録曲をはじめ、Campanellaが過去に発表した楽曲をRAMZAがリミックス。また、Campanellaも自身のリリックへのアンサーやアップデートを新たに行うなど、従来のリミックスのアプローチから積極的に逸脱したMdMマナーのスリリングな作品となっている。

はかなく美しい刹那の一夜を終えるパーティさながらに完全数量限定でのリリースとなる今回の作品は、MdMに足を運び、あの特別な空間を愛する方々はもちろん、現場から離れた場所からMdMの特別な瞬間を夢想する方、はたまた、今回、初めてMdMと出会った方まで、全ての人に開かれている。

Text by Yu Onoda

 

 

販売サイト:

https://maiders.theshop.jp/

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[独自感性でネオ・ヒッピースタイルを表現するブランド「rose99」が大須のセレクトショップ・The Sessionsにてポップアップストアを開催。オープニングパーティー、会場限定アイテムも必見!]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/84219.html https://liverary-mag.com/lifestyle/84219.html 2020-06-29 03:13:35

 

ヒッピーライクなアイテムを中心に展開する気鋭ブランド「rose99」。愛知県外でのPOP UP出店や、フリーマーケットイベントなどで目にする機会が増え、注目の集まる同ブランドが、7月4日(土)〜7月12日(日)の期間、大須のセレクトショップ・The Sessionsにて1週間限定のポップアップストアを開催。

 

 

70年代の自由を求める若者たちの姿勢をアップデートし、多様な価値観の中で生きる全ての人に向けたアイテムを多数用意。ブランドイメージを表現するハンドメイドアクセサリーや、サイケデリックなタイダイTシャツ、グラフィックアイテム、海外買い付け雑貨・衣料など、陽気な夏の日差しに合わせたくなる物が見つかるはず。

 

上記写真のTシャツは、ポップアップ限定販売となる。

 

ポップアップと同時にオープニングパーティーとクロージングパーティーも開催される。当日はライブペイントや、同ブランドにゆかりのある19組のDJの出演とフードの出店もあるので、時間を忘れてrose99が表現する空間を楽しんでみてはいかがだろう。

]]>
LIFE STYLE Y.SHIBATA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋の人気マーケットイベント「SOCIAL TOWER MARKET」主催チームが新プロジェクトを発足!移動型店舗「KIOSK TRUCK」の企画・実現に向けてクラファンを開始。リターンに、鷲尾友公Tシャツやトラック使用権など。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/84207.html https://liverary-mag.com/lifestyle/84207.html 2020-06-25 09:59:55

 

SOCIAL TOWER PROJECT」チームが、変幻自在な移動型店舗『KIOSK TRUCK』を作るためのクラファンに現在、挑戦中だ。

SOCIAL TOWER PROJECT」は、名古屋テレビ塔周辺にて開催されてきた名古屋エリアの人気マーケットイベント「SOCIAL TOWER MARKET」を主催してきた。2012年にスタートし毎年開催されてきたが、昨年は、20191月より始まった名古屋テレビ塔のリニューアル工事により、会場を名古屋城に変更し「SOCIAL CASTLE MARKET」として開催された。

 


TV塔周辺に広がる公園を社交場とした「SOCIAL TOWER MARET」の様子

 

今回、「名古屋テレビ塔のリニューアルに伴い、「SOCIAL TOWER PROJECT」も長年温めて来たネクストステージに向かう」のだそう。そのネクストステージとして企画された新プロジェクトが、変幻自在な移動型店舗・KIOSK TRUCKというわけだ。

KIOSK TRUCKは、さまざまな場所で「拠点」を作ることができ、その場を社交場へと変化させる。トラックには、キッチン設備、グッズの販売ができる棚、DJブースとしても使える音響設備なども用意されるため、レストランやバー、ポップアップショップ、ステージ、ギャラリーなど様々な用途で使用できる。

 


KIOSK TRUCKイメージ写真


KIOSK TRUCKイメージ図

 

クラウドファンディングのリターンには、KIOSK TRUCKで使えるドリンクチケットや、過去に「SOCIAL TOWER MARKET」のポスタービジュアルを担当したアーティスト・鷲尾友公描き下ろしイラストが施された「オリジナルサポーターTシャツ」や「シルクスクリーンポスター」、KIOSK TRUCK貸切権など盛りだくさん。

気になる方はサイトを是非チェックしてみてほしい。

 


「SOCIAL TOWER MARKET」ポスターアーカイブ。鷲尾友公は2013年を担当。


鷲尾友公によるイラストイメージ

]]>
LIFE STYLE H.USAMI active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[コラージュのような表現で、平面画や動画作品を制作してきた名古屋在住の画家・伊藤潤が、今池の自宅アトリエにて個展を開催。]]> https://liverary-mag.com/art/84189.html https://liverary-mag.com/art/84189.html 2020-06-21 06:26:25

 

 

名古屋を拠点に活動する画家・伊藤潤が、6月27日(土)~7月5日(日)の間、今池のアトリエスペース1階にて個展「現自点」を開催する。

伊藤潤は、2010年から木炭、パステルによるドローイング作品を制作。2013年の個展以来、アクリル、墨、スプレーなどのペインティング作品に加え、それらをもとに映像作品も制作してきた。

本展では2018年以降に制作した作品を中心に展示を行う。

 

 

 

 

]]>
ART K.NAKASHIMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[覚王山に新たなカルチャースポット!?ギャラリー&バー「OFF THE RECORD」が誕生。オープニングイベントは、TEKUN WAS HERE、m2nによる展示を開催。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/84174.html https://liverary-mag.com/lifestyle/84174.html 2020-06-19 08:17:21
 
 
名古屋・覚王山の人気ハンバーガーショップでありカルチャースポットとして知られるKAKUOZAN LARDERのお隣に何やら怪しげな!?なショップが出来たらしい…と界隈で噂となっている場所が、6月20日(土)にオープンを迎える。
 
店の名は、Limited Gallery & Bar「OFF THE RECORD」。略称はオフレコ。名古屋をはじめ、東京、大阪、福岡などの日本各地からアーティストを招いたエキシビションやポップアップ企画を、2年間の期間限定で開催していく場となるそうだ。
 
 
 
 
空間コンセプトは、〈大人たちの秘密の砂場〉。店内に入ると、フロア全てに砂が敷かれていることに驚く。壁面は全て木。什器は、空のレコード棚のようにも見える白いボックスのみ。
 
 
 
 

イベントのない日程は、BAR営業スタイルとなり、昼・夜ともにお酒とおつまみを提供。おつまみメニューは、日本海・能登で獲れた干物を中心に、その時期の旬の食材(スルメイカ、魚、サザエ、海藻類)を現地直送で仕入れたもので全て1コイン価格となるそう。

 
そんなオフレコのオープニングを飾るイベント「2 Weeks Reception Event」が、6月20日(土)〜7月2日(木)まで開催される。
 
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オフレコ(@offtherecord_offreco)がシェアした投稿

 
このオープニング企画では、オフレコのメインビジュアルを手掛けた福岡在住のイラストレーター・m2nと、名古屋在住の美術作家・Washio TomoyukiによるTEKUN WAS HEREの2名によるスプリット・エキシビションを開催。
 
また、東京発のオルタナティブ・ストリートブランド、STS bagsや、オフレコオリジナルのタンブラーなどのグッズも並ぶ。さらに期間中、日替わりゲストマスターを迎える企画も行われる。ゲストマスターの詳細は、オフレコのインスタグラムにて順次発表されていく。気になる方はチェックしてみて。
 
 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

オフレコ(@offtherecord_offreco)がシェアした投稿

 
 
]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[伏見・長者町のビル一棟丸ごと使って開催された、農業×アートプロジェクト「ART FARMing」が、記録誌出版記念イベントを配信企画として2日に渡り開催。]]> https://liverary-mag.com/art/84153.html https://liverary-mag.com/art/84153.html 2020-06-19 07:26:21

昨年、長者町にある旧綿覚ビル一棟全フロアと周辺各所を使って開催されたアートプロジェクト「ART FARMing(アート・ファーミング)」の記録誌が完成。その出版記念イベントが、昨今の情勢を鑑みオンライン上の放送メディアイベント 「ART FARMing TV」 として6月20日(土)、21日(日)2日間に渡り開催される。

 

 

〈会わなくても面白い〉をキーワードに、放送という表現に対して、また今後の新しいアートの可能性を問う企画となるのだそう。初日は定番 TV番組になぞらえた導入企画やウェブ上のパーティーなどが開催される予定。2日目はART FARMing参加アーティストたちが企画したオリジナル番組が次々と行われる。

〈以下、ART FARMing開催時の様子〉

配信当日、観客は入場不可だが、ART FARMing開催会場として使用されていた長者町・旧綿覚ビル(2020年6月より、長者町コットンビルとしてリニューアルオープン予定)からの放送も予定されている。

放送は全て特設されたYouTube Liveにて。視聴無料。

また、「ART FARMing」の記録誌もHPにてPDFダウンロードが可能となっているので、今回の放送と合わせてチェックしてみてほしい。


ART FARMing記録誌

 

]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[今池の呑処・大大大が約3ヶ月の休業期間を経て、リニューアルオープン!オープン初日は、三味線隊が店内BGMを生演奏。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/84141.html https://liverary-mag.com/lifestyle/84141.html 2020-06-18 08:36:40

 

コロナウィルス感染拡大を避け、2020年4月に店を閉める判断をした今池の呑処・大大大が、約3ヶ月ぶりに復活!6月19日(金)リニューアルオープンを果たす。

オープン初日は、配信企画「LIVERARY LIVERALLY – YOUR CITY IS GOOD -」に登場した村門祐太(切腹ピストルズ)による寄席で、お囃子を担当した三味線隊(村門ちあき、奥田早織)が出演し、店内生BGMを演奏する予定だ。

自粛期間中に、店主 ・吉村大地自ら行った大規模な内装工事や、至る所に追加された装飾造作、外壁に描かれた鷲尾友公描き下ろしの壁画など、店舗そのもののアップデートにも注目してほしい。

 


※6月19日当日は村門祐太(切腹ピストルズ)の寄席出演はありません

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大大大(@daidaidai_imaike)がシェアした投稿

]]>
LIFE STYLE T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[時代をこえて愛される「かわいい」の世界。OSAMU GOODS(オサムグッズ)の生みの親、原田治の没後初の全国巡回展が開催。]]> https://liverary-mag.com/art/84136.html https://liverary-mag.com/art/84136.html 2020-06-18 10:30:43

 

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」を手掛けたイラストレーター、原田治の展覧会が、清須市はるひ美術館にて7月4日より開催。

イラストレーター、原田治(1946-2016)は、50-60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けた、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたイラストレーションが特徴。1970年、当時創刊された雑誌「an・an」でイラストレーターとしてデビューし、カルビー「ポテトチップス」のマスコットキャラクターやミスタードーナツの景品、マザーグースの世界をテーマにしたオリジナルキャラクターグッズ「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」など多岐にわたる活動で人気を博し、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えた。

本展では、広告・出版・各種グッズなどさまざまな分野にわたる作品を中心に、幼少期から20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示する。

また、今回の展覧会に合わせ制作された新アイテムや、復刻版など、さまざまなOSAMU GOODSの販売も。

]]>
ART Y.KURODA active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[岐阜県出身都内在住のアーティスト・TOMASONが描いたオリジナルモンスター図鑑『MONSTER BOOK』出版記念企画展が、名古屋・KAKUOZAN LARDERにて開催。]]> https://liverary-mag.com/art/84089.html https://liverary-mag.com/art/84089.html 2020-06-12 12:11:57

 

岐阜県出身で現在は都内を中心に活動しているアーティスト・TOMASON。彼が10年間描き続けている独自のモンスター画を集めた図鑑『MONSTER BOOK』が発売された。それに伴い『TOMASON monster book tour “MONSTERS’ROUTINE”』と題された企画展がKAKUOZAN LARDERにて、6月19日(金)~ 6月29 日(月)まで開催される。

 

MONSTER BOOK』はTOMASON初の作品集であり、アートディレクター兼グラフィックデザイナーの吉田昌平が主催する出版レーベル『白い立体』より上梓された。

 

TOMASONは2018年にもKAKUOZAN LARDERにて個展を開催。さらに2018、2019年には地元・岐阜県可児市にて二度、大規模なアートフェスを開催している(その時のレポート記事はこちら▼)。

【REVIEW|KEN GIFU CULTURE SUMMIT】アイドル、現代美術、地元のツレ、のど自慢、ロキノン系バンド……岐阜出身の若手作家・TOMASONが表現した総合アートショー、潜入レポ。

【REPORT】ポップな色彩のモンスター画が話題の作家・TOMASONが地元・岐阜県可児市で大規模展。アート/ローカル/カルチャー混合のテーマパーク「TOMASON LAND」の正体とは?

 

2019年に岐阜県可児市の寺で行った「TOMASON LAND」のサテライトイベントとしてLIVERARY officeにてモンスター似顔絵屋として登場。現在は、東京・青山にMATというギャラリーを構え、キュレーターとしても活動中!と単なるイラストレーターに留まらないアクションを平然と成し遂げてきたと言える。そんなTOMASONがカラフルなモンスターたちを引き連れパワーアップして名古屋に帰ってくる今回の展示、ぜひこの機会に体感してみてはいかがだろう。

]]>
ART LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[マスキングテープブランド「mt」主催のアート展が、岐阜・美濃の古民家宿「NIPPONIA美濃商家町」にて開催中。会場限定の「mt」も販売。]]> https://liverary-mag.com/art/84111.html https://liverary-mag.com/art/84111.html 2020-06-13 08:00:28

 

マスキングテープのトップブランド「mt」を展開するカモ井加工紙による「mt art project VOL.」が、NIPPONIA美濃商家町にて現在開催中だ。会期は、66日(土)~616日(火)。入場無料。

 

 

mt art project」は、マスキングテープを使ったテープアートの世界を知ってもらうことを目的とした展覧会。今やテープは、ファインアート、インスタレーション、ストリートアート、イラストレーションやタイポグラフィーと幅広いジャンルに用いられており、国内外で活躍するアーティストの作品が並ぶ。今回参加するアーティストは、KlebeBandeMark KhaismanTape That、佐藤修悦、船原七紗ら。ポップアップストアもあり、今回のイベント&美濃会場限定「mt」も販売されているのでお見逃しなく。

 

 

会場は、2019年夏にオープンしたばかりの岐阜・美濃の古民家宿「NIPPONIA美濃商家町」。

1300年も長い歴史の美濃和紙とともに栄えた美濃の町の和紙原料問屋であった松久才治郎別邸をリノベーションして生まれた、美濃のニュースポットだ。今企画展では、宿の一室を空間デザインし、作品展示を行う。

 

なお、「NIPPONIA美濃商家町」は現在、新型コロナウィルスの影響で予約が減少した宿泊施設に、ウィルスの影響が少なくなった後泊まることのできる、先売りのチケット「未来に泊まれる宿泊券」を販売中だ。こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

]]>
ART H.USAMI active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[現代音楽とアンデス音楽を演奏するギタリストとして世界的に活躍中の、笹久保伸が配信ライブを開催!会場は本作のアートワークを手がけた、鷲尾友公の個展会場と新スタジオから!]]> https://liverary-mag.com/art/84080.html https://liverary-mag.com/art/84080.html 2020-06-11 12:14:38

 

現代音楽とアンデス音楽を演奏するギタリストとして世界的に活躍中の、笹久保伸によるニューアルバム『PERSPECTIVISMのリリースを記念して、6月13日(土)、14日(日)に配信ライブが開催される。会場は本作のアートワークを手がけた、鷲尾友公の個展会場(ON READING)と、鷲尾友公の新しい制作拠点となる日の出スタジオ。

尚、6月13日(土)のON READINGでは、限定5名のみ、会場で生で観覧することができる。(要予約)

配信ページ:http://www.hinode.studio/breathe/

 

(会場のON READINGでは、鷲尾友公によるシルクスクリーン作品も限定販売中。)
]]>
ART Y.KURODA active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[世界中で活躍中のダンサー、浅井信好による配信トークライブを開催。舞台芸術からアンダーグラウンドに至るまで、名古屋のキーマンを招き語り明かす。]]> https://liverary-mag.com/art/84074.html https://liverary-mag.com/art/84074.html 2020-06-11 10:01:29

 

世界を舞台に活躍中の名古屋在住のコンテンポラリー・ダンサー、浅井信好が芸術監督を務める、DANCE HOUSE黄金4422が配信トークライブをスタート。

毎週金曜日に開催予定となっており、6月12日(金)には愛知芸術劇場シニアプロデューサーとして長年愛知県の舞台芸術を牽引し、世界各国の有名カンパニーの招聘やプロデュース作品を手掛けてきた唐津絵理を招き、ダンスハウスについて、そして横浜に新しく生まれたDance Base Yokohama(DaBY)についてトークする。また、6月19日(金)には、ストリートダンス・シーンから、UC(daft/INDIAN CREW)、Hirotottiを招き、愛知のストリートダンスの歴史、そしてコンテンポラリーダンスとの新たな可能性について考察する。

今後、様々なゲストを招きトークを行う予定。

 

]]>
ART Y.KURODA active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[多治見エリアのテイクアウトマップを、岐阜在住の作家・山田那美が手描きで制作。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/83978.html https://liverary-mag.com/lifestyle/83978.html 2020-05-29 09:56:33

(画像は5月15日時点のものです。)

すべて手描きの描き下ろしで制作された多治見エリアのテイクアウトマップが公開中(掲載店舗は今も随時更新中)。制作したのは、神戸出身で現在は岐阜県東濃地方に在住の作家・山田那美

多治見のカレー屋・NEU!の店主が漏らした「せっかくテイクアウト情報を掲示しているけど地図がない」という言葉を耳にした作家・山田那美は、「誰かやってくれるまで待っていてはいけないかも」と思い、「TAJIMI TAKE OUT MAP」を制作。「少しでも飲食店の力になればと」テイクアウトを利用する中で芽生えた、テイクアウトの協力者を募りたいという思いも込められている。

パソコンが不得意であるという事から、マップは全て手書き。手書きのイラストや文字によって目を惹き手に取りやすいデザインとなっている。また、できるだけ見やすく正確に、白黒印刷しても成立するような色を使用するなど様々な工夫が施されている。

このマップは、instagramのリンクから常に最新版をダウンロードすることができる。なお、紙で欲しい場合は、instagramDMで連絡するとセブンイレブンのネット印刷の予約番号を手に入れることができるそうだ。

少しずつ活気を取り戻しつつある多治見。この機会にマップを手に入れて、テイクアウトを利用してみてはいかがだろう。

 

]]>
LIFE STYLE LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[田巻裕一郎、食品まつり、RAMZA、テンテンコ、ATOSONEら15組が参加。「コロナウィルス終息後」をテーマとしたドネーションTシャツ展をspazio ritaが企画。WEBSHOP上で開催中。]]> https://liverary-mag.com/art/83985.html https://liverary-mag.com/art/83985.html 2020-05-27 11:26:39

 

現在休業している栄のアートスペース・spazio ritaが、新型コロナウィルスの影響により活動に制限が生じたアーティストたちの支援と、自店の継続運営を目的としたドネーションTシャツ企画『TIME CAPSULE』をオンライン上で開催中。

「コロナウィルス終息後の未来」をテーマに、spazio ritaにゆかりのある15組のアーティストがデザインした個性溢れるTシャツ群。Tシャツの売上は全て参加アーティストの活動支援とspazio ritaの運営支援に充てられる。

先の見えない状況だからこそ、意味が込められたTシャツたち。想像力を膨らませて選んでみては。

 

〈以下、spazio ritaオーナーよりコメント〉

現在 コロナウイルス禍により多くのギャラリー・ライブハウス・クラブ等が休業を余儀なくされています。そのことにより様々なアーティスト達のリアルな表現/発表の場が失われています。
そんなアーティスト達の活動の継続とスパジオリタの運営継続の一助とすべくアーティストグッズの販売をメインとしたウェブショップを開設しました。全てのアーティストとその表現の場はこの街の宝物です。どうぞよろしくお願いします。

 

〈参加アーティストの一部を紹介。※「 」内は作品タイトル〉

 

「収束」 hotaru

 

「STRANGE FAM」 ATOSONE

 

「二人」食品まつり a.k.a FOODMAN

 

 

「Trust You」 テンテンコ

 

「끝판왕」TAKATOSHI TAKEBE(LIVERARY)

 

「I STILL HAVE MORE TO PROVE」Ramza

「目でたいやつ」MURAKADO

 

 

「OUR WAR」YUICHIRO TAMAKI

 

 

「APOCALYPSE NOW」MISTAFILTH MAD ESPY MONSTER

 

 

「quetzal」Free Babyronia

 

 

「we are sotaro」vug

AND MORE

]]>
ART K.NAKASHIMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[Campanella、Free Babyronia、Ramza、惨劇の森、SOSOS CLUBら出演。東京・下北沢のSPREAD発の配信チャンネルに、名古屋・spazio ritaも企画協力。]]> https://liverary-mag.com/music/84017.html https://liverary-mag.com/music/84017.html 2020-05-24 10:26:05

 

いまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、日本全国各地のイベントスペース他さまざまな業態が自主的な営業自粛を行っている昨今。東京・下北沢にオープンしたばかりのSPREADは、いちはやく月額制の配信チャンネル「AMUSEMENT」を設け、音楽映像のサブスク的サービスを独自に展開し始めた。その動きに名古屋のオルタナティブスペース・spazio ritaも共鳴し、会場提供&企画協力として参画。

本日5月24日(日)は、Campanella、Free Babyronia、Ramza、惨劇の森、SOSOS CLUBが同配信番組に出演する。惨劇の森はSPREADより生ライブ配信。その他はすでに撮影済み映像の配信となる。

タイムテーブルは以下の通り

20:00 – 20:30 SOSOS CLUB
20:30 – 21:00 Free Babyronia
21:00 – 21:30 Ramza
21:30 – 22:00 Campanella
22:00 – 24:00 惨劇の森

 

今後もSPREADの配信コンテンツ「AMUSEMENT」は盛りだくさんの内容で放映される。月額1000円で見放題となっているので、気になる方はチェックしてみて。

 

 

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[「森道市場」配信企画の裏番組的企画をLIVERARYが3日間開催。各地のカルチャースポットと所縁のアーティストをつなぐ配信ラリーに、夏目知幸(シャムキャッツ)、どついたるねん、RAMZA、Gofishら。大橋裕之、小田島等の似顔絵、チーム未完成のスナック出店も!]]> https://liverary-mag.com/feature/83902.html https://liverary-mag.com/feature/83902.html 2020-05-14 03:00:53

 

開催中止となった人気フェス「森、道、市場2020」が配信企画に転じ「特別配信:森、道、市場をお茶の間で」としてオンライン上で5月15日(金)、16日(土)、17日(日)と開催される。同配信企画の1チャンネルとして、LIVERARYは「LIVERARY LIVE RALLY -YOUR CITY IS GOOD-」と銘打ったライブ配信企画を敢行。あわせて森、道、市場2020LIVERARYエリアに出店予定であった出店者たちを中心としたWEBSHOP企画(STAY) HOME CENTERをオープン。

 

名古屋を中心に県内外のローカル・カルチャーがたっぷり詰まった出演ラインナップに。

 

「LIVERARY LIVE RALLY -YOUR CITY IS GOOD」は、ローカル/カルチャーメディア「LIVERARY」が、さまざまなカルチャーのある場(店、施設)と所縁あるアーティストをつなげ、そのライブ映像を配信&記録し、3日間に渡って展開する生配信企画。

企画参加店(会場)には、ON READING、unlike.、FILE-UNDER、シネマテーク、大大大、riverlesk、HUCKFINN、スペースたのしい、live&loungeVio、spazio rita、YANGGAO,KAKUOZAN LARDER、LOVE、allfo……と業態もさまざまだが、これまでそれぞれのスタンスでローカル・カルチャーを支えてきた存在のショップが名を連ねる。これら会場それぞれに思い入れを持つアーティスト(あるいは店主自ら)が出演し、無観客ライブを展開していく。

さらに県外からの参加店もあり。関西から大衆スタンドそのだなどを経営するFERの新店舗としてオープンしたばかりのYOK SOK(大阪・道頓堀)、小田島等がキュレーションを務める、東京のギャラリースペース・VOID(東京・阿佐ヶ谷)、系列店でさまざまなアーティストやミュージシャンからも愛される山形料理の店・まら(東京・高円寺)、ライブ配信にいち早く切り替え配信イベントを続けているタフなライブハウス、BUSHBASH(東京・小岩)も参加し、計20箇所以上をつなぐ配信ライブ・ラリー企画となっている。すべて無料公開の投げ銭式となり、集まった資金は同企画の出演者、会場、運営スタッフに分配される(※投げ銭はコチラ)。

 

 

今企画を通じ、改めて多種多様な「場」×「人」=「まち」のローカル/カルチャーが浮かび上がってくるはず。あなたも自宅からLIVERARYといっしょに“ライブ”を“ラリー”してみてはいかがだろう。

 

〈以下、タイムテーブルと出演ラインナップ〉

5月15日(金)

19:00-20:00 DJデンジャラスハーブ × スペースたのしい(名古屋・北区)

20:00-22:00 DJ:sonodoms/MIGHTY MARS × YOK SOK (大阪・道頓堀)

22:00-23:00 DJ:yusukeuchida × LOVE(岡崎)

5月16日(土)

12:00-13:00 DJ:nutsman × allfo(岐阜)

13:00-16:30 DJ:Tamachanman、Yuma(from Another Radio)× have a good time&Pharmacy coffee(名古屋・鶴舞)

15:00-15:30 LIVE:島なぎさ(ex.小鳥美術館) × ON READING(名古屋・東山公園)

16:30-17:00 LIVE:小池喬(シラオカ)× FILE-UNDER(名古屋・大須)

17:00-18:30 配信似顔絵出店:大橋裕之(事前申し込み制 〜15:00締切/配信時間外対応あり)

18:30-19:00 寄席:村門祐太(切腹ピストルズ)× 大大大(名古屋・今池)

20:00-20:30 LIVE:夏目知幸(シャムキャッツ)× VOID(東京・阿佐ヶ谷)

21:00-21:30 LIVE:RAMZA × unlike.(名古屋・栄)

23:00-24:00 LIVE:CVN × spazio rita(名古屋・栄)

5月17日(日)

12:30-18:00    配信似顔絵出店:小田島等(事前申し込み制/前日23:59締切/配信時間外対応あり)

13:30-14:00 LIVE:林隆司(killerpass) × rivelesk(名古屋・今池)

14:00-15:50 LIVE:TORSO with HAIR STYLISTICS/EXTRUDERS/wagot × BUSHBASH(東京・小岩)

15:30-16:00 LIVE:GOFISH × シネマテーク(名古屋・今池)

16:30-17:00 LIVE:どついたるねん × 都内某所公園(東京・北区)

17:30-18:00 LIVE:THE ACT WE ACT × HUCKFINN(名古屋・今池)

18:00-19:30 DJ:珍盤亭娯楽師匠、DJ:やついいちろう(エレキコミック)、LIVE:松本素生(GOING UNDER GROUND) × まら(東京・高円寺)

19:30-20:00 LIVE:6EYES(客演:呂布カルマ) × live&lounge vio(名古屋・新栄)

20:00-21:00 出店:チーム未完成のスナック未完成in森、道、市場2020(事前予約制。限定2組様)

21:00-22:00  DJ:MOOLA × YANGGAO(名古屋・浄心)

23:00-24:00  DJ: N.I.W.A. × KAKUOZAN LARDER(名古屋・覚王山)

24:00-      Ending Song  by OGRE YOU ASSHOLE (※音源のみの配信となります)

 

配信出店企画「チーム未完成の『スナック未完成』in 森、道、市場2020」の参加者募集を開始!


チーム未完成

こちらの企画は、マルチな才能を発揮し続けているクリエイター女子4人組「チーム未完成」が、スナックのママとなり、招待制で行うZOOM飲み会企画。すでに数回開催され、密やかに話題となっている。


応募方法
は以下の通り

・お名前(スナックで呼ばれたい名前でOK)
・お住まいの場所(都道府県名。日本語話せるかたなら海外からでももちろん参加OK!)
・チーム未完成と話したいこと
以上を明記し、チーム未完成のInstagram(DM)にて応募が可能。※参加無料
 
応募から参加までのスケジュール:
5月14日(木)募集開始
5月15日(金)24:00募集締切
5月16日(土)当選者にチーム未完成より連絡(ZOOMのURLをお知らせ)
5月17日(日)①20:00〜20:30 / ②20:30〜21:00 (30分1セット×2名実施)の2部制。その模様はLIVERARYのYoutube Liveより配信公開される予定。※詳細についてはチーム未完成のInstagramを参照。
 
 
さらに、配信と並行しWEBSHOP企画「(STAY)HOME CENTER by LIVERARY」も。

「(STAY)HOME CENTER by LIVERARY」は、“誰でも出店できる”“創造性豊かな助け合い精神”がモットーの、新しいホームセンター。今企画ショップでは、森道市場2020 LIVERARYエリアに出店予定であった作家や出店者をはじめ、アーティストから一般人まで多種多様な出品者が名を連ねていく。同日開催される配信ライブ企画のドネーションチケットの販売他、小田島等、大橋裕之による生配信似顔絵屋さんや、チーム未完成による「あなたのZINE作ります!」といったアクション性の高い商品も。

 

最後に、

コロナ禍による多大なる被害は、企業や商店だけでなく、ミュージシャンもアーティストも、ホストもキャバ嬢も、老若男女すべてのひとに降り注ぎ、経済的/精神的に削り取られていく悲惨な日々が続いている。そんな中、この大掛かりな企画の実現に向けて協力してくれたすべての人に感謝をしつつ、今企画を通じて、ローカルにとって、カルチャーにとって、社会にとって、自分たちにとっての少しでも前に進むためのトピックとなり、LIVERARYが何かしらの役割を果たせたらと願っています。

特設サイトは5月14日(木)夜OPENの予定。お楽しみに!

]]>
FEATURE T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[【REPORT】#repartures 無観客ドネーション配信GIG、当日のドキュメンタリー映像を公開。出演者のGofish、主催者、ハックフィン店主らへのインタビューも収録。]]> https://liverary-mag.com/column/83885.html https://liverary-mag.com/column/83885.html 2020-05-10 03:00:34
主催者の一人、五味秀明(THE ACT WE ACT)

 

2020年春、名古屋・今池のライブハウス「HUCK FINN」救済企画として立ち上がった〈#repartures〉配信ライブの映像と関係者らのインタビューで構成したドキュメンタリー映像「#repartures Report」が5月9日(土)公開された。

〈#repartures〉という動きの経緯をたどると、4月11日(土)、12日(日)に開催予定であった、 約50組の県内外アーティストがジャンルレスに出演する 屋内型アルティメット・イベント〈#departures〉が 新型コロナウィルス感染拡大を懸念し、開催中止&延期となったところに遡る。

同イベント主催者である、 五味秀明(THE ACT WE ACT)、林隆司(Killerpass)、武部敬俊(LIVERARY)が中心となり、会場として使用予定であった、 名古屋・今池の老舗ライブハウス「HUCK FINN」救済プロジェクト 〈#repartures〉を始動した。

 


動画の1シーンより

 

当初予定していたイベント・タイトル〈#departures〉は〈出発〉を意味し、 今回掲げられたプロジェクト名〈#repartures〉は〈再生、再出発〉を意味する造語だ。

同プロジェクトでは、4月11日(土)、12日(日)の二日間に渡り、 地元バンドに限定したレコーディングを「HUCK FINN」内で行い、 名古屋内外の総勢14組が参加したドネーション・コンピレーション・アルバム「#repartures V.A. for HUCKFINN」を企画・制作。

 


コンピアルバムのデジタル音源データと、CD版やTシャツをWEBSHOPにて販売中

 

また、4月12日(日)、〈#departures〉に出演予定であった地元アーティスト、 林隆司/Killerpass、Campanella、nutsman、Gofish による無観客配信ライブを敢行。同時に、ドネーションチケットを販売。

配信ライブのドネーションチケット売上、音源の売上金はすべて「HUCKFINN」の運営資金として寄付される。

 


黒崎栄介(HUCK FINN店長)

 

今回、編集・公開された記録映像は、〈#repartures〉プロジェクトが、静かに立ち上がり、 地下から階段を駆け上がるように、ドタバタと走り出した様を映し出したドキュメンタリームービーであり、新型コロナウィルスが、深刻に音楽シーンに対して影響をもたらした状況のなかでの、音楽と人によるひとつのアンサーとなっている。

 

 

LIVERARYとして、森道市場2020お茶の間配信企画にもチャンネルを開設する。配信日は、5月15日(金)、16日(土)、17日(日)の三日間を予定。名古屋のアーティストと名古屋のカルチャースポットをつなぐ配信ライブ・ラリー企画や、ネット上での似顔絵屋さん、スナックなどが展開される。また、関東関西からのスペシャルゲスト配信もあり。こちらの詳細は、LIVERARY内の特設ページ及び、森道市場サイトにて詳細が明らかになる。お楽しみに。

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[静岡の野外音楽フェス「頂 -ITADAKI」が、次回開催に向けた資金集めをクラウドファンディングにて挑戦中。クラムボン、コムアイ、GOMAらの応援コメントも。リターンには、cro-magnon、青葉市子のライブ音源など。]]> https://liverary-mag.com/music/83760.html https://liverary-mag.com/music/83760.html 2020-05-06 23:44:29
Clammbon

 

6月6日(土)、7日(日)に静岡県の吉田公園にて開催される予定だった野外音楽フェス「頂 -ITADAKI- 2020」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、やむなく開催中止となった。それに伴い次回開催に向けた支援を募るため、クラウドファウンディングを5月19日まで実施中。

寄付金は2000円からとなっており、集められた資金は次回開催の運営維持費(一部、クラウドファウンディングサイト CAMPFIREの決済手数料)に当てられる。寄付金に応じたリターンとして、「頂」ロゴキャップなどのオフィシャルグッズのほか、cro-magnon青葉市子のステージライブ音源などが用意されている。

特設サイトには、cro-magnon青葉市子をはじめ、クラムボン、GOMA、コムアイらこれまで「頂」に出演してきたアーティストや関係者らの応援コメントが寄せられている。

 


青葉市子 頂 -ITADAKI- 2016 青葉市子 Moon Stage – Midnight Landing


リターングッズの一部

 

<以下、主催者からのコメント>

忘れもしない4月1日。

新型コロナウイルスの影響により、6月に予定していた頂 -ITADAKI- 2020の開催中止を決断しました。

「もはやこれまでか、、、。」

年に一度の頂が開催できないことのダメージはあまりに大きく、今の状況では来年開催するという約束もできない。スタートして13年、これまでも数々の苦難はありましたが、今回の事態は全く予測できるものではなく、これまで経験したことのないものでした。

一時はあまりの事態に頭も回らない状態でしたが、それから悩み、考え抜きました。
そして、自分の中で変わらない信念がある事をあらためて確信しました。

「音楽の力、奇跡、魔法は間違いなく存在する」

僕らはそれをとことん味わい、体験し、それを証明する為に「頂」を生き甲斐としてここまで来ました。
“最高のシチュエーションで最高の音楽を!”のコンセプトのもと、「もう一度でいい、ストレスのない環境下で頂をセッティングしたい!!」
何度、自問自答しても それが素直な心の声でした。

皆さんが大変な状況の中、勝手なお願いではありますが、
もう一度だけチャンスを頂けないでしょうか?

現時点で、来年それを出来る状況になっているのかはわかりませんが

長いトンネルの先に光が見えればみんなが、きっと力強く進んでいけます。

静岡発の“D.I.Y OPEN AIR PARTY”頂、リベンジさせてください!

 

頂 プロデューサー 小野晃義

 

 

]]>
MUSIC LIVERARY STAFF active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋在住ドローイング/コラージュアーティスト・VUGによる展示「stay home」がセレクトショップ・unlike.のオンラインストアにて開催中。展示作品、物販を販売。#STAYHOME_WITHCULTURE]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/83846.html https://liverary-mag.com/lifestyle/83846.html 2020-05-06 23:40:40

名古屋を拠点に活動するドローイング/コラージュアーティスト ・VUG によるエキシビション「stay home」がセレクトショップ・unlike.のオンラインストア内特設ページより、5月1日(金)〜5月15日(金)まで開催中。

今年3月、栄のオルタナティブスペース・spazio ritaにてVUGによる個展「1month」が行われた。彼の1ヶ月間を絵日記としてまとめた同展示の続編とも言えるのが本展。日々変化する自身の髪色、世界情勢、身近な人々の変化を、優しく暖かく鋭く見守る彼の心情を具現化したような作品群となっている。

Tシャツに即興で描かれたポップな色彩やモチーフは、暗いニュースで淀んだ空気を少しでも明るく、単純に楽しい気持ちになって欲しいとの思いが込められている。

VUG自身がこの一年で体得した”描く”以外の”書く””重ねる””縫う“から、より自由な生き方という表現が、見る人に清々しい印象を与える。

サイトから作品やグッズの購入が可能。また、会期中に少しずつ展示内容は変化していくのだそう。欲しい作品を見逃したくない方は日々チェックしてみてほしい。

]]>
ART S.KATO_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[今池のライブハウス・HUCKFINN救済企画「#repartures」が配信ライブに続き、ドネーション・コンピアルバムをリリース!FUCKER、DEATHRO、ジアクト、Killerpass、Gofish、VODOVOら所縁の面々14組が参加。#STAYHOME_WITHCULTURE]]> https://liverary-mag.com/column/83303.html https://liverary-mag.com/column/83303.html 2020-05-01 10:00:24

 

新型コロナウィルス感染拡大を懸念し開催中止&延期となった「#departures」。その主催者ら(五味秀明/THE ACT WE ACT、林隆司/Killerpass、武部敬俊/LIVERARY)が中心となり、会場として使用予定であった今池の老舗ライブハウス・HUCK FINN救済プロジェクト「#repartures」を始動。

「#repartures」は「再生、再出発」を意味する造語。同プロジェクトでは、11日、12日の二日間に有志で参加した地元アーティストらによる配信ライブを行った。(こちらの模様は後日、編集版をアーカイブとしてアップ予定!見逃し方はお楽しみに)

同日、地元バンドに限定しレコーディングをHUCK FINN内で行い、その楽曲ほか14組が参加したドネーション・コンピレーション・アルバム「#repartures」を制作。本日5月1日(金)19:00よりデジタル音源データをbandcampで販売開始。またCDフォーマットの販売もコチラで予約販売中(CD+Tシャツのセット販売もあり)。今回のコンピアルバムの売上(音源データ、CD)の売上金は、HUCKFINNの運営資金として寄付される。

 

#reparturesコンピのジャケット・アートワークはこちら。

THIS HEAT「Health and Efficiency」のジャケットアートワークをオマージュとしたデザインは武部敬俊(LIVERARY)によるもの。“health and empathy”は「健康と思いやり」の意。

 

同コンピには、HUCKFINNに所縁のある名古屋内外のアーティスト14組が参加。

THE ACT WE ACTは、#departuresのMVに使用されている新曲で参加、Killerpassは新曲の弾き語りverで収録、GofishFUCKERは、HUCK FINNと同ビルにて営業を続け、長年に渡りツアーバンドたちの宿を担ってきた「ホテル長楽」(2020年3月閉店)へ捧げた新曲など、参加アーティストはすべて新曲、新録、未発表曲を収録することとなっている。

 

〈収録アーティスト/楽曲〉

Gofish:さよなら長楽
SAGOSAID:Summer Hurts
MILK:better youth
6eyes:発狂したまま生活出来てる
エク・ドゥイ・ティン・チャ:Rebel on night
石原ヨシト:12月23日(月)
DEATHRO:JUSTICE!(Home Alone Edition.)
THE ACT WE ACT:ビューティフルミステイクス 
やっほー:TERRACE HOUSE
Killerpass:プロテクトソング(acoustic ver.)
VODOVO:COCOON
SIBAFÜ:Butter
Viva la thrash!:UNSEEN TERROR-All offend to your eyes-Violent ramen
FUCKER:長楽最後の日

 

 

さらにジャケットアートワークを起用した「#repatures TEE」も発売予定。「#repartures」コンピアルバム(CDフォーマット)、関連グッズのお買い求めはコチラのWEBSHOPからどうぞ。

 

〈最後に同プロジェクト主催メンバーのひとり、五味秀明より届いたコメントを下記に掲載〉

多くのライブハウスやクラブ、飲食店などが新型コロナウイルスの影響を受けている中で自分もドネーションしたり物販を買ったりしましたが、その人達の力になりたいっていうのは勿論あるのだけど、何よりまず自分が困る。自分の好きな場所が無くなってしまうと大袈裟でなく今後の人生に影響する。

自分にとって大切なものが他の人にとっては別にそうではない、という挫折感に似た感覚は今までに何度も味わっているし、パチンコ屋に早朝から並ぶ彼らも生活の彩りにそれが必要なのだと思う。
他人からは不要なものに見えても本人にとってはかけがえのないものなんてたくさんあるし、携帯でいくらでも音楽が聴ける時代なのに自室を占拠している大量のレコードだってそんなようなものだ。

ステージの無いライブバー、カウンターと僅かな座敷しかない飲み屋、夜を越えて朝どころか昼まで音が鳴り続ける薄暗いクラブ。
無くなったらやはり困る。

これからも音楽が必要で、少なくとも自分のためにかっこいい音楽も心地良い音楽も意味の分からない変な音楽も必要です。
これまで#departuresに協力していただいた皆様、コンピレーションアルバム#reparturesに参加していただいた皆様、そしてHUCK FINNに大きな感謝と愛を。
そして健康と思いやりを。
これからも最高な音楽をよろしくお願いします。

Text by 五味秀明/THE ACT WE ACT,SIBAFÜ,DO NOT,#departures

 

]]>
MUSIC LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[豊田市の魅力を広く発信するための公募型企画「とよたデカスプロジェクト」が、今年度は”非接触”を条件にアイデア募集開始!入選作品には賞金30万円。]]> https://liverary-mag.com/art/83687.html https://liverary-mag.com/art/83687.html 2020-05-01 08:00:02

 

愛知県豊田市の魅力を市内外へ広く発信することを目的とした参加型アートプロジェクトを公募する「とよたデカスプロジェクト2020」が、7月からの始動を前に現在プロジェクトの企画案を募集中だ(締切は2020年6月1日(月)必着)。

本プロジェクトの実施期間は7月〜12月の約半年間。豊田市の自然・歴史・町並み・建物・特産品・生活を地域住民と連携しながらアートプロジェクトをマネジメントできる人材発掘、そして応募者自身が、実践を積みながらスキルアップを図ることを目的としたもの。

今回は、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、準備段階から企画実施まで、人と人とが接触することなく実施できるプロジェクトであることが応募条件。斬新なアイデアを提出し入選作品に選ばれると、賞金30万円(8本を用意)が交付される。

審査員には、あいちトリエンナーレ2010に作品出展した現代美術アーティスト・渡辺英司、 名古屋港のアートプロジェクトMAT,Nagoyaのプログラムディレクターを務めるアートコーディネーターの吉田有里、そして映像作家の山城大督、さらに3名の審査員たちで選考される。

人々を結びつけるアートプロジェクトを開催し、多くの市民が気軽に参加することでアートを通した「気づき」と「人と人を繋げる出会い」が数多く生まれることを目指す。プロジェクトの企画の締切日は6月1日(月)まで。是非応募してほしい。

なお、〈「出来(でか)す」とは、「つくり出す、成しとげる」という意味で、やる気と達成感を想起させる言葉です。また、「デカシタ!よくやった!」と褒め称えるような感じと、「しでかす」というちょっとイタズラっぽい感じも連想させる言葉でもあります〉とのこと。

 

〈以下、ステートメント〉
今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、これまで募集していた内容でプロジェクトを行うことは困難であると判断しました。しかし、「とよたデカスプロジェクト 2020 自体を中止にするのではなく、このような時こそ、新しいアートプロジェクトの形が創造されるチャンスであり、また、アートの力で人々に楽しみを届けたいと考え、募集内容を変更して実施することにしました。 こんな時こそ、どんなものを「デカス」ことができるか。まずは一歩を踏み出したいという方から、大胆な試みに挑戦する方まで、とにかくチャレンジしてみませんか?

 

 

]]>
ART K.NAKASHIMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[nutsmanら出演。名古屋の若者層に人気のクラブイベント「Touch & Go」がイベント生配信。限定MIX付きオリジナルグッズの販売など、ドネーションプロジェクトも。#STAYHOME_WITHCULTURE]]> https://liverary-mag.com/music/83666.html https://liverary-mag.com/music/83666.html 2020-04-24 12:00:58

 

名古屋の若者たちから支持を集める人気音楽イベント「Touch & Go」が、無観客配信音楽イベント「Touch & Go-streaming-」を4月25日(土)club JB’SのTwitchアカウントにて敢行。

主催者のNEISHI Bros.、nutsmanらが出演する。配信当日には、公式ストアにて次回以降に使用可能なシャンパンチケットや入場チケットも販売される。

また、同イベントのフライヤーヴィジュアルを手がけるNaoto TakahaデザインによるロンTをWEBストアにて受注し、売上の一部は会場のclub JB’Sへ寄付される。ロンTとチケットには本来出演予定であった大阪出身のトラックメイカー・SEKITOVA、東京のディスコ、ハウスシーンを揺るがす人気パーティ「MODERN DISCO」のレジデントDJ・TAAR、の二名よる限定ミックスCDが同梱される。

 

 

]]>
MUSIC S.KATO_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[カンパニー松尾監督が「あいちトリエンナーレ2019」上映作品を再編集し『A DAY IN THE AICHI 完全版 ただいまあいち 』として配信。売上は映画館、ライブハウスの支援金に!監督本人のコメントも。#STAYHOME_WITHCULTURE]]> https://liverary-mag.com/cinema/83715.html https://liverary-mag.com/cinema/83715.html 2020-04-24 11:17:15

AV監督でありながら、数々のドキュメンタリー映画にも携わっているカンパニー松尾が2019年に制作した映像作品『A DAY IN THE AICHI』を完全版として再編集し、4月24日(金)20時〜期間限定で有料配信を行う。配信期間は5月17日(日)23時59分まで。

 

 

A DAY IN THE AICHI』は、2019年、愛知県で開催された芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」映像プログラム用に、愛知出身であるAV監督・カンパニー松尾が、ふるさとを舞台に職種も世代もバラバラな人々との対話と、自身の家族、仕事、路上の猫などを撮りおろし並列に配置した、4時間20分の長編セルフドキュメンタリー作品だ。

出演は、カンパニー松尾をはじめ、実の家族、山口雅(ライター)、早川瑞希(AV女優)、松本亀吉(会社員、ライター)、大橋裕之(漫画家)、ココ・パーティン・ココ(アイドル、GANG PARADE)、山下敦弘(映画監督)、武部敬俊(LIVERARY)ほか、30数名にも及ぶ。

 


場面写真より

 

本作完全版は、2020年春に派生した新型ウイルス感染拡大防止の自粛要請で、存続危機に陥った愛知のミニシアターやライブハウスを支援するために再編集され期間限定で有料配信される(ストリーミング配信、7日間有効)。その売り上げから必要経費を除いた利益を、本作で登場する名古屋シネマスコーレ(映画館)、名古屋シネマテーク(映画館)、刈谷日劇(映画館)、今池TOKUZO(ライブハウス)といった4箇所のミニシアターやライブハウスにお見舞金として均等に寄付をするプロジェクトとなっている。

配信アドレスや配信システムの詳細については、A DAY IN THE AICHI』公式ホームページから。

 

〈以下、カンパニー松尾監督によるコメント〉

 

カンパニー松尾

 

またまた作っちゃいました。『A DAY IN THE AICHI 完全版 ただいまあいち 』。前作劇場版で「さよなら」しておいて、今度は「ただいま」です。調子がいいですね。けど、それほど状況が変わったということです。同じ愛知を映した映像ですが、1年経った今見ると、まるで違って見えます。実際、本作で登場する愛知のミニシアター、名古屋シネマスコーレ、名古屋シネマテーク、刈谷日劇は、現在休館中です。今池のライブハウスTOKUZOもテイクアウトのみの営業です。取材した森 道 市場も2020年は開催されません。他、出演者の皆さまも苦しい状況が続いていると思います。あの眩しい海や、暗いガード下はそのままに、人だけいなくなってしまいました。今回、柄にもなく支援をお願いしてますが、個人的にも今作を「もっと多くの人に見てもらいたい」という願望があっての有料公開です。ソフト化はしないので、是非、この機会におうちのモニターやお手持ちの端末でお楽しみください。

そんな見方も合ってると思います。また、視聴に於いて、年齢制限は設けませんが、一部オトナの会話も含まれます。鑑賞の際は、お気をつけください。またまた、ご覧になっての感想を SNS等で発信していただくのは自由ですが、出演者のプライバシーを、SNS等へ流布することはお止めください。僕らには僕らの人生があるように、出演者には出演者の人生があるのです。そのあたりも噛みしめ、ご鑑賞ください。もう、前の世界には戻れないかもしれないけど、また、みなさんが日常を取り戻したら、直接、顔を合わせてお話ししましょう。その時まで、また。

2020年4月 監督 カンパニー松尾

 

]]>
CINEMA LIVERARY STAFF active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[CVN、Dove、JACKSON kaki、LSTNGT、NTsKi、剤電が出演。独自に構築した仮想世界より映像/音源を配信する「AVYSS magazine」のドネーション企画「AVYSS GAZE」がスタート!#STAYHOME_WITHCULTURE]]> https://liverary-mag.com/music/83648.html https://liverary-mag.com/music/83648.html 2020-04-21 07:45:19

 

名古屋を拠点に世界へとコアな音楽情報の発信を続け、今年で2周年を迎える「AVYSS magazine」。新型コロナウイルスの影響により日々切迫した状況へと追いやれられている音楽シーンとともに同誌の運営も存続の危機にさらされている。

この状況を受け、「AVYSS magazine」のディレクターでもある音楽家・CVN、DJ/プロデューサーのstei、DJ/アーティストのJACKSON kakiが中心となり、AVYSSドネーション企画として独自に構築した仮想世界配信シリーズ「AVYSS GAZE」をスタートさせる。初回配信は、4月26日(日)。

AVYSS GAZE」とは、JACKSON kakiが構築したバーチャルワールドを舞台に各出演者がそれぞれ自宅などで収録したライブやDJの映像/音源を配信するプログラムとなっている。プログラムは毎回出演者を入れ替え、定期的に配信していくようで参加方法は毎回PayPalでのドネーション(投げ銭)が必要となる。

第1回目の配信はCVNDove、JACKSON kaki、LSTNGT、NTsKi、剤電といったAVYSSにゆかりのあるアーティストたちが出演。

 

 

また、ドネーションアイテムも後日公開し、受注販売を開始する予定。アイテムのデザインには、Hana Watanabeが手がけたプロジェクトロゴや、Daiki Miyamaが手がけたAVYSSのメインロゴが使用される。

 

プロジェクトロゴデザインは、Hana Watanabe

 

]]>
MUSIC Y.SHIBATA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>