ja LIVERARY – A Magazine for Local Living http://liverary-mag.com 東海エリアを中心にローカル/カルチャートピックスを発信・提案する、ウェブマガジン「LIVERARY(ライブラリー)」です。 ja (c) LIVERARY MAGAZINE ALL RIGHTS RESERVED. 1 2020-03-16 02:23:17 https://liverary-mag.com/wp/wp-content/themes/liverary/images/smartnews_logo.png <![CDATA[古着と古物のPOP UP(賣}、今池・BYにて開催中。クレタル百貨センター、Opereらが参加。最終日には2・3Fを使用したDJパーティーも。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109981.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109981.html 2024-06-23 03:58:46

今池のシェアオフィス兼オルタナティブスペース・BYにて、古着&古物のPOP UP(賣}が6日間の期間限定でオープン。会期は、6月21日(金) 〜6月26日(水)まで。

メインとなる古着はTシャツ、ベスト、キャップ、シャツ、スニーカー、メンズ、レディースと多種多様に100点以上が並ぶ。古物コーナーには、蒐集家・クレタル百貨センターと高岳の新進気鋭のアンティークショップ・Opereが出店。

 

 

 

最終日はDJパーティー「(賣}CLOTHING PARTY」を開催。BAD NARI、genrakugoto、ATOMらがDJ出演。当日は、2F「喫茶バンカム」にてオルタナティブなタコスショップ・REMEX by pkpktacosによる出店企画「Pacificus Wednesday」も同時開催される。IMAIZUMI、NINらのDJ、Atsuyaのビリヤニも楽しめる。平日の夜から盛り上がること必至。ぜひ足を運んでみてほしい。

 

]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[ゲストにKA4U、nutsmanを迎え、レイヴサウンドパーティー「Di-Da」が新栄・clubGOODWEATHERにて開催。]]> https://liverary-mag.com/music/109965.html https://liverary-mag.com/music/109965.html 2024-06-18 06:07:31

レイヴサウンドに特化したパーティー「Di-Da」が6月29日(土)に新栄club GOODWEATHERにて開催される。

パーティー名はDigger(音楽を偏愛する人)、Dagger(諸刃の剣)をキーワードに生粋のレイヴサウンドの追求と、各々が自由に音楽を解釈することに由来するのだそう。

今回のゲストは、AAJA RADIO(ロンドン)のレジデンシーを務め、ハードコアテクノ・初期ブレイクコアを軸に大阪を拠点に活動を広げているKA4U、東海地方に留まらず全国各地でもジャンルを縦横無尽に表現した圧巻のプレイで好評のnutsmanの2組。共演には、企画者であるtanakanaをはじめ、sexeed izumiら名古屋ローカル勢も。

ロンドンの小箱にインスパイアされたというclub GOODWEATHERで最新のサウンドとダンスミュージックの楽しさを是非とも体感してほしい。

 

KA4U

]]>
MUSIC M.INOUE_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[食分野におけるサステナビリティの先行事例を紹介するインディペンデントな雑誌『BETTER FOOD』の刊行を記念してのお話会が、ON READINGにて開催。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109960.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109960.html 2024-06-16 10:31:48

 

食分野におけるサステナビリティの先行事例を紹介するインディペンデントな雑誌『BETTER FOOD』の第二号が今春に発売。刊行を記念してのお話会『わたしたちの食の未来のために』が、6月26日(水)にON READINGにて開催される。

大量生産・大量消費を基本に設計された現代のフードシステムのなかで、絶望することなく、より良い食の未来を目指している人はどんな実践や挑戦をしているのだろうか。取材、編集、デザインすべてを手掛ける『BETTER FOOD』の編集長を囲んで、雑誌を作り始めたきっかけ、取材秘話、特集テーマの「ファーム・トゥ・テーブル」と「リジェネラティブ」について、フードビジネスにまつわる疑問や、食の未来に希望はあるのかなど、2号で取材されているOVERVIEW COFFEEのコーヒーを飲みながら、ざっくばらんに語り合う。

飲食業界に携わる人はもちろんのこと、食の未来を考えたい人、雑誌づくりに興味がある人などにも有意義なイベントになるだろう。

]]>
LIFE STYLE Y.KURODA active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[Joji Nakamura、小田島等、谷小夏、INA、こいけぐらんじ、歯のマンガら総勢21組の作家&ショップが出展!覚王山のギャラリー・OFF THE RECORDが4周年記念イベントを開催中。オープニングパーティーには、所縁のDJらが多数出演。]]> https://liverary-mag.com/art/109943.html https://liverary-mag.com/art/109943.html 2024-06-16 05:08:11  

 

6月20日で4周年を迎える、覚王山のギャラリー&バースペース・OFF THE RECORDが今年1年間に出展したさまざまな作家21組を集めた「4th ANNIVERSARY POP-UP」を開催。会期は、6月23日(日)まで。

<参加アーティスト&ショップの通り>

SATSUKI MISHIMA
Wakana Yamazaki 
牛木匡憲
bias
Marie Mori 
INA 
sio 
谷小夏 
大河紀 
Joji Nakamura 
小田島等 
とぅえるぶ
MOLE FACTORY 
Saki Morinaga 
Takeda Yukihiro 
こいけぐらんじ 
さくらいはじめ 
歯のマンガ
GALAXY TRAIN 
KUBO MAYUCO
Kenichiro Mizuno 

 

また6月16日(日)には、これまで同ギャラリーのイベントに参加してきたDJやミュージシャン、ショップが大集合するオープニングパーティーも開催!こちらもぜひ。

 

 

]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[音楽家/映像ディレクター・VIDEOTAPEMUSICが待望の新アルバム「Revisit」をCassette Book形態でリリース!名古屋公演は、共演にOGAWA Takashi (Ogawa & Tokoro)、テライショウタらを迎え、東別院ritaにて開催。]]> https://liverary-mag.com/music/109933.html https://liverary-mag.com/music/109933.html 2024-06-15 01:00:52

 

6月16日(日)にvideotapemusicが待望の新アルバム「Revisit」のリリースを記念したポップアップ&エキシビションイベントを、東別院・spazio ritaにて開催する。

videotapemusicは、失われつつある映像メディアであるVHSテープを各地で収集し、それを素材にして音楽や映像の作品を同時制作するという特異なスタイルのアーティストだ。

本アルバムは、近年の日本国内の様々な土地を題材にしたフィールドワークを行いながらの楽曲制作を行っている中で滞在した館林(群馬)、野母崎(長崎)、須崎(高知)、塩尻(長野)、嬉野(佐賀)の各地を再訪(=Revisit)し、再レコーディングを行い再構築した楽曲群で構成されている。そのほかにも、多摩湖を題材にした単独公演の際に書き下ろされた2曲、更に再訪した地に縁のあるアーティストによるRemixトラック2曲をコンパイルした全9曲収録の5作目だ。

また、音源(カセットテープ)と、各地での滞在制作 – 再訪の際の日記など、作品や訪れた土地にまつわる記録を全160Pの”カセットブック”として収録。聴く読むという行為を複合させたカセットブックというミックスドメディアを使ってVIDEOTAPEMUSIC観せる(魅せる)土地の記録と記憶が感じられる。

当日は、 OGAWA Takashi、テライショウタ 、 Shoulder Tackleらも出演のライブも行うほか、作品の販売やアルバムにまつわる展示を行う予定。

これまでに、ceroCRAZY KEN BAND坂本慎太郎など様々なアーティストの映像も手がけてきたことから、さまざまなジャンルのミュージシャンから支持されてきたことが窺い知れる。映像と音を駆使しながら、唯一無二のムードを持つVIDEOTAPEMUSICの待望の新作。ぜひ堪能してみて。

]]>
MUSIC R.OHTAKE_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[北区・金城市場にて、第五回「金城夜市」が開催。テーマ「沖縄」に合わせた25店舗が出店。沖縄剛柔流空手のパフォーマンスも。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109925.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109925.html 2024-06-15 00:53:42

 

名古屋市北区・金城市場にて、第五回「金城夜市」627日(木)開催される。

平日開催にも関わらず毎回たくさんの来場者で賑わう金城市場の定番イベント・金城夜市」。
毎回テーマを設定しそれに沿ったメニューや企画を用意しており「ファッション」がテーマの第二回夜市ではファッションショーを、「健康」がテーマの第四回夜市ではオリジナルの「金城市場体操」が披露された。

今回のテーマは「沖縄」。
沖縄そばの店マドカ、具志堅多幸寿店など沖縄料理屋の出店はもちろん、金城夜市ではおなじみの出店者たちも、沖縄を意識した内容となる。

19時からは沖縄剛柔流空手道古武道拳志會関西名古屋支部による棒術、釵術、ヌンチャク術のパフォーマンスも開催予定。
下町情緒あふれる金城市場で沖縄に思いを巡らしてみてはいかがだろうか。

 

]]>
LIFE STYLE A.IINUMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[SSW・GOFISHのレコ発ライブ岐阜編が、岐阜市・SLOW ROOMにて開催。共演に、イノウエリョウ、DREAMY、Q-tikら。喫茶マスカラスの出店も。]]> https://liverary-mag.com/music/109885.html https://liverary-mag.com/music/109885.html 2024-06-12 08:45:34

 

6月15日(土)「Action Intuition -GOFISH NEW ALBUM 「GOFISH」RELEASE PARTY in SLOW ROOM-」が岐阜・SLOW ROOMにて開催される。

今企画は、名古屋在住のSSW・GOFISHのレコ発ライブ岐阜編。共演には、当日喫茶マスカラスとしてフード出店もするイノウエリョウをはじめ、DREAMY、Q-tik、Masaru、OhasyyyといったGOFISHSLOW ROOM所縁の面々が集う。

ゆったりとした雰囲気の中、ライブもDJもフードも楽しんで。

 

 

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[主演を務めた注目の若手俳優3名(坂東龍汰、髙橋里恩、清水尚弥)と二ノ宮隆太郎監督が名古屋・センチュリーシネマに登壇!映画「若武者」いよいよ公開。]]> https://liverary-mag.com/cinema/109875.html https://liverary-mag.com/cinema/109875.html 2024-06-09 08:30:06

 

人間の生き様に独自の視点から光を当てる新たな映画

映画「若武者」は、「逃げきれた夢」で2018年第19回東京フィルメックス新人監督賞グランプリを獲得した、二ノ宮隆太郎監督が、人生への疑問を抱く3人の若者を活写した人間ドラマ。

幼馴染の渉、英治、光則は世直しと称し些細な違反や差別に対して無軌道に牙を剥いていき……。義父に対する深い憎しみを秘める渉を坂東龍汰が、人の負の感情に愉悦を覚える傾向がある英治を髙橋里恩が、一見温厚そうながら周囲を鈍い視線で見つめる光則を清水尚弥が演じる。

同作は、映画制作プロダクションのコギトワークスと動画配信サービスU-NEXT による映画レーベル「New Counter Films」の第1弾作品となる。

また、同作品の挿入曲を手掛けたimai(goroup_inou)のPVも公開中。Bialystocksボーカルで、映画監督としても活動する甫木元空が監督を務めており、YouTubeにて公開中。映画本編の映像をカットアップし、物語の不穏で張り詰めた空気感を垣間見ることができる。

 

さらに、名古屋・センチュリーシネマの公開を記念して、主演キャスト(坂東龍汰、髙橋里恩、清水尚弥)3名と二ノ宮隆太郎監督による豪華舞台挨拶も実施される。詳細は以下をチェック!

 

]]>
CINEMA T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[HERMESやELLEに作品提供を行うパリ出身のアーティスト、カミーユ・ドゥ・クサックによる展覧会が、円頓寺・galerie P+ENにて開催。]]> https://liverary-mag.com/art/109834.html https://liverary-mag.com/art/109834.html 2024-06-08 02:35:01   

パリ出身フランス人アーティスト、カミーユ・ドゥ・クサックによる展覧会『KAZOKU – FAMILLE』がgalerie P+ENにて開催される。会期は、6月25日(火)まで。

カミーユ・ドゥ・クサックは、パリ出身のフランス人イラストレーター。色彩豊かな世界観が特徴で、犬、自転車、口ひげ、カフェのテラスなど、彼女が描く登場人物、場面はユーモアであふれている。これまでに絵本15冊を発売。また、パリの「Hermès」ショップオープニング、フランスのファッションマガジン「ELLE」に作品提供を行うなど、多岐に渡って活躍している。

本展では、カミーユによるオリジナルドローイングが展示。あらゆる形のすべての家族に贈る、彼女からの愛のメッセージが詰まった作品が並ぶ。

また、会期中にギャラリーへ家族(あなたの愛する人々、動物、愛用品など)の写真を持っていくと、カミーユがその写真をもとに絵を描いてくれる初の試みであるスペシャルオーダーも用意されている。こちらも合わせて足を運んで欲しい。

]]>
ART H.USAMI_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[アシッド且つポップな世界観で話題のアーティスト・wackwackによるPOP UPが、泉・Opereにて2日間限定で開催!Conomarkら出演、Takuro Coffee、PKPK TACOS出店のパーティーも。]]> https://liverary-mag.com/art/109824.html https://liverary-mag.com/art/109824.html 2024-06-07 08:38:16

 

6月8日(土)、9日(日)の二日間限定で、人気アーティスト・wackwackによるPOP UP「Just around」が東区のショップ・Opereにて開催される。

wackwackは、ROCKASEN、BUSH MIND、Neibissといったアンダーグラウンドシーン〜ASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーグッズや木村拓哉のラジオ番組のオフィシャルグッズまでインディー/メジャー隔てなく多岐に渡る活動で注目を集めるアーティスト。

先日「stacks book store」で行われたLURKとの共同展「playaz circle」や、昨年末の代官山蔦屋書店「4 seasons」など都内を中心に個展も開催し、いずれも話題に。

今回のPOP UPは、wackwackが名古屋の仲間たちと意気投合し急遽企画されたもの。アシッド感漂う作品が並ぶ他、アパレルグッズなども展示販売される。

 

 

また、両日ともにアフターパーティーも開催。DJ陣は、Conomark、Gal、Mageron、Mr.Mr.(MAKOSSA BOYS)、Masaru(TAKURO COFFEE)、Mariahchally(PKPK TACOS)、Takehiro、Atom、Bamboo(Opere)ら重鎮から若手ホープまでバラエティ豊かに登場。DJとしても出演するTAKURO COFFEE、PKPK TACOSら飲食店も出店予定。こちらもあわせてお楽しみに!

]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[岐阜県在住の美術家、加藤巧による個展「Moving Meditation」が、gallery Nにて開催。]]> https://liverary-mag.com/art/109819.html https://liverary-mag.com/art/109819.html 2024-06-06 09:57:54

 

人間が扱う材料や行為を中心的な関心として、それらを検討、再構築することで絵画などの作品制作を行なっている美術家、加藤巧による個展「Moving Meditation」が6月8日からgallery Nにて開催される。

―――

2023年の夏はフィンランドの北部で過ごしていました。人口が少なく、森や川に囲まれた環境で、生活しながら絵具を練り、絵画を作りました。人里を離れた場所ではしばしば瞑想的な経験をすることがあります。わたしたちは、現代の生活のさまざまな営みの中でなお、瞑想的であり続けることはできるのでしょうか。
(加藤巧)

―――

尚、6月8日(土) には、「壁観の夕べ」と題して、副田一穂(愛知県美術館主任学芸員)を招いてのトークイベントも開催される。

]]>
ART Y.KURODA active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[伏見・長者町コットンビル内にリソグラフスタジオ「when press」が移転リニューアルオープン!9年ぶりとなるソロアルバムをリリースしたSSW・oono yuuki をゲストに迎えたライブイベントも同ビル内にて開催。]]> https://liverary-mag.com/art/109793.html https://liverary-mag.com/art/109793.html 2024-06-05 11:54:22

 

今池・スタジオマノマノにて2019年にオープンしたリソグラフスタジオ「when press」が新体制となり、長者町コットンビル3F「LIVERARY office」とのシェアスペースという形で、2024年6月2日(日)移転・リニューアルオープンを果たした。

「リソグラフ印刷」とは、マスターとなる版を作り、インクを用紙に押し出して印刷する「デジタル孔版印刷」と呼ばれる印刷方法。独特の風合いを楽しめ、近年じわじわと注目を集めている。

「when press」では、リソグラフの受注印刷、メンバー登録とレクチャーを受ければ自身で印刷を貸切で行えるメンバーシップ利用、予約が入っていない時間帯は当日その場で印刷体験と3つの形で利用が可能。今後は、ワークショップやアーティストによる展示・プロダクト制作も行っていく予定だ。

 

スタジオ内には国内外のリソグラフ印刷を閲覧できるコーナーや、物販エリアも用意。


「まだわからないけど何か作りたい、形にできるかわからないが相談したいと思っている方も気軽に来てほしい」とのこと。

さらに、7月19日(金)には同ビルの1Fスペースにてライブイベントを企画・開催!出演は、oono yuuki小池喬(シラオカ)

今イベントは、oono yuukiのソロ最新作『遠雷|よあけ』発売記念ツアー名古屋公演として行われるもの。東京の音楽レーベル・制作プロダクション「Lemon House Inc.」との共同企画昨年、oono yuukiがバンド名義で約10年ぶりに発表したアルバム『GREENISH BLUE,BLUISH GREEN』と最新作『遠雷|よあけ』のデザインに「when press」が関わったことがきっかけとなっている。こちらのライブ企画もぜひお楽しみに。詳細は後日発表!

 

アーティスト:oono yuuki
タイトル:遠雷|よあけ
発売日:2024年4⽉24⽇(⽔)
税込定価:2,530 円(税込) 
品番:LHCD002

<収録曲>
1.光/ 2.池/ 3.落雷/ 4.本/ 5.夜/ 6.オーロラ/ 7.塔/ 8.雪/ 9.川/ 10.よあけ(全10曲)

Guitar / Vocal:⼤野悠紀
All songs written by ⼤野悠紀
Recorded,engineered and mixed by ⽥辺⽞
Mastered by Christopher Colbert
Artwork:末松正樹
Cover photo shoot:篠⽥優
Art direction and design:岡⽥和奈佳(when press)
Producer:⽥代貴之(Lemon House Inc.)

発売元:Lemon House Inc.
販売元: bridge inc.

 

]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[Puce Mary(PAN/Posh Isolation)の来日イベントが、東別院のDUCTにて開催。共演に、化ける身、Sotaro Fujiwara、cheike、繭、Alphabet music、Nekomaruら。AUN Muteの出店も。]]> https://liverary-mag.com/music/109783.html https://liverary-mag.com/music/109783.html 2024-06-03 12:21:15

6月4日(火)Puce Mary(PAN/Posh Isolation)の来日イベントが東別院・DUCTにて開催。

Puce Maryは、デンマーク出身のアーティスト・Frederikke Hoffmeierのソロ活動名義。実験的な電子音楽のキャリアを背景に持ち、映画音楽のような作品演奏から、即興のハーシュ・ノイズの演奏まで幅広い表現を魅せる強烈なライブパフォーマンスで知られている。

インダストリアルノイズの新世代としてしばしば言及されるPuce Maryは、以前よりも音の領域を広く探求し、近年は不穏なダイナミクスやシュールでシネマティックな音の要素を用い、緊張と解放が混じり合う複雑かつ音響的・文学的な作品を発表している。発表してきた多くの作品の中で(最新作品はPANよりリリース)、Drew McDowall、Varg2TM、Kali Malone、Stephen O’Malleyなどといったアーティストとの共演やコラボレーションを重ねてきたことから、現代の実験的な電子音楽やノイズ音楽における強力かつ独自性の高い音楽的融合を実践するアーティストとして高い評価を受けている。

名古屋公演共演には、化ける身、Sotaro Fujiwaraによるライブ、cheike、繭、Alphabet music、NekomaruらによるDJ、AUN Muteの出店もあり。
 

 

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[だまし絵の巨匠として知られるオランダの画家・エッシャーの展示が豊田市美術館で開催。代表作など約160点を展示。]]> https://liverary-mag.com/art/109750.html https://liverary-mag.com/art/109750.html 2024-06-05 01:26:02

《昼と夜》1938年、木版 Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2024 The M.C. Escher Company, Baarn, The Netherlands. All rights reserved mcescher.com

 

企画展「エッシャー 不思議のヒミツ」が、713日(土)〜923日(月・祝)の期間、豊田市美術館にて開催。

だまし絵の巨匠として知られるオランダの画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー
概念と視覚のずれをとおして不条理な空間の知覚を喚起する作品は、神秘的で幻想的な雰囲気を持ち、世代を超えて広がるとともに、数学の専門家からも注目された。

同時代のアートのみならず過去の美術からもインスピレーションと影響を受けたエッシャー幾何学的な構成と厳密さを追求し、視覚芸術の本質に迫る作風で独自の芸術世界を創造した存在であったと言える。

 

《スカンノの街路、アルブルッツィ地方》1930年、リトグラフ Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2024 The M.C. Escher Company, Baarn, The Netherlands. All rights reserved mcescher.com

《平面の正則分割 III》1957年、木版 Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2024 The M.C. Escher Company, Baarn, The Netherlands. All rights reserved mcescher.com

 

本展では、「だまし絵」的な代表作を筆頭に、初期から晩年までの作品約160点を展観。あわせて、作品の世界に入り込むことができるさまざまな体験展示が会場のあちらこちらに用意されている。

エッシャー作品の根底である、遠近法的・幾何学的・構成的パラドックスと能動的に関わることのできる貴重な機会となるだろう。

 

《婚姻の絆》 1956 年 、 リトグラフMaurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2024 The M.C. Escher Company, Baarn, The Netherlands. All rights reserved mcescher.com

 

]]>
ART A.IINUMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋のキーパーソンたちを中心に取材を続けてきたWEBマガジン「fan」の 3周年イベントが金山・24PILLARS にて開催。YANGGAO、EARLYBIRDS BREAKFAST、Bar Kanata、TOUTEN BOOKSTOREらによる出店、ワークショップ、LIVE、DJと盛り沢山。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109764.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109764.html 2024-06-03 07:49:16

 

WEBマガジン「fan」の 3周年イベントが金山・24PILLARS にて6月23日(日)に開催される。

fanは名古屋を中心に東海地方で活躍する飲食店やセレクトショップ、ギャラリーなどのオーナーへインタビューを行い、彼らの活動、今に至った経緯や想いを記事にして発信するWEBマガジンだ。

 

fanはインタビューを始めて今年で3周年という節目を迎え、今まで取材を行った縁のある出店者らを集め記念パーティーを行う。

フードはSIBERIA、DALAT MARIMURA、YANGGAO、Bar Kanata、EARLYBIRDS BREAKFASTらが、ショップとしてSOME、OFF THE RECORD、TOUTEN BOOKSTORE、Kuretal百貨センター、LOVERS’NAGOYAなどが出店。

独自の色合わせや素材感を巧みに表現する、モードでアートなデザインが得意なネイルサロンULL / TESSによるワークショップの開催も。こちらではULL / TESSの世界観を親指1本で体験することができる。

 

また、いけばな草月流師範の資格を持つアーティスト・アレキサンダージュリアンのワークショップでは、自身の代表作でもあるチップスターをいけるいけばな教室を行う(こちらは既に定員に達したため予約受付終了)。

 

lullatone、asana、motnormによるスペシャルライブや、MOOLA、go_kinsella、KuretalらのDJもあり。

fanがこれまでインタビューしてきた面々が一堂に集まるパーティー、ぜひ足を運んでみて。

]]>
LIFE STYLE A.TORII_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[テレビアニメの世界観を多種多様な手法で表現する作家、水野健一郎による個展が覚王山・OFF THE RECORDにて開催。オープニングでは、RAMZA、Free Babyronia、藤原草太朗らがDJ出演、てらぴん(テライショウタ/GOFISH)によるカレー出店も。]]> https://liverary-mag.com/music/109740.html https://liverary-mag.com/music/109740.html 2024-05-31 09:04:01

 

5月31日(金)〜6月9日(日)までの期間、岐阜県土岐市出身のアーティスト・水野健一郎による個展「MICROFICTION2024」が覚王山・OFF THE RECORDにて開催される。個展としては東京「MICROFICTION2018」以来6年振り、中部エリアでの初の個展となる。

水野健一郎は、自身が影響を受けたテレビアニメの世界観を多種多様な手法(ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど)で具現化し、昨今のアーティストへ多大な影響を与えリスペクトされている作家の一人。

本展では、キャンバス作品やアクリル作品などのコロナ禍以降に制作した作品約50点、そして設定資料集も並ぶ予定。なお、作家本人の在廊日は会期初日から3日間となる。この貴重な機会をお見逃しなく。

 

<以下、作家よりコメント>

コロナ禍以降、僕は絵が描けなくなった。11の作風は混ざり合い、断片化した表象は再び心の中に溶けていく。絵のための物語も、物語のための設定も、思い出せない夢のようにぼんやりしている。原因はいくつか考えられるが、とりあえず全部コロナのせいにして前に進もう。

水野健一郎

 

 

6月2日(日)は、OPENING DJ PARTYも開催される。DJは、RAMZA、Free Babyronia、+=(LIVERARY)、Sotaro Fujiwaraが参加。カレー出店でてらぴんも登場する。

 

Kenichiro Mizuno インタビュー映像(2024)

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[【SPECIAL INTERVIEW】ACO(BAND SET)、Campanella、CONOMARKら出演のVio15周年第一弾企画直前、特別対談:ACO × メイ(MAGO、Vioオーナー)名古屋という街に、音に寄り添ってきた、欠けることのない真っ直ぐな想い。]]> https://liverary-mag.com/feature/109645.html https://liverary-mag.com/feature/109645.html 2024-05-27 07:49:09

 

新栄にて常に様々なジャンルの音楽イベントを展開してきたライブハウス兼レストラン「Live&lounge Vio」が、今年15周年を迎える。それを記念したパーティーの第一弾が5月31日(金)に同店にて開催。

 

 

出演者は、ACO band set(バンドメンバーに、ex.NUMBER GIRLのBa.中尾憲太郎、toeなどで活躍するDr.柏倉隆史とkey.中村圭作を迎えた強力な布陣)、CampanellaCONOMARKの3組をメインとし、ダンスミュージック、HIP HOP、バンドサウンドまでジャンルの壁を貫いた、Vioのカラーを体現する納得の内容となっている。

今回、LIVERARYではVio15周年を記念し、club MAGOとVioの2店のオーナーを務めるメイと同じく名古屋で生まれ育ったシンガーソングライター・ACOによる特別対談を企画。名古屋出身の二人の馴れ初めから話はスタートし、名古屋のシーンに対する思い、それぞれの音楽に対するスタンスについて語ってもらった。

 

 

SPECIAL INTERVIEW WITH

ACO
×
メイ(clubMAGO、live&lounge Vio)

Interview&Text, Edit:Takatoshi Takebe(LIVERARY)
Photo:Kazuyo Oya

 


写真左:ACO、右:メイ

ACO
18歳でデビューし、憂いを帯びた艶やかな歌声で独特の存在感を示したACO
1999年にはゲスト参加したDragon Ashのヒット曲により話題をよび、同年、砂原良徳がプロデュースした悦びに咲く花がヒット、一躍その名を知られるようになった。その後、トリッキー、エイドリアン・シャーウッドら世界的プロデューサーを迎え、エレクトロニカに傾倒した前衛的な作品を発表した。2010年以降は、生音とエレクトロサウンドを自由に行き来する独創的な作風を確立。触れたら壊れそうな脆さと、女性らしいしなやかな強さを同時に感じさせる佇まいで唯一無比のオーラを放っている。

 

ーVio15周年、おめでとうございます!……ということで、今回、周年記念イベントの第一弾に出演されるACOさんとVioのオーナー・メイさんにいろいろとお話を伺っていこうと思います。まずはじめに、お二人はもともとどんな関係性だったんですか?

メイ:私は、知り合いの知り合いってくらいの関係性で会食の場とかでは会ったりしてたんだけど、挨拶するくらいで。やっぱり知り合った当時、私も20代からバリバリ音楽畑で仕事はしてたんだけど、ジャンルも違うし、ACOちゃんはすでにメジャーデビューしててドラマの主題歌とかも歌ってたり、もう雲の上の存在っていうか、そんな気安く話ができる感じではなかったんだよね。だけど、ずっとオファーしたいなとは思っていて、今回ようやくその思いが晴れて実現したって感じで。

ACO:もともと10代の頃からやっぱりみんな遊んではいたから、同じ場所にはいたはずなんだけどね。私は18歳で上京していたんで、周りの地元の友達たちはMAGO(メイがオーナーを務めるクラブ)にみんな遊びに行ってて、私はその話を聞くばっかりでいいな〜って思ってたんですよね。だから、東京での仕事も忙しかったから、ちょっと地元の人たちやシーンとは疎遠になってた時期はあったかな、と。

ーなるほど。ずっとオファーしたかったということですが、今回のタイミングでのオファーになったのは、なんか具体的なきっかけとかあったんでしょうか?

メイ:コロナ禍の時に、よくインスタとか見てたんだけど、ふとACOちゃんのアカウントを見ていたら、なんか地元(名古屋)にいる感じが見て取れて。あれ、東京から帰ってきてるんだ!ってなって。近くにいる感じがして。で、ちょうど去年の年末に、京都でACOちゃんのソロライブがあって、なんか急に「これは行かないと」って思って。で、ライブを見に行って、そこで直接声をかけて出演オファーしました。その時、ACOちゃんと話してて、あまり名古屋でライブする機会がないんだよね、って言われて。名古屋のアーティストだし、やっぱり名古屋でライブやって欲しい!っていう思いもあって。

 

 

ーACOさんに質問なんですが、「名古屋ではやりにくかった」というのは?

ACO:私が知らないだけなのかもしれないけど、関西とか東京だと、色んなジャンルのシーンがあるんだけど、名古屋ってHIP HOPだったり、ハードコア・パンクだったりっていうシーンが一極集中で盛り上がってるイメージはあって、私の音楽性的にはあまりそこには混ざりにくくって。そろそろ名古屋も多様なジャンルが盛り上がればいいのになっとは思いますね。

ー名古屋って、アンダーグラウンドなシーンでは、かなりオルタナティブなバンドや、独特のセンスを持ったバンドもたくさんいますけどね〜。自分の知ってる限りだと、6EYESだったりのうしんとうとかってバンドが全盛だった頃は、名古屋もジャンルがクロスオーバーしてて面白い時代だったんじゃないかなと思います。CHAIも名古屋出身だったり、今でも新しくてオルタナティブなバンドやミュージシャンは名古屋から出てきてはいるとは思いますけど…。

ACO:名古屋の人たちは、B’zとかミスチルとかそういう大きいメジャーなものへの人気とか注目度は硬いよね。だけど、少しマイナーなものになるだけで、急に触れようともしなくなってしまう感じ。街レベルでもっと変わっていくといいなって思う。東京は何もかもあって当たり前、大阪や福岡は個性的で元気があるイメージ、そういう他の都市と比べた時に名古屋ってなんか活気がないな〜って思っちゃうんだよね。なんか個人単位で見たときはいろいろ動いてる人はいるし、面白いとは思うんだけど、ひとつの街として引いて見た時に、なんかパッとしないよね〜。そういう街の面白さってのも音楽シーンにも関係してる気もする。ちょっとシャイな人が多いのかな、もったいないな〜って。もっと名古屋の人たちも自分たちの魅力をアピールした方がいいと思う。そうするとまた東京とか他の都市の人たちも名古屋に注目してくれて集まってきてくれたら、街も盛り上がっていくんじゃないかなって。

メイ:海外とか、お爺ちゃん、お婆ちゃんがライブハウスにいて、セクシーに踊って遊んでたりするし、年齢は置いておいて、もっと遊んで欲しいし、音楽で遊ぶ事を日常にしていきたいと思ってる。

 

 

ー外からの注目度で言うと、飲食店シーンは盛り上がってるイメージがありますね。名古屋メシとかではなくて、新しいオルタナティブな飲食店が元気がいいです。最近の名古屋の街の動きで、ACOさんが気になる存在ってなんかあります?

ACO:なんかたまたま通りかかって知ったんだけど、東区のあたりに変わった中華料理屋?みたいなのできたよね〜?

メイ:へー知らない!何てところだろう?

ー多分、「カロリー軒」ってお店だと思いますね。

ACO:あーそこそこ!そこは気になってた。なんか盛り上がってそうだよね。

ーあそこは一年前くらいにできたばっかりのお店で、もともと蒲郡の人たちなんですけど、出店とかをしていたんですが人気で、最近名古屋で実店舗を構えたんですよね。LIVERARYのイベントにも何度か来てくれてて、すごいキャラの強い方がやってらっしゃいます(笑)。カロリー軒にACOさんが注目してるとは!では、名古屋のアーティストだと気になる人はいますか?

ACO:これも私が知らないだけかもしれないけど、やっぱり名古屋はHIP HOPが盛り上がってるのは伝わってくるんだけど、バンドシーンとかで私が気になる人とかいないかな〜。やっぱりアピールが足りない感じはする。大阪に住んでた時期があるんだけど、GEZANとかって、売れるずっと前から、なんでか知ってたもんね。赤い人たちだ!って。

ー名古屋のバンドの人たちは、仕事は仕事で続けながら生活もキープしながら、バンド活動も続けていく、っていうスタンスの人が多いかもしれないですね。だから、才能やセンスはあっても、音楽を仕事にするためにどうする?とかプロモーション的なアピールの方法について考えない人の方が多い印象です。若いときは精力的に活動しててもやっぱり家庭を持ったりとかして、だんだん仕事が忙しくなっていってバンドも休止しちゃったり。勢いと年齢も関係してきますよね。

メイ:でもなんか年齢で区切ってしまうのももったいないよね。

ACO:若い子が重宝されがちだよね。でも、若い子たちってちゃんとこの年齢の人だからこういうことができてるとかって、歳をとった人の良さも理解してくれてる気もする。

メイ:うちの娘も中学生だけど、山口百恵にハマってたりするもんな〜(笑)。

 

 

ー名古屋のシーンをずっと見てきたメイさんはMAGOやVioという場所をどんな思いで作ったんですか?

メイ:20代の頃から色んなハコでイベントオーガナイザーをやってきたんだけど、そのハコのひとつがMAGOで。MAGOって昔は今とは別の場所にあって、栄の東桜にあったんだけど。DJブースのあるスペイン料理店だったんだよね。

ACO:え〜!そうだったんだ!

メイ:そうそう。パスタとかケーキも美味しくって。石畳の階段でなんかゾクゾクする場所だった。いま、店長をやってくれてるシンミがそこでバイトしてたんだけどね。で、そこで遊んでて、当時ゲイの友達がたくさんいて、一緒にゲイのパーティーとかも東京まで遊びいったりしてて、なんか男ばっかりなのに、すごく綺麗で美しい世界だった。で、その頃、ゲイっていうのも何かも知らなかったんだけど。それで、その中で仲良かったういちゃんって友達がいて、その子が東京から来るタイミングでじゃあパーティーやろう!って言って軽いノリでやったテクノパーティーが最初のイベントだった。ゲイカルチャーとかレズビアンのシーンとかって当時はみんなまだ特に名古屋なんかだと隠してたんだよね。でも当時の私はその人たちと遊んでるのがすごく面白くって、興味津々だった。そういう生活環境にいたこともあってか、テクノのシーンとも繋がって、で今から28年前にMAGOを引き継いだ時、テクノを中心としたしたハコにしようと思った。前オーナーから「お店引き継いでやってくれん?」って言われて、最初は軽い気持ちで3ヶ月くらいやろうっかなって思って初めて、気付いたらもう30年近くにるんだけど(笑)。

ACO:私はその頃、東京にいたけど、MAGOの噂はすごく聞いてたんだよね。みんなすごく音のいいハコだって言ってて。

メイ:ほんと〜!嬉しいな〜!

 

 

ーMAGOについてもVioについても、メイさんの音や空間づくりへのこだわりはすごく強いイメージがあります。

メイ:MAGOなんかは何回も改装工事をしていて、いまのMAGOのPAシステムは、音響の浅田さんと出会って、シンミとで考えたシステムなんだけど。スピーカーやケーブルひとつ変えただけでも、レコード針一個変えただけでも音ってこんなにも変わるんだっていうのを身を持ってわかるようななり、いろんな音響機材にお金をかけて浅田さんがチューニングしていく事で、いのちがふきこまれていく、目に見えないいきているような幸せを感じるようになっていったんだよね。天井側やブース内の足下にもスピーカーが埋めてあったり、DJ台は、ミカゲ石を使ってたり。普通のDJ台みたいに床の上に置いてあるんじゃなくて、床下の地面に柱が突き刺さってるんだよね。

ACO:え、すごい。そうなんだ!

メイ:そう。で、Vioに関しては、もともとテクノばっかりに傾倒してたけどやっぱりもっと音楽って色んなジャンルがあるわけだし。もっと音楽を広げたいって思いでバンドのライブもダンス教室も何でもできる場所にしよう、料理はオーガニックで菜食マクロビにこだわったレストラン兼ライブハウスっていうイメージを実現したのがVio。Vioをスタートした当時は繊細で柔らかい音作り、家に帰っても音楽が思い出として心の中に残るような音響にしたい!って考えていたから、D&Bっていうメーカーのスピーカーにしてたんだけど。コロナでいろいろ悩んでた時に、最初使ってたスピーカーからマスターブラスターっていうスピーカーの進化版に変えたんだよね。そしたら、今まで出てなかった低音が出るようになって、色んなミュージシャンからもすごく好評で。

 

 

ACO:一番最初にVioでライブしたのは誰だったんですか?

メイ:「カンタティモール」っていう映画の助監督で守山に住んでいるサダムさんフォークミュージシャンにライブしてもらったりMonday満ちるさんに来てもらったのが最初の頃の印象的なイベントでした。

ACO:お〜。Monday満ちるさん、いいですね。何でMondayさんが来たんですか?

メイ:マネージャーさんがHOUSE DJニョロさんで、その方のつながりで来てくれました。そこからジャンル問わずいろんなイベントをやってきました。

ー最近の Vioはますますジャンルレスっていうか、ENTHとかパンクバンドのライブも増えていってますよね。

メイ:最近のVioはより音楽的に幅広くなっていってるし、若い子たちが企画するイベントはラッパーも出るし、バンドのライブもあって、DJもいてって感じで本当にオールジャンルミックスで、すごいよ。毎日、この場所で新しい刺激をもらってます。Vioはもう「公民館にしたい」ってくらいに思っていて。映画の上映会もあったり、結婚式の二次会とか、音楽ジャンルだけでなくいろんな人にいろんな用途で使って欲しい場所なんです。ここ地下二階で、フロア全部を借りてるんで、どれだけ表現を出してもらってもいい場所なんです。身体で音を体感できるくらいの爆音で思う存分やって欲しいし。音を出しても怒られない公民館。

 

 

ーこんなお洒落な公民館ないっすけどね(笑)。

ACO:本当にそうだよね〜。

メイ:私はやっぱり思うのは、音楽の現場ってそこに音楽が好きな人がステージに立って、それを見たい音楽が好きな人たちがチケットを買って集まってくる場所だって考えた時に、もうプラスしかないな〜って思うんだよね。「好き」が循環してるっていうか、こんないい仕事ないって思ってる。

ーメイさんは、もうハコの仕事をやめようかなって思ったことはないんですか?

メイ:全然ない。毎日刺激的だもん。でも、コロナの時は単純に家賃が払えないってなってもうダメだって思ったけど、クラファンをさせてもらって、そしたら本当にたくさんの人から支援が集まって、それで勇気をもらって。それで、すぐに銀行に最大金額の融資をお願い強いに行って、5年分くらいの家賃が払えるようにはしたんだよね。もうここから5年突っ走って、やり切れたら、おばあちゃんになって引退した時に、「あ〜私はやり切った」って思いながら孫を抱っこしたいなって。

 


私一人では全然続けることはできないって思ってて。私はMAGOとかVioっていう看板はみんなが持ってくれてるっていう感覚で、私はその看板に少し手を添えてるくらいで、みんながどんどん前進させてくれた、そんなイメージなんです。

ー今回、フライヤーのセンターに象形文字の「音」っていう文字が入ってますが、これはメイさんからの発案なんですか?

 

 

メイ:いやこれはACOちゃんと打ち合わせをしている時に、ACOちゃんの方から言ってくれたアイデアで。でも、私もストンって附に落ちて、「音が中心にあるよね」って私が思ってることをそのまま言ってくれたって感覚ですごく嬉しかった。

ACO:MAGOとかはテクノだったりクラブミュージックの要素が強くて、私がやってる音楽とはまた違うんだけど、共通してるのは「音」だなって思って。だから今回も普段一緒にやらない人たちと共演できるから楽しみ。

メイ:今回のACOちゃんのライブはどういう感じになりそう?

ACO:普段はPCで曲を作って、それをバンドメンバーに渡して、っていう作り方をしてるんだけど、周年をお祝いするイベントだし、曲をそのままやるって感じでなくてもいいんじゃないかなって。その辺りの感覚はメンバー全員(ex.NUMBER GIRLのBa.中尾憲太郎、toeなどで活躍するDr.柏倉隆史とkey.中村圭作が参加)、同年代だし、分かり合えてて。

メイ:すごいメンバーだよね〜。

ACO:そうそう、だから安心してる。

 

 

メイ:ACOちゃんってこうやって普通に話をしてる時はすごくクールな感じがするんだけど、いざ歌い出したら、すっごく可愛いじゃん声が。女の子でも心が持っていかれちゃうっていうか。

ACO:自分の作品もメジャーにいる時から変わっていってて、「音」にフォーカスしすぎてた時期もあったんだけど。今回は自分でギターも弾こうと思ってて。

メイ:ACOちゃんってカテゴリーにはまらないブランディングだと思うんだよね。

ACO:若い世代の子はわかってくれると思うんだけど、なんでみんな一つのジャンルだけをやるんだろう?っていうのは昔からずっと思っていて。

メイ:今の自分の好きなものを出すだけ、みたいな感じ?

ACO:私には声があるから。

メイ:ACOちゃんのジャンルに縛られない感じに、私は惹かれるんだよね〜。

ACO:うーん。例えば、ミシュランの星がたくさん付いてる美味しいお寿司屋さんじゃなくて、みんなが美味しいって言って食べてくれる旨いお寿司屋さんになりたい。そんな感じです。

 

 

ー最近、ハマってるジャンルの音楽ってあります?

ACO:何でも聴いてますね。オールジャンルですね。これって決めれなくて。ラーメン一筋とかってのはないです。

メイ:食べ物の例え、多いね(笑)。

ACO:あ、強いていうならボサノヴァだけは唯一聴いてないかも。そういう聴いてないジャンルってあります?

メイ:JAZZとか普段は全然聞かないけどね、でもジャズ喫茶とか言ったら聞くし。一回、ラテンのミュージシャンのライブでブルーノート行った時に、椅子席だったんだけど、立って踊ってたら怒られたな〜。なんで踊ったちゃダメなの!?ってなったけどね。

ACO:ブルーノートで踊ってる人は見たことないな〜(笑)。

ー何の話でしたっけ?(笑)。

メイ:身体が動き出しちゃうんだよね(笑)。こないだMAGOに来てたDANNY KRIVITとかミキサーが彼の身体と一体化してるっていうか、もうびっくり。本当にいつものうちの音響?!ってなるくらい、同じ曲でも違う曲に聞こえるくらいで、こっちまでエモーショナルが伝わってきて!!

ー話を戻して……今度のイベントはどんな感じになりそうですか?

メイ:もうACOちゃんの声も楽器と同列で混ざっていく様は、まさに「音」っていうコンセプトを感じる瞬間だと思うんだよね。当日は、ACOちゃんから始まって、マサくん(CONAMARK)、Campanellaの順番で考えてるんだけど、バンドサウンドからの DJも、そこからのラップもきっと一つの大きな「音」になってまた次へと繋がっていくことを想像してます。

 

 

ーCampanellaのラップのスタイルも、言葉が耳に刺さるようなラップというよりか、トラックとラップが一つになって自然に耳に入ってくる「音」って感覚がありますよね。今回のVioで共演されるアーティストが「音」で一つになる瞬間は楽しみですね。今後も周年企画はどんどん続いていくんですよね?

メイ:6月末には、大大大吉村大地くんのバンド・マイマイズのうしんとうTURTLE ISLAND永山愛樹さんのALKDOだったりが出てくれる日があったり、 RAMZAくんが出てくれたり、あとはGOLDEN COASTERがイベントやってくれたりします。

ージャンルレスにさらにいろんな「音」へと広がっていく感じですね。15周年を迎えるにあたって、改めて今思うことってありますか?

メイ:やっぱり私は名古屋が好きなんだよね。だから、ACOちゃんもそうだし、改めて名古屋のアーティストやミュージシャンにどんどんこの場所を使ってライブやイベントをしてもらいたいって思ってる。別に集客が……とか気にせず、気軽に使ってほしいって思ってます。うちは「公民館」なんで。

 

 

]]>
FEATURE T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋市東区・百人町にアートギャラリー「MOMO GALLERY 」がオープン。プレオープンイベント&若手作家4名による展示も開催!コーヒームテ、ZEZE、SKYE、CAN BUY RECORD、LIVERARYが出店。]]> https://liverary-mag.com/art/109713.html https://liverary-mag.com/art/109713.html 2024-05-27 06:53:40

 
今夏、名古屋市東区・百人町に古民家をセルフリノベーションしたギャラリー「MOMO GALLERY」がオープンする。
 
本オープンに先立ち、東区筒井・古出来のお祭り「天王祭」に合わせたプレオープンイベント「MOMO GALLERY SOFT OPENING ART EXHIBITION 」が5月31日(金)、6月1日(土)に開催される。

伊藤理乃、鳥越愛良、髙柳あおい、髙橋天真音ら愛知県立芸術大学大学院を修了した若手作家4人の作品展示をはじめ、コーヒームテZEZE、SKYEらによるフード&ドリンク出店、CAN BUY RECORDによるレコードの試聴イベント、「LIVERARY」編集者・武部敬俊によるお悩み相談(投げ銭)が日別で開催予定。

 
二日間ともに「天王祭」に合わせ、オーナーによる浴衣着付けも無料で実施される。(浴衣帯レンタルは1000円※17時返却)。

この機会にぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

 
 
]]>
ART Y.Isaji_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[⼆ノ宮隆太郎監督の最新作『若武者』が国内外のミニシアターで世界同時公開&U-NEXTで国内配信スタート。劇中曲はimai(group_inou)が担当。森、道、市場で大橋裕之とコラボ企画も!]]> https://liverary-mag.com/cinema/109633.html https://liverary-mag.com/cinema/109633.html 2024-05-26 02:19:05

 

⼆ノ宮隆太郎監督の最新作『若武者』が5月25日(土)国内外のミニシアターで世界同時公開され、同日に動画配信サービスU-NEXTで国内配信される。名古屋は矢場町・センチュリーシネマにて6月14日(金)から上映予定。

前作『逃げきれた夢』が、北野武監督・是枝裕和監督とともにカンヌ国際映画祭に正式出品された二ノ宮隆太郎監督の最新作『若武者』

映画・ドラマ・舞台など幅広いフィールドで活躍している坂東龍汰、髙橋里恩、清水尚弥のトリプル主演作。

義父に対する深い憎しみを秘める渉(坂東龍汰)、他人の負の感情に愉悦を覚える英治(髙橋里恩)、介護職員として真面目に働きながらも周囲を鈍い視線で見つめている光則(清水尚弥)という、3人の若者が三様の人生の問いを続けながら未来に抵抗する。

劇中曲を担当するのは group_inouimai。長編映画の音楽を手がけるのはこれが初となる。

 

 

本作は「almost people」「餓鬼が笑う」などの邦画を手がけるコギトワークスが動画配信サービスU-NEXTの協力を受け、今年3月に設立した新映画レーベル「New Counter Films」の第一弾として誕生した作品。

「New Counter Films 」は、「誰もが観たい映画でなく、誰かが観たい映画を作る。」をミッションに、エンターテイメント性を追及しながら、作品性・作家性を重視した映画を製作する邦画レーベル。

コギトワークス独⾃の配給網を活⽤し、国内のミニシアターと、海外 17 都市のアートハウス劇場へ配給を行い、さまざまな事情により劇場に足を運べない観客のために、劇場公開と同時に都度課金(TVOD)制でU-NEXTでの配信も同時に実施。収益の配分構造を抜本的に⾒直すことで、総事業費回収後の全体収益の 50%を作り⼿に還元する仕組みを構築。作家性と収益性を両立した邦画業界でも新しいビジネスモデルに挑戦している点も話題となっている。

 

 

さらに、森道市場2024遊園地エリア内に毎年出店する人気作家・大橋裕之が、今作の主人公を演じた若手俳優3人のキービジュアルを似顔絵化。シルクスクリーンWSの「スロメ」が並ぶブースにて、その場でTシャツやトートバッグにプリントすることができるワークショップ企画を開催。こちらもぜひチェックしてみてほしい。詳しくは、森道市場の大橋裕之の似顔絵屋さんブースにて。

]]>
CINEMA A.IINUMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[野焼き陶芸家・三浦宏基による、約100点の作品が並ぶ個展が栄・unlike.にて開催。初日限定で似顔絵ドローイングも。]]> https://liverary-mag.com/art/109691.html https://liverary-mag.com/art/109691.html 2024-05-23 01:49:12

 

5月26日(日) 〜6月11日(火)の期間、名古屋・栄のセレクトショップunlike.にて野焼き陶芸家・三浦宏基による個展が開催される。

三浦は外界から離れた大自然、佐賀県武雄市の山の中腹に構えた工房で、もみ殻や藁や木を使って焼成する「野焼き」という原始的な手法でユニークな作品を生み出している。

昨年の個展では土偶動物を中心とした花器が人気で、新作を心待ちにしている人も多いことだろう。

今年は窯を使用した陶器を中心に大小様々な作品が100点程並ぶ予定。初日限定で作家本人による似顔絵ドローイングのチャンスもあるという。

豊かな色彩、大胆で潔い筆使い、型にはまらない有機的であたたかみのある「手」を通して創り出された作品を是非とも楽しんでほしい。

]]>
ART M.INOUE_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[クレヨンで描いた絵画など独自の世界観を漂わせる、注目のイラストレーター/デザイナー・CONVENIENCE YOUNGによる個展名古屋編が、栄・CREMA galleryにて開催。]]> https://liverary-mag.com/art/109619.html https://liverary-mag.com/art/109619.html 2024-05-22 07:49:15

独創的な世界観を持つ、山県出身のイラストレーターでありデザイナー・CONVENIENCE YOUNGによる個展「NAGOYA SOLO EXHIBITION NO DYED OUR FUTURE」が栄・CREMA galleryにて開催される。会期は5月23日(木)〜5月29日(水)までの1週間。

個展のテーマは、「何にも染まらない私たちの未来で」。絵画・映像・置物含め約40点の新作が展示される。展示物は全て購入が可能。原画購入された方にはコラージュポスターのプレゼントもあり。作品以外にも、ZINE、Tシャツ、キーチェーン、ステッカー、ポーチ等のグッズも展示販売される。

なお、作家は終日在廊するとのこと。この機会に足を運んでみてほしい。

 

<以下、コンセプトテキストより>

NO DYED OUR FUTURE (何にも染まらない私たちの未来で) 絵を描き終えた後に、気づけば色が混じり真っ黒になっている手。 机にうつったカラフルなクレヨンのかけらと袖に付くこすれた鉛筆の黒。 手を洗い、机を拭き、服を洗濯機に入れる、ときに 今日も頑張ってえらいと自分を褒めてみる。 私たちには私たちだけの色があり、誰かに染まる必要はなくて、日々に染まる必要もない。 これは自分への問いかけでもあり、みなさんへもこの文章と絵を通して自身の選択したことに自信を持ち 自分らしくいつづけていいんだという気持ちになってもらえますようにと込めて何にも染まらない私たちの未来でという言葉を込めました。

 

 

 

]]>
ART T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[「森道市場2024」LIVERARY主催エリアに今年も全国各地から44ブース大集合!TOMMY(BOY)らが出演するDJ企画「ENJOY DOGRUN MUSIC」タイムテーブルも発表。今池・NORMALにてLIL’ BOOTY a.k.a. asuka ando、sndmsら出演の打ち上げ企画も開催!?]]> https://liverary-mag.com/feature/109583.html https://liverary-mag.com/feature/109583.html 2024-05-19 15:15:08

 

5月24日(金)〜26(日)三日間に渡り、「森道市場2024」が蒲郡・ラグーナビーチ、ラグナシアを会場に今年も開催される。同フェス内遊園地(ラグナシア )エリアの最北端“はじっこ”に、今年もLIVERARY主催エリアが出現する。

今年の出店ラインナップは以下、総勢44ブース。

LIVERARY Pre.
関西関東西東北南Extraエリア
in森、道、市場2024

Bar kanata
BOY
BURGER STAND haveagoodtime. x daybyday
Caravan
COFFEE SUPREME
DELI
DioramaClothingStore
JYUKU
KIOSCO
kuretal百貨センター
LIVERARY Extra feat. 最後の手段、ohiana(A.C.C)
MAD BOXXX
MERRY LOGISTICS
namo.
NOTHING MOLOCH
OFF THE RECORD
OMIYAGE/poi
RELAX ORIGINAL®
RIM
Sound Bar NORMAL
spazio rita
SUEKKOLIONS©(吉祥寺YES)
TENUSIS™
THE SESSIONS
YAMASTORE
YUICHIRO TAMAKI / ECHOTAM
ZEZE
シヤチル
スペースたのしい
スロメ
チェルプ
ネグラ(妄想インドカレーと越境庶民料理店)
ブロッケン
マガザンキョウト
らんびー
延命ランド
幸福館
社交酒場イム
鋤田収集事務所
新町ビル
大橋裕之の似顔絵屋
提灯東京™と栄栄謳麺線
有限会社マルヒロ
緑亭 (from Dookie’s Pizza)

 

会場MAPはコチラ(橋の周辺からCIRCUS STAGEまでの一帯)

 

LIVERARYエリアではお馴染みのお店から新規出店のお店/作家まで、名古屋エリアを中心に関西関東西東北南から個性豊かな面々が並ぶ。

また、最果ての地「ドッグラン」エリアでは今年も音楽企画「ENJOY DOGRUN MUSIC」が開催され、ローカルDJやLIVERARY出店者を中心にジャンルレスにDJたちが登場。同エリアには、NORMAL、Caravan、イム、緑亭 from Dookies、ブロッケン、haveagoodtimeといった名古屋の人気飲食店に加え、大須の古着店・DioramaClothingStoreも出店する。芝生の上で時にのんびり、時に賑やかに思い思いに衣食音をエンジョイしてほしい。

 

タイムテーブルはコチラ

ENJOY DOGRUN MUSIC

5/24 FRI
上海、katafuta/haveagoodtime
satoki、sum/イム
“Capricorn”
KANEDA/HATTORI/
KANBE/yusukeuchida
AND MORE
CHOUMAN(testpattern)/the SESSIONS
T.入江/DELI
 
5/25 SAT
水路/LIVERARY
kaoru、KJ/haveagoodtime
YUU/NORMAL
Long Life Bear/延命ランド
豊丸
ぱや&やまちゃん/イム&Dookies
TOMMY/BOY
“DECAMERON”
MAHIRO/KONDOH
MUSICMAN/OGISO
Mikanchosu/WK
alphabetmusic/ZEZE
藤原草太朗/spazio rita
 
5/26SUN
udont/ブロッケン
k.mizuuchi(BLUEVALLEY/
CANBUYRECORDS)
クレタル/クレタル百貨センター
Gotoo/KIOSCO
DAISUKE HIRABAYASHI
TAKESHI FURUSE
放課後遭難クラブ

なお、sndms(台風飯店)の声かけにより、森道市場の打ち上げ的イベント「最後の力を振り絞るパーティー(仮)」が今池・NORMALにて最終日5月26日(日)23:00〜朝まで開催される予定。同企画の詳細はLIVERARYにて追ってアナウンスされる予定なので、気になる方は要チェック!

]]>
FEATURE T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋発のDJパーティー「Lads Culture」とポストパンクバンド・wbsbfkの共同企画「SEASAW」が新栄・CLUB MAGOで開催。]]> https://liverary-mag.com/music/109571.html https://liverary-mag.com/music/109571.html 2024-05-19 14:28:04

Lads Culturewbsbfkの共催イベント「SEASAW」が6月29日(土)に新栄・CLUB MAGOにて開催される。

Lads Cultureは名古屋でインディーロックをルーツにオルタナティブなダンスフロアを作り上げているDJパーティー。今回は、名古屋を中心に活動しているポストパンクバンド・wbsbfkとの共同企画となっている。DJ陣は、DP、SP、Kevin、⁡Ysuck、S.O.N.ERIOT GIRLSが出演。

バンドカルチャーとクラブカルチャーの融合をぜひ体感してみて。

 

]]>
MUSIC Y.Isaji_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[新栄・CLUB MAGOの伝説的パーティー「BLACK CREAM」が復活開催!レジデントDJを務める、APOLLOとHATTORIが出演。]]> https://liverary-mag.com/music/109561.html https://liverary-mag.com/music/109561.html 2024-05-17 07:02:53

 

5月18日(土)新栄・CLUB MAGOにて「BLACK CREAM REVIVAL」が開催される。

「BLACK CREAM 」(通称:BC)は、CLUB MAGOの長年のレギュラーパーティー史上、最も来場者の滞在時間が長く、さらに最もお酒が売れたパーティーとして一時代を築いた伝説的なパーティーだ。

「BLACK CREAM REVIVAL」と題された今回は、レジデントDJであるAPOLLOHATTORIの二人がOne on Oneのスタイルでメインフロアを務める。さらに、ワイン出店としてJIROAZUMIが担当。コチラも合わせてお楽しみに。

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[名古屋の音楽イベント「cultra」が3周年記念イベントを開催。S.A.R.、luv、saccharinら10組によるライブやローカルDJも多数集結。角角然然、忘-bow-ら人気フードの出店も。]]> https://liverary-mag.com/music/109543.html https://liverary-mag.com/music/109543.html 2024-05-15 09:56:33

 

名古屋発のライブイベントの人気シリーズ・cultraの3周年を記念したイベント・cultra 3rd Anniversaryが6月9日(日)に名古屋ユタカビルにて開催される。


今回は、グルーヴィーなサウンドが心地よいS.A.R.や、luvが名古屋初公演となる。そのほか、これまでに同イベントにも出演してきたbrkfstblendsaccharinDinoJr.showmoreZINといったアーティストが一挙に集結したラインナップになっている。

saccharinの演奏では名古屋のバンド・スーパー登山部のメンバー全員がサポートメンバーを務めたりと、本イベントならではの各アーティストのここでしか観れないコラボが予定されているとのこと。

DJはローカルから若手、ベテラン問わず実力派の20名が集結。オープニングDJは一般公募にて決定する(後日SNSにて詳細告知予定)。

また、角角然然忘-bow-といった名古屋で話題のフード出店も並ぶ。コチラもお楽しみに!

 

]]>
MUSIC R.OHTAKE_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[東京在住のイラストレーター・KUBO MAYUCOによる初個展が覚王山・OFF THE RECORDにて開催。オープニングパーティーに、NEU!、タネヲマクの出店や、岡林風穂、てんしんくんのライブも。]]> https://liverary-mag.com/art/109532.html https://liverary-mag.com/art/109532.html 2024-05-15 09:44:38

 

東京在住のイラストレーター・KUBO MAYUCOによる個展「ハートの形に空いた穴」が、5月17日(金)〜5月26日(日)に開催される。会場は、覚王山・OFF THE RECORDにて。

KUBO MAYUCOは、東京在住のイラストレーター。油性色鉛筆をメインに、水彩絵の具やアクリルガッシュで描く、鋭い眼光が特徴の女の子の作品などで知られる。

初めての個展となる本展では、額装作品が約20点を展示。さらに、ミニポスターやステッカーなどのグッズの販売が行われる。17日(金)〜19日(日)には、作家本人も在廊予定だ。

また、19日(日)には、オープニングパーティーを開催。フード出店に、多治見のカレー店・NEU!、南インドミールスのお店・タネヲマク。また、作家の友人でもあるSSW岡林風穂てんしんくん、ピーターフォークによるライブも開催。オープニングパーティーも合わせて足を運んでみてほしい。

]]>
ART H.USAMI_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[「SOCIAL TOWER MARKET 2024 MAY」が栄・オアシス21にて開催。アクセサリーやバッグ、レザー刻印などものづくりとワークショップのエリアが登場。東京より店舗を持たない花屋「Edā」の出店他、約140店舗が集結。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109523.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109523.html 2024-05-15 09:42:09

 

栄・オアシス21にて5/18(土)、5/19(日)の2日間、SOCIAL TOWER MARKET 2024 MAYが開催される。

名古屋を代表するマーケットイベントであるSOCIAL TOWER MARKETは定期開催されており、今回も約140店舗の個性豊かな出店者が軒を連ね、カレーやコーヒー、焼き菓子、ヴィンテージ食器、古着など様々なジャンルの出店が集う。

音楽ステージでは6組のアーティストが出演。タイムテーブルはこちら。

ザ・ダービーズ
GAME CENTER & FutureBrothers
UCARY & THE VALENTINE
浪漫革命
ろくようび
井上杜和バンド

 

オアシス21の会場左奥スペースでは、ものづくり&ワークショップエリアが登場。アクセサリーやバッグ、レザー刻印、人形づくりなど、自分だけのオリジナルグッズの製作が可能だ。小さい子供から大人まで楽しめる企画となっている。

 

また、普段は東京を中心として活動する店舗を持たない花屋、Edā(エダ)の出店も。
「愛」「絆」「感謝」などの花言葉を取り入れた生花を用意し、一人一人の要望に沿った花束を作成する。
またEdāとしては初めて、Edāがセレクトした花瓶も数量限定で販売。

 

週末はぜひオアシス21へ足を運んでみて。

]]>
LIFE STYLE A.TORII_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[老舗銭湯を会場としたDJパーティーが、名古屋市西区・八千代湯にて開催。 24PILLARS、轟、YUNDE METEらによるフード出店、銭湯内に設置された2箇所のDJブース、富士山を描くライブペイントも。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109517.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109517.html 2024-05-15 09:40:27

名古屋市西区の老舗銭湯・八千代湯にて「銭湯 DE SOUND SYSTEM NIGHT」が5月20日(月)に開催される。

1階の男風呂と番台の2箇所にDJブースを設置し、音楽は名古屋のローカルDJによるジャンルレスなラインナップが揃う。

フードは凡人、iloilo中華食堂、 轟、 YUNDE METEの4店舗と、24PILLARSによるナチュラルワイン、BINGE CRAFTBEERのクラフトビールも。ショップはTOTALIZE、 VORTEX RECORDSが出店。

銭湯にはやはり富士山ということで、STONED SEVENによる富士山を描くライブペイントも予定。

なお、入浴・サウナの利用も可能。タトゥーのある方の利用もOKとなっている。

月曜の仕事終わりに、気軽に一風呂浴びてみてはいかが。

]]>
LIFE STYLE A.TORII_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[アーティスト、デザイナー、版画工房、印刷工房が国内外から約30組出展。印刷表現を集めた企画展が名古屋芸術大学内Art& Design Center Westにて開催中。会期中、ワークショップやPOPUPの出店も。]]> https://liverary-mag.com/art/109504.html https://liverary-mag.com/art/109504.html 2024-05-11 09:50:47

 

名古屋芸術大学内Art & Design Center Westにて、Art & Design Center協力企画展PRINTED MATTER520日(月)まで開催中。

PRINTED MATTERは、テキスタイルデザイナーのシミズダニヤスノブやデザイナーの原田祐馬白澤真生、フランスのリソスタジオ・Studio Fidèleなど約30組のアーティスト、デザイナー、版画工房、印刷工房がそれぞれの印刷による作品を持ち寄り、印刷表現のショウケースのような空間を目指した展示となっている。

本展では、さまざまな地域から作品が集まるこの空間で、お互いの知識や考え、技術を理解し共有することを目的とし、それらが若い世代に対してもシェアされて新たな表現が生まれていくことを期待されている。

会期中の511日(土)、512日(日)にはスクリーン印刷、刺繍を使って自身のTシャツに好きなデザインを選んで加工できるイベントや、名古屋芸術大学内のアートショップ・NUA ART SHOP 、富山県にある古本屋・古本いるふPOPUPSHOPの開催も。

名古屋で海外のリソスタジオの作品がたくさん見られる貴重な機会となる。お見逃しなく。

 

]]>
ART A.IINUMA_LIVERARY active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>
<![CDATA[東京発オルタナティブなタコス店「REMEX by pkpk」が今池・バンカムにて期間限定営業開始。初日はタコス無料!のDJパーティーを2フロアで開催。YoshimRiot、MAKOSSA BOYSが出演。]]> https://liverary-mag.com/lifestyle/109477.html https://liverary-mag.com/lifestyle/109477.html 2024-05-09 00:37:22

 

東京・北千住発のタコス店「PKPK TACOS」が、魚と野菜に特化した「REMEX by pkpk」として、今池・バンカムに期間限定でオープンする。オープン日は、5月15日(水)〜6月26日(水)の月火水曜夜のみ。

 

 

初日5月15日(水)には、フリータコス!&DJパーティーを開催(ドリンクは有料)。2Fバンカムだけでなく、現在ohiana展開催中の3F(BY}も使用した2フロア仕様に。当日のDJはYoshimRiot、MAKKOSA BOYSが登場する。

 

なお店名の由来については、公式Instagramにて、下記のように述べられている。

メキシコ料理の一つであるタコスを独学で学び、何冊か現地系のレシピブックを見ては、数字と単語を頼りに雰囲気で理解して作ってきましたが、僕が作るタコスはそれでもまがいものでして、それをメキシコ料理と謳って出すことはさすがにできないなとまずは思いました。さらに、タコス以外のメキシコ料理にさほど興味もなく一応は知っとこうかなくらいです僕は。
メキシコも行ったことはありません。
なので、僕のタコスはこの国で日本人シェフが独自に発達させた料理と位置付けており、本国とは全く別ではないけど少し違う、音楽的な言葉でいうと「REMIX」に値するなと思います^ ^
なので、一文字変えてREMEXとなりました!

オリジナリティ溢れる、オルタナティブなタコス店「REMEX by pkpk」。今後の展開にも期待しよう。

]]>
MUSIC T.TAKEBE active (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-N5XQXH7'); ]]>