instagram
twitter
facebook
話題沸騰の最旬インディーバンド、never young beachとD.A.N.の2組が揃って名古屋へ!テト・ペッテンソン、CRUNCHが共演。

2015.06.21.Sun | KD JAPON(鶴舞)

nyb_2015

現在、国内インディーシーンを騒がせている噂の5人組ロックバンド・never young beachが、2015年6月21日(日)鶴舞KD.JAPONにてレコ発ライブを行う。

通称・ネバヤン。彼らは、シャムキャッツcero以降の東京インディーシーンの新風として登場したYogee New Wavesに続き、同レーベルbayon productionからリリ―スされた最も旬な5人組。<西海岸のはっぴいえんど>と称されるそのサウンドメインキング/ソングライティングは、懐かしくも新しいという散々使い古された形容詞を軽やかに飛び越え、唯一無比の現代版ポップスを奏でることに成功している。

never young beach

平均年齢23歳という若さと確かな実力を持ってして、ゆるやかにシーンに躍り出た彼ら。5月にリリースしたファーストアルバム『YASHINOKI HOUSE』は、neco眠る・森雄大やイラストレーターの本秀康らが絶賛するほどの内容に。

91ZH7y9DTcL._SL1500_

そんなネバヤンのレコ発ツアー名古屋公演には、同じく東京よりD.A.N.が帯同。トクマルシューゴ、蓮沼執太、森は生きているなどのエンジニアを務めた葛西敏彦を迎え制作された1st e.p『EP』(7月8日リリース)がすでに話題の彼らにも注目したい。そして、地元名古屋からは、テト・ペッテンソンCRUNCHという全くベクトルの違う2組のフィメールバンドの出演が決定している。

D.A.N.

テト・ペッテンソン

CRUNCH 

Text&Edit : Takatoshi Takebe[ THISIS(NOT)MAGAZINE, LIVERARY ]

イベント情報

2015年6月21日(日)
never young beach『YASHINOKI HOUSE』TOUR IN NAGOYA
会場:KD JAPON
open 18:00 / start 18:30
料金:adv¥2,300 / ¥2,500(ドリンク代別途)
出演:never young beach / D.A.N. / テト・ペッテンソン / CRUNCH
予約/問い合わせ: KD JAPON:TEL 052-251-0324

neveryoungbeach

never young beach(ネバーヤングビーチ)
2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動開始。暑さで伸びきったカセットテープから再生されたような奇特なインディ・サイケ・ポップ『HOUSE MUSICS』をダンボール仕様のジャケットで100枚限定で発売。ライブもせずに口コミで瞬く間に話題となり、ココナッツディスクなど一部店頭のみで販売し即完売。2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入し、現体制の5人組になる。9月に初ライブにして自主企画《Fight Club》を開催し、Yogee New Wavesが出演。更に飛び入りで踊ってばかりの国から下津光史が参加。ユニット時代とは違う楽曲は土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。そしたら誰かが言った…「西海岸のはっぴいえんど」と。

rshdan001

D.A.N.
2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。このドライな3人で無駄のない柔軟な活動を目指す。いつの時代でも聴ける、ジャパニーズミニマルメロウを追求することをテーマにする。2014年9月に自主制作の音源である、CDと手作りのZINEを組み合わせた『D.A.N. ZINE』を発売した。100枚限定で既に完売。2015年2月には、渋谷WWWで開催されたP.A.N祭りにオープニングアクトで出演。
D.A.N. site |http://danbandtokyo.weebly.com

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー