instagram
twitter
facebook
FEATURE / 特集記事 Dec 21. 2021 UP
愛知県岡崎市の新スポット「桜城橋」を使った縁日イベントが開催。
kumagusukuによる副産物産店、森道市場「NF」でも話題となったテントサウナ、
LIVERARY Extra × MADBOXXXによるクジ屋、大橋裕之の似顔絵屋、
カラオケ、スナックなど多様な出店者が橋の上に集結。

桜城橋(愛知|岡崎)

 

岡崎城のほとりを流れる岡崎市のシンボル、乙川。その乙川に2020年3月22日、岡崎の新名所「桜城橋(さくらのしろばし)」が完成。「イベントでも使える橋」として話題となったこの橋の上で、今週末12月26日(日)真冬の縁日イベント「より、みち、スクランブル」が開催される。主催は岡崎市。

橋の上には、防風を兼ねたブースも組まれ、そこに手相占い、スナック、クジ屋、似顔絵屋、カラオケ、サウナ体験!?とバラエティ豊かな出店者たちが並ぶ。

LIVERARY ExtraとMADBOXXXは豪華商品が当たる!?怪しいクジ屋を担当。大橋裕之の似顔絵屋さんも併設される。入り口付近には、森、道、市場のNFに出店し話題となった「Sauna Camp.」チームも出店しサウナ体験ゾーンを作る。さらに、アートプロジェクトでありアートホステルの運営も行う「kumagusuku」チームによる「副産物産店」も参画し、この地域の「副産物」を集めイベントのゲートを制作。会場の出入り口に設置される。こちらは当日「副産物」を持ってこれば誰でもゲートの制作に参加できる。

 

 

橋の上の新たな活用という言葉に収まりきらない今回のこのイベント、ぜひ会場にて体験してみてはいかがだろう。最新情報は、同企画の特設サイト、及びSNSでチェック。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かわのうえのあれれ!(@alele.202x)がシェアした投稿

 

 

<以下、イベントステートメント>

乙川の上にどーんと広がるヒノキの橋「桜城橋」は、実は「完成してない」んです。姿・形を変え続ける未完の橋 は、広場?公園?舞台?まさに変幻自在の場所です。この冬は、期間限定(12/20~1/21)で「モバイルファニ チャー(動かせる家 具)」が並びます。車輪のついたテーブルやベンチ、引っ張り出せるカウン ター、斜めの芝 生などなどその数40種あります。もちろん、みなさんが家具を動かしたり、使ってみたり自分なりの空間にするこ とができます。 その中で、12/26は「より、みち、スクランブル」あったかくなれる縁日がオープニングイベントとして開催されま す。岡崎公園や乙川でも様々なイベントが開催されています。岡崎のまちなか(QURUWA)で、いろんな場所に 「寄り道」して、「未知」を楽しんで、「まぜまぜスクランブル」して、体も心もあったまる一日をお過ごしください。

 

イベント情報

2021年12月26日(日)
より、みち、スクランブル
会場:桜城橋(愛知県岡崎市唐沢町1丁目)
料金:入場無料
出店:
手相占い、クジ屋(LIVERARY Extra×MAD BOXXX)、大橋裕之の似顔絵屋、スナック檸檬、サウナ体験、カラオケ、レンタルフィルムカメラ、温かいぜんざいの振る舞い、他
HP:https://alelele.jp/
Instagram :https://www.instagram.com/alele.202x/

桜城橋:
令和2年3月22日に供用開始し、「街なかへのお迎え空間」として籠田公園と名鉄東岡崎駅を結ぶ動線です。全 長121.5m、幅19m(有効幅員16m)、広さ2,000平米の広大な橋上です。表面に岡崎額田地区産の木材を使 用し、ヒノキの香る落ち着いた空間になっています。桜城橋という名前は、「桜の名所である岡崎城を『桜の城』 と例え、新し い橋から見える」ということでその名が付きました。

 

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事