instagram
twitter
facebook
糸りとり 第1回 |なるじあき

_shi_ri_to_ri_ by なるじあき

LOGO_naru

こんにちは、成地亜紀(なるじ あき)と申します。名古屋の片隅で、糸編みアクセサリーを制作して、日々過ごしています。この度、以前から温めていた糸の企画を、LIVERARYで始める事になりました。

きっかけは、あるイラストレーターさんに見せて貰った、刺繍作品の画像。描くタッチそのままに、何ともゆるカッコよくて大興奮したのです。そこから、いろんなアーティストの方の糸使いが見てみたいなぁ、この人なら、糸でもきっとカッコいいことしてくれるだろうなぁ、…と、妄想炸裂ドーパミン放出状態に。そんなわけで、どうぞよろしくお願いします。

IMG_5276_s

「糸りとり」って?

しりとりと読みます。
日頃、糸を使ったり使わなかったりするアーティストの方々に、「糸」を使った作品を制作してもらい、作品タイトルを「しりとり」でリレーしていくという、ゆるカッコEコーナーです。題字デザインは、大好きな遠山 敦さんに、描いていただきました。(ヤッター)
まさに、ゆるカッコE文字で嬉しいなっ!
それを糸だと言い張るなら糸であり、長~い詩でも擬音でも、それがタイトルと言うのなら全然OK。
しりとりしてて、「ん」で終わらなければ何でもアリです。(ゆっる~)
いつか「あtoん」をリレー完走した曉には、お祭りをしようと企んでおります。今後とも「糸りとり」どうぞ宜しくお願いします!

第1回「あ」➡『赤い輪っか』
制作者:成地 亜紀 (なるじ あき)

IMG_5069_re4

IMG_5094_re4

言い出しっぺの私ナルジから、サラッとしれーっと「糸りとり」始めます。

えーっとまず、「あ」から始まる言葉で浮かんだのが「赤」でした。
ほんとのしりとりのようなシンプルさ。
それから、赤い画をぼんやり想像してみたりして、始まりの色は赤が良いなぁと。
意味がありそうな色、ちょうど今の気分、高鳴る感じ。
輪っかの連らなりは、このコーナーとリンクしたイメージ。
伸びたり縮んだり、輪になったり。
変化しながら、これからどんなつながりになるのか、自分が一番楽しみです。

次回は「か」。遠山 敦さんへ、バトンタッ〜チ!!!

naru_kako2

PROFILE
成地 亜紀/なるじあき
1998年より、糸を編んだアクセサリーを制作。 著書「かぎ針で、可愛い大人のアクセサリー」主婦の友社
www.naruji.com

————-
企画/ディレクション:成地 亜紀
題字:遠山 敦

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー