instagram
twitter
facebook
FEATURE / 特集記事 Dec 31. 2019 UP
【REVIEW】
2019年、東海圏で最も話題となったカルチャートピックは?!
「LIVERARYで2019年、最も読まれた記事ランキングTOP10」を発表。

 

第3位

【SPECIAL INTERVIEW】平野勇治(名古屋シネマテーク)文化を届ける仕事論。“体験としての映画”を、名古屋で、これからも。


シネマテーク

 

第2位

MCバトルNo. 1を決める「UMB」の愛知予選が開催!終了後には、呂布カルマ率いるJET CITY PEOPLE主催「OZYMANDIAS」も。出演者に、MC☆ニガリ、ぼく脳、nutsman。


ぼく脳

 

第1位

岐阜県各務原市の人気フェス「OUR FAVORITE THINGS 2019」が2DAYS開催にスケールアップ!第一弾出演者発表はシャムキャッツ、GEZAN、踊ってばかりの国、MONO NO AWARE、STUTS。


GEZAN

 

以上、「2019年最も読まれた記事ランキング」でした。

さまざまなことがあった2019年。ランキング上にも反映されていますが、今年は岐阜エリアで開催されたイベントが話題になったようにも思えます。(ちなみにLIVERARY閲覧読者層の居住地域についてよく聞かれますが、ベスト3は、1位名古屋、2位大阪、3位東京・・・岐阜は第5位なのです)

今年のLIVERARYの動きとしては、本体の別冊のような立ち位置のリアルショップ「LIVERARY Extra」が岡崎に増え、ウェブメディアという枠からのはみ出し方がより大胆になった年だったようにも思えます。

コンビニをテーマにした変てこショップ「LIVERARY Extra」が岡崎市のコンビニ内にまさかの復活オープン!月台、VOILLD、ヤンガオ、ラーダー、平山昌尚、チーム未完成、IN/SECTSほか選りすぐりのアイテム群が一堂に!

 

 

新しいことに挑戦する中で、今年もたくさんの方々にお世話になりました。来年もさらなる飛躍を目指してトライ&トライしていきます。皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。良いお年を!

LIVERARY編集部一同

1

2

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事