instagram
twitter
facebook
渋ビル鑑賞入門その2。
窓を愛でる<連続窓編>

名古屋渋ビル研究会 / 第3回 コラム  寺嶋梨里

PHOTO00

名古屋渋ビル研究会が送るコラム第4回。
前回からなんと1年も経ってしまいました。お待たせしてごめんなさい。今回は渋ビルを構成する重要な要素のひとつである窓の魅力、その中でも連続窓にスポットを当ててご紹介します。

窓の基本は「連続窓」と「ポツ窓」

渋ビルの窓の種類は大きく分けて2つ。まずは水平方向に横長に連なった「水平連続窓」。建築界の巨匠ル・コルビジェ先生が近代建築の五原則のひとつとして提唱しました。

PHOTO01

もうひとつは、外壁に対してポツポツと独立してもうけられた「ポツ窓」。こちらは開け方のセンスでビルの印象が大きく左右されます。

PHOTO02

連続窓」は開放感いっぱい

光をふんだんに取り込み、開放感あふれる空間を生み出す「連続窓」。中から見ると、こんな感じ。風景がパノラマ状に切り取られています。

PHOTO03

コーナー部分までしっかりつながっていると、開放感とインパクトがアップ。

PHOTO04

ぐるりとつながっている!そしてタイルの色がさわやか!窓が磨りガラスなのも奥ゆかしくて良いですね。ミルフィーユみたいで女子受け間違いなしです。

PHOTO06

形が八角形!これはなかなかのレアものです。

PHOTO07

三つ子ちゃん。

PHOTO08

渋ビルの大半は連続窓。街のあちこちにいっぱいあります。ぜひ探してみてください。
そして次回は個性豊かなポツ窓編をお送りします。

 

名古屋渋ビル研究会
寺嶋梨里と謡口志保による名古屋の渋いビルを愛でる会。
月一回程度、街歩きしながら2人の琴線に触れた渋ビルを褒めたり撮影したりする。
※「渋ビル」は基本的に2人の主観によるものです。
http://shibubuilding.blogspot.jp/

tera_PROFILE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー