instagram
twitter
facebook
FEATURE / 特集記事 Jul 03. 2017 UP
【SPECIAL REVIEW & INTERVIEW 】
奇妙礼太郎、下津光史(踊ってばかりの国)が各務原・村国座で弾き語りライブ。
開催間近「OUR FAVORITE THINGS 2017」、気になるタイムテーブルも発表。

LIVERARY × OUR FAVORITE THINGS

 

雨がしとしと降る中、県内外から200名近くのお客さんが各務原市にある能舞台「村国座」に集まった。この日行われたのは、奇妙礼太郎下津光史(踊ってばかりの国)による弾き語りツーマンライブイベント「村国座で弾き語る」。主催は各務原市。7月9日(日)に行われる同市主導の音楽フェス「OUR FAVORITE THINGS(以下OFT)」のプレイベントでもある。

 


写真左:奇妙礼太郎、右:下津光史(踊ってばかりの国)

 

ちなみに、下津光史は自身のバンド・踊ってばかりの国で今年のOFT出演予定。奇妙礼太郎は以前、この村国座でOFTが行われていた最後の年(2013年)に出演している。

 

OFTは2013年まで村国座で開催されていた。こちらは当時の告知ビジュアル。

 

実はこのふたり、これまでも弾き語りライブ企画で共演を果たしている。それに魅せられた本日のイベント担当者がOFTのプレイベントも兼ね、OFT所縁の地「村国座」での今回のプレイベントを企画した。

OFTが河川環境楽園へと開催地移転をした時から数えると、4年ぶりにこの村国座に多くの若者が集うこととなったわけだ。

 


開場の1時間ほど前からお客さんの列が連なる。

 

LIVERARYでは今回の出演者のひとり、下津光史(踊ってばかりの国)のリハ後〜出番前の1時間ほどの間、広瀬真一(各務原市広報課)とともに村国座周辺をふらふらと散策しながら、雑談に近い形でショートインタビューを行った。

記事後半はライブフォト、そして本祭OFT2017のタイムテーブルなど最新情報をお届け

 

 

 

SPECIAL INTERVIEW:

下津光史 [ 踊ってばかりの国 ]
×
広瀬真一 [ OUR FAVORITE THINGS / 各務原市広報課 ]

Interview,Text & Edit : Takatoshi Takebe[LIVERARY/THISIS(NOT)MAGAZINE]
Photo:SaraHashimoto [LIVERARY]

 

 


写真左:広瀬真一(各務原市広報課)。ちなみに広瀬くんのお母さんも下津くんの大ファンだそうです。

 

―こういう場所でこういうタイプのイベントをやるって、まさに行政ならではって感じがしますね。一般の人が村国座のような場所を使ってライブを企画するなんて、まず許可がおりないんじゃないですか。

広瀬:そうですね。使用にあたってはいろんな申請が必要で。以前に某有名アーティスト○○○○○さんのライブの話が来たんですが、それも申請書類が間に合わず……あえなく断念、なんてこともありましたね。

下津:よっしゃ〜!俺らの勝ち!

―(笑)。

下津:でも、こういう寺院でライブできるのは嬉しい。本当に神聖な気持ちになるな〜。

―今日ライブするのは、寺院ではなくて、地歌舞伎の舞台ですよ(笑)。

 

広瀬:この舞台上でneco眠るceroPUNPEE、小西康陽さんといった錚々たるメンツがライブしてたんです。

 

neco眠る

PUNPEE

 

広瀬:今、考えたらすごいことだな〜って我ながら思います。

―いや〜OFTは当時からすごいイベントだな〜って思ってましたよ。

広瀬:ちなみにこの周辺には神社があって、あっちの山の上の方にも本殿があったりするんです。下津くん、ちょっと散歩がてら行ってみましょうか。

 


村国座は、岐阜県各務原市にある芝居小屋。村国神社の境内にあり、元々は村国神社の奉納する芝居や歌舞伎を行なう場だった。2009年に改修工事を経て、現在に至る。

 

 

 

……ということで、靴紐を締め直し気合を入れる下津くんと、村国神社境内をぶらり散歩してきました。

下津:よっしゃ、村国座でフォトセッションや!

 

 

お参りを済ませ、さらに奥に続く山道を進んでいくと徐々にハイテンションになっていく下津くん。

 

村国座周辺を一周する中で、ちょっと真面目な質問もしてみました。

 

 

 

―今日の村国座でのライブも、今度7月に出演するOFTも、各務原という「市」が主宰するいわば行政主導のイベントなんですが、そういう行政が絡んでいるイベントに出るってことに関しては特に違和感はない?

下津:ないっすね。それってバビロンシステムみたいなもんとは違うと思うし。こっちが意図せいへん感じでPRに利用されちゃうのとは違うと思うし。全国でそういうイベントって増えてるんで、他にもそういった行政がからんだイベントに俺ら出てますしね。そもそもが、俺ら基本的にライブでどんなステージに上がるか?については特にこだわりがないんすよね。やりたいことやって、言いたいこと言うだけなんで(笑)。

 

 

―イベントのカラーとかじゃなくて、目の前に用意されたステージに上がって、ただライブを思いっきりやるのみ!っていう意味ですかね?極端なこと言えば。

下津:表現が難しいですけど、ステージに対しては「思想」とか「伝えたいこと」とは関係ないんです。ライブのMCとかでクサイこと言うのも嫌いっていうか。伝えたいことは、もうすでに歌の中にあるから。それ以上でも以下でもない。

 

 

―ソロでのライブと、バンドでライブするのとはやっぱり全然違う緊張感って感じですか?

下津:俺、弾き語りの方が思いっきり歌を歌えるんで好きなんですけどね。ただ、“緊張しい”なんですよね。だからチョケまくるしかない(笑)。いつもはバンドメンバーがその辺にいるんで……でも、あいつらがいたらいたで暑苦しいんですけどね(笑)。

 

 

―今回の弾き語りライブと次回OFT本祭の両方来る方は、2つの顔の下津くんをみれるってことですね。

下津:そうですね、でもまあバンドとソロのギャップが激しいんで……。お客さんは苦悩してると思います(笑)。

広瀬:下津くん、出番5分前なんで、そろそろ……。

下津:うわ、もうそんな時間!やばい、緊張してきた。グロッキーや。。。

 

 

次ページ:「村国座で弾き語る」ライブフォトレポート&OFT2017のタイムテーブルを発表!>>>

1

2

イベント情報

2017年6月25日(日)※終了しました
奇妙礼太郎×下津光史 村国座で弾き語る
会場:村国座(各務原市各務おがせ町3-46-1)
時間:開場 13:30/開演 14:00
料金:前売 2000円 ※未就学児の同伴および入場不可 ※200名限定
出演:奇妙礼太郎、下津光史(踊ってばかりの国)
チケット:いきいき楽習課(産業文化センター6階)、市民会館、チケットぴあ(Pコード:329-157)
問:各務原市文化協会事務局(TEL:0583831042)

2017年7月9日(日)
OUR FAVORITE THINGS 2017
会場:河川環境楽園(岐阜県各務原市川島笠田町1564-1)
時間:OPEN 11:00 /START 11:20 /END 20:30(予定)
料金:前売り3000円/当日4000円
出演:サニーデイ・サービス、D.A.N. 、踊ってばかりの国、STUTS、Yogee New Waves、スカート、シャムキャッツ、ORLAND、deadbundy
※先行販売チケットは200枚限定の「ノベルティ付きチケット」となる。なお、一般販売は5月1日(月)より開始。
・一般販売: http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002221120P0030001

問:OUR FAVORITE THINGS 実行委員会事務局(各務原市ブランド創造課内)
TEL:058-383-9925
OFFICIAL WEB site:http://www.ourfavoritethings.jp

奇妙礼太郎
2016年春に解散した奇妙礼太郎トラベルスイング楽団とクロスする形で、ソロ名義でのバンド編成の活動を開始した奇妙礼太郎。弾き語りや天才バンドでも見られる多様なロックボーカリストとしての歌声とパフォーマンスの才能は、数々のテレビCMで起用されることでお茶の間にも届けられている。2016年夏フェスから秋に行われた全国ツアーで披露されたそのパフォーマンスにはソロアーティスト「奇妙礼太郎」としての可能性が日に日に成熟していく様子が見られ、今後の彼から目が離せない。2017年2月には天才バンド東名阪ワンマンツアーを大盛況のうちに敢行。早くも6月に天才バンド全国ツアー「ロミオとジュリエット」を開催することが発表されている。

下津光史
1989年生まれ。尼崎出身。中学時代より複数バンドで活動し、2008年にバンド「踊ってばかりの国」を神戸で結成。作詞・作曲・ボーカルを担当。2011年より活動の拠点を東京に移し、今まで4枚のフルアルバムを発表。並行して弾き語りでのソロ活動も行なっている。

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事