instagram
twitter
facebook
新生メンバーでさらなる進化を遂げた菊地成孔率いるビッグバンドdCprG、新作アルバムツアーで名古屋襲来!

2015.07.22.Wed | 名古屋CLUB QUATTRO(矢場町)

news_xlarge_kikuchinaruyoshi_art_20150513


7月22日(水)、音楽家であり文筆家、そして音楽講師の顔も持つ男・菊地成孔率いるビッグバンドdCprGのライブが名古屋CLUB QUATTROにて行われる。

今回は、前作から3年ぶりに発表された待望のニューアルバム『Franz Kafka’s South Amerika 〜フランツ・カフカの南アメリカ〜』のリリースツアーの名古屋公演となる。

新メンバーの小田朋美(Key)が加入し新体制となったdCprG。セッション・インプロビゼーションを主体に作られた前作『SECOND REPORT FROM IRON MOUNTAIN USA 』から制作方法を変更し、楽曲構造の構築を綿密に行ったという今作。ハイスキルかつスポーティな楽曲群とともにさらなる進化を遂げたdCprGに期待が高まる。

 

news_xlarge_dCprG_franzkafka_jk

dCprG / Franz Kafka’s South Amerika 〜フランツ・カフカの南アメリカ〜
VRCL-10122-10123
2015.05.13
¥4,000+TAX
(CD+SACD/HYBRID disc + DVD 二枚組)
※DVDには、2014/11/18・恵比寿リキッドルームにて行われたライブより新曲「Ronald Reagan」(約15分)を収録。

01. RONARD REAGAN ロナルド・レーガン
02. VERSE 1 韻文 1
03. JUNTA 軍事政権
04. fkA(Franz Kafka’S Amerika) フランツ・カフカのアメリカ
05. VERSE 2 韻文 2
06. GONDWANA EXPRESS ゴンドワナ急行
07. pLsF(PAN LATIN SECURITY FORCES) 全ラテン防衛軍
08. VERSE 3 韻文 3
09. IMMIGRANT’S ANIMATION 移民アニメ

イベント情報

2015年7月22日(水)
dCprG goes on LEVEL XXX『Franz Kafka’s South Amerika』tour
会場:名古屋CLUB QUATTRO
open 18:00 / start 19:00
料金:前売¥5500 当日 未定  税込・整理番号付・オールスタンディング 
※6歳未満入場不可、D別 入場時ドリンク代別途500円が必要です。
出演:dCprG
チケット販売:e+ / チケットぴあ / ローソン / ダイレクトセンター  TEL:052-320-9000 / TANK!theWEB
お問い合わせ先:サンデーフォーク / TEL:052-320-9100

dCprG
菊地成孔、坪口昌恭(Keys、小田朋美(Keys. Cho)、大村孝佳(Gt.)、アリガス(Bass)、千住宗臣(Drums)、田中教順(Drums)、大儀見元(Per. Cho)、津上研太(Sax)、高井汐人(Sax)、類家心平(Trumpet)の11人によるdCprG(ディー・シー・ピー・アール・ジー)は、菊地成孔主宰の唯一無二のビッグバンド。1999年に「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(デートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデン)」名義で結成。エレクトリック・マイルスをコンセプトの軸に、アフロポリリズムやファンク、現代音楽を取り入れることで、クラブカルチャー/ダンスフロアに、従来とは異なる律動構造をもったダンスミュージックを提示することを音楽的な主眼として結成された。2007年4月25日、O-EASTでのライブの本編終了後に活動終了を発表。2010年7月25日、再集結が発表。再結成では無く新メンバーによる活動再開であること、バンド名をDate Course Pentagon Royal GardenからDCPRG(ディー・シー・ピー・アール・ジー)に改称することがアナウンスされた。2015年5月、「Franz Kafka’s South Amerika」より名称をDCPRGからdCprGに再改称。(レーベルHPより)

image

菊地成孔(きくち なるよし)
音楽家/文筆家/音楽講師。東京ジャズシーンのミュージシャン(サキソフォン/ヴォーカル/ピアノ/キーボード/CD-J)として活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、極度にジャンル越境的な活動を展開、演奏と著述はもとより、ラジオ/テレビ番組でのナヴィゲーター、コラムニスト、コメンテーター、選曲家、クラブDJ、映画やテレビドラマの音楽監督、対談家、批評家(主な対象は音楽、映画、服飾、食文化、格闘技)、ファッションブランドとのコラボレーター、ジャーナリスト、作詞家、アレンジャー、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。(以下、略)http://www.kikuchinaruyoshi.net/profile-1/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー