instagram
twitter
facebook
写真家・飯田信雄と橋村豊の写真展が岡崎・masayoshi suzuki galleryにて開催。編集者・後藤繁雄が立ち上げたインディペンデント出版社・edition HMから出版された両名の写真集も販売。

2021.11.06.Sat - 11.28.Sun | masayoshi suzuki gallery(愛知|岡崎)

 

写真家・飯田信雄橋村豊の写真展が、岡崎のmasayoshi suzuki galleryにて11月6日(土)~28日(日)の期間開催される。

今回の展示は、昨年浜松を拠点に編集者の後藤繁雄が立ち上げたアートと写真のインディペンデント出版社・edition HM企画の元開催され、飯田信雄の『FLOWER PARK』、橋村豊の『terrestrial』それぞれの写真集発売を記念したものとして実施。

 

 

浜松フラワーパークの色彩豊かな花々をチャレンジングな技法で写真に収めた飯田に対して、モノクロームを主体に自然破壊の姿を静かに写真に仕上げる橋村との対比が印象的な今回の展示。その背景には東北大震災、地球温暖化や自然災害などそれぞれが直面した“地球との付き合い方”とは?という問いかけを感じることができる。

 

東北大震災が飯田の写真に影響を与えた。2020年から2021年までの1年間季節ごとに浜松フラワーパークを訪れ、独自のレンズの使い方により花と光を収めた今回の『FLOWER PARK』が初めての写真集となる。

 

2012年に八丈島を訪れた際、温暖化の影響でそれまで採れていたテングサが採れなくなってしまったことを聞いたのがきっかけとなり地球温暖化に興味を持った橋村。そういった地球の綻びを収めるため写真を撮り続ける。

 

<以下、ステイトメントより一部引用>
ここにおいては、写真は真実を「シュート」するものではなく、新しい現実を「メイク」するものとなった。
飯田信雄の写真は植物や花と対話しつつも、たんなる「ネイチャーフォト」にとどまることなく、「視覚」や「認知」を提起する「現代アートとしての写真」へと昇華させることに成功していると言えるだろう。
東京オリンピックという喧騒が去り、アフターコロナの生き方が模索される中で、edition HMの2人の写真家の展覧会が岡崎よりスタートできることは、実に予感的と思われるのである。
後藤繁雄

イベント情報

2021年11月6日(土)~11月28日(日)
飯田信雄/橋村豊 写真展「nature/culture」
会場:masayoshi suzuki gallery(〒444-0044 愛知県岡崎市康生通南3丁目20 STAGE BLDⅡ 1F)
時間:12:00~19:00 ※毎週火・水曜日休廊
問い合わせ:0564‐28‐1317/msg@kcf.biglobe.ne.jp
公式HP:http://www.masayoshisuzukigallery.com

後藤繁雄
編集者、京都芸術大学教授。コンテンポラリーアート、現代写真について20年近くにわたり教鞭をとり、若手アーティストの発掘・育成に力を入れる。自著・共著に『アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻』『現代写真アート原論』など多数。また、編集者として坂本龍一、篠山紀信、蜷川実花、名和晃平などのアートブック、写真集も数多く手がけ、同時に自ら主宰するG/P galleryを拠点に、150を超す写真展をキュレーション。篠山紀信展「写真力」にあたっては、企画・プロデュースを行った。

posted by C.UTAHARA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

8

COLUMN
Sep 06. 2014 up

糸りとり 第11回|nakaban

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー