Youtube
instagram
twitter
facebook
三重県出身のアーティスト・神農理恵の個展が、名古屋港区のSuper Galleryにて開催中。港まちでの滞在制作による、鉄からなる猫やネズミがモチーフの立体作品を展示中。

2022.06.25.Sat - 09.03.Sat | Super Gallery(愛知|港区)

 

6月25日(土)〜9月3日(土)の期間、名古屋市港区のSuper Galleryにて三重県出身のアーティスト・神農理恵の個展「Super Exhibition vol.07 神農理恵 Cat runs away from Mouse, Mouse runs away from Cat.」が開催中。

神農理恵は、鉄やコンクリートブロック、木材によって立体作品を作り出す三重県出身のアーティスト。硬質な素材にパステルカラーの着彩を施すことで柔らかな印象を生み出している。

名古屋の港まちのアートプログラム、MAT, Nagoyaとアーティスト・渡辺英司が企画を行った本展では、神農が約2週間にわたる港まちへの滞在期間に制作された猫とネズミをモチーフにした新作が、ギャラリー空間の全体を使った展示として楽しめる。

 

《dog》2017

イベント情報

2022年6月25日(土)–9月3日(土)
Super Exhibition vol.07
神農理恵
会場:Super Gallery
時間:11:00–19:00
休館日:日曜・月曜・祝日
料金:無料
企画:渡辺英司、Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
主催:港まちづくり協議会
詳細:https://www.mat-nagoya.jp/exhibition/8816.html

神農理恵 Rie Shinno
アーティスト。1994年三重県生まれ、埼玉県在住。鉄、コンクリートブロック、木材などの素材を巧みにあやつり、カラフルな色彩を用いて、立体作品やインスタレーションなどを制作している。主な個展に「a fresh pleasant, feeling」(東京造形大学オルタナティブスペースmime、東京、2019年)、主なグループ展に「Vleur」(gallery Valeur、愛知、2022年)、「いつかは世の中の傘」(TALION GALLERY、東京、2022年)、「Heptapod Solresol Ruins」(VOU / 棒、京都、2022年)、「RISING STARS展」(銀座蔦屋書店アトリウム、東京、2021年)、「The Practice of Alchemy」(TOKYO INTERNATIONAL GALLERY、東京、2021年)、「ストレンジャーによろしく」(箔一ビル屋上、石川、2021年)、「CAF賞2020」(代官山ヒルサイドテラス、東京、2020年)、「ゆくりか」(See Saw gallery+hibit、愛知、2019年)、「 群馬青年ビエンナーレ2019」群馬県立近代美術館、群馬、2019年)などがある。rieshinno.jimdofree.com

posted by A.SUGIURA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

10

COLUMN
Jun 03. 2016 up

WHAT ABOUT YOU? #14 / 林青那

COLUMN
最新の連載コラム記事