instagram
twitter
facebook
岐阜県・郡上市にて野良着を現代版にアレンジした衣服を制作する「石徹白洋品店」による展示販売会が名古屋・ferme studioにて開催。

2019.04.20.Sat - 04.21.Sun | ferme studio(愛知|一社)

 

岐阜県郡上市にある人口250人ほどの集落、石徹白に店を構える衣服店・石徹白洋品店の展示販売会を、420日(土)~21(日)の2日間、一社・ferme studioにて開催。

 

 

石徹白に伝わる伝統的な衣服「たつけ」「はかま」は農作業がしやすいように機能性が追求された野良着。この「たつけ」と「はかま」をベースに、現代に合わせたデザインと手作りしているのが石徹白洋品店。石徹白洋品店がつくる衣服は、藍染をはじめとした草木染めの色彩の美しさ、生地の質感、そして動きやすいはき心地が魅力。本展示会では、「たつけ」など衣服を販売する予定。

 

 

さらに、今回は郡上八幡からおいしいスイーツも提供。420日(土)は郡上市のヤマネコドーナツによるドーナツ販売、421日(日)は焼き菓子を予定している。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

 

石徹白洋品店さん(@itoshiroyohinten)がシェアした投稿

 

イベント情報

2019420日(土)~421日(日)
石徹白洋品店 展示・販売会
会場:ferme studio(名古屋市名東区一社1-8https://frme.jp/
時間:11:0018:00
出店:石徹白洋品店 / ヤマネコドーナツ(土曜のみ)
問い合わせ:ferme studio event@frme.jp

石徹白洋品店
岐阜県郡上市白鳥郡石徹白で営業中。2012年、店主・平野馨生里が石徹白に移住した時に出会ったのが、この地の伝統的な衣服「たつけ」や「はかま」。この文化を復活させ後世へ伝えていくべく、たつけ作りを始め、石徹白洋品店を開店。現在は「ノラギ」「マチギ」「ハレギ」の3つのラインを中心に、石徹白や郡上の商品も扱っている。各地での展示会開催のほか、藍染をはじめとした草木染め、糸作り学校としてお蚕さんについて学ぶ会、たつけ作りなどのワークショップも精力的に開いている。冬の間、石徹白は雪に閉ざされているため実店舗は閉店しているが、春を迎え、雪解けとともに通常営業となる。2019年は5月より営業。オンラインショップでの販売も行っている。
http://itoshiro.org/

posted by K.NAKASHIMA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー