instagram
twitter
facebook
テキスタイルブランド・UTUSUと、マルチアーティスト・MAYUMI TAKASAKIによる実験的プロジェクト「HOME ECONOMICS EXPERIMENTAL」の展示がKAKUOZAN LARDERにて開催。

2020.10.29.Thu - 11.09.Mon | KAKUOZAN LARDER(愛知|覚王山)

 
テキスタイルブランド・UTUSUと、マルチアーティスト・MAYUMI TAKASAKIによる新企画「HOME ECONOMICS EXPERIMENTAL」が始動。プロジェクト初の展示となる「study1 analyze elements」が10月29日(金)から11月9日(月)、KAKUOZAN LARDERにて開催される。

コロナウイルスによって余儀なくされる外出自粛期間で、パーソナルな室内空間の重要性と自由度の高さを再認識した二人。これをきっかけに活動を開始したプロジェクトが「HOME ECONOMICS EXPERIMENTAL」だ。家政学の考え方に実験的な制作手法とサスティナブルな視点を加えたクリエーション、生活空間に潜む新たな可能性を提示することがコンセプトとなっている。

今回の展示テーマは、モノの存在意義を再考すること。室内空間を構成するモノが持つ要素を、抽出し視覚化。さらに分析することによって、いままでには無かった価値を見出している。椅子や机、ランプなどを加工した一点モノや、オリジナルファブリックを用いた寝具やクッションが店内に並ぶ予定だ。

ユーモア溢れるプロダクトの数々があなたの普遍的な日常に彩りを与えてくれるかも。気になる方はぜひ、一度足を運んでみてはいかがだろう。

イベント情報

2020年10月29日(金)〜11月9日(月)
HOME ECONOMICS EXPERIMENT 1st ‬Exhibition
「study1 analyze elements」‪at ‬KAKUOZAN LARDER
会場:KAKUOZAN LARDER
時間:11:45-15:00(LO14:30) 18:00-22:00(LO21:00)
定休日: 火曜、水曜
※飲食店の為1オーダーお願い致します。
お問い合わせ:052-762-2786

 

HOME ECONOMICS EXPERIMENT
家庭生活を中心とした人間生活における人間と環境の相互作用について 人的、物的両面から、自然・社会・人文の諸科学を基盤として研究し、生活の向上と共に人類の福祉に貢献する為のプロジェクトテキスタイルデザインの領域で活動するUTUSUと、写真・映像・グラフィックデザイン・立体などの表現活動を行なってきたMAYUMI TAKASAKI。それぞれの活動を融合し、そこに家政学の考え方を加え、家庭生活に登場するアイテムを実験的な手法で制作する。
instagram:@homeeconomicsexperiment
mail:homeeconomicsexperiment@gmail.com

posted by S.KATO_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー