instagram
twitter
facebook
名古屋発、気鋭の音楽メディア「AVYSS」主催企画「AVYSS GAZE」が、渋谷PARCO、SUPER DOMMUNE、海外レーベルとコラボ。CVN、Dos Monos、田島ハルコ、ASOBOiSM、Marukido他、国内外アーティストが集結。

2020.09.18.Fri | オンライン、SUPER DOMMUNE(東京|渋谷)

 

名古屋を拠点に世界中のコアな音楽情報を発信しているメディア/プラットフォーム「AVYSS」が手掛ける仮想空間イベント「AVYSS GAZE」が、ロンドン拠点にアジアの音楽にフォーカスするコレクティブ/レーベルのEastern MarginsCHINABOT、そしてSUPER DOMMUNEとコラボレーションを果たし、9月18日(金)夜に拡張開催される。

AVYSS GAZE」は、COVID-19の影響で存続の危機に立たされた「AVYSS」を守るために立ち上げられた自主プロジェクト(AVYSSの運営資金とアーティストの出演料となるドネーションを実施)。

今回は、ライブパフォーマンスだけでなく、展示、ショッピング、ゲームを織り交ぜたハイブリッドパーティーとして展開される。当日は、東京、ソウル、上海、香港、バンコク、ロンドン、ストックホルム、シカゴ、ニューヨークの各都市からアーティストが集結。

 


AVYSSキュレーションによるアーティストら。

ライブアクトには注目の新鋭・Nadia TehranMachine GirlDos Monos田島ハルコASOBOiSMMarukido、フィメールラッパー・あっこゴリラがスタートさせたギャルサー・Zoomgals、今年8月にデビューシングルをリリースしたばかりで謎のベールに包まれるYoyou、先日Eastern Marginsからデビューを果たした香港拠点の変態アイドル・QQBBGCHINABOTからは韓国・ソウルのDJ、Soma KimことArexiboJaeho HwangPisitakunOhyungら国内外のアーティストたちがバーチャル空間で交差する。

 


CHINABOTキュレーションによるアーティストら。


Eastern Marginsキュレーションによるアーティストら。

今回は新たにバーチャルプラットフォーム「Hubs Cloud」を使用。渋谷PARCOとSUPER DOMMUNEをバーチャル空間に建設し、実際の渋谷PARCO同様、9階建の各フロアにはファッションブランドやデザイナーのエキシビジョンも開催され、フロア内に設置されたQRコードから展示されるアイテムの購入も可能となっている。地上には迷路が設置。最上階にはSUPER DOMMUNEのダンスフロアが出現する。ユーザーはFPS視点のアバターを使用し、それぞれの遊び方で自由に空間を楽しむことができる。

またDOMMUNEでは仮想世界の中の様子を配信するのでその視聴を楽しんだり、トークセッションが行われるスタジオではVRプラットフォーム「STYLY」協力のもと仮想空間でのイベント体験も可能となっている。

 


AVYSS主宰者であるCVN(写真左上)はトークイベントに出演。

 

エキシビションにはDIESELSupremeVLONEなどのファッションブランドともコラボレーションし、萌えとストリートカルチャーを融合させるJUN INAGAWA、2018年から活動を開始しすでに数々のブランドと仕事をこなす新鋭アーティスト・COIN PARKINGDELIVERY玉名ラーメンのアートワークや映像作品を手がけるヴィジュアルアーティスト・Hana Watanabe、さらに2014年にヤシゲユウトビアンカがスタートさせたファッションブランド・TENDER PERSONが参加。各アイテムは実際に特設サイトから購入することも可能だ。

昨今乱立をし始めた配信イベントの中でも新しい夜を創り出すであろう同イベント、あなたもぜひ体感してみてほしい。

イベント情報

2020年9月18日(金)
AVYSS GAZE × SUPER DOMMUNE × Eastern Margins × CHINABOT
時間:19:00〜 トークセッション
   20:00〜24:00 ライブアクト
料金:入場無料、URLは当日にAVYSSのSNSアカウントなどで公開。 
   ※PCでの入場を推奨。スマートフォンではライブ動画の視聴が不可となります。
   ※スタジオ観覧は2,000円(20名限定)。https://www.dommune.com/
出演者(A-Z):
-Curation by AVYSS GAZE-
Dos Monos
Fire-Toolz
Machine Girl
Nadia Tehran
Yoyou
Zoomgals

-Curation by Eastern Margins-
Charity SsB
Jiafeng 高嘉丰
Organ Tapes
QQBBG

-Curation by CHINABOT-
Arexibo
Jaeho Hwang
Pisitakun
Ohyung

-Exhibition-
COIN PARKING DELIVERY
Hana Watanabe
JUN INAGAWA
TENDER PERSON

-Talk Session-
CVN
discont (STYLY)
JACKSON kaki
stei
yukinoise

主催:AVYSS(https://avyss-magazine.com/

AVYSS GAZE
音楽メディア/プラットフォームAVYSSの存続の為にAVYSSのディレクターCVNと、アーティストのstei、JACKSON kakiが中心となって始動したプロジェクト。リアルイベントの代替物ではなく、新しいコンテンツとしてバーチャルパーティーを中心に運営している。
https://avyss-magazine.com/
https://twitter.com/AVYSS_magazine
https://www.instagram.com/avyssmagazine/

SUPER DOMMUNE
現代日本のアートシーンの中でも際立った存在感を放つ宇川直宏が、今や世界的な伝説となった『Mixrooffice』(2006〜2008)の後、ソーソャルストリームの時代を見据えた新たな文化の発信拠点として、2010年に開局させた日本初のライブストリーミングスタジオ『DOMMUNE』!! SNSの夜明けと言われた時代に「ファイナルメディア」として忽然として現れ、百花繚乱のライブストリーミング番組の中でも、圧倒的な番組の質とビューワー数を誇り、開局以来、世界各国から様々なゲストが来日のたびに出演する唯一無二の文化プラットフォームとして存在し続けている。あのロンドンを拠点とするミュージックチャンネルBOILER ROOMにも影響を与え、BOILER ROOM TOKYOの日本支局もDOMMUNEが担当している。このように『DOMMUNE』は現在世界に溢れているサウンド&アートストリーミング、また、カルチャーストリーミングのほとんど全ての雛形を作ったと言っても過言ではない。現在まで9年間にわたって配信した番組は約4000番組 / 約7000時間 / 150テラ、トータル視聴者数一億を超え、従来の「放送」や「出版」そして「広告」という概念やそのフォーマットが破綻していく現代において、ライブにおける動画配信の実験を重ね、新たな視覚コミュニケーションの可能性を日夜革新的に炙り出し続けている。今もなおその影響力は衰えず、日夜文化のUPDATEを繰り広げている『DOMMUNE』が、開局10周年を第二章とし、最前衛テクノロジーと共に未来を見据えて日々UPDATEを図る!!!!!! これがファイナルメディア『DOMMUNE』の進化形態『SUPER DOMMUNE』だ!!!!!
https://www.dommune.com/
https://twitter.com/DOMMUNE

Eastern Margins
アジア発の音楽にフォーカスしたロンドンに拠点をおくコミュニティ/レーベル。日本では2019年にTohji率いるMall Boyzとのコラボイベント「6 pac」を開催。今年からスタートしたレーベルラインの第一弾はBo NingenのフロントマンTaigen KawabeのソロプロジェクトIll JaponiaのデビューEP、第二弾として日本のアイドル文化とクラブミュージックが融合した香港のアーティストQQBBGのデビューEPをリリースした。
https://easternmargins.bandcamp.com/
https://twitter.com/easternmargins
https://www.instagram.com/easternmargins

CHINABOT
Eastern Margins同様に、アジアの音楽にフォーカスしたオンラインコレクティブ/レーベル。これまでの”アジア”に対するステレオタイプなイメージを打ち破り、様々なアートを持って新しい伝統を生成している。
https://chinabot.bandcamp.com/
https://twitter.com/chinabot_
https://www.instagram.com/chinabotasia/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー