instagram
twitter
facebook
劇団うりんこ×三浦基×クワクボリョウタによる、あいちトリエンナーレのパフォーミングアーツ公演『幸福はだれにくる』が開催!

2019.08.16.Fri - 09.22.Sun | 愛知県芸術劇場小ホール(愛知|栄)、豊田市民文化会館大ホール(愛知|豊田)

 

メディアアーティストのクワクボリョウタと、 劇団「地点」の演出家・三浦基、設立以来45年の歴史をもつ名古屋の児童・青少年向け劇団うりんこがタッグを組んだ舞台『幸福はだれにくる』が、8月16日から18日に愛知県芸術劇場小ホールで、9月21日、22日には、豊田市民文化会館大ホールにて開催される。本公演は、あいちトリエンナーレのパフォーミングアーツ企画となる。

今回の新作は、『森は生きている』でも有名なロシアの児童文学作家マルシャークの戯曲『幸福はだれにくる』。演出を三浦基、舞台美術をクワクボリョウタが手掛ける。「うき目つらい目ふしあわせ」「幸福はだれにくる?」との呪文とともに展開する舞台は、光と影を駆使した幻想的なもの。誰かが不幸を引き受けねば、誰かが幸せにはなれないー?そんな世界の構図とそれとたたかう知恵とユーモアが散りばめられた、子供も大人も一緒に楽しめる極上の寓話劇となっている。

また、8月17日(土)15時からの回終了後には「くるくるトーク/クワクボリョウタ」を開催。舞台美術を手がけたアーティストのクワクボリョウタが登壇し、舞台に幻想的なシーンを作り出す仕掛けを一緒に見ながら会話をする。さらに8月18日(日)11時からの回終了後には『くるくるトーク/会田大也キュレーター』として、会田大也キュレーターによるファシリテーションで、観客同士で作品の感想やコメントを交換し合い、作品の楽しさを共有することができる。

 

イベント情報

2019年8月16日(金)~8月18日(日)
<名古屋公演>劇団うりんこ+三浦基+クワクボリョウタ『幸福はだれにくる』
会場:愛知県芸術劇場小ホール (名古屋市東区東桜1丁目13−2)
時間:
8月16日(金)19:00★
8月17日(土)11:00 / 15:00◆◎
8月18日(日)11:00◇ / 15:00◎
★ポストトーク 亀山郁夫(名古屋外国語大学 学長)、三浦基(地点/演出家)
◆関連イベント ゲスト:クワクボリョウタ
◇関連イベント ゲスト:会田大也(あいちトリエンナーレ2019 キュレーター[ラーニング])
◎託児サービスあり
チケット料金:一般 3,000円、U25 2,000円、U18 1,000円
当日券はそれぞれ+500円

2019年9月21日(土)~9月22日(日)
<豊田公演>劇団うりんこ+三浦基+クワクボリョウタ『幸福はだれにくる』
会場:豊田市民文化会館大ホール(豊田市小坂町12丁目100)
時間:
9月21日(土)14:00
9月22日(日)11:00
チケット料金:一般 2,500円、U25 1,500円、U18 1,000円
当日券はそれぞれ+500円

チケット購入:http://aichitriennale.jp/ticket/pa.html

注意事項
未就学児のお子様にもご入場いただけます。U18チケットをご購入ください。
未就学児の膝上観劇は無料です

託児
■対象公演:8月17日(土)15:00開演、8月18日(日)15:00開演
■利用料:児童1人につき1,000円/回
◆託児の問い合わせ・申し込み
ライクアカデミー株式会社
託児所直通:080-3574-3608 (受付時間:土日祝の13時~17時)
http://aichitriennale.jp/access/nursery.html

<あいちトリエンナーレ公演ページ>
名古屋公演 http://aichitriennale.jp/artwork/A63.html
豊田公演 http://aichitriennale.jp/artwork/T60.html

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー