instagram
twitter
facebook
時間そのものや、時とともに変化する気持ちなどを表現する木彫作家、湯浅未浦の個展が、L galleryにて開催。

2019.11.09.Sat - 11.24.Sun | L gallery (愛知|本郷)


“刻々と…” 樟 184 x 45 x 74cm 2019

 

 

木彫で時間そのものや、時とともに変化する気持ちなどを表現する湯浅未浦による個展『時、刻む、想』が11月9日(土)よりL gallery にて開催される。

本展では、クスノキを網目状に彫り、人体を象った高さ184cmの “刻々と…” など、見応えのある作品が展示される。

 

(以下、DMテキスト)
 時を刻んで生きている。刻むのは時だけでない。感情も変化し、想いも移ろう。そうして表面的には明確にわからなくても、昨日より今日、一秒前より今の方が完全に老いてもいる。
 例えば、人体を象った『刻々と…』の後ろに引いた手や足元は、消えて融けているようだ。右手はなにかを受け、顔は天を仰ぎ、その表情は降り注ぐ希望やよろこびに満ちているというのに。「生は負の要素を孕んで初めて成立し、意味を成すのでは」と湯浅未浦。「正と負の両方が備わっていて、初めて自分のイメージする生性が表現できる」前を向いて生きていることは、腐敗のベクトルを辿っていることと等しいのだ。そのほかの作品とて、人の形を借りてはいないが、すべて同じ心持ちで向かっている。
 以前は、時間の赦す限りのめり込んで、作品から離れられなかったそうだ。「過呼吸のような制作スタイルでした」と本人。逆に今回、彫り返しの効かない一木造に向き合ったが、作品に触れている時間はこれまでより少なくなった。つくりやすかった、素直に木のすべて受け容れて、いちいち腑に落ちながら彫り進められたそうだ。「向こう(木)も、少しは自分を受け容れてくれた気がします」。
 形をつくるだけが「つくる」ではない。形でない部分をつくりたい。現実的に彫るという行為を行いながらも、作家は形にならない何かを求めて時を刻み、思いを刻んでいる。

 

“内へ…I〜IV” 樟 9 x 16 × 8cm(左)2019

イベント情報

2019年11月9日 (土) ~ 2019年11月24日 (日)
湯浅 未浦 展「時、刻む、想」
会場:L gallery (名古屋市名東区本郷 1-43)
時間:13:00 – 20:00 
会期中無休
http://l-gallery.jp/

作家在廊日
2019年11月9日(土)、17日(日)、23日(土・祝)

アクセス:地下鉄東山線本郷駅下車、2番出口(北方面バスターミナル側)より徒歩7分。
エントランスの呼出しボタンF-1を押してお知らせください。
お車でお越しの方は、建物南の駐車スペース N にお停めください。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー