instagram
twitter
facebook
カリグラフィーアーティスト、グラフィックデザイナーとして、様々なビジュアルやロゴデザイン等を手掛ける小泉遼による個展がfonsで開催。

2020.02.22.Sat - 03.08.Sun | fons(愛知|覚王山)

 

カリグラフィーアーティスト、グラフィックデザイナーとして活躍中の小泉遼の個展「en」が、2月22日からfonsにて開催される。

名古屋初上陸となる本展では、新作を中心に展示。タイトルとなる「en」は、小泉の代表作である enso の「en」、人との繫りとなる「en」、作品との出会いの「en」。禅における円相(enso)は、空虚、統合、無限、悟りの境地などを表しているが、解釈はみる人に委ねられ、みる人の心を映し出すものとされている。本来の円相は一筆描きで描かれるものであるが、小泉のensoは緻密な線の積み重ねによって描かれている。

初日から3日間は作家も在廊予定。

イベント情報

2020年2月22日(土)~3月8日(日)
RYO KOIZUMI  EXHIBITION “en”
会場:fons (名古屋市千種区末盛通2-13-1)
営業時間:12:00~19:00(月~金)、11:00-19:00(土日)
定休日:火曜日
https://www.instagram.com/fons_nagoya/

RYO KOIZUMI / 小泉 遼
1985年 福島県出身。カリグラフィーアーティスト、グラフィックデザイナーとして文字を中心としたビジュアルやロゴのデザイン等をてがける。2018年まで10年間庭師として培った感性が大きく影響し、近年では文字自体が持つ線の美しさを抽象的に捉えた作品を製作し個展を開催。L.S.W.Fのメンバーとして2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」の題字を制作。 ペイントチームRELISHを結成し、Summer sonic、GREENROOM FESTIVALをはじめとしたイベントや、グローバル企業のオフィスの壁画を描くなど活動のフイールドを広げている。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー