instagram
twitter
facebook
「同じ型の絵を1ヶ月で100枚描く」という行為から見出された巨大なキャンバス画を展示。愛知出身の画家・設楽陸による個展が長者町コットンビルにて開催。

2021.09.18.Sat - 10.10.Sun | 長者町コットンビル(愛知|伏見)

 

画家・設楽陸の個展「something great」が、て9月18日(土)〜10月10日(日)の期間、伏見・長者町コットンビルに開催される。

設楽陸は原色を多く用いたユニークな色使いと、TVゲームのような世界観と構図で表現されたアクリル画が印象的な作風の画家。現在は瀬戸市の共同アトリエ・タネリスタジオの運営も手掛けている。

今展では、自身が「同じ型の絵を1ヶ月に100枚描く」という修行を行ったことにより生まれた、新たな素材の発見や世界に対する視座、再解釈を表現した作品が展示される。

 

 

イベント情報

2021年9月18日(土)〜10月10日(日) 
“something great”Riku Shitara Solo Exhibition
会場:長者町コットンビル(名古屋市中区錦2丁目11-24)
時間:13:00〜20:00
OPEN:金・土・日曜日(但し9/20,9/23はオープン)
料金:無料
主催:N-mark
協力:タネリスタジオビルヂング
http://www.n-mark.com/projects_shitara.html

posted by A.SUGIURA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー