Youtube
instagram
twitter
facebook
柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄らを中心に創刊された民藝運動の機関誌『工藝』の企画展「雑誌『工藝』の美」が豊田市民芸館にて開催中。同誌全120冊を一挙公開。ギャラリートークや関連展示も。

2022.06.07.Tue - 08.28.Sun | 豊田市民芸館(愛知|豊田)

 

豊田市民芸館にて、第104回企画展「雑誌『工藝』の美」が6月7日(火)から8月28日(日)の期間開催中。

雑誌『工藝』は、1931年に思想家の柳宗悦、陶芸家・河井寛次郎、浜田庄らを中心に創刊された民藝運動の機関誌。当時の工芸界は、華美な装飾の観賞用作品が主流だったが、柳宗悦らは、無名の職人が作る日常の生活道具を「民藝」と名付けて美術品に負けない美しさがあると唱えた。1926年に民藝運動を始動し、民衆の暮らしの中から生まれた美の価値を人々に紹介してきた。

雑誌そのものが工芸的な作品であるべきという考えのもと、用紙は各地の手漉き和紙に、装丁や挿絵は民藝運動の同人たちが担当し、新しく見出した工芸品が特集された『工藝』は、産地紹介、歴史、生産技法といった情報に加え、豊富な挿絵や写真図版を活用して編集された。柳宗悦らが思索した民藝を全国に広めるメディアとして機能してきた。 

本展では、雑誌『工藝』全120冊を一挙に公開するとともに、豊田市民芸館が所蔵する民藝作家の作品を併せて展示する。

イベント情報

2022年6月7日(火)~8月28日(日)
令和4年度 豊田市民芸館 第104回企画展 雑誌『工藝』の美
会場:豊田市民芸館 第2民芸館 (豊田市平戸橋町波岩86-100)
時間:9:00~17:00
休館日:月曜日 ただし祝日(7月18日)は開館
観覧料:無料

ギャラリートーク(展示解説)
日時:2022年7月10日(日)・8月20日(土)
時間:14:00〜 
定員:先着15名程度(事前申込み不要)
聴講無料

【同時開催】
2022年6月7日(火)〜8月28日(日) 
本多静雄コレクション展
会場:第1民芸館 

2022年5月31日(火)~7月31日(日) 
暮らしのなかのガラス展
会場:第3民芸館 

新型コロナウイルス感染症の影響で、日程や内容に変更が生じる場合があります。

posted by K.NAKASHIMA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

10

COLUMN
Jun 03. 2016 up

WHAT ABOUT YOU? #14 / 林青那

COLUMN
最新の連載コラム記事