instagram
twitter
facebook
名古屋駅西にカルチャーはあるのか?駅西が築いた文化を紐解き、未来を予想するトークイベント「エキニシノミライ」開催。ゲストスピーカーに、栗本真壱(あいちトリエンナーレ2019アーキテクト)、山田高広(森、道、市場)、武部敬俊(LIVERARY)ら。

2019.03.02.Sat | 中村区役所講堂(愛知|中村)

 

リニア中央新幹線が開通し今後大きな変化が訪れるであろうエリアのひとつ、それが名古屋駅西。この地域の担い手を招いて、”駅西文化”の過去・現在・未来について語り合うシンポジウム「エキニシノミライ」が、3月2日(土)中村区役所講堂にて開催される。

“駅西”は在日コリアン、流入してきたアジア人、新たな仕掛けを施すクリエイターや高度成長期を支えた街の店主たちといった多様な人々が活動する「インターカルチュアルな街」なのだそう。

今回のトークライブでは、この街が受けてきた影響、今後起こり得るムーブメントについて三部構成でさまざまな角度から語り合う

「第一部 駅西のカルチャーを紐解いていく」には、野田清太郎(炭火やきとり 鶏ひつまぶし「風琴」オーナー)、堀江浩彰(名古屋駅西「ホリエビル」オーナー)、山田真理子(特定非営利活動法人 オレンジの会)とこのエリアに所縁のある3者が登壇。

「第二部 駅西の新たなカルチャー発信拠点”喫茶モーニング”」では、市野将行(株式会社ランダムネス 代表/「グローカルカフェ」オーナー)、栗本真壱(栗本設計所/あいちトリエンナーレ2019アーキテクト)、大野嵩明(NPO法人 大ナゴヤ大学)

「第三部 駅西カルチャーの可能性を探る」に、武部敬俊(LIVERARY編集部)、山田高広(株式会社三河家守舎 代表/森、道、市場な人)が登壇する。

参加費は無料(先着80名)となっているので気軽に参加してみては?

イベント情報

2019年3月2日(土)
Talking live  エキニシノミライ “駅西のカルチャー”って何だろう?
会場:中村区役所講堂(名古屋市中村区竹橋町36-31)
時間:15:00~17:00(14:00開場)
※参加費無料、事前申し込み不要(先着80名)
主催:名古屋市立大学 人文社会学部 林浩一郎
協力:NPO法人 大ナゴヤ大学
お問い合わせ
名古屋市立大学人文社会学部 林浩一郎
Mail:kou07958106@gmail.com
TEL:080-5024-4405
内容:
第一部 駅西のカルチャーを紐解いていく
野田清太郎/炭火やきとり 鶏ひつまぶし「風琴」オーナー
堀江浩彰/名古屋駅西「ホリエビル」オーナー
山田真理子/特定非営利活動法人 オレンジの会
第二部 駅西の新たなカルチャー発信拠点”喫茶モーニング”
市野将行/株式会社ランダムネス 代表、「グローカルカフェ」オーナー
栗本真壱/栗本設計所、あいちトリエンナーレ2019アーキテクト
大野嵩明/NPO法人 大ナゴヤ大学
第三部 駅西カルチャーの可能性を探る
武部敬俊/LIVERARY編集部
山田高広/株式会社三河家守舎 代表、森、道、市場な人

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー