instagram
twitter
facebook
日々の生活に「農」と「食」を。手ぶらで参加できる収穫体験〜本格的な農体験を可能とする貸し農地も内包した、巨大農業公園「あい農パーク春日井」が誕生。

2019.11.19.Tue | 【NEW OPEN】あい農パーク春日井(愛知|春日井市)

 

2019年11月2日(土)、〈市民とともに育てる農園〉というキャッチフレーズを掲げた新施設「あい農パーク春日井」(春日井市ふれあい農業公園)がオープンを迎えた。

同施設は、「老若男女だれでも楽しみながら農業体験や収穫体験ができ、農業をより身近に感じてもらいたい」という思いのもと誕生。850通の応募の中から「あい農パーク春日井」と名付けられた。

 

 

約3万平方メートルという広大な園内は、用途や経験値別に大きく5つのエリアに分かれている。

旬の野菜や果物の収穫のみを気軽に体験できる「ビギナーファーム」。春野菜コース(4月~8月)、秋野菜コース(10月~2月)と年間2期のプログラムが用意され、植付から収穫まで、栽培指導スタッフとともに体験できる「アクティブファーム」

さらに、自分だけの栽培スペースで農業ライフを実現できる「フリーファーム」も。こちらの農地貸出期間は原則1年間となる料金は年間15,000 円 /30 ㎡。※12月28日まで借り手を募集中)。

 


とれたて野菜をふんだんに使用したメニューが楽しめる「カフェコンタット」。写真はコブサラダ(パン、スープ付き)

 

また、採れたて野菜のBBQが楽しめる「バーベキュースペース」や、収穫野菜をメニューに取り入れた飲食店カフェ コンタット」、収穫した野菜を使った料理教室などの「農」と「食」をつなげるイベントなどが開催される「多目的室」といった施設もあり。2020年1月4日(土)、5日(日)には、具材を収穫野菜から選んで盛り付け、焼き上げる「ピザ職人体験」が開講予定だ(現在予約受付中)。

 

 

 

今後も〈市民とともに育てる農園〉を目指し、さまざまな企画が行われていくであろう「あい農パーク春日井」、気になった方はアクセスしてみてはいかがだろう。

 

 


 

2019年11月2日(土)OPEN
あい農パーク春日井(正式名称:春日井市ふれあい農業公園)
所在地:春日井市西尾町字西番場6番地50
営業時間:
<4〜9月>8時30分~19時
<10~3月>8時30分~18時
※カフェの営業時間は8:30~15:30(L.O.15:00)
定休日:毎週月曜日(国民の祝日に当たる場合はその直後の休日でない日)、12月29日~31日、1月1日~1月3日
詳細:http://kasugai-nougyoukouen.jp/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー