instagram
twitter
facebook
RAYARD Hisaya-odori Parkにて福祉、循環型未来をテーマとした「サステナブル・ミュージアム」が開館中。知的な障害のあるアーティストたちによる絵画展、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ』に登場するデロリアンの展示も。

2020.09.18.Fri - 12.27.Sun | RAYARD Hisaya-odori Park(愛知|久屋大通)

 

名古屋のニュースポットとして話題のRAYARD Hisaya-odori Parkにて、知的な障害のある作家の作品を様々な形で展開するアートライフブランド・HERALBONYによる企画展「サステナブル・ミュージアム」が12月27日(日)までの期間、開催中だ。

 

 

HERALBONYは、知的な障害のある作家が描く作品を日本の職人がつくるプロダクトに落とし込み社会に提案するアートライフブランド。

今回の「サステナブル・ミュージアム」は、服から服をつくるサーキュラーエコノミーブランド「BRING」、産業廃棄物からなるアップサイクルブランドを展開する「MODECO」とのコラボレーションによる、「福祉を軸とした循環型未来のショールーム」をコンセプトとする美術館型店舗となっている。愛知・三重を中心としたアーティストが描く12点の作品群がウォールアートとして期間限定で展示される他、トートバッグなど限定商品の販売も行う。

また、11月28日(土)〜12月27日(日)の期間は、名古屋初出店の記念プロジェクトとして、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するデロリアンが、消費者から回収された古着をバイオ燃料として動く世界で1台の仕様で展示される。

 

 

このデロリアンは、日本環境設計が映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のワンシーン「ごみで動くデロリアン」を(映画が30年後の未来として描いた)2015年に同映画の配給会社と合同開催したイベントで再現させたもの。日本環境設計が展開するブランド・BRINGと、HERALBONYキュレーションによるアーティストにより描かれたコラボアートTシャツも販売される。Tシャツを購入することで、デロリアンの助手席で記念撮影も出来るのだそう。こちらも合わせてチェックしてみて。

 


ART T-SHIRTS (11000円)

イベント情報

2020年9月18日(金)〜12月27日(日)
HERALBONY SUSTAINABLE MUSEUM
会場:RAYARD Hisaya-odori Park(名古屋市中区錦3丁目15番10号先O棟)
営業時間:10: 00~ 21 : 00(不定休)
特設ウェブサイト:https://www.heralbony.com/sustainable_museum/

2020年11月28日(土)〜12月27日(日)
HERALBONY x BRING30年後の未来でゴミで動くデロリアン」
会場:同上
営業時間:同上
※12月10日(木)〜12月13日(日)の期間のみMozoワンダーシティにて展示

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー