instagram
twitter
facebook
カフェバーやZINE SHOPが入居するビル、新栄グリーンハイツに新しい働き方、暮らし方を提案する3つのシェアスペースが誕生。

2021.01.28.Thu - | 新栄グリーンハイツ(愛知|新栄町)

 

BATERIA、Manila Books、DAISY MESSENGERらが入居する新栄グリーンハイツに、一挙3タイプのシェアスペースが誕生。企画・設立は、同ビル内にて、イベントスペースとカフェを融合した遊びの場「parlwr(パルル)」を主宰する新見永治

このスペースでは、「人と人のつながりを通して、新しい働き方、暮らし方を提案し、 生き生きとした楽しさ溢れる場所づくりを目指していく」のだそう。

 

 

集まる場「103」は、シェアルームとして様々な使い方が可能。有料/無料のメンバー制度があり、有料メンバーは固定のスペースを持つことができる。「103」の大きな特徴は誰でも入ることができるところ。メンバーでない人も昼間は自由に出入りができ、子供からお年寄り、地域の方から海外の人まで多様な人々が集まり、共に考えたり作ったりできる、創造的な場所を目指している。

 


集まる場「103」

 

働く場「205」は、「103」と同じく多目的に使えるが、デスクワークに向いたスペースとなっている。総延長は約14メートルの長いデスクが特徴。誰でも利用可能な「103」と異なり、こちらはメンバー専用のワークスペース。プライバシーの高い、固定のデスクスペースを持つことができる。また、経験の浅い利用者を支援するために、「のわ」の仕事を手伝うことを条件に月額無料で利用できる制度も設けている。

 


働く場「205」

 

住む場「503」は、暮らせるシェアルーム。「誰しもたった一人で生きることはできず、誰かの助けが必要。ならば新たな出会いや共存関係をも生みだす新しい暮らし方を提案できないか。」という思いで設計されている。プライベートな部屋と共同で使えるキッチンやお風呂、ダイニングを備えられており、基本的に各部屋お一人での利用を考えて作られているが、二人で利用することも可能だ。

 


住む場「503」

 

parlwr」「bateria」に合わせ、今後も目の離せない新栄町のスポットとなっていきそうだ。

イベント情報

のわ
住所:名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ105
問:
canolfan@mac.com 担当:新見(しんみ)

https://nowanowa.org

posted by H.USAMI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー