instagram
twitter
facebook
坂本美雨とクラヴィ―コードの演奏家・内田輝による「雨の組曲」が名古屋で上演。

2019.04.27.Sat - 04.28.Sun | ferme studio(愛知|名東区)

 

14世紀に登場した鍵盤楽器、クラヴィ―コードの演奏家である内田輝と、ミュージシャン・坂本美雨が共演する「雨の組曲」が名東区・ferme studioにて4月27日(土)、4月28日(日)に上演される。

クラヴィーコードは小雨と共に調和するような繊細な音量と音色が特徴である。空間、歌声、息づかい、ささやかな灯り、街の音。言葉では表現し難い楽器の音色が調和して雨の音楽が生み出されることだろう。 

 

イベント情報

2019年4月27日(土)、2019年4月28日(日)
「雨の組曲」
会場:ferme studio(〒465-0093 名古屋市名東区一社1-8)
時間:開場18:00 開演18:30
料金:4000円(別途ドリンク代500円)
出演:内田輝、坂本美雨
チケット:
4/27(土)Day1
https://t.livepocket.jp/e/amenokumikyoku01
4/28(日)Day2
https://t.livepocket.jp/e/amenokumikyoku02
インフォメーション:ferme studio(info@frme.jp
 Webサイト:https://www.amenokumikyoku.jp/

内田輝
サックス・ピアノ・クラヴィーコード奏者、調律師。音楽大学で sax 専攻。欧州を旅した経験から、音に反応する心に興味を持ちピアノ調律を吉田哲氏に師事。演奏するピアノを自ら調律するようになる。『ピアノ調律から観る音のワークショップ』を各地で開催。その後14世紀に考えだされた鍵盤楽器 (クラヴィーコード) に出会い、自ら製作したクラヴィーコードで演奏している。現在、日本中を巡り演奏会とWSを行い、映画音楽も手掛ける。自ら楽器を作り、音を調律し、音楽家であること。この流れを大事にして世界を観たいと思っている。
https://akira-uchida.jp/

坂本美雨 
青森生まれ、東京とニューヨーク育ちのミュージシャン。1997年、Ryuichi Sakamoto feat. Sister M名義でデビュー。最新アルバムは「Sing with me Ⅱ」。おおはた雄一とのユニット「おお雨」としても活動。近年はharuka nakamura、FOLKLOREとの共演を重ねる。ナレーションや執筆活動、JFN系列全国ネットのラジオ「坂本美雨のディアフレンズ」のパーソナリティなど活動は多岐にわたる。大の愛猫家、一児の母。
Instagram : @miu_sakamoto

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー