instagram
twitter
facebook
100店舗以上がテレビ塔周辺に出店する「SOCIAL TOWER MARKET」が今年も出現!野外ステージには、ザ・なつやすみバンド、Homecomingsらが登場。

2015.10.17.Sat - 10.18.Sun | 名古屋テレビ塔とその周辺(愛知|栄~久屋)

SOCIAL2015MAINジョセフ・アルフ・ポルカとしても活動する、Tomoteru Nishimura hommeが今年のメインビジュアルを担当。

 

栄の中心に位置する、名古屋テレビ塔とその一帯エリアに、出店ブースやライブステージが出現する街中マーケットイベント「SOCIAL TOWER MARKET」が10月17日(土)、18日(日)に開催される。同イベントは入場無料。今年で4度目の開催となる。

アナログ電波塔としての役目を終えた、名古屋テレビ塔。現在は、観光客向けの展望タワーとして、街中にそびえたつ観光スポットとなっている場所だ。このテレビ塔を<新しいまちの交流の場>とし、まちとそこに住む人々、そしてそこに横たわる文化を活性化したいといった意思を持って企画された、SOCIAL TOWER MARKETは、乱発される単なるマーケットイベントとは一線を画した意義を据え、今年は過去最大数のショップや、作家、クリエイターら100店舗以上が参加し、まちの中心に集合する。

そして、ライブステージも今年はより豪華に!ceroなど多数のバンドに参加しているMC.siraf擁する男女4人組、ザ・なつやすみバンド。京都のみならずインディーポップシーンを席巻する若手バンド、Homecomings、都内在住のSSW・oono yuukiのほか、Keishi TanakaTGMX(FRONTIER BACKYARD)、OBRIGARRDなどバンド、DJらが多数出演する。

その他、テレビ塔内の空き部屋を使ったthe facism(小田島等+長尾謙一郎)による展示企画や、栄のセレクトショップunlike.の人気企画「DARK ROOM BAR (暗室バー)」などさまざまな催しが同時多発的に開催される。

SOCIAL TOWER MARKET は今年から、開催にあたってスポンサーを個人/企業問わず募集中!詳しくはコチラ

買い物やライブを楽しんだりしつつ、この機会に、自分たちの住んでいる名古屋という街について、改めて考えてみるのもいいかもしれない。

 

 

ザ・なつやすみバンド

Homecomings

イベント情報

2015年10月17日(土)、18日(日)
SOCIAL TOWER MARKET 2015
会場:名古屋テレビ塔とその周辺
入場無料

野外ステージ出演:
ザ・なつやすみバンド、Homecomings、oono yuuki、Keishi Tanaka、TGMX(FRONTIER BACKYARD)、OBRIGARRD 他

テレビ塔内企画:
DARK ROOM BAR ( unlike.)
thefacism(小田島等+長尾謙一郎)

野外エリア出店:
【物販】
Italist (アイタリスト)
秋山 啓子
Asuka to Anna / 宮田編機
ATOMS [17日のみ出店]
THE APARTMENT STORE
アトリエキク | cecca [17日のみ出店]
アトリエみちくさ+ON READING [18 日のみ出店]
atelier plow
いとう写真館
in bloom
izaura
うえのえみ
umloo
Witch
UTUSU(ウツス)

【飲食】
酔喰処 亜鹿猪~珍
EARLYBIRDS BREAKFAST
稲垣腸詰店
うめぼしの松本農園 [17日のみ出店]
おにぎりやさん
KAKUOZAN LARDER
THE CUPS
KANNON COFFEE
quark+grenier
Kuche
coeri [17日のみ出店]

詳しくは、ホームページにて

SOCIAL TOWER PROJECT

過ぎ去った過去を懐かしみながら、
今に残るものをただ守り継ぐのでなく、
新たに生み出される便利さや合理性だけを求めるのでもない。
過去  現在  未来。
それぞれの良さが出会い、組み合わさることによって
新しい価値と魅力が創造される。
そんな場所を、名古屋の街に作れたら・・・。

1954 年の完成以来57 年にわたり
栄の街のシンボルとして親しまれてきた名古屋テレビ塔が、
2011 年「アナログ放送の電波塔」という本来の役割を終えました。
現在はマルチメディア放送の電波こそ発信しているものの、
人々の生活に欠かせなかったかつての大きな役割を失い、栄のまちの中心に佇んでいます。
このまま放っておけば単なるノスタルジックな過去の象徴となりかねないこの場所に、
新たな価値、役割、魅力を創造する・・・
それが私たち名古屋人に与えられた課題なのかもしれません。

「テレビ塔」というだけでみんなが辿り着ける利便性。
栄のまちを見渡せばどこからでも目に飛び込んでくるタワーという圧倒的な存在感。
このポテンシャルもまた名古屋テレビ塔の大きな魅力です。
ひとつの役割を終えたいま、
過去、現在、未来の出会いと融合から生まれる新しい価値を
テレビ塔自らが、発信する使命を担うことで、
栄というまちのこれからを変えていくきっかけになれば。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー